入籍直後に発覚 義母を震撼させた「新米鬼嫁」の奇行事件簿

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-05-15 08:18
投稿日:2019-05-06 06:00
 結婚した当初くらいは「姑に気に入られたい」と、たゆまぬ努力を重ねる女性も少なくありません。ところが世間には、入籍を済ませた直後から夫の実家への奇行に走っている鬼嫁も。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな新米鬼嫁の事件簿をお届けします。

1:結婚式場変更事件

結婚式は“両家”の問題(写真:iStock)
結婚式は“両家”の問題 (写真:iStock)

「息子の結婚が決まり、準備の関係で入籍を先に済ませ、挙式はその半年後にすることとなりました。

 お嫁さんの実家は京都、うちは東京なのですが、今はふたりとも東京で働いていていることもあり、式は東京で挙げると聞いていたんです。

 ところが入籍を済ませてしばらくして、息子から式を京都で挙げることになったと聞き、びっくり仰天。

 息子からは、嫁が勝手に東京の式場をキャンセルし、京都の式場に申し込みをしたと聞きました。

 現代のお嫁さんは強いとは聞いていますが、高齢の参列者もいるのに、なんて勝手な…と呆れましたよ。

 息子を通じて、当初の予定通り東京で挙げるよう説得を試みましたが、まったく聞き入れてもらえず。

 結局、うち側の高齢の参列者が京都行きを見送る形で式を挙げましたが、なんとも後味が悪く、それ以来、お嫁さんやお嫁さんの実家と私たちの関係は、ギクシャクし続けています」(64歳女性)

  ◇  ◇  ◇

「入籍さえしてしまえば、こっちのもの」とばかりに身勝手に振る舞う新米嫁は、鬼嫁化する資質十分とも言えそうです。

 結婚式からこれでは、先が思いやられますよね…。

2:玉子焼き事件

玉子焼きは料理の基本中の基本(写真:iStock)
玉子焼きは料理の基本中の基本 (写真:iStock)

「次男が長く付き合っていた彼女と結婚したのですが、相手の女性は3歳息子より年上でしたので、家事にはまったく心配していなかったんです。

 ところが、蓋を開けてみたら料理も洗濯も満足にできないタイプ。息子のほうが仕事が終わるのが遅いのに、いつも料理と洗濯、掃除を担っていると聞き、驚きました。

 今どきは夫婦で家事分担をするのが普通だと聞いていますから、息子が家事をするのは当然ですが、気になるのはお嫁さんが何もしない点です。

 そこで私は、ふたりが遊びにきたときに、まずは簡単なものからでも料理する癖をつけてもらおうと、お嫁さんに玉子焼きを作るように依頼してみました。

 すると『え? 玉子焼きって作るものですか? スーパーで買ってくるものだと思ってました』と言われ、愕然。

 ならば教えようと思って卵を割るように頼んだら、今度は『気持ち悪いから、卵なんて割れません』と返ってきました。

 聞けば、料理も洗濯も掃除も「家事をするなんて、気持ち悪いから」を理由に、息子任せにしているとのこと。

 なんとも身勝手な言い分に、さすがの私も腹が立ちました」(63歳女性)

  ◇  ◇  ◇

 極端に言えば「卵を割って溶いて焼くだけ」の料理ですら、拒む嫁となれば、姑から見てかなり奇妙に映ることでしょう。

3:ガラクタ事件

「捨てられない女」の可能性も怖い…(写真:iStock)
「捨てられない女」の可能性も怖い… (写真:iStock)

「息子が九州出身の女性と結婚し、新居は東京に決まったのですが、お嫁さんが実家からも私物を持ってきたところ、新居には入りきらなかったそうで、我が家に荷物を置かせてほしいと、息子から連絡がありました。

 ウチもマンションだしそんなに広くないのですが、彼らの新居よりはスペースがあるので、しばらく預かることにしたものの、届いた私物を見て仰天。

 10年以上前の古雑誌やら、もはや飾らないであろう日本人形やお雛様、時代遅れな服や靴の山など、ガラクタのようなものを、六畳の部屋が埋まるくらい押し付けられました。

 正直、こんなもの結婚を機に整理すればいいのに…と思うようなものばかりで、次にいつ使うのか。あちらの実家に置いておけばいいものまでウチに運び込んだ揚げ句に、『私の物には、絶対に触らないでくださいね』と強い口調で言い残して、去って行きました。

 うちは無料のトランクルームじゃないのですが……。

 そんな嫁を諭せない息子にもガッカリでしたが、息子が『怖くて言えない』と言っていたのも、気がかりです」(67歳女性)

  ◇  ◇  ◇

 夫の実家に甘えるのは悪いことではないけれど、その内容によっては奇行にしか見えないことも。

「触れるな」と言い残し、ガラクタを預けるのは、確かに奇妙です。

 こんなふうに世間には、入籍を済ませた途端に、本性を現す新米鬼嫁の奇行に頭を抱える義母もいるようですね。

 身勝手な行動に突っ走る嫁を迎えてしまった義母たちの心中を思うと、同情せずにはいられない人も多いのではないでしょうか。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 街はめっきりクリスマス。ショッピングモールも駅もエステも、どこに行ってもABBAとマライア・キャリーを聞く日々ですね。...
ミクニシオリ 2019-12-14 06:00 ラブ
FILM
 モテる女性を語る上で欠かせないのが、清楚な感じで相手を思いやれるということ。では、非モテな女性とは、どのような女性のこ...
東城ゆず 2019-12-14 06:00 ラブ
FILM
 女性と比べると、男性は「言葉足らず」とよく言われますよね。本当は彼女への愛情や感謝を持っているのに上手に言葉にしないた...
FILM
 今年のクリスマスは、年号が変更になった関係で平日のみ連休がなくなっています。今まで祝日だった天皇誕生日の12月23日が...
ミクニシオリ 2019-12-13 06:00 ラブ
FILM
 結婚すると始まるのが彼のママ、つまり姑との関係です。今後長いおつきあいになるのですから、できるだけ穏便な関係を築きたい...
内藤みか 2019-12-12 06:00 ラブ
FILM
「いまの台詞、なんか色っぽくてぐっときた」「わかってて言ってるの?あざといね」  何気ない台詞だったのに、男性にそんな...
七海 2019-12-12 06:00 ラブ
FILM
 お付き合いが始まると、彼氏から「モーニングコール頼める?」とお願いされることがあります。そんな時、「正直、忙しいのに面...
リタ・トーコ 2019-12-11 06:00 ラブ
FILM
 世の女性を悩ませる夫の浮気問題。私は夫の浮気による離婚歴があります。一番最初に浮気が判明した時には相手の女性を相手に裁...
深志美由紀 2019-12-11 06:00 ラブ
FILM
 皆さん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。現在、出会うためのツールはたくさんあり、「出会いがな...
山本早織 2019-12-10 06:00 ラブ
FILM
 合コンで知り合った人や、グループ交際から“いい感じ”になった彼と初めて二人で遊びに行く時は、誰だってドキドキするもの。...
東城ゆず 2019-12-10 06:01 ラブ
FILM
 クリスマスといえば、プレゼント。今年は彼にどんなプレゼントを用意する予定ですか?  プレゼント選びは人間性やセンスが...
ミクニシオリ 2019-12-09 06:09 ラブ
FILM
 ゆくゆくは結婚したいと思っている彼氏がいます。付き合って1カ月、マッチングアプリで出会ったのですが、3回遊んだ後に電話...
神崎メリ 2019-12-08 06:00 ラブ
FILM
 好きな人はちょこちょこできるのに、思えばここ何年も恋が実っていない……そんな方は「恋愛下手」なのかもしれません!そこで...
リタ・トーコ 2019-12-08 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と暮らす男性たちにとっては、楽しいはずのクリスマスが、恐怖のイベントでもあるみたいです。  魑魅魍魎(ちみもうり...
並木まき 2019-12-10 18:45 ラブ
FILM
 大好きな彼氏が浮気をしていたら、とてつもなくショックを受けますよね。裏切られた悲しさや怒りで、動揺してしまう女性も多い...
東城ゆず 2019-12-06 06:00 ラブ
FILM
「片思い」って、何歳になってもなかなか慣れないものですよね。ハッと我にかえると「私、どうかしてる!」と自分に呆れてしまう...