がん→子宮全摘まで“カウントダウン1カ月”の記録<恋愛編>

コクリコ 編集者
更新日:2019-09-15 18:20
投稿日:2019-07-16 06:00
 私は42歳で子宮頸部腺がんステージ1Bを宣告された未婚女性、がんサバイバー1年生です。がん告知はひとりで受けました。誰にも頼れず、心の内側にずっと不安を抱えながらがんと闘うのはとてもつらいこと。なぜ私が……と思う気持ちと向き合って、そして不確かな情報に惑わされないように、私の体験がお役に立てれば幸いです。

年収1500万円超のハイスペック彼氏

すこぶる優良株(写真:iStock)
すこぶる優良株 (写真:iStock)

【Note.11】

 がん発覚まで1年半ほどお付き合いしていた3歳年下の彼がいました。高学歴かつ有名企業に勤めていて年収1500万円以上、そして超激務の人でした。さらに次男。婚活市場では最高値のハイスペックです。

 身長も高くて、顔も悪くない。だからといっていばるわけでもなく、どっちかというと自信がないタイプ。こんな条件で自信がないって、世の中の男たちに刺されそうなんですけど……。そしてなぜこんな人が独身で残っていたのか。

 そして美人でもないアラフォーの私がなぜこんなハイスペ君と私が付き合えたか。知りたいですよね? 

彼の好みは麻木久仁子さん

 笑っちゃうのですが、その人が“熟女好き”だったからなんです。好みのタイプを麻木久仁子さんだと話していて、私は彼に「熟女界の若手」と呼ばれていました。誉め言葉です。

 お金はあるけど仕事が忙しい。さらにお兄さん、お姉さんにそれぞれ事情があり、彼が実家に戻って親の介護を担っていました。

 口ぐせは「1日なにもせずにぼーっと過ごしたい。仕事も辞めたい」

 でも彼は彼のご両親、お姉さんを養っていたので、簡単に仕事を辞められない状況。もっと暇な仕事についてはどうか? と何度も提案をしたのですが、「せっかくここまで頑張って年収を上げてきたのに落としたくない」と言う。分かるけど……。

朝4時30分にタイマー

 忙しい合間を縫ってデートをしたり、うちに遊びに来ていたのですが、泊りの日は絶対に朝の4時30分に目覚ましをかけるので、こんなに寝不足で大丈夫なのかな? といつも思っていました。

「僕に合わせて起きなくていいからね!」
「僕が出かけたあとコクリコちゃんは寝ていいからね!」

 と言ってくれる優しい人でしたが、言われなくても当然寝てました(笑)。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM