がん→子宮全摘まで“カウントダウン1カ月”の記録<仕事編>

コクリコ 編集者
更新日:2019-10-01 06:46
投稿日:2019-07-09 06:00
 私は42歳で子宮頸部腺がんステージ1Bを宣告された未婚女性、がんサバイバー1年生です。がん告知はひとりで受けました。誰にも頼れず、心の内側にずっと不安を抱えながらがんと闘うのはとてもつらいこと。なぜ私が……と思う気持ちと向き合って、そして不確かな情報に惑わされないように、私の体験がお役に立てれば幸いです。

仕事の引き継ぎを頑張る!

仕事はアイデンティティ(写真:iStock)
仕事はアイデンティティ (写真:iStock)

【Note.10】

 がんによる子宮全摘という大きな手術を1カ月後に控えていた私。この時期は感情の浮き沈みが非常に激しく、異常に元気だったり、攻撃的だったり、泣き虫だったり……。ただ、不思議なことに仕事はしっかりやっていました。

 友人や先輩にがんになったことを話すと「もうそんなに頑張らなくていいんじゃない?」と言われることが多かったです。

 主治医のT先生も「がんになってパニックを起こして、仕事を途中で投げ出してしまう人が多い」とおっしゃっていました。一方で「そうやって投げ出してしまったことで、治ったときにうまく職場に戻れない。戻りにくくなる人がいるよ」とも。

 がんになったことで私は私のキャリアを失いたくない。なぜなら、独身の私にとって仕事はアイデンティティであり、仕事の成功は親を喜ばせてあげられる唯一のものだと思っていたからです。大げさだけど。

 仕事に没頭しているときはがんのことをちょっとだけ忘れられたということもあり、投げ出すことはありませんでした。

 休むまでにとにかく自分にできることをしていこうと、先まわって資料をそろえたり、打ち合わせをしたり。もともと、私は「本の編集」という自分の仕事が好きなんです。がんになって、仕事を休まなければならないことがとても悲しくて、涙が出るほど悔しかった。ちょうどその時期に私が手掛けていた本がとても売れていたのでなおさらです。

 これまで頑張ってきた仕事、そして大好きな著者さんを先輩に引き継ぐ際は「私の大事な著者さんに失礼なことをしたら絶対に許さない」、会議中にも「私は仕事を休むのでこの本から手を引かないといけないけど、どうかこの著者のためにみなさんに本を売って欲しい」と涙ながらに、割と強めに訴え、みなさんには申し訳ないことをしました。

 事情を知らない方々は「なんでコクリコはあんなに大げさなんだろう?」と疑問に思ったかもしれませんが、がんだったからなんです。死んじゃうかもって思ってたからなんです。大好きな著者さんとの仕事を、信用できるかわからない人に引き継ぐのがいやだったからなんです。

 私は、同じ部署の上司、総務、親しい同僚には、がんによって仕事を休むことを伝えていました。幸いにも私は勤続20年の正社員で、かつ私の会社は社員に対してあたたかく、働きやすい環境なので、それによって私が不利益を被ることはなかったです。

 ただ、がんという病気、とくに子宮頸がんには誤った知識からの偏見もあると思いますし(「セックスいっぱいしてたから」と言われる人もいたそうです)、職場に伝えることで、重要なポストから外されたり、手当てがなくなったり、辞職に追い込まれたりした人の話も見聞きしました。

 私はそういう偏見と闘いたい気持ちもあったので、自分と関わる人には隠さずに言っていましたが、どこまで誰に、どこまで具体的に明かすかは、がん患者にとって悩ましい問題だと思っています。

 たしかに、がんだと伝えた途端に泣きだしてしまった先輩、後輩もいました。先輩は自分より若い私が子宮を全摘するという気持ちを慮ってくださり、また後輩は「コクリコ先輩が死んじゃう!」って思ってしまったそうなのですが、がんをいう言葉の重みは自分だけでなく、周りに与える影響も強いので、伝え方は慎重にすべきなのだなとあとで気づきました。

Facebookでお知らせした3つの理由

つながる(写真:iStock)
つながる (写真:iStock)

 Facebookは友人のほか仕事でお付き合いのある方たちともつながっていました。ですので、がんになったために仕事を休むこと、みなさんにもしっかりがんの検査をしてほしいと投稿しました。

 なぜ多くの人に公開したのか。理由は3つあります。

 1つ目は自分がどのくらいの期間仕事を休むかが決まっていなかったので、迷惑をかけないため。その間、仕事の問い合わせなどに対応できない可能性があったからです。

 2つ目は術後の追加治療(抗がん剤、放射線治)の有無が不明だったので、どのくらい自分の見た目が変わるかが分からなかったからです。復帰したときにびっくりされないよう、予防線を張りたかったのです。

 3つ目はみんなにもがんの怖さを知って、検査を怠らずにいて欲しかったからです。FBで自分の状況を知らせて、とてもよかったと思っています。

・自分の情報を開示することで、逆に欲しかった医療情報が入ってきたこと
・この投稿をきっかけに検査に行ってくれた方が何人もいたこと
・同じ病気で闘っている方の存在を知ったこと

 告知することによって、私が知らなかっただけで、同じようにがんに罹患している方が数名いました。その方が病気を乗り越えたお話にとても勇気づけられましたし、これまでその方が患っていたことを知らずに申し訳ないという気持ちにもなりました。

私の周りにはフリーランスでお仕事をされている方も多く、この投稿をきっかけに検診に行ったという連絡をいただけ、とても嬉しかったです。また、復帰を待っていると言ってくださった方がたくさんいらして、とても励みになりました。

「身体の不調はすべてがんのせいなんじゃ?」と思っちゃう期

もしかして…(写真:iStock)
もしかして… (写真:iStock)

 がんで怖いのは転移。いろいろな記事を読んでそれが分かってきたので、身体に痛い箇所があると「この腰痛ってもしかして転移?」「この胃痛は……」「おっぱいにぐりぐりがある!!! これって乳がん???」と、すべてががんのように思え、毎日不安を募らせていました。

主治医のT先生に「どこか気になるところはないですか?」と聞かれ、不安げに「腰が痛くて……」と伝える私。

「それ、がんだと思ってる?」
「はい」
「そうか……。それはね、老化っていいます」

 老化――――――!

 T先生は、「がんを告知された人みんなに“なにもかもをがんと思っちゃう時期”が訪れるけど、病院がちゃんと調べるから大丈夫だよ」と教えてくれました。

 老化もでしょうが、腰痛は長時間のデスクワークのため。これを書いている今も肩と腰が痛くて「骨転移!?」「膵臓???」と不安なのですが、これはただのコリでしょうか……。術後もずっと不安がつきないものです。

 会社の総務に手続きをしたり、保険会社に連絡したり、仕事と飲み会の間に術後に備えてピラティスに通ったり、入院準備もして……。大忙しで手術までの1カ月弱を過ごしていました。

 がんになると本当に忙しい。

 次回(7/16公開予定)は、私の恋愛について書いてみたいと思います。

コクリコ
記事一覧
編集者
実用書の編集者(社畜)。アラフォー未婚のがんサバイバー2年生(進級しました!)。2018年、子宮頸がんにて広汎子宮全摘出術を受ける。現在ホルモン補充療法をしながら経過観察中。SNSをパトロールするのが趣味。“Twitter探偵”とも呼ばれる。でも幸せになりたい。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


夫の胸ポケからキャバ名刺→子の刻に家出!?いいから落ち着けが止まらない
 LINEの文面だけでも、意外と「焦ってる」「取り乱してる」と分かるものですよね。今回は、そんな慌ただしいLINEを3つ...
すげえ!BoA完コピおじいに喝采。スナック常連の濃ゆいエピソード3選
 みなさんの職場には癒しキャラはいますか? スナックで働いているといろんな人を見るのですが、癒しキャラもとっても多いんで...
好きを仕事にしても「しんどい」よ。憧れだけではない現実との向き合い方
 キャリアについてよく聞くフレーズが「好きを仕事に」。確かに、好きなことでお金を稼げたら一挙両得! 幸せな毎日が送れそう...
「マタニティハイ」要注意! おブスな振る舞いが誰かを傷つける可能性も
「妊娠して幸せの絶頂です!」と感じている女性必見! 今回は、マタニティハイでやりがちなNG言動を4つ紹介します。  妊...
クネクネの正体はおとうさん!“たまたま”が真実を知った瞬間
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
【花屋実践】春から秋まで眼福♡ずぼら激推し良コスパの姫リョウブって?
 今年も自らの無計画さを後悔する季節がやってきました。  猫店長「さぶ」率いる我がお花屋の店横にある屋外LAB(「植物...
「ぼっち・ざ・ろっく!」のぼっちちゃんも仰天!承認欲求モンスター図鑑
 承認欲求は、人間であれば持っている自然な欲求。誰だって「自分の話を聞いて欲しい」「自分を認めて欲しい」と感じることがあ...
気まずい既読スルー後は演技力が命!《文章未完+矢印》で打ち途中を装う
 友達や知り合いからLINEが届いても、LINEの内容や忙しさによってはつい返信を後回しにしてしまいがち。そのまま忘れて...
6月病とは? 実は5月よりもタチ悪い説が…早め対策がマスト
「GWが明けてからも5月病にならず元気だったのに、6月になってからなんだかやる気が出ない…」「6月に入ってから、体も心も...
2024-05-21 06:00 ライフスタイル
【調香師監修】頭のにおいは“武器”!愛され頭皮になるヘアケア&香り術
 男性から女性への愛情行為のひとつに「頭皮のにおいを嗅ぐ」しぐさがあります。カレが貴女の頭のにおいを嗅いできたら、それは...
まさに鈴カステラ! 爪とぎ中に立派な“たまたま”がポロリ♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
白州の春
 早朝のピリッとした空気の中で満開の桜を観た。  背後の甲斐駒ヶ岳はいつもより多く雪をかぶる白州の春。  そ...
「秋波を送る」は、もはや美人だけの特権ではない。
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
令和なのに「婦人会=奴隷」な件! 田舎あるあるに見る窮屈な人間関係
 田舎は人と人の繋がりが濃く、助け合ったり情報を共有し合ったりできるメリットがあります。しかし、その濃さや交友関係の狭さ...
【銀座】カラオケ館が仕掛ける“ノマド喫茶”誕生!無料豚汁の具がデカい
 人気のスタバやドトールはいつも満席でカフェ難民になることもしばしばな銀座・有楽町エリア。そんな都内喫茶激戦区で、カラオ...
【独自】すいかばか'24~究極のレシピを求めて#1 「寿風土ファーム」代表・小林栄一さんのある決意
 4月の始め、白州は少し遅めの春。冬を越した畑は、春の七草ホトケノザで一面紫の絨毯のようだった。  久しぶりに会っ...