男性が浮気したくなる理由と浮気をさせない女になる方法3つ

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-07-09 06:00
投稿日:2019-07-09 06:00
 男性に浮気されたとき、多くの女性は辛いですよね。見下されて、踏みにじられたようで怒りも湧いてくるはず。思わず「なんでこんなことするの?」と責めたくなるもの。私たち女にとって、男性が決められた女性に収まらず、浮気に走ることは永遠の謎です。男性の浮気は、どのような衝動で始まるのでしょうか?

男性が浮気したくなる理由

男性は浮気する生き物とは言うけど…(写真:iStock)
男性は浮気する生き物とは言うけど… (写真:iStock)

 女性は、多くの人が恋に一途。それに比べて男性は、いつの時代にも「一種のビョーキなの?」と聞きたくなるような浮気者が多いですよね。その男性が浮気したくなる理由を探ってみましょう。

モテたい動物的欲望

 男性は本能的に多くの子孫を残そうとします。できる限り多くの女性と関係を持ちたいと、動物的本能で思っているものです。モテたい欲望も、そんな本能からくるのではないでしょうか。女性からすると「私がいるじゃん」と言いたくなることでしょう。しかし、男性からすると“より多くの女性”から“オスとして見られたい”ということになります。

探究心旺盛がゆえに

 男性は好奇心が旺盛です。女性からすると「またそんなことで……」と呆れてしまうようなことに没頭していたりします。探究心が半端ではないため、より多くのことを知ろうとします。そのため彼女の多くを把握できると飽きてしまう。「ちょっと他の女性も見てみようかな」という気持ちで、そこに“彼女が悲しむ”という概念はありません。

すでに彼女に冷めている

 男性は女性ほど、気持ちの整理がうまくつけられません。意外にも別れの未練を残しがちなのは、男性が多いといわれています。彼女から気持ちが離れたとしても、うまいこと別れを切り出すことができないのです。彼女のことを結果的に傷つけることになるという認識がないので、「浮気したら、彼女から別れてくれるかも」というズルイ考えが浮かびます。また男性は、寂しがりやな人も多いので「キープしとこうかな」という曖昧な気持ちもあるかもしれませんね。

男性に浮気をさせない女になるために

たまには趣向を変えたデートを楽しんでみては?(写真:iStock)
たまには趣向を変えたデートを楽しんでみては? (写真:iStock)

 浮気は未然に防ぐのが鉄則。男性に浮気をさせない女になるためには、どうすればいいのか考えてみましょう。

彼氏に今後のことを聞く

 少しでも彼氏の様子が冷たくなったりしたら「私のこと、どう思ってるの?」と聞きましょう。曖昧な関係に持ち込み、浮気に走ることを許してはいけません。女性がストレートに疑問を投げかけることで、男性ははぐらかすことができないからです。

 しっかりと浮気をする前に釘を刺しておく。「私のこと、好きじゃないなら別れてあげようか」くらい強気に出られるといいですね。逃げそうな女性に対して、追いかけたくなる男性も多いからです。女性としてのプライドを持って、毅然とした態度で振舞いましょう。

常に五感で感じられるデートを

 結論から述べれば、男性は“飽きるから浮気する”のは間違いありません。いつも同じデートプランを繰り返し、同じような話をしていたら「ほかの女性はどうなんだろう?」と気になってしまうもの。飽きてしまうと、デート自体がつまらないものになるのです。好奇心や探究心を満たしてあげるのがいいでしょう。

 自然と触れ合うデートをしてみたり、童心に返ってデートすることで、彼氏の飽くなき好奇心を満たしてあげましょう。まだ二人がやったことがないことをやってみるのもいいかもしれません。一緒に初めての行動をすること。これは“共犯性”を強め、二人の絆を強くします。

男のプライドを満たす

 男性は常に女性からの評価を気にして生きています。それを糧に、男としての自分を作り上げていくのです。なので、男のプライドを満たすことを常に彼女がしていると「男を保つためには、彼女が必要」と考えてくれるようになります。

 彼女がドジを踏んだ時に「そうじゃないよ」と言う男性の顔って満足そうですよね。これは群れを牽引(けんいん)するオスだからこそ。男性は“弱いものを守ってこそ”ときちんと理解しています。そこを彼女が満たしてあげると、手放せない女性になれます。

男性に浮気をさせたくないのなら

彼が手放せなくなるような魅力的な女性になろう(写真:iStock)
彼が手放せなくなるような魅力的な女性になろう (写真:iStock)

 男性に浮気をさせなくなければ、ほかの女性に目移りしないくらい、自分がいい女になることが最善策でしょう。男性に浮気をさせたくないのであれば、彼を責める前に自分から。自分を見つめ直すことで、女磨きも可能になりますよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ
FILM
 彼氏が風邪を引いてしまったら、心配になってしまいますよね。特に一人暮らしの彼氏の場合、病状はどうなのか、お見舞いに行く...
孔井嘉乃 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼氏がいます。出会いはマッチングアプリで、初対面から好印象。デート中に次のデートが決まるなどトントン...
神崎メリ 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 お正月休みには家族の絆を深める人も多いなか、鬼嫁のせいで、面白くもおかしくもない年末年始休暇を過ごした夫もいるようです...
並木まき 2020-01-11 08:18 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。大人になると、相手に嫌なことがあっても波風立てずにフェードアウトして2人の関...
山崎世美子 2020-01-11 06:00 ラブ
FILM
 なぜ「他人のもの」はかくも魅力的に見えるものなのでしょう。友人の旦那様、職場の既婚男性……。他人のものだとわかった途端...
ミクニシオリ 2020-01-10 06:00 ラブ