悲劇を繰り返す? バツあり元鬼嫁の“不屈すぎる”ハント精神

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-06-11 06:00
投稿日:2019-06-11 06:00
 “鬼嫁”のレッテルを貼られていた女性には、離婚をした直後から、次なる夫探しに余念が無い人もいるようです。周りから見れば「次の餌食になる男が、カワイソウ」としか見えない姿に「まもなく悲劇が繰り返される……」と感じる人もいるのです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな元鬼嫁の“不屈のハント精神”にまつわるエピソードを3選ご紹介します。

1:料理ができるフリをするために小道具を準備

使えもしない調理器具で見栄を張る(写真:iStock)
使えもしない調理器具で見栄を張る (写真:iStock)

「職場の先輩で、どう考えても鬼嫁としか言えない人がいて、ご主人から三行半を突きつけられる形で離婚しました。

 その人は、今年48歳なのですが料理もしないし、家事も苦手だそうです。

 でもこの前、『料理ができるフリをするために、家に食器と調理器具を飾った』って、得意げに話していました。

 男を家に呼んで、料理ができる雰囲気を出すのが狙いだそうです。

 そうやってまた、ダマされて悲劇の結婚をする被害者が出てくるのかぁ……って感心しましたね」(36歳女性/印刷)

  ◇  ◇  ◇

 料理をしないけれど、そうは見せないよう、小道具をセットして男性を騙そうとする元鬼嫁も。

 実際に手料理を振る舞う機会はつくらないよう、周到な口実で逃げ切るのでしょうか。

 それにしても、計算高いですよね。

2:嘘の離婚原因をでっち上げ

ウソの離婚理由で男性の同情をひく(写真:iStock)
ウソの離婚理由で男性の同情をひく (写真:iStock)

「飲み仲間の女性は、言っちゃ悪いけどホンモノの鬼嫁ってタイプ。

 実際、結婚していたときも夜遊びをやめずに深夜までお酒を呑み歩き、家事も料理も夫任せだったらしいです。それで案の定、離婚に至ったんですけど、どうやら再婚欲があるらしい。

 この前、飲み会で会ったら、元夫が浮気したせいで離婚したっていう聞いたこともない話をでっちあげて、男性たちの同情を買おうとしていました。

 参加者のひとりの男性はコロッとダマされている感じだったし、あの人が次なる被害者か……と思って見ていました」(40歳女性/マスコミ)

  ◇  ◇  ◇

 自分が原因で至った離婚でも、そうは言わずに、同情をもらえそうなエピソードをでっち上げる元鬼嫁も。

 真実を確認する術がないだけに、出会ったばかりの人ほど、あっさりダマされてしまいそうです。

3:ネコで釣ろうとするあざとい戦略

ネコをダシにするなんて恥ずかしくないのかにゃ(写真:iStock)
ネコをダシにするなんて恥ずかしくないのかにゃ (写真:iStock)

「最近、ネコ好きな人が増えているからでしょうか。

 私が知る元鬼嫁の50歳手前の女性は、離婚後にネコとひとり暮らしを始めて、そのネコをダシにして、年下男を釣ろうと必死です。

 ネコ好きな男ほど『ネコが好きな人に悪い人はいないよなー』とかって言っているのを聞いたこともあるし、動物好きな面をアピールして“優しい私”を印象付けようとしているのがミエミエなんです。

 男性がいる飲み会では、やたらネコを可愛がっているアピールが激しいんですけど、女性だけで飲んでいるときには『ネコの世話が面倒くさい』とか言っていて、そのギャップが激しすぎ。

 彼女にとっては、ネコも再婚のための小道具でしかないんでしょうね。

 ネコがカワイソウ!」(34歳女性/飲食)

  ◇  ◇  ◇

 動物を“小道具”のようにダシにする元鬼嫁……。正真正銘の性悪感がハンパありません。

 ちまたには、鬼嫁であることを隠し、再婚へ向けて意欲的な行動を繰り返す女性も珍しくないようです。

 コロリとダマされてしまう男性が、次なる被害者になるのは間違いなさそうですよね……。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM