悲劇を繰り返す? バツあり元鬼嫁の“不屈すぎる”ハント精神

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-06-11 06:00
投稿日:2019-06-11 06:00
 “鬼嫁”のレッテルを貼られていた女性には、離婚をした直後から、次なる夫探しに余念が無い人もいるようです。周りから見れば「次の餌食になる男が、カワイソウ」としか見えない姿に「まもなく悲劇が繰り返される……」と感じる人もいるのです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな元鬼嫁の“不屈のハント精神”にまつわるエピソードを3選ご紹介します。

1:料理ができるフリをするために小道具を準備

使えもしない調理器具で見栄を張る(写真:iStock)
使えもしない調理器具で見栄を張る (写真:iStock)

「職場の先輩で、どう考えても鬼嫁としか言えない人がいて、ご主人から三行半を突きつけられる形で離婚しました。

 その人は、今年48歳なのですが料理もしないし、家事も苦手だそうです。

 でもこの前、『料理ができるフリをするために、家に食器と調理器具を飾った』って、得意げに話していました。

 男を家に呼んで、料理ができる雰囲気を出すのが狙いだそうです。

 そうやってまた、ダマされて悲劇の結婚をする被害者が出てくるのかぁ……って感心しましたね」(36歳女性/印刷)

  ◇  ◇  ◇

 料理をしないけれど、そうは見せないよう、小道具をセットして男性を騙そうとする元鬼嫁も。

 実際に手料理を振る舞う機会はつくらないよう、周到な口実で逃げ切るのでしょうか。

 それにしても、計算高いですよね。

2:嘘の離婚原因をでっち上げ

ウソの離婚理由で男性の同情をひく(写真:iStock)
ウソの離婚理由で男性の同情をひく (写真:iStock)

「飲み仲間の女性は、言っちゃ悪いけどホンモノの鬼嫁ってタイプ。

 実際、結婚していたときも夜遊びをやめずに深夜までお酒を呑み歩き、家事も料理も夫任せだったらしいです。それで案の定、離婚に至ったんですけど、どうやら再婚欲があるらしい。

 この前、飲み会で会ったら、元夫が浮気したせいで離婚したっていう聞いたこともない話をでっちあげて、男性たちの同情を買おうとしていました。

 参加者のひとりの男性はコロッとダマされている感じだったし、あの人が次なる被害者か……と思って見ていました」(40歳女性/マスコミ)

  ◇  ◇  ◇

 自分が原因で至った離婚でも、そうは言わずに、同情をもらえそうなエピソードをでっち上げる元鬼嫁も。

 真実を確認する術がないだけに、出会ったばかりの人ほど、あっさりダマされてしまいそうです。

3:ネコで釣ろうとするあざとい戦略

ネコをダシにするなんて恥ずかしくないのかにゃ(写真:iStock)
ネコをダシにするなんて恥ずかしくないのかにゃ (写真:iStock)

「最近、ネコ好きな人が増えているからでしょうか。

 私が知る元鬼嫁の50歳手前の女性は、離婚後にネコとひとり暮らしを始めて、そのネコをダシにして、年下男を釣ろうと必死です。

 ネコ好きな男ほど『ネコが好きな人に悪い人はいないよなー』とかって言っているのを聞いたこともあるし、動物好きな面をアピールして“優しい私”を印象付けようとしているのがミエミエなんです。

 男性がいる飲み会では、やたらネコを可愛がっているアピールが激しいんですけど、女性だけで飲んでいるときには『ネコの世話が面倒くさい』とか言っていて、そのギャップが激しすぎ。

 彼女にとっては、ネコも再婚のための小道具でしかないんでしょうね。

 ネコがカワイソウ!」(34歳女性/飲食)

  ◇  ◇  ◇

 動物を“小道具”のようにダシにする元鬼嫁……。正真正銘の性悪感がハンパありません。

 ちまたには、鬼嫁であることを隠し、再婚へ向けて意欲的な行動を繰り返す女性も珍しくないようです。

 コロリとダマされてしまう男性が、次なる被害者になるのは間違いなさそうですよね……。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 コロナによる経済不安や自粛による寂しさから、恋愛や結婚に関心の高まっている人も増えているのではないでしょうか。しかし、...
ミクニシオリ 2020-07-15 06:00 ラブ
FILM
 せっかく告白をするなら、誰だって「OK」をもらいたいものでしょう。告白に成功するためには、どんな伝え方をするかも重要。...
恋バナ調査隊 2020-07-15 06:00 ラブ
FILM
「彼氏を大事にしているはずなのに、なぜか浮気されやすい……」そんなお悩みはありませんか? 今回は、そんな女性に共通する特...
リタ・トーコ 2020-07-14 06:00 ラブ
FILM
 日本の生涯未婚率が上昇傾向にある一方で、「3組に1組が離婚している」と言われる昨今。新型コロナウィルスによる自粛期間に...
田中絵音 2020-07-14 06:00 ラブ
FILM
 職場でもパーティーでも気になるカレに対しても、男性から魅力的に見られたいですよね。「この人、なんか素敵かも」と思わせる...
若林杏樹 2020-07-13 06:00 ラブ
FILM
「尽くす女性」は、一昔前までは「いい女」の象徴のような言葉だったと思います。しかし、現在では「重そう」「恋愛が下手そう」...
孔井嘉乃 2020-07-13 22:49 ラブ
FILM
 ど本命の彼とのお付き合いを3年間続けています。ですが、つい先日、不安からくるど本命クラッシャー(※)をしてしまいました...
神崎メリ 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 長く付き合っていると、遅かれ早かれ二人の関係はマンネリをする傾向にあります。しかし、時に男性は女性に惚れ直す瞬間がある...
恋バナ調査隊 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の元に来られる相談者さんの7割近く占めるのが、「浮気問題」です。出会った男...
山崎世美子 2020-07-11 06:54 ラブ
FILM
 義母の性格に「難」があると、息子の妻は頭を抱えがちに…。嫁姑の人間関係は自分では選べないために、結婚後に想定外の悩みの...
並木まき 2020-07-11 06:47 ラブ
FILM
 用事を頼んだときに「子どものおつかい」しかできない夫と結婚してしまった妻は、日常生活でも苦労が絶えないようです。何もし...
並木まき 2020-07-11 06:43 ラブ
FILM
 離婚は当事者の人生史上、なかなかにシビアな局面です。かくいう筆者も人生の大ピンチに直面し「あ、これ一人じゃ戦えない……...
七味さや 2020-07-10 06:00 ラブ
FILM
 強気な態度やアプローチに惹かれてお付き合いを始めた男性が、実は「俺様系」だったなんてことはありませんか? あまりの俺様...
リタ・トーコ 2020-07-09 06:00 ラブ
FILM
 女性の中には、告白経験がない人もいます。「ひたすら、男性からの告白を待つ」という人もいるでしょう。しかし、せっかく好き...
恋バナ調査隊 2020-07-08 06:00 ラブ
FILM
「今の恋人はすべてが完璧!」そんな風に思える方は、ほんの一握り。きっと多くは、「かまってくれないけど、仕事面では尊敬して...
孔井嘉乃 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍の中で迎えた今年の夏は、いわば前代未聞の夏です。恋愛だっていつも通りというわけにはいきません。昨年と同じことを...
ミクニシオリ 2020-07-07 06:00 ラブ