幸せな再婚をするために…事前に考えておくべき3つのこと

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-07-01 06:13
投稿日:2019-07-01 06:00
 離婚する夫婦が増えていますね。現代の日本では、再婚は珍しいことでもありません。しかし、一度目の結婚で現実が分かっているからこそ、再婚は勇気がいる決断であることも事実です。筆者は子連れで再婚を果たしています。再婚で幸せになるための極意と不安になりがちな要素を紹介しましょう。再婚を決意する手助けができれば、嬉しく思います。

再婚で幸せになれる? 不安に思いがちなポイント

家族構成の変化に不安も(写真:iStock)
家族構成の変化に不安も (写真:iStock)

 一度どん底を味わっただけに、再婚という甘い響きがどうしても怖く感じてしまうことも。不安に思いがちなポイントを共有しましょう。

家族構成への変化に不安を感じる

 筆者には前の夫との子供がいました。再婚する時に、子供や新しく夫となる人の相性がとても気になって仕方がなかったことがあります。ただでさえ夫婦になるには、これまでの養育環境の違いが出ると思います。しかし再婚家庭は、これが複雑に絡み合うことも少なくありません。“二人で”というより、“みんなで”という意識が再婚の不安を増長させます。

また失敗したくない思いが強い

 今の日本では、離婚はそんなに珍しくないことでしょう。それでも、離婚を喜んでする人はいませんよね。どこかしら自分にダメなところがあった事実も受け入れなくてはいけませんし、異性を見る目がないことも否定できません。

 恋愛を経て結婚するというシナリオで一度失敗をしてしまっているので、「繰り返してしまうのでは?」と再婚をためらってしまう人もいるといいます。離婚を繰り返さないように慎重になるのは、心のどこかで離婚した自分がコンプレックスだからでしょう。

再婚で幸せになるために考えておく3つのこと

再婚に対するイメージは?(写真:iStock)
再婚に対するイメージは? (写真:iStock)

 再婚で幸せになりたいと思ったら、考えておくべき3つのことがあります。まだ再婚の決意ができない人のために、ご紹介しましょう。

結婚に対するイメージは相手と同じか?

 再婚といっても初婚同士とは違い、様々なケースがあるでしょう。例えば、男性が初婚で、自分はバツイチだったり、相手が何度も離婚していることなど。結婚に対して、お互いが求めているものや理想をしっかりと話しておく必要があります。

 バツがついている人ほど、結婚のリアルを理解しているはずです。「私、一回失敗しちゃってるから」という言葉から切り出し、自分と相手が結婚相手に求めている目標をヒアリングします。

 元配偶者のことまで切り出す必要はありませんが、離婚に至るにはそれなりの理由があったはずです。離婚した理由となぜ許せなかったのかを、自分の考えと一緒に主張するのもいいでしょう。

前回の結婚生活での失敗点を考える

 思い出したくないかもしれませんが、前回の結婚で離婚に至ってしまった理由を考えることも必要です。「相手が全面的に悪い」と思われる、パートナーの不倫が離婚理由だったとしても、「どうして不倫したんだろう?」と突き詰めて考えることです。

 結婚は二人でするもの。夫婦二人の生活や思いがあるからこそ、ぶつかり合ったり幸せがあるのです。自分の中にも、否がなかったかどうかを見直してみることは、知らない自分を理解するきっかけにもなります。

 自分に短所が見つかったのなら、自分の意志で直すことも必要になります。夫婦で気持ちよく過ごすためには、相手のために「自分自身を見返す」ということが必要になると筆者は思います。

言いたくないことも結婚前にあえて話す

 再婚する手前、「もうこれ以上、バツがつきませんように」と思ってる人も多いはずです。失敗しないために、入念な予防策を考えるべきです。

 ただ、再婚前に不安を感じているだけでは、いつまでたっても前に進めません。経済的なこと、子連れ再婚であるなら、子供と義理の親になる人との関係性など、洗いざらい相手と話しておく必要があるでしょう。そうすることで、結婚した後の「こんなはずでは」を減らすことができるからです。

 再婚してから揉めるより、再婚後に考えられるトラブルを前向きに恋人と共有しておきましょう。

再婚で幸せになれる!

もう一度幸せになるための勇気を(写真:iStock)
もう一度幸せになるための勇気を (写真:iStock)

 再婚で幸せになることは可能です。筆者は再婚して半年間、さまざまなことに悩みましたが、今はそんなこともなかったかのように幸せな毎日を送っています。

 離婚した経験があるからこそ、結婚に臆病になってしまう気持ちもわかります。しかし、全ての恋が離婚につながるわけでありません。

 もう一度、幸せになるための勇気を持ってみるのも、新しい人生の幕開けになるかもしれませんよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM