男女の喧嘩で話し合いが失敗するなぜ? 最新脳科学にヒント

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-06-26 10:10
投稿日:2019-06-26 06:00

男女のすれ違いは人類の永遠のテーマ

最新科学が男女の溝を埋める?(写真:iStock)
最新科学が男女の溝を埋める? (写真:iStock)

 男女の違い……それは、人類が理性を獲得してからの永遠のテーマです。そこに起因した“すれ違い”がとくに顕著となるのが、男女の喧嘩に発展した時でしょう。

 相容れない理屈と感情がぶつかって起こりがちな大惨事(カタストロフィー)。一方が必死に説明を試みても、全く埋まる気配のない二人の溝。そして、最後は、

「自分の気持ちを全然わかってくれない!」

 と、どちらかの爆発で幕を閉じます。

 このような光景は四六時中、世界のいたるところで起こっていることでしょう。

 さて、この問題に対して最新の認知科学は、なぜ「説明をする」という行為がされる側にとっては、戦争を仕掛けられていると感じるのか、というメカニズムを教えてくれています。

「ゴジラ対ラドン効果」という話し合いの末路

説明しようとすればするほど…(写真:iStock)
説明しようとすればするほど… (写真:iStock)

 対立した人間同士が問題を解決する手段としては、これまで「戦争」と[話し合い」の2つの手段によっていました。

 話し合いの方がより平和的な解決手段ではありますが、人間があまりにも長く戦争をしすぎてしまった結果、人間の脳には進化の過程で「戦争のメタファー」が組み込まれてしまいました。

「話し合い」の中でもどちらかが勝って、どちらかが負ける。そして負けたものはすべてを失ってしまう、という感覚が刷り込まれてしまっているのです。

 結果、どういうことが起きるのかというと、必死に説明しようとすればするほど、「結局が自分が正しくて、こちらが間違ってると言いたいんだ」と相手は解釈。二人の関係はまるで大怪獣が対決した東京のように破壊されしまうのです。

 これは、MRIで脳を見てみると一層明確であり、何かを反論しようとした瞬間、反論された側の脳の論理性を司っている部分は活動を停止し、攻撃性に関する部分が活性化しています。

 よほど理性的な人以外では共通する動きのようで、だからこそ男女間の喧嘩はいつも戦争になってしまうのです。

大事なのは「友情」という気持ち

感謝の言葉を惜しまない(写真:iStock)
感謝の言葉を惜しまない (写真:iStock)

「結局、話し合っても大惨事になってしまうのではどうしようもない…… 」と思われるかもしれませんが、ここに一つの光明が。どうやら対立しがちな関係の中でも話し合いを円滑にすすめる方法があるのです。

 この方法、もともとはテロリストとの人質交渉の中で生み出されたものです。テロリストに武力鎮圧や交渉で対応してももなかなか成果が上がりにくい中、生み出されたのが「友情」と「共感」をもって相手と話していくという方法。

 相手の話に耳を傾け、共感し、理解しようとする姿勢を見せる。すると、脳の怒りをつかさどる部分が急激に鎮静化し、話を聞こうという姿勢が出てくるようなのです。

話し合いは食事中がベスト

 また興味深い実験の結果があります。人は、相手にご飯を作ってもらって食べているときは、相手を受け入れようという気持ちが高まるんです。ご飯を食べ終わってしまうと、急激に低下してしまうようなので、食事中にのみ起こる現象です。

 なので、喧嘩をしてしまった時は、相手の好きなご飯をつくるなどして、できるだけ食事が長く続くようにしながら話をするのがベストです。

「ありがとう」は最強のフレーズ

 また、脳が最も喜ぶ言葉は「ありがとう」です。ありがとう、を会話の中に入れるだけで、自分も相手も幸福感が増大するのです。地雷がたくさん埋まっていそうな会話をする際は、とにかく「ありがとう」を会話の端々に入れ、感謝を伝えていくことを心がけましょう。

 言わなくても気持ちは伝わる、というのは日本人の美徳とされてきましたが、もはやこれは幻想でしかありません。「ありがとう」は、これでもか! というくらい連発していきましょう。

 あまり言い過ぎるとと価値が下がってしまうなどと考える必要はありません。言えば言うほど価値が高まっていくのが、「ありがとう」なのです。

まとめ

 最新脳科学からの男女間の喧嘩の解決方法はいかがでしたでしょうか? 改めて言われると当たり前のことのようにも思えますが、そう思っていてもなかなか実践できないのが男女の問題。

「科学的」に当たり前のことも実証されたことですし、どんどん活用していきましょうね!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM