男性が浮気したくなる理由と浮気をさせない女になる方法3つ

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-07-09 06:00
投稿日:2019-07-09 06:00
 男性に浮気されたとき、多くの女性は辛いですよね。見下されて、踏みにじられたようで怒りも湧いてくるはず。思わず「なんでこんなことするの?」と責めたくなるもの。私たち女にとって、男性が決められた女性に収まらず、浮気に走ることは永遠の謎です。男性の浮気は、どのような衝動で始まるのでしょうか?

男性が浮気したくなる理由

男性は浮気する生き物とは言うけど…(写真:iStock)
男性は浮気する生き物とは言うけど… (写真:iStock)

 女性は、多くの人が恋に一途。それに比べて男性は、いつの時代にも「一種のビョーキなの?」と聞きたくなるような浮気者が多いですよね。その男性が浮気したくなる理由を探ってみましょう。

モテたい動物的欲望

 男性は本能的に多くの子孫を残そうとします。できる限り多くの女性と関係を持ちたいと、動物的本能で思っているものです。モテたい欲望も、そんな本能からくるのではないでしょうか。女性からすると「私がいるじゃん」と言いたくなることでしょう。しかし、男性からすると“より多くの女性”から“オスとして見られたい”ということになります。

探究心旺盛がゆえに

 男性は好奇心が旺盛です。女性からすると「またそんなことで……」と呆れてしまうようなことに没頭していたりします。探究心が半端ではないため、より多くのことを知ろうとします。そのため彼女の多くを把握できると飽きてしまう。「ちょっと他の女性も見てみようかな」という気持ちで、そこに“彼女が悲しむ”という概念はありません。

すでに彼女に冷めている

 男性は女性ほど、気持ちの整理がうまくつけられません。意外にも別れの未練を残しがちなのは、男性が多いといわれています。彼女から気持ちが離れたとしても、うまいこと別れを切り出すことができないのです。彼女のことを結果的に傷つけることになるという認識がないので、「浮気したら、彼女から別れてくれるかも」というズルイ考えが浮かびます。また男性は、寂しがりやな人も多いので「キープしとこうかな」という曖昧な気持ちもあるかもしれませんね。

男性に浮気をさせない女になるために

たまには趣向を変えたデートを楽しんでみては?(写真:iStock)
たまには趣向を変えたデートを楽しんでみては? (写真:iStock)

 浮気は未然に防ぐのが鉄則。男性に浮気をさせない女になるためには、どうすればいいのか考えてみましょう。

彼氏に今後のことを聞く

 少しでも彼氏の様子が冷たくなったりしたら「私のこと、どう思ってるの?」と聞きましょう。曖昧な関係に持ち込み、浮気に走ることを許してはいけません。女性がストレートに疑問を投げかけることで、男性ははぐらかすことができないからです。

 しっかりと浮気をする前に釘を刺しておく。「私のこと、好きじゃないなら別れてあげようか」くらい強気に出られるといいですね。逃げそうな女性に対して、追いかけたくなる男性も多いからです。女性としてのプライドを持って、毅然とした態度で振舞いましょう。

常に五感で感じられるデートを

 結論から述べれば、男性は“飽きるから浮気する”のは間違いありません。いつも同じデートプランを繰り返し、同じような話をしていたら「ほかの女性はどうなんだろう?」と気になってしまうもの。飽きてしまうと、デート自体がつまらないものになるのです。好奇心や探究心を満たしてあげるのがいいでしょう。

 自然と触れ合うデートをしてみたり、童心に返ってデートすることで、彼氏の飽くなき好奇心を満たしてあげましょう。まだ二人がやったことがないことをやってみるのもいいかもしれません。一緒に初めての行動をすること。これは“共犯性”を強め、二人の絆を強くします。

男のプライドを満たす

 男性は常に女性からの評価を気にして生きています。それを糧に、男としての自分を作り上げていくのです。なので、男のプライドを満たすことを常に彼女がしていると「男を保つためには、彼女が必要」と考えてくれるようになります。

 彼女がドジを踏んだ時に「そうじゃないよ」と言う男性の顔って満足そうですよね。これは群れを牽引(けんいん)するオスだからこそ。男性は“弱いものを守ってこそ”ときちんと理解しています。そこを彼女が満たしてあげると、手放せない女性になれます。

男性に浮気をさせたくないのなら

彼が手放せなくなるような魅力的な女性になろう(写真:iStock)
彼が手放せなくなるような魅力的な女性になろう (写真:iStock)

