悲劇を繰り返す? バツあり元鬼嫁の“不屈すぎる”ハント精神

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-06-11 06:00
投稿日:2019-06-11 06:00
 “鬼嫁”のレッテルを貼られていた女性には、離婚をした直後から、次なる夫探しに余念が無い人もいるようです。周りから見れば「次の餌食になる男が、カワイソウ」としか見えない姿に「まもなく悲劇が繰り返される……」と感じる人もいるのです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな元鬼嫁の“不屈のハント精神”にまつわるエピソードを3選ご紹介します。

1:料理ができるフリをするために小道具を準備

使えもしない調理器具で見栄を張る(写真:iStock)
使えもしない調理器具で見栄を張る (写真:iStock)

「職場の先輩で、どう考えても鬼嫁としか言えない人がいて、ご主人から三行半を突きつけられる形で離婚しました。

 その人は、今年48歳なのですが料理もしないし、家事も苦手だそうです。

 でもこの前、『料理ができるフリをするために、家に食器と調理器具を飾った』って、得意げに話していました。

 男を家に呼んで、料理ができる雰囲気を出すのが狙いだそうです。

 そうやってまた、ダマされて悲劇の結婚をする被害者が出てくるのかぁ……って感心しましたね」(36歳女性/印刷)

  ◇  ◇  ◇

 料理をしないけれど、そうは見せないよう、小道具をセットして男性を騙そうとする元鬼嫁も。

 実際に手料理を振る舞う機会はつくらないよう、周到な口実で逃げ切るのでしょうか。

 それにしても、計算高いですよね。

2:嘘の離婚原因をでっち上げ

ウソの離婚理由で男性の同情をひく(写真:iStock)
ウソの離婚理由で男性の同情をひく (写真:iStock)

「飲み仲間の女性は、言っちゃ悪いけどホンモノの鬼嫁ってタイプ。

 実際、結婚していたときも夜遊びをやめずに深夜までお酒を呑み歩き、家事も料理も夫任せだったらしいです。それで案の定、離婚に至ったんですけど、どうやら再婚欲があるらしい。

 この前、飲み会で会ったら、元夫が浮気したせいで離婚したっていう聞いたこともない話をでっちあげて、男性たちの同情を買おうとしていました。

 参加者のひとりの男性はコロッとダマされている感じだったし、あの人が次なる被害者か……と思って見ていました」(40歳女性/マスコミ)

  ◇  ◇  ◇

 自分が原因で至った離婚でも、そうは言わずに、同情をもらえそうなエピソードをでっち上げる元鬼嫁も。

 真実を確認する術がないだけに、出会ったばかりの人ほど、あっさりダマされてしまいそうです。

3:ネコで釣ろうとするあざとい戦略

ネコをダシにするなんて恥ずかしくないのかにゃ(写真:iStock)
ネコをダシにするなんて恥ずかしくないのかにゃ (写真:iStock)

「最近、ネコ好きな人が増えているからでしょうか。

 私が知る元鬼嫁の50歳手前の女性は、離婚後にネコとひとり暮らしを始めて、そのネコをダシにして、年下男を釣ろうと必死です。

 ネコ好きな男ほど『ネコが好きな人に悪い人はいないよなー』とかって言っているのを聞いたこともあるし、動物好きな面をアピールして“優しい私”を印象付けようとしているのがミエミエなんです。

 男性がいる飲み会では、やたらネコを可愛がっているアピールが激しいんですけど、女性だけで飲んでいるときには『ネコの世話が面倒くさい』とか言っていて、そのギャップが激しすぎ。

 彼女にとっては、ネコも再婚のための小道具でしかないんでしょうね。

 ネコがカワイソウ!」(34歳女性/飲食)

  ◇  ◇  ◇

 動物を“小道具”のようにダシにする元鬼嫁……。正真正銘の性悪感がハンパありません。

 ちまたには、鬼嫁であることを隠し、再婚へ向けて意欲的な行動を繰り返す女性も珍しくないようです。

 コロリとダマされてしまう男性が、次なる被害者になるのは間違いなさそうですよね……。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ
甘え下手な女性必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-20 06:00 ラブ
納得!結婚相手は優しい人より正直な人の方が失敗しないワケ
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-19 06:00 ラブ
付き合って3年目の男性心理…結婚してくれない理由&対処法
 付き合って3年目は、男女共に心境に変化が訪れやすい時。結婚を目的として彼と付き合っている女性は、なかなか進展がないこと...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
男性に飽きられる女性に共通する5つの特徴&卒業する方法
 せっかく彼氏ができたのに、飽きられて振られてしまう女性がいます。そんな女性の多くは、過去にも同じような経験をしているの...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
付き合ってはいけない!? LINEで垣間見えるダメ男の特徴5つ
 素敵な男性がいる一方、女性を不幸にするダメ男っているんですよね……。なんとなく違和感を感じながらも、結局流されて付き合...
恋バナ調査隊 2021-10-17 06:00 ラブ
別れ話をせず約2年…自然消滅に期待も彼女の執着に驚く男性
「冷酷と激情のあいだvol.60〜女性編〜」では、自分とはコロナ禍を理由に会わないのに、他の人とは出かけている恋人・エツ...
並木まき 2021-10-17 03:46 ラブ
仲間とは遊ぶのに…約2年ほとんど会えない彼氏に苛立つ女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-16 06:00 ラブ
結婚後は別人に豹変! 嫁の本性が露見した強気すぎるLINE5選
「結婚前と結婚後で、相手の性格が別人になった」という話は、よく聞きますよね。今回は、そんな事例の中でも、結婚後に本性が見...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
要注意!“地雷男”の5つの見分け方&付き合うデメリット
 一見普通そうに見えるのに、付き合うと問題が勃発しやすい「地雷男」は、誰だって敬遠したいものでしょう。でも、多くの地雷男...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
男性から突然告白された…彼に隠れた5つの心理&答え方
 男性から告白されるのは嬉しいことではありますが、異性として意識していなかった相手から突然告白されてしまったら戸惑ってし...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
付き合うべき? プライドの低い男性のメリット&デメリット
 好きになった人がプライドの低い男性だと、なんとなく頼りがいがなさそうと感じて、少し不安を覚えてしまうことってありますよ...
恋バナ調査隊 2021-10-14 06:00 ラブ
彼をキュン死にさせる♡ 恋愛上級者の大胆LINEテク5つ
 モテるとモテないの違いって、実はとても些細なことだったりします。恋愛上級者たちは、その小さな違いをさりげなく言動に織り...
恋バナ調査隊 2021-10-14 06:00 ラブ
彼氏が優しいのは最初だけ…? 残念な理由2つと抜け出す方法
 せっかく付き合えた彼氏。なぜか毎回、最初は楽しいのに数カ月経つとデートや連絡が激減したり、奢ってくれなくなったり、「好...
若林杏樹 2021-10-13 06:00 ラブ
運命の出会いを果たし…夫の元から去った女性の意外な選択
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-10-13 06:00 ラブ