がん→子宮全摘まで“カウントダウン1カ月”の記録<恋愛編>

コクリコ 編集者
更新日:2019-09-15 18:20
投稿日:2019-07-16 06:00
 私は42歳で子宮頸部腺がんステージ1Bを宣告された未婚女性、がんサバイバー1年生です。がん告知はひとりで受けました。誰にも頼れず、心の内側にずっと不安を抱えながらがんと闘うのはとてもつらいこと。なぜ私が……と思う気持ちと向き合って、そして不確かな情報に惑わされないように、私の体験がお役に立てれば幸いです。

年収1500万円超のハイスペック彼氏

すこぶる優良株(写真:iStock)
すこぶる優良株 (写真:iStock)

【Note.11】

 がん発覚まで1年半ほどお付き合いしていた3歳年下の彼がいました。高学歴かつ有名企業に勤めていて年収1500万円以上、そして超激務の人でした。さらに次男。婚活市場では最高値のハイスペックです。

 身長も高くて、顔も悪くない。だからといっていばるわけでもなく、どっちかというと自信がないタイプ。こんな条件で自信がないって、世の中の男たちに刺されそうなんですけど……。そしてなぜこんな人が独身で残っていたのか。

 そして美人でもないアラフォーの私がなぜこんなハイスペ君と私が付き合えたか。知りたいですよね? 

彼の好みは麻木久仁子さん

 笑っちゃうのですが、その人が“熟女好き”だったからなんです。好みのタイプを麻木久仁子さんだと話していて、私は彼に「熟女界の若手」と呼ばれていました。誉め言葉です。

 お金はあるけど仕事が忙しい。さらにお兄さん、お姉さんにそれぞれ事情があり、彼が実家に戻って親の介護を担っていました。

 口ぐせは「1日なにもせずにぼーっと過ごしたい。仕事も辞めたい」

 でも彼は彼のご両親、お姉さんを養っていたので、簡単に仕事を辞められない状況。もっと暇な仕事についてはどうか? と何度も提案をしたのですが、「せっかくここまで頑張って年収を上げてきたのに落としたくない」と言う。分かるけど……。

朝4時30分にタイマー

 忙しい合間を縫ってデートをしたり、うちに遊びに来ていたのですが、泊りの日は絶対に朝の4時30分に目覚ましをかけるので、こんなに寝不足で大丈夫なのかな? といつも思っていました。

「僕に合わせて起きなくていいからね!」
「僕が出かけたあとコクリコちゃんは寝ていいからね!」

 と言ってくれる優しい人でしたが、言われなくても当然寝てました(笑)。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


保育園2カ月退園ルールで崖っぷち!興味ゼロの保険外交員に
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
100円ショップ節約術の落とし穴 ババ引かず、何買えばいい?
 お得に購入できる100円ショップは、とても便利ですよね! 新商品がないか、定期的にチェックしている人もいるのではないで...
のんべえ必須!熱海・來宮神社の“酒難除守” 2022.5.17(火)
 東京から新幹線で1時間足らず。海に温泉、最近ではこんなおしゃれスポットも人気の観光地「熱海」。ここに、全国ののんべえが...
“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 5月16日~5月22日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
妻たちよ、結婚後のめんどくさい親戚付き合いは諦めも肝心!
 大好きな人と結婚できたら「それだけで幸せ!」と、思っていた人も多いでしょう。しかし、結婚後は思いもよらないことが起こり...
イタリアンの有名シェフが“国民的調味料”と恋に落ちた!? 2022.5.14(土)
 黄色いキャップのキミは物心ついたときから、我が家の食卓にあったよねぇ~と親しみが湧く人は多いのではないでしょうか。 ...
「卓越下着術で見惚れました」職場仲間におもしろ誤変換LINE
 仕事でのやりとりにも使われるLINEですが、気軽に送れるぶん、さまざまなおもしろ誤変換が生まれているようです。特に、職...
愛され女に共通の秘訣!「返報性の原理」を巧みに使っている
 みなさんの周りに「あの人愛されてるな~」って感じる人はいませんか? 私はそんな人が羨ましくてたまらないのですが、周りか...
自分大好き「性悪女」の生態 こんなトラブルメーカーに注意
 人付き合いに悩んでいる人の中には、“性悪女”の存在に苦しんでいるケースもあるでしょう。職場にひとりでも性悪女がいると、...
親の負担軽減「おむつサブスク」が神だった 2022.5.12(木)
 この4月から、下の子(1歳5カ月)を保育園に入れて職場復帰をすることになったのですが、上の子の時にはなかった「おむつの...
極レア三毛“たまたま”パワーにあやかろう!穏やかなお顔も◎
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「東京って物価高い」メンタルを削るデパ地下通いの義母LINE
 義母って不思議な存在ですよね。家族とはいえ、ぶっちゃけ「赤の他人」じゃないですか。お互い笑顔で過ごしていても、イマイチ...
水族館の新アイドル「フウセンウオ」に遭遇 2022.5.10(火)
 みなさんは「フウセンウオ」を見たことがありますか? 小さくて丸いカラダのお魚なのですが、最近では水族館の密かなアイドル...
浪費癖をやめたい…脱出法5つ、クレカの持ち方にヒントあり
 金銭感覚は人によってそれぞれで、お金の使い方は大きく違います。計画的に貯蓄を増やしている人がいる反面、節約ができずにな...
あなたは受け恋?追い恋? 5月9日~5月15日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...