簡単万能ソースで南仏の味を楽しむ「タコのマリネ香草風味」

コクハク編集部
更新日:2019-07-12 06:00
投稿日:2019-07-12 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は大阪・豊中市のフレンチ「ビストロ・リッペ」の中尾匡宏さんに、手軽に南仏の雰囲気を味わえる「タコのマリネ香草風味」のレシピを教えていただきました。

南仏プロバンスの香り

合うお酒=白ワイン、冷酒、スパークリングワイン/(C)コクハク
合うお酒=白ワイン、冷酒、スパークリングワイン /(C)コクハク

 お酒好きが喜ぶ一品です。誰でも自宅で簡単に作れるのがポイント。あっさりした味わいですが、香りが南フランスっぽいお料理。ソースは簡単。ストックしておけば、いつでもいろいろな料理に使えますよ。タコの他にも魚料理やグリルしたポークやチキンとあえてもピッタリ。玉ねぎは塩でもみ、水分さえきちんと切っておけば、1カ月は保存可能です。

「タコは普通に食べてもおいしいのですが、イメージとしてはプロバンスですかね。ソースをエスカルゴにかけると正統なフレンチですが、あえてそこまでしなくても、ボイルして塩味のきいたタコとハーブが合います」(中尾さん)

 最初にハーブのベースの素材をミキサーに入れてしまうと、にんにくが潰れるのに時間がかかり、パセリなど、全部がペースト状になってしまうので要注意。にんにくを細かくするために材料を入れ、先に回しましょう。

 わさびと醤油といった「居酒屋メニュー」ではなく、ソースさえ作っておけば、自宅で簡単に「南フランスの気分」になれる。しかもソース作りは簡単で他の料理にも応用できるのだから、使い勝手は抜群です。普段、食べているマリネとは一味も二味も違うタコ料理が満喫できますよ。

 あっさりしているのに味わい深く、タコとオリーブの相性が抜群。おつまみとしても、おもてなしパーティーの前菜としても楽しめます。

材料・2人前

・タコの足 2、3本
・玉ねぎ 2分の1個
・オリーブ 2個
・ミニトマト 2個
・パセリ 20グラム
・チャービル 3グラム
・タイム 1枝分
・にんにく 1片
・サラダ油 100㏄
・エキストラバージンオイル 50㏄
・白ワインビネガー 適量

レシピ

1. ミキサーにサラダ油、オリーブオイル、にんにくを入れて、よく回す。
2. 玉ねぎは粗みじんにして塩で軽くもみ、水でよくさらす。
3. 1の中にパセリ、チャービル、タイムを入れ、パセリが細かくなりすぎない程度(パセリの粒が残るくらい)にミキサーを回し、水をよく切った玉ねぎと合わせる。
4. 厚めの輪切りにぶつ切りしたボイルダコとソースをあえる。
5. 盛り付ける直前に白ワインビネガーを少し入れて、もう一度あえる。
6. 皿にタコを盛りオリーブの輪切り、ミニトマト、彩りハーブを添える。

本日のダンツマ達人…中尾匡宏さん

▽なかお・まさひろ
 1966年、豊中市生まれ。高校時代、飲食店でアルバイトしたのをきっかけに料理人を志す。31歳で独立。97年、大阪・箕面市で仏料理店「ケセラセラ」をオープン。03年、店名を変え、豊中に移転。

▼ビストロ・リッペ
 リッペとは仏語で「一口のごちそう」の意。ランチは週替わり、ディナーは月替わりでともに3種類。アラカルトは夜のみで約30種類。市場で魚介、肉などお気に入りの素材を仕入れ、信楽焼を中心とした器に盛り付けられる。「おいしく、楽しく、リーズナブルに日常的なフランス料理を」が基本的コンセプトだ。
豊中市末広町1―1―8
℡06・6858・3122(水曜、第3木曜定休日)

(日刊ゲンダイ2018年12月7日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「しらすと数の子の梅びしお和え」ご飯にもパスタに和えても
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「蒸し寿司の餡かけ」そばつゆの甘い餡としゃりの酸味が絶妙
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「牧場の朝×Kiri」で簡単レアチーが! 2021.7.26(月)
 TikTokで流行中の「ヨーグルトレアチーズケーキ」に挑戦してみました! ヨーグルトの中にチーズを入れて混ぜるだけなの...
スーパーで買える食材で作れる「鰻カリー」 日本酒とともに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「チキンキーマ」フルーティーな甘さの燗酒でカレーが進む
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「お手軽ビンダルー」お好みでパクチーやクラッカーを添えて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
花山椒が香る「牡蠣のアチャール」燗酒との“危険なカップル”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「生姜のアチャールっぽいもの」をかけていただく冷ややっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
ピリ辛ネバネ~バ!絶品のオクラキムチ 2021.7.18(日)
 一年中手に入るオクラですが、旬は夏。それはもう別格ですよね。大きいのに硬くなく、張りやつやもしっかりあって。種類もスー...
ジップロックを使って蒸す「鶏もも肉とニラのスタミナ蒸し」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
夏野菜たっぷり「中国風冷ややっこ」 食欲減退気味な時にも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「ナスと豚ひき肉の甘味噌炒め」白ご飯にのせても美味しい!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「スルメイカの香り揚げ」紹興酒と醤油で味と香りが引き立つ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「エビとトウモロコシの春巻き」旬の素材の味を引き出して
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「京漬物のカプレーゼ風」かぶ&モッツァレラの絶妙コラボ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・門前仲町の居酒屋「酒亭 二ぶん半」の武井...
「納豆工房 せんだい屋」で納豆愛に溺れる 2021.7.9(金)
 納豆が好きです。かれこれ3年くらい毎朝納豆を食べています。たいていの不調は納豆を食べておけば何とかなる! と思っていま...