耳がちょっぴり痛いかも?「世間知らずの大人」がたどる怖~い末路

おくげちゃん 漫画家・イラストレーター
更新日:2023-09-01 06:00
投稿日:2023-09-01 06:00
「自分は世間知らずだな」と最後に思ったのはいつですか? もしも思い出せないくらい昔なら、ちょっと自分の住む世界が狭くなっているかもしれません。
 今回はどんな大人にもちょっぴり耳が痛いお話。どろんぱでは、怒るお客さんをママがなだめています。

古臭い世界と比べてない?

 

 

 

(漫画:おくげちゃん)
(漫画:おくげちゃん)

 

キレる老人は、世間知らずの大人の末路

「若い子が想像する以上に、大人の世間知らずって多いからね」

 これは私が最近聞いた中で、もっとも印象深かった言葉です。

 “世間知らず”と聞くと、なんとなく若い人をイメージしませんか?

 学生とか、新社会人とか。私もどちらかといえば若い人より、年齢を重ねた人の方が物知り・視野が広いと思いがちです。

 でも実はけっこう周りにもいますよね、世間知らずの大人。

 もちろんどんな大人も知らない世界の方が多いので、そういう点から見れば誰もが世間知らずです。

 ところが年齢を重ねて行くと、いつの間にか自分の生きている世界が全てになってしまったりするんですよね。

 会社なんかでもそれなりの年齢になって出世したりすると、人から教わったり指摘されるチャンスがグッと減ります。

 すると、イエスと言われる環境や人を使うのに慣れてしまって、知らず知らずのうちに老害街道を爆速で進んでいたりして……

 想像するだけで怖くないですか?

むしろ感性が冷えているのは大人の方

 昔は“キレる若者”なんて言われたりしましたが、今のニュースでは“キレる老人”もよく見ます。

 これがまさに世間知らずの大人だったりするんですよね。

 さて、ここまで読んでみなさんはどう感じましたか?

 もしかしたら、「自分も気をつけよう」と思えるかどうかが未来の大きな別れ道なのかもしれません。

 時代の流れは早いです。取り残されないためにも、「自分の知っていることは少ない」と、謙虚でハングリーな生き方をしたいものですよね。

登場人物紹介

ママ、ブル丸さん(漫画:おくげちゃん)
ママ、ブル丸さん (漫画:おくげちゃん)

ママ:どろんぱのママ。自分の能力や容姿に大いなる自信を持っているが、自分の生きている世界の小ささもちゃんと知っている。

ブル丸さん:どろんぱの常連さん。強面で頑固なので、他人から意見されるケースが少ない。ビー玉のような瞳がキレイ。職業はピザ屋さん。

おくげちゃん
記事一覧
漫画家・イラストレーター
酒呑みまんが家。ふしぎで妖しい話を描いています。就活が嫌すぎて3年間ドイツに逃亡するなど放浪癖あり。京都市出身、東京在住。水商売歴10年。TwitterやInstagramでは毎日漫画を更新中。実績などはこちらXInstagram

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


2月26日~3月3日あなたの全体運・恋愛運・ラッキーカラー
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
連れて帰りたい! 人懐っこすぎる“たまたま”の激レアショット
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
茜色に心和むひと時、だからこの時間が好きなんだ
 忙しない街にも訪れる特別な時間。  足早に歩く人々は顔を上げ、しばし空を仰ぎ見てから、また現実へと戻っていく。 ...
女+家=嫁…「嫁ぐ」と「結婚」の違いはある?
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
ほっこり癒し漫画/第68回「コウメばあちゃんはどこ?」
【連載第68回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、突然「コクハク」に登場! 「しっぽ...
貸したお金を催促するのにこんな手が…! モヤモヤを解消するLINE3選
 人にお金を貸した後、なかなか返してくれなかったら、とても嫌な気持ちになりますよね。  とはいえ、お金の話は、言い...
電マの営業からラブホの清掃員へ…羞恥心とも戦うストリッパーが思うこと
『電マの営業・新井です!』(略して「電マの新井」)という新作が大変好評だ。  書店員にとっての新作といえば「新しく...
口喧嘩で負けたくない! 勝ちたい時に使えるマル秘戦術3選
 みなさんは誰かと口論になった時、どんな戦法で勝ちにいきますか?  方法は十人十色ですが、今回は代表的な勝ちパターン...
凍り付いた湖の夜が更けて
 もしも突然、この瞬間に、氷が解けたらどうなるんだろう。  そう思いながら、凍て付いた湖の上に立つ自分が結構好き。...
「レンジでゆたぽん」人気じわり..足を温めると眠りやすい!
「レンジでゆたぽん」を知ったのは、年末年始に長野県の義実家に行った時。寒がりな私を気遣って、義母が用意してくれたのです。...
青空にオレンジボディが映え“たまたま”の見返りメンチにキュン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
私って性格悪い? 自分のダークサイドを自覚した4つの瞬間
 誰の心にだって、優しい部分と優しくない部分が存在するもの。そうわかっていても、自分の心のダークサイドを自覚すると「もし...
卒入学、彼岸、送別会【花屋が教える】予算内で理想の花束を贈る7カ条
「斑目さん、今年こそは頑張って期限内にお願いしますよ!」  お正月がなんとなく終わったばかり、なんて思っていたら、我が...
「とにかく盛り上がるやつ頼むよ」ってさぁ 先輩の無茶ぶりLINEがすぎる
 お笑い芸人の松本人志とその後輩芸人たちによるアテンド飲み会が話題になっていますね。  ニュースの真偽はともかく、...
2024-02-21 06:00 ライフスタイル
仕事のサボりがバレた瞬間4選 リモートワークは意外と見られている!
 近年では、リモートワークやフレックスタイムなどの制度が導入されて、数年前よりも働きやすくなりました。  一方で、自由...
真似から始まったファッションも、いつか体に馴染むもの
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...