恋愛ホルモンで綺麗に! “つもりダイエット”で痩せる方法

コクハク編集部
更新日:2019-07-08 06:00
投稿日:2019-07-08 06:00
「恋をすると痩せて綺麗になる」――。昔から耳にする言葉ですよね。でも、実はこれ、ジンクスでもなんでもなく、科学的にも証明されているんです! 痩せさせたり、美肌にしてくれたり、そんな嬉しい効果をたくさん持っているのが「恋愛ホルモン」。そんな恋愛ホルモンを利用したダイエット方法、いざチェックしていきましょう♪

女性を綺麗にする「恋愛ホルモン」ってどんなもの?

恋は女性を綺麗にしてくれるってホント?(写真:iStock)
恋は女性を綺麗にしてくれるってホント? (写真:iStock)

 恋をすると食欲がなくなったり、ドキドキして何も手につかなくなったり、そんな経験をしたことがある方は多いはず。実はこれ、誰かを好きになると分泌される「恋愛ホルモン」の影響によるものなんです。

恋愛ホルモンの種類や働き

「恋愛ホルモン」と呼ばれるホルモンには、いくつかの種類があります。排卵日〜生理前に分泌が多くなる「エストロゲン」は有名ですが、その他、「PEA(フェニルエチルアミン)」、「ドーパミン」など、さまざま。

 そこでまずは、おもな恋愛ホルモンの種類や働きを見てみましょう。

・エストロゲン……女性らしい体つきにさせる、肌や髪を綺麗にする
・PEA……気分を高揚させ、食欲がなくなる、美肌にさせる
・ドーパミン……快楽を感じさせる、集中力や好奇心を高める、血行促進
・オキシトシン……ストレスを軽減させる、幸福感をもたらす
・アドレナリン……心拍数を上げる、代謝をアップさせる

 お気付きの通り、恋愛ホルモンは美肌や女性らしい体つきにしてくれるだけではなく、食欲減少や血行促進、代謝アップなど、ダイエットにプラスの働きを促してくれるものもあります。恋をするだけで美が手に入るなんて信じがたいですが、これは科学的にも証明されていることなんですよ。

恋愛が女性にもたらす嬉しい変化

 恋愛中に「好きな人を振り向かせたい」「もっと好きになってほしい」と思うのは当たり前のことでしょう。恋愛ホルモン以外にも、恋愛がもたらすその他の嬉しい変化には、下記のようなことが挙げられます。

おしゃれに気を遣うようになる

 好きな人ができると、「何を着ようか」「どんな髪型にしようか」など、おしゃれに気を遣うようになるのが女性。着たい服のために、ダイエットを志すこともあるでしょう。男性の好みに合わせてガラッとイメチェンをするなど、ファッションに磨きがかかります。

理想的なスタイルを目指すようになる

 先に挙げた女性ホルモンのおかげもあって、勝手に痩せる恋愛中。不思議なもので、少し痩せることでダイエットへのモチベーションが上がるのも女性ならではのこと。その結果、理想的なスタイルを目指すようになり、より綺麗を追求するようになります。恋愛のドキドキや高揚感が、美に対してのモチベーションを保ってくれるのです。

「恋愛してるつもりダイエット」で痩せる!

「恋愛してるつもり」でも効果あり♪(写真:iStock)
「恋愛してるつもり」でも効果あり♪ (写真:iStock)

 恋愛ホルモンは恋愛をしている人限定のものではありません。実は「恋愛してるつもり」だけでも勝手に痩せる不思議なダイエット方法があるんです。女性ホルモンを利用したこのダイエット方法、やり方を見てみましょう。

疑似恋愛でもOK

 実際に恋愛ができるなら、それが1番! とはいえ、好きな人は無理に探すものではありませんよね。でも、恋愛ホルモンは、なんと疑似恋愛でも分泌させることができるそう。例えば、好きなアイドル、キャラクター、芸能人にときめきを持ったり、恋愛映画を見てドキドキ感を味わうだけでもOK。妄想に集中しましょう。

