「悪妻になったのは夫のせい」鬼嫁が開き直った切実な事情

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-06-24 06:00
投稿日:2019-06-24 06:00
「鬼嫁」と言われる女性たちの中には、悪妻な自分を自覚しつつ「私がこうなったのは夫のせい」と言い切る人もいます。本当は良妻でいたいけれど「ダメ夫に尽くすなんて、バカバカしい!」な想いから、悪妻キャラに走るパターンもあるようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな鬼嫁たちの切実な事情をご紹介します。

1:モラハラ・マザコン・浪費家のダメ夫に尽くせない

妻を悪妻にした夫の悪行とは…(写真:iStock)
妻を悪妻にした夫の悪行とは… (写真:iStock)

「新婚当初こそ、良い妻になりたいと努力していましたが、残念なことにウチの夫は、モラハラ・マザコン・浪費家のトリプルダメ要素を備えているダメ男だと判明。ちょっと気に入らないことがあると、私を怒鳴りとばすし、姑のことが嫁よりも大事でいつも義母にべったり。さらには、稼いだ分だけ飲み代に使ってしまう見栄っ張りな浪費家で……。

 そんな夫に尽くす気にはなれず、結婚2年目の終わりくらいからは、いかに夫に対して労力を使わずに済むか、ばかりを考えるようになりました。そんな私を見て、夫の親戚は“悪妻”って言っている人もいるみたいだけど、知ったこっちゃありません!」(44歳女性)

 良妻になろうと心踊らせて結婚したはいいものの、蓋を開けてみたらトンデモ夫だった……のパターンです。たしかに、ダメダメな男のために“良妻”だなんて「なりたくもない!」な女性が多いのではないでしょうか。

2:DVホラ吹き夫が私を悪妻に仕立て上げ…

夫からの精神的DVに傷ついて…(写真:iStock)
夫からの精神的DVに傷ついて… (写真:iStock)

「結婚4年目ですが、子供はいません。ひと回り以上年上の夫は、まさかのDVホラ吹き男でした。自分の思い通りにならないことがあると、私に対して主に精神的DVと経済的DVをし、さらには、よその人に対して私の愚妻エピソードをでっち上げる始末。

 最初のうちこそ、そんな夫の暴挙に傷ついていましたが、愚妻だと言うなら、とことん愚妻になってやろうと、ある日、開き直りました。それ以来、いつ離婚になってもいい覚悟で、彼がでっち上げたような“悪妻像”を演じてやっています。がんばらなくてよくなった分、ストレスは減りましたね」(42歳女性)

 嘘つき夫が、外で嫁の悪口を言うのは、よくあるパターン。この女性の場合は、努力しても悪く言われるなら「とことん悪妻になってやろう!」と開き直った末の鬼嫁キャラのようです。

3:浮気ざんまいの夫に呆れかえって

家の外では浮気ざんまいの夫(写真:iStock)
家の外では浮気ざんまいの夫 (写真:iStock)

「結婚8年目ですが、これまでの間、夫はわかっているだけでも4回の浮気をしています。ワンナイトとかではなく、どれもズッポリと相手の女性にハマっているドロドロしたやつですね。最初のころは、そんな夫の心を家庭に取り戻そうと必死でしたが、だんだんと私だけが努力するのにバカらしくなって。

 悩んでメンタルも壊しましたけど、あるときに、もう夫への気持ちも冷めているし、私ばかりが夫に尽くすのはやめようと決めたんです。そう決めちゃったら、心がスーッと楽になりましたよ。今では、食事も作らないでいいし、財布も別々だし、休日も自由に出かけられるし、掃除もしなくていいし。家のことをしないでいいので、快適です。仮に、誰かに“鬼嫁”って言われても、この自由は手放せません!」(42歳女性)

 浮気を繰り返す夫に呆れかえった末に、家庭に尽くすのをやめた妻も。夫もそれだけのことをしているわけですから、文句も言えないでしょう。

 ◇  ◇  ◇

 周囲が「鬼嫁」とウワサする女性でも、背景には切実な事情が潜んでいるケースもあります。みなさんの知る「鬼嫁」にも、実は凄まじいドラマが隠れているかもしれません……。

