男女の喧嘩で話し合いが失敗するなぜ? 最新脳科学にヒント

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-06-26 10:10
投稿日:2019-06-26 06:00

男女のすれ違いは人類の永遠のテーマ

最新科学が男女の溝を埋める?(写真:iStock)
最新科学が男女の溝を埋める? (写真:iStock)

 男女の違い……それは、人類が理性を獲得してからの永遠のテーマです。そこに起因した“すれ違い”がとくに顕著となるのが、男女の喧嘩に発展した時でしょう。

 相容れない理屈と感情がぶつかって起こりがちな大惨事(カタストロフィー)。一方が必死に説明を試みても、全く埋まる気配のない二人の溝。そして、最後は、

「自分の気持ちを全然わかってくれない!」

 と、どちらかの爆発で幕を閉じます。

 このような光景は四六時中、世界のいたるところで起こっていることでしょう。

 さて、この問題に対して最新の認知科学は、なぜ「説明をする」という行為がされる側にとっては、戦争を仕掛けられていると感じるのか、というメカニズムを教えてくれています。

「ゴジラ対ラドン効果」という話し合いの末路

説明しようとすればするほど…(写真:iStock)
説明しようとすればするほど… (写真:iStock)

 対立した人間同士が問題を解決する手段としては、これまで「戦争」と[話し合い」の2つの手段によっていました。

 話し合いの方がより平和的な解決手段ではありますが、人間があまりにも長く戦争をしすぎてしまった結果、人間の脳には進化の過程で「戦争のメタファー」が組み込まれてしまいました。

「話し合い」の中でもどちらかが勝って、どちらかが負ける。そして負けたものはすべてを失ってしまう、という感覚が刷り込まれてしまっているのです。

 結果、どういうことが起きるのかというと、必死に説明しようとすればするほど、「結局が自分が正しくて、こちらが間違ってると言いたいんだ」と相手は解釈。二人の関係はまるで大怪獣が対決した東京のように破壊されしまうのです。

 これは、MRIで脳を見てみると一層明確であり、何かを反論しようとした瞬間、反論された側の脳の論理性を司っている部分は活動を停止し、攻撃性に関する部分が活性化しています。

 よほど理性的な人以外では共通する動きのようで、だからこそ男女間の喧嘩はいつも戦争になってしまうのです。

大事なのは「友情」という気持ち

感謝の言葉を惜しまない(写真:iStock)
感謝の言葉を惜しまない (写真:iStock)

「結局、話し合っても大惨事になってしまうのではどうしようもない…… 」と思われるかもしれませんが、ここに一つの光明が。どうやら対立しがちな関係の中でも話し合いを円滑にすすめる方法があるのです。

 この方法、もともとはテロリストとの人質交渉の中で生み出されたものです。テロリストに武力鎮圧や交渉で対応してももなかなか成果が上がりにくい中、生み出されたのが「友情」と「共感」をもって相手と話していくという方法。

 相手の話に耳を傾け、共感し、理解しようとする姿勢を見せる。すると、脳の怒りをつかさどる部分が急激に鎮静化し、話を聞こうという姿勢が出てくるようなのです。

話し合いは食事中がベスト

 また興味深い実験の結果があります。人は、相手にご飯を作ってもらって食べているときは、相手を受け入れようという気持ちが高まるんです。ご飯を食べ終わってしまうと、急激に低下してしまうようなので、食事中にのみ起こる現象です。

 なので、喧嘩をしてしまった時は、相手の好きなご飯をつくるなどして、できるだけ食事が長く続くようにしながら話をするのがベストです。

「ありがとう」は最強のフレーズ

 また、脳が最も喜ぶ言葉は「ありがとう」です。ありがとう、を会話の中に入れるだけで、自分も相手も幸福感が増大するのです。地雷がたくさん埋まっていそうな会話をする際は、とにかく「ありがとう」を会話の端々に入れ、感謝を伝えていくことを心がけましょう。

 言わなくても気持ちは伝わる、というのは日本人の美徳とされてきましたが、もはやこれは幻想でしかありません。「ありがとう」は、これでもか! というくらい連発していきましょう。

 あまり言い過ぎるとと価値が下がってしまうなどと考える必要はありません。言えば言うほど価値が高まっていくのが、「ありがとう」なのです。

まとめ

 最新脳科学からの男女間の喧嘩の解決方法はいかがでしたでしょうか? 改めて言われると当たり前のことのようにも思えますが、そう思っていてもなかなか実践できないのが男女の問題。

「科学的」に当たり前のことも実証されたことですし、どんどん活用していきましょうね!

