「悪妻になったのは夫のせい」鬼嫁が開き直った切実な事情

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-06-24 06:00
投稿日:2019-06-24 06:00
「鬼嫁」と言われる女性たちの中には、悪妻な自分を自覚しつつ「私がこうなったのは夫のせい」と言い切る人もいます。本当は良妻でいたいけれど「ダメ夫に尽くすなんて、バカバカしい!」な想いから、悪妻キャラに走るパターンもあるようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな鬼嫁たちの切実な事情をご紹介します。

1:モラハラ・マザコン・浪費家のダメ夫に尽くせない

妻を悪妻にした夫の悪行とは…(写真:iStock)
妻を悪妻にした夫の悪行とは… (写真:iStock)

「新婚当初こそ、良い妻になりたいと努力していましたが、残念なことにウチの夫は、モラハラ・マザコン・浪費家のトリプルダメ要素を備えているダメ男だと判明。ちょっと気に入らないことがあると、私を怒鳴りとばすし、姑のことが嫁よりも大事でいつも義母にべったり。さらには、稼いだ分だけ飲み代に使ってしまう見栄っ張りな浪費家で……。

 そんな夫に尽くす気にはなれず、結婚2年目の終わりくらいからは、いかに夫に対して労力を使わずに済むか、ばかりを考えるようになりました。そんな私を見て、夫の親戚は“悪妻”って言っている人もいるみたいだけど、知ったこっちゃありません!」(44歳女性)

 良妻になろうと心踊らせて結婚したはいいものの、蓋を開けてみたらトンデモ夫だった……のパターンです。たしかに、ダメダメな男のために“良妻”だなんて「なりたくもない!」な女性が多いのではないでしょうか。

2:DVホラ吹き夫が私を悪妻に仕立て上げ…

夫からの精神的DVに傷ついて…(写真:iStock)
夫からの精神的DVに傷ついて… (写真:iStock)

「結婚4年目ですが、子供はいません。ひと回り以上年上の夫は、まさかのDVホラ吹き男でした。自分の思い通りにならないことがあると、私に対して主に精神的DVと経済的DVをし、さらには、よその人に対して私の愚妻エピソードをでっち上げる始末。

 最初のうちこそ、そんな夫の暴挙に傷ついていましたが、愚妻だと言うなら、とことん愚妻になってやろうと、ある日、開き直りました。それ以来、いつ離婚になってもいい覚悟で、彼がでっち上げたような“悪妻像”を演じてやっています。がんばらなくてよくなった分、ストレスは減りましたね」(42歳女性)

 嘘つき夫が、外で嫁の悪口を言うのは、よくあるパターン。この女性の場合は、努力しても悪く言われるなら「とことん悪妻になってやろう!」と開き直った末の鬼嫁キャラのようです。

3:浮気ざんまいの夫に呆れかえって

家の外では浮気ざんまいの夫(写真:iStock)
家の外では浮気ざんまいの夫 (写真:iStock)

「結婚8年目ですが、これまでの間、夫はわかっているだけでも4回の浮気をしています。ワンナイトとかではなく、どれもズッポリと相手の女性にハマっているドロドロしたやつですね。最初のころは、そんな夫の心を家庭に取り戻そうと必死でしたが、だんだんと私だけが努力するのにバカらしくなって。

 悩んでメンタルも壊しましたけど、あるときに、もう夫への気持ちも冷めているし、私ばかりが夫に尽くすのはやめようと決めたんです。そう決めちゃったら、心がスーッと楽になりましたよ。今では、食事も作らないでいいし、財布も別々だし、休日も自由に出かけられるし、掃除もしなくていいし。家のことをしないでいいので、快適です。仮に、誰かに“鬼嫁”って言われても、この自由は手放せません!」(42歳女性)

 浮気を繰り返す夫に呆れかえった末に、家庭に尽くすのをやめた妻も。夫もそれだけのことをしているわけですから、文句も言えないでしょう。

 ◇  ◇  ◇

 周囲が「鬼嫁」とウワサする女性でも、背景には切実な事情が潜んでいるケースもあります。みなさんの知る「鬼嫁」にも、実は凄まじいドラマが隠れているかもしれません……。

ラブ 新着一覧


コロナ禍で婚活市場に変化が…地味な女性がモテ始めたワケ
 長引くコロナ禍、男性が恋愛や結婚の相手として選ぶ女性像が大きく変化し続けています。今までのように、美人で社交的な女性が...
内藤みか 2021-04-22 06:00 ラブ
彼と仲良くしたい…カップルが喧嘩を繰り返す原因&改善方法
 お互いに好き同士で付き合っているのに、会うたびに喧嘩ばかりでは疲れてしまいますよね。喧嘩を繰り返すカップルの中には、「...
恋バナ調査隊 2021-04-22 06:48 ラブ
長く付き合えないナゼ? 男性が一生大事にしたい女子の特徴
 最初はラブラブだったのに、3カ月くらいで付き合いが終わってしまう……なんてことありますよね。あんなにイチャイチャしてい...
若林杏樹 2021-04-21 06:01 ラブ
恋愛にも使える♡ 今すぐ試したいLINEの便利機能5選!
 連絡ツールとしてとても便利なLINEには、恋愛に使える便利な機能がたくさんあることをご存知ですか? 多くのアプリを使い...
恋バナ調査隊 2021-04-21 06:00 ラブ
男性が手に入れたいと思う女性の特徴&本命相手にする行動♡
 男性から「絶対手に入れたい」と思われるような魅力的な女性って、憧れてしまいますよね。そんな女性には、いったいどんな特徴...
恋バナ調査隊 2021-04-20 06:23 ラブ
モテ仕草にドキッ♡ 男性の心を鷲掴みにする4つのテクニック
 モテる女性を観察してみると、女性目線でもドキっとするようなモテ仕草が身についていたりしますよね。逆に、どんなに美人な女...
恋バナ調査隊 2021-04-19 06:30 ラブ
恋愛に溺れる女性の共通点…自分を大切にしつつ恋をする方法
 恋愛といっても、いろいろな形がありますよね。中には、恋愛をするたびに、食事も喉を通らなくなり、自分のすべてを後回しにし...
恋バナ調査隊 2021-04-18 06:00 ラブ
結婚相談所の知っておくべき3つの実態&よくあるトラブル
 近年の婚活ブームで結婚相談所を利用する人が増加する中、それに伴ってトラブルも増えているようです。せっかく出会いを求めて...
恋バナ調査隊 2021-04-18 06:00 ラブ
片想い中の彼に送った残念な失敗LINE…恋が終わった内容5つ
 片想い中の彼とのLINEって、感情が舞い上がってしまって大失敗をしてしまいがち! 冷静な状態ではないから、つい不自然な...
恋バナ調査隊 2021-04-18 06:00 ラブ
おかん2号になってない? 男性の魂を揺さぶる女性になる秘訣
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。恋愛が下手な人は「わがままが非常に苦手」です。一方、モテる女性は「わがままが...
山崎世美子 2021-04-17 06:00 ラブ
一緒にいると落ち着く男性の5つの特徴&付き合うメリット♡
 刺激的でドキドキする情熱的な恋や、一緒にいると落ち着くほのぼの系の恋など、恋愛のタイプは人によってさまざま。恋にはある...
恋バナ調査隊 2021-04-17 06:00 ラブ
自己肯定感低め女子必見! 本命以外と疑似恋愛を楽しむテク
 男性からちやほやされたり甘やかされたりすると、どこか心が満たされる時がありますよね。本命の恋愛がなかなかうまくいかない...
ミクニシオリ 2021-04-16 06:00 ラブ
男性の低い声が好き♡思わずキュンとしてしまう3つの女性心理
 恋愛と声に関する研究によると、「男性は女性の声の高さにあまり影響を受けないけれど、女性は大きく影響を受ける」という結果...
恋バナ調査隊 2021-04-16 06:00 ラブ
いきなり結婚前提も…恋活アプリで男性が敬遠するメール3選
 なかなか外出しづらい状況の時期は、恋活や婚活などの出会いの場も限られてしまいがち。苦肉の策でアプリを始める人も少なくあ...
内藤みか 2021-04-15 06:00 ラブ
彼氏に疲れると思わせる彼女の特徴6つ&気を付けるポイント
 彼氏がいる人の中には、「最近、彼の様子がおかしい」「デート中、なんだかつまらなそうにしている」と感じている女性もいるで...
恋バナ調査隊 2021-04-15 06:00 ラブ
男性に「一緒にいたい」と思わせる!手っ取り早くモテる方法
 特定の彼氏ができなかったり、付き合ってもすぐに別れて長続きしないと、目標にしている「結婚」まで辿り着けずにどんどん落ち...
若林杏樹 2021-04-21 05:25 ラブ