嫉妬する彼女は嫌われる むしろ男ウケする可愛いヤキモチ3選

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-06-21 06:16
投稿日:2019-06-21 06:00
 女性は「ヤキモチを妬く女は重い」と思いこみがち。そして、そのヤキモチの感情と自分の中で戦うことになります。しかし、ヤキモチを妬かれることで男性が嬉しいと感じるシーンもあります。なぜなら、ヤキモチは“どうでもいい人には起こらない感情”だからです。
 近頃、男性の中でも「ヤキモチを妬かれたい」と思う人が増えているようです。男性を苦しめないヤキモチを表現する方法を紹介しましょう。

可愛く思える“ヤキモチ彼女”の上手な表現方法

ヤキモチは可愛くカミングアウト(写真:iStock)
ヤキモチは可愛くカミングアウト (写真:iStock)

 ヤキモチを妬いた時に彼氏に使える表現の仕方についてご紹介しましょう。

「ヤキモチ…妬いちゃった」

 ヤキモチは、自分の気持ちを隠しつつ相手に要求をすることで、嫌味に聞こえてくると筆者は思います。そこで、ヤキモチを妬いてしまった時には彼氏に素直に「ヤキモチを妬いちゃった」とかわいくカミングアウトしてみるのがオススメです。

 そうすることで「ごめんね」という謝罪が手に入るだけではなく「次から気をつけるね」という改善策も彼氏が勝手に考えてくれることも。彼女からしたら、これ以上ないヤキモチ対策になります。

「本当は〇〇。でも楽しんできてね…!」

 ヤキモチを妬いた時は、色々な感情がせめぎ合いますよね。そもそもヤキモチを妬く時は自分の本音と、彼氏のことを思う気持ちがあります。うまく処理できないので、相手に掛け合おうとするのがヤキモチ発言でしょう。

 自分の意見と、彼氏の立場に立った意見を簡潔に伝えてみてはどうでしょう。

「本当は私といてほしかったけど、今日は楽しんできてね!」と言えることができれば、彼氏もわかりやすいはずです。

「次に会った時に〇〇してね!」

 彼氏がほかの男女グループと遊びに行ってしまった時や、どうしても会いたかった日に限って、ほかの人と約束があった時にヤキモチを感じることもありますよね。

 そんな時は「次に会った時は一緒にパフェを食べてね」というような可愛いおねだりしてみましょう。彼氏が自分のことを気にかけていない様子がヤキモチにつながっている場合に効果的です。

 彼氏が自分の意見もきちんと真摯に聞いてくれると思えば、ヤキモチも妬かなくてすみますよね。彼氏からしても、罪滅ぼしになるので気がきく女をアピールすることも可能です。

ブスなヤキモチ…こんなヤキモチは絶対にダメ!

浮気を心配しすぎて怖いオンナに(写真:iStock)
浮気を心配しすぎて怖いオンナに (写真:iStock)

 彼氏が「俺って、こんなに愛されてるの?」と素直に喜べるヤキモチもあれば、「うざったいだけ」のヤキモチも存在します。そこで彼氏に言わない方がいいヤキモチ表現をご紹介します。

「浮気したら容赦しない」

 浮気されるのは悲しいこと。多くの女性が、浮気は許せないとする人が多いと思います。しかし、浮気していないのに「浮気したら容赦しない」と脅しとも取れる発言をするのは控えましょう。

 彼氏からすれば、何もしていないのに怒られた気分になり、気分を害します。この場合は「浮気されたら、悲しくなっちゃう」くらいにとどめておくのがベストです。

「どこ行くの?何時に帰るの?」

 彼氏がどこかに出かけると言った時や、連絡が途切れた時に執拗に質問責めする女性もいます。では、そのような女性はコトあるごとに彼氏から質問をされたら、どう思うのでしょうか? 不安で浮気をされないか心配なのでしょう。その結果、つい質問して確信に迫りたい気持ちも理解できます。

 それでも全てのことを逐一、彼女に報告する必要がないのも確かなこと。彼氏からすれば「どうして、そんなことまで話さなきゃいけないの?」と面倒な気持ちにもなります。質問を多く受けることによって、信じられていない気分にもなりますよ。

「私がいなくても楽しそうじゃん」

 男性からすると「嫌味かよ!」というセリフです。本心では「私といなくても楽しそう……」と思ってしまっても、それをストレートに男性にぶつけるのは、お門違いです。男性だって、彼女以外と交流したいと考えるのは普通なことだからです。

 彼氏に「彼女がいなかったら楽しんじゃないけないの?」と思われてしまいます。嫌味に聞こえるヤキモチの表現は控えるべきでしょう。

ヤキモチは可愛く伝えること

いつも一緒にいたい彼女を目指す!(写真:iStock)
いつも一緒にいたい彼女を目指す! (写真:iStock)

 彼氏が大好きすぎるあまりに「私と気持ちが通じ合っていないんじゃないかな」と苦しむ気持ちもわかります。ただ、あまりにも過剰すぎるヤキモチの表現は、彼氏からすると窮屈に感じる時も。

 一番いい方法は、彼氏が自分を好きという状態をキープすること。そうすれば、彼氏はあなたに構ってくれますよね。

 彼氏があなた以上に仲良くなる女性も時間を共有する女性もいなくなるはずです。結果、ヤキモチを妬く頻度は少なくなりますから、頭脳戦でヤキモチには賢く対処しましょうね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


年上を狙うハイエナに注意!アプリで出会った自己中心浮気男
 近ごろ、マッチングアプリで年下男性を希望する女性が急増しています。  若い男性とのスイートな真剣交際を夢見る女性に忍...
内藤みか 2022-07-07 06:00 ラブ
復縁後の彼氏が冷たいって何なん? “地獄の過ち”二度は嫌!
 別れた元彼と復縁をした経験がある人は少なくありません。別れを後悔し、念願叶ってやっと復縁できたとなれば、当然嬉しいです...
恋バナ調査隊 2022-07-07 06:00 ラブ
元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