 男性に浮気をさせなくなければ、ほかの女性に目移りしないくらい、自分がいい女になることが最善策でしょう。男性に浮気をさせたくないのであれば、彼を責める前に自分から。自分を見つめ直すことで、女磨きも可能になりますよ。

東城ゆず
記事一覧
ライター・エディター
1994年生まれ。11歳の頃からブログを運営。ライターやエディターとして、女性誌メディアや地元新聞のコラム枠まで幅広く活躍中。恋愛やママ友問題、介護士であった経験からリアルな介護問題まで幅広い知見がある。年子兄弟を連れ離婚の経験があり、現在は再婚に至る。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


ゾッコンした女は恋愛上級系?それなら…交際戸惑う48歳バツ1男の胸の内
「冷酷と激情のあいだvol.200〜女性編〜」では、たまたま入ったバーで出会った男性と友達以上恋人未満の関係が続き、40...
並木まき 2024-06-22 06:00 ラブ
40代、昔なら“無い男”と告白前旅行はアリ?恋の始め方を見失う45歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-22 06:00 ラブ
人気の電話占い師は20年前からお見通し 新しい彼氏が最速でできる方法
 恋をすると占い師に頼る女性がかなり多いのではないかと思います。特に梅雨時は、気持ちもじめっとしてしまうのか、思い悩んで...
内藤みか 2024-06-20 06:00 ラブ
略奪婚その後の幸せは確約されていない? 4人の女が直面したリアルな現実
 不倫の末に掴む幸せは、果たして長く続くのでしょうか?  今回は“略奪婚のその後”に迫ります。現在不倫中で、相手と...
恋バナ調査隊 2024-06-19 06:00 ラブ
【調香師監修】4タイプ別 熱い夏に負けないスパイシーな香り&オイル解説
 夏になるとスパイスの効いた料理が食べたくなりませんか? スパイスには体の代謝を高めて血行をよくする働きがあり、中東など...
太田奈月 2024-06-18 06:00 ラブ
「なぜ不倫したかって? お宅の夫に騙されたからよ」不倫女の言い分7選
 婚期を逃したり、相手の奥さんにバレて慰謝料を請求されたりと、不倫はハイリスクですよね。なのになぜ、不倫する女性が後を絶...
恋バナ調査隊 2024-06-17 06:00 ラブ
50歳独女の初体験未遂は突然始まった。オタのオフ会で男を物色したら…
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。あなたは大好きな人に「うちに泊まっていく?」って誘われた...
mirae.(みれ) 2024-06-17 06:00 ラブ
「俺って特別な存在?」まで聞いといて言わんのかーい! 告らせたい男と女の攻防戦はLINEでも
 好きな男性には、自分から告白するより告白されたいですよね。いい雰囲気になってきたら「今言って!」と、告白を引き出したく...
恋バナ調査隊 2024-06-16 06:00 ラブ
成長させてあげる…? 男への違和感はスルー厳禁!勘が命中したLINE
「女の直感は当たる」といわれている通り、女性の「ん…?」という違和感は意外と当たるもの。信頼している彼氏やちょっといいな...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
「倦怠期は不可避だ」運命の女と交際2年半、絶望に占領されるハイスぺ男
「冷酷と激情のあいだvol.199〜女性編〜」では、あえて結婚も同棲もしないスタイルで生涯を添い遂げると決めた恋人・カズ...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
年収計2000万のパワーカップルに暗雲?レス問題回避に失敗した46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
無意識な結婚ハラスメントにご用心!恋バナの延長線じゃすまないNG3つ
 結婚ハラスメント、いわゆる「マリハラ」をご存知でしょうか? 最近は何かとハラスメントに厳しいご時世、結婚についての話題...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
熊谷真実、磯野貴理子は何が…2度3度結婚する中高年女性に特殊技能?
 女優の熊谷真実(64)が今月4日、自身のインスタグラムを更新し、ウエディングドレスの写真とともに結婚パーティーをしたこ...
そこ見る!? ヒモ男とヒモを飼いたい女性のリアリティーショーがすごい
 近頃、恋愛リアリティーショーも細分化されてきています。  バツイチだけの恋愛リアリティーや男性同士の恋愛リアリティー...
内藤みか 2024-06-13 06:00 ラブ
韓国人彼氏はプリンにも嫉妬なんてかわゆ♡ 日韓カップルのLINEを覗き見
 韓流ドラマなどを見ていると、主人公によくいる紳士的で優しい韓国人彼氏に憧れますよね!  実際に、韓国人彼氏がいる...
恋バナ調査隊 2024-06-12 06:00 ラブ
「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