しめサバ子
記事一覧
マルチポテンシャライトライター
主に恋愛・性に絡むネタを執筆。ライター業以外にも法務や税務、イベント企画、プログラミング、起業、ひいては寿司を握るなど、興味を持ったことに手当たり次第に挑む。休日はシメサバ作りをこよなく愛する。
Twitter

ラブ 新着一覧


モテるのに彼氏ができない 本命になれない30代女のガチ原因
「いいところまで行くのに彼氏ができない」 「もう数年間も、ちゃんとした恋人ができてない」  20代の時は彼氏彼女の関...
若林杏樹 2023-02-01 06:00 ラブ
モテるアラフィフ独身男は要注意? “難あり物件”に見られる5つの特徴
 昔に比べて、今はアラフィフでも若々しく魅力的な男性ってとても多いですよね。結婚相手を探している女性の中には、色気があり...
恋バナ調査隊 2023-02-01 06:00 ラブ
違和感は放置しない! 金銭感覚が合わない彼との付き合い方
 彼の金遣いの荒さにびっくりしたり、逆に財布のヒモの固さに引いたことはありませんか? 金銭感覚のズレを放置すると、後々苦...
恋バナ調査隊 2023-01-31 06:00 ラブ
既婚者マッチングアプリって?実際に使ってみた感想と注意点
 巷でひっそりと流行している「既婚者マッチングアプリ」をご存じですか?  その名の通り、既婚者専用のマッチングアプリで...
まめ 2023-01-31 06:00 ラブ
非・顔面国宝でなぜモテる?「雰囲気イケメン」特徴5つと落とすポイント
 男性の中には“顔面国宝”ってわけでもないのに、素敵なムードを醸し出していてなぜかモテる人がいます。それが雰囲気イケメン...
恋バナ調査隊 2023-01-30 06:00 ラブ
浮気も姑問題も解決!妻が夫に仕掛けた“わざと誤爆LINE”作戦
 いつの時代も、夫を上手に手のひらで転がしている賢い妻はいますよね。特に現代では、LINEを巧みに使って夫にわざと誤爆L...
恋バナ調査隊 2023-01-29 06:00 ラブ
実家が太い男“ほぼ100パー”特徴と見極め方 玉の輿乗れますか
 結婚相手を選ぶ時、「お金じゃない」なんて言いながらもリッチな男性につい惹かれてしまう女性は多いのではないでしょうか。不...
恋バナ調査隊 2023-01-29 06:00 ラブ
理系男子に告ぐ! イチイチめんどくさい恋愛エピ&対処法
 知的でクールな印象の理系男子って魅力的ですよね。でも、理系男子に惹かれてお付き合いをはじめた女性の中には、理系ならでは...
恋バナ調査隊 2023-01-28 06:00 ラブ
デート代、端数も計算してたんかい!ケチな男の仰天LINE3選
「好きなら男に経済力なんかなくてもいい!」と思っているそこのあなた。リアルに“ケチ”な姿を見ても、同じセリフを言えますか...
恋バナ調査隊 2023-01-28 06:00 ラブ
「アプリで見つけた彼女候補」と主張 一線越える気がない男
「冷酷と激情のあいだvol.127〜女性編〜」では、アプリで出会った恋人であるナオキさん(仮名)と半年間にわたって一度も...
並木まき 2023-01-28 06:00 ラブ
お金狙い?結婚前提なのにレスな彼にしびれを切らす45歳独女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-01-28 06:00 ラブ
めんどくさいと諦め寸前エピ…繊細彼氏→最高彼氏にバケる!?
 細かいところに気がついてくれる彼氏って素敵ですよね。「よく気が利く」「気持ちを察してくれる」と、はじめは魅力を感じるで...
恋バナ調査隊 2023-01-27 06:00 ラブ
私たちが事実婚を選んだ3つの理由 デメリットも忘れないで
 婚姻届を提出せずに、夫婦と同じような関係で生活を送る「事実婚」。内縁関係とも言われますね。女性なら、結婚して籍を入れる...
恋バナ調査隊 2023-01-27 06:00 ラブ
連チャン最優先!? ギャンブル好き彼氏の激ヤバエピ&上手に付き合う法
 どんなにイケメンで魅力的な彼氏でも、ギャンブル好きだとわかった時点でドン引きしてしまう女性も多いでしょう。今回は、ギャ...
恋バナ調査隊 2023-01-26 06:00 ラブ
ATMにされてない? ママ活男子のおねだりに必殺返しワザ3選
 パパ活の逆ヴァージョンであるママ活という言葉が生まれて数年が経ちました。  それ以降、マッチングアプリではお金目当て...
内藤みか 2023-01-26 06:00 ラブ
友達を好きになったら…告白で関係を壊したくない人の注意点
 今まで恋愛感情がなかった異性の友人に対して、ひょんなことで「自分はあいつが好きなんだ」と気づいてしまった……なんてこと...
若林杏樹 2023-01-25 06:00 ラブ