ラブ 新着一覧


モテ期と錯覚した女の孤独 フェイクと本物の明確な違いは?
「私、モテ期かも……」と複数の男性とのやりとりを楽しんでいたつもりなのに、気がついたら孤独になっていた。そんな女性が増え...
内藤みか 2022-10-06 06:00 ラブ
あなたはふりかけ星人?「料理にケチをつける男」対処法4つ
 料理にケチをつける男にイライラした経験のある人は多いですよね。普通の仕事とは違い、家事には休みも定年もお給料もありませ...
恋バナ調査隊 2022-10-06 06:00 ラブ
彼から愛され続ける究極の方法は…“インフラ的な存在”になる
 パートナーのことが好きであればあるほど、彼にとっての一番大切な存在になりたいですよね。 「元カノや、他の女性に目移り...
若林杏樹 2022-10-05 06:00 ラブ
えぐ!鬼嫁の仰天インスタ3選 夫婦喧嘩のスクショをガチ投稿
「鬼嫁」と呼ばれる女性の中にはSNSでも、その鬼嫁っぷりを惜しげなく露呈している人もいるようです。  一方、“いい奥さ...
並木まき 2022-10-05 06:00 ラブ
体育会彼氏の恋愛傾向ってどうよ?40代婚活女が落とすには…
 引き締まった男らしい体が素敵な体育会系男子は、女性に人気がありますよね! でも、40代で婚活中の女性からすると手の届か...
恋バナ調査隊 2022-10-04 06:00 ラブ
夫のイラっとする口癖6語に共感!「~でいいや」って何様?
 毎日の夫のイラッとする口癖、ストレスが溜まりますよね。実は、熟年離婚をする人は、浮気や借金などの大きな出来事ではなく、...
恋バナ調査隊 2022-10-03 06:00 ラブ
超ドMなの? 彼氏の束縛が嬉しい女性が抱く「欲望」の種類
 彼氏からの束縛が「鬱陶しい」「窮屈」という愚痴は、よく聞くものです。しかし、中には束縛を嬉しく感じる女性もいるようです...
恋バナ調査隊 2022-10-03 06:00 ラブ
「車擦って財布なくす」とウジ男さん 元カレの女々しいLINE
 忘れた頃にやってくる「元カレ」からのLINEって厄介ですよね。自分のほうから別れを切り出したくせに、何を今さら? って...
恋バナ調査隊 2022-10-02 13:32 ラブ
片付けられない男性の“調教”トリセツ 百年の恋が冷める前に
 結婚を意識し始めた大人女子にとって、彼氏が物を片付けられないという事実は、大きな不安材料でしょう。実は「何歳になっても...
恋バナ調査隊 2022-10-02 06:00 ラブ
書類だけの妻がいいけど…レスなのに求婚した潔癖男の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.110〜女性編〜」では、交際9カ月にして深刻なセックスレスに陥っているのに、彼氏であるマサム...
並木まき 2022-10-01 06:00 ラブ
セックスレスなハイスペ男性からの求婚!即答できない33歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-10-01 06:00 ラブ
「り」で浮気認定!疑わずにはいられない彼の怪しいLINE3選
 あなたには、彼氏に浮気された経験があるでしょうか。もしあるなら、なにがきっかけで彼氏の浮気を知りましたか? 「ある日...
恋バナ調査隊 2022-10-01 06:00 ラブ
リモート恋愛で婚活する40代急増中!はじめ方&成功の法則
 長引くコロナ禍は、40代女性の婚活事情にも大きな変化をもたらしました。非接触が広まったことから「リモート恋愛」で婚活を...
恋バナ調査隊 2022-10-01 06:00 ラブ
恋愛経験なしのアラサーへ…焦りは禁物!幸せな恋への3STEP
 恋愛経験なしのままアラサーを迎えてしまうと、「もしかして私ってこのまま恋愛できないかも……」と不安や焦りを感じてしまう...
恋バナ調査隊 2022-09-30 06:00 ラブ
恋活・婚活は「リモワ男子」を狙う!スーツケースじゃないよ
 コロナ禍もだいぶ落ち着いてきたとはいえ、依然としてリモート勤務を続けている男性もいます。彼らは実は、恋活や婚活に狙い目...
内藤みか 2022-09-29 06:00 ラブ
わ、いいかも♡ ドS彼氏からの不意打ち胸キュンLINE3選
 ドS彼氏を持つ女性に「そんな彼氏のどこがいいの?」と思う人もいるでしょう。でも、ドS彼氏の意外な一面を見たら、あなたも...
恋バナ調査隊 2022-09-29 06:00 ラブ