集中や感動など精神活動を増やすことも◎

 趣味に没頭している時、気づけば食べることを忘れていた、という経験がある方は多いでしょう。このように何かに集中したり感動したりなど、精神活動によっても恋愛ホルモンの分泌が促され、ダイエット効果が生まれます。

恋愛は最高の美容液! 良い恋をして綺麗になろう♪

 恋愛中に分泌される「恋愛ホルモン」は、女性の美にとても貢献してくれるもの。「恋愛は最高の美容液」なんて言われるのも分かりますよね。

 ただし、「恋の病」と謳われるように、恋愛によって痩せるどころか摂食障害を引き起こしてしまったり、精神的に大きなダメージとなってしまったりと、悪影響を及ぼしてしまう可能性もあるので注意が必要。

 ぜひ、毎日ワクワクドキドキとして「前向きに綺麗になりたい!」と思えるような素敵な恋を見つけてくださいね。

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


生理休暇は女性の権利!「ずるい」と思われない賢い伝え方
 生理で著しく就業が困難な女性に認められる「生理休暇」ですが、実際に活用している人は少ないようです。というのも、まだまだ...
「限定コフレ」にご用心!悲しすぎる失敗から学ぶ賢い買い方
 クリスマスやバレンタインなど、イベントごとが近づくと発売されるコフレ。イベントで高揚した気分も相まって、「さまざまなア...
ハンドクリームはシーン別に揃えよう 冬乗り切る3アイテム
 乾燥する冬は手肌のかさつきが気になります。手洗いや水仕事後の、小まめなハンドケアが必要ですよね。ハンドクリームをシーン...
どこでしくじった? 30代からどんどん綺麗になる人の秘密4つ
 20代の女性はどんな女性でも若さに溢れて美しいですが、30代を過ぎた頃から見た目に大きな差が開いてきますよね。30代を...
あーイライラ!“鉄板”漢方でプレ更年期と戦う【薬剤師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代メイクフェチがお伝えしたい! 劇的に垢抜ける「ハイライト」術
 アラフォー女性のみなさん! ツヤ肌に見せたいからといって、顔中あちこちにハイライトをのせてギラギラにしてしまっては、せ...
「漢方の基本」プレ更年期世代の素朴な疑問10【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
amazonで常に上位!男を惑わす「フェロモン香水」試したら
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
単品より定食!? ダイエット中なのに外食が多い人のメニュー選び
「外食=太りやすい」というイメージが強いため、ダイエット中はできるだけ避けたいと思う人も多いはず。でも仕事が忙しいと、つ...
“ヘアアレ”下手回避!意外と知らない「スタイリング剤」の種類&選び方
 女性にとって、ヘアスタイルは重要なポイント! 毎朝、鏡に向かって髪の毛と格闘している人も多いのではないでしょうか。理想...
マスクを外したくないけどー!素顔バレの葛藤を乗り越える法
 コロナ禍でマスクが欠かせない生活が3年も続いています。最初は息苦しさを感じていたものの、いざマスクを外すとなると、マス...
黒ゴム注意報発令!「老けて見えない」まとめ髪で脱おばさん
 まとめ髪をした自分が鏡に映って、「なんか老けた?」と悲しくなったことはありませんか? 若い頃は、何も考えずにささっとま...
プチプラでアイメイク格上げ!一周回ってキャンメイク&セザンヌが良き♡
 私はいまだにマスクをつけて外出する機会が多く、そんな時はアイメイクしかしていません。そしてマスク姿だと、何だか街中全員...
糖化はお疲れ女性の敵!若さを保つ食事法5選【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「ノーズシャドウ」アラフォーの“ケバ・ダサ”残念テクを解説
 眉から鼻にかけてノーズシャドウを入れることで、簡単に彫りが深いハーフのような目鼻立ちの顔に見せられるため、最近では数年...
アンミカ歯磨き粉「ミカホワイト」でホンマに歯は白くなる?
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...