男性が浮気したくなる理由と浮気をさせない女になる方法3つ

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-07-09 06:00
投稿日:2019-07-09 06:00
 男性に浮気されたとき、多くの女性は辛いですよね。見下されて、踏みにじられたようで怒りも湧いてくるはず。思わず「なんでこんなことするの?」と責めたくなるもの。私たち女にとって、男性が決められた女性に収まらず、浮気に走ることは永遠の謎です。男性の浮気は、どのような衝動で始まるのでしょうか?

男性が浮気したくなる理由

男性は浮気する生き物とは言うけど…(写真:iStock)
男性は浮気する生き物とは言うけど… (写真:iStock)

 女性は、多くの人が恋に一途。それに比べて男性は、いつの時代にも「一種のビョーキなの?」と聞きたくなるような浮気者が多いですよね。その男性が浮気したくなる理由を探ってみましょう。

モテたい動物的欲望

 男性は本能的に多くの子孫を残そうとします。できる限り多くの女性と関係を持ちたいと、動物的本能で思っているものです。モテたい欲望も、そんな本能からくるのではないでしょうか。女性からすると「私がいるじゃん」と言いたくなることでしょう。しかし、男性からすると“より多くの女性”から“オスとして見られたい”ということになります。

探究心旺盛がゆえに

 男性は好奇心が旺盛です。女性からすると「またそんなことで……」と呆れてしまうようなことに没頭していたりします。探究心が半端ではないため、より多くのことを知ろうとします。そのため彼女の多くを把握できると飽きてしまう。「ちょっと他の女性も見てみようかな」という気持ちで、そこに“彼女が悲しむ”という概念はありません。

すでに彼女に冷めている

 男性は女性ほど、気持ちの整理がうまくつけられません。意外にも別れの未練を残しがちなのは、男性が多いといわれています。彼女から気持ちが離れたとしても、うまいこと別れを切り出すことができないのです。彼女のことを結果的に傷つけることになるという認識がないので、「浮気したら、彼女から別れてくれるかも」というズルイ考えが浮かびます。また男性は、寂しがりやな人も多いので「キープしとこうかな」という曖昧な気持ちもあるかもしれませんね。

男性に浮気をさせない女になるために

たまには趣向を変えたデートを楽しんでみては?(写真:iStock)
たまには趣向を変えたデートを楽しんでみては? (写真:iStock)

 浮気は未然に防ぐのが鉄則。男性に浮気をさせない女になるためには、どうすればいいのか考えてみましょう。

彼氏に今後のことを聞く

 少しでも彼氏の様子が冷たくなったりしたら「私のこと、どう思ってるの?」と聞きましょう。曖昧な関係に持ち込み、浮気に走ることを許してはいけません。女性がストレートに疑問を投げかけることで、男性ははぐらかすことができないからです。

 しっかりと浮気をする前に釘を刺しておく。「私のこと、好きじゃないなら別れてあげようか」くらい強気に出られるといいですね。逃げそうな女性に対して、追いかけたくなる男性も多いからです。女性としてのプライドを持って、毅然とした態度で振舞いましょう。

常に五感で感じられるデートを

 結論から述べれば、男性は“飽きるから浮気する”のは間違いありません。いつも同じデートプランを繰り返し、同じような話をしていたら「ほかの女性はどうなんだろう?」と気になってしまうもの。飽きてしまうと、デート自体がつまらないものになるのです。好奇心や探究心を満たしてあげるのがいいでしょう。

 自然と触れ合うデートをしてみたり、童心に返ってデートすることで、彼氏の飽くなき好奇心を満たしてあげましょう。まだ二人がやったことがないことをやってみるのもいいかもしれません。一緒に初めての行動をすること。これは“共犯性”を強め、二人の絆を強くします。

男のプライドを満たす

 男性は常に女性からの評価を気にして生きています。それを糧に、男としての自分を作り上げていくのです。なので、男のプライドを満たすことを常に彼女がしていると「男を保つためには、彼女が必要」と考えてくれるようになります。

 彼女がドジを踏んだ時に「そうじゃないよ」と言う男性の顔って満足そうですよね。これは群れを牽引(けんいん)するオスだからこそ。男性は“弱いものを守ってこそ”ときちんと理解しています。そこを彼女が満たしてあげると、手放せない女性になれます。

男性に浮気をさせたくないのなら

彼が手放せなくなるような魅力的な女性になろう(写真:iStock)
彼が手放せなくなるような魅力的な女性になろう (写真:iStock)

 男性に浮気をさせなくなければ、ほかの女性に目移りしないくらい、自分がいい女になることが最善策でしょう。男性に浮気をさせたくないのであれば、彼を責める前に自分から。自分を見つめ直すことで、女磨きも可能になりますよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


人生最悪の運気かも…そんな時に出会う人には注意すべき理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。身も心もボロボロの時に何かのキッカケで知りあった相手。その出会いで一時的に元...
山崎世美子 2021-01-16 06:00 ラブ
彼氏といちゃいちゃする6つの方法!サインを見逃さないで♡
恋人といちゃいちゃする時間は、とても幸せな時間です。どんなに付き合いが長くなっても、日々のいちゃいちゃタイムがあれば、マ...
恋バナ調査隊 2021-01-16 06:00 ラブ
いまだに関白宣言?九州出身男性の特徴&好きな女性のタイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の男性についてご紹介します。九州は、福岡...
彼氏が「キスしたい」と思うのはいつ? 6つの瞬間&サイン
 女性にとって、彼氏からの不意打ちのキスは驚きながらも嬉しいものです。しかし、時には「なぜこのタイミングで?」なんて思う...
恋バナ調査隊 2021-01-15 06:00 ラブ
緊急事態宣言中なのに?マッチングアプリの男性に聞いてみた
 首都圏は再び緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出の自粛が呼びかけられています。そんななかでも、マッチングアプリで知り...
内藤みか 2021-01-14 06:00 ラブ
彼氏の親に結婚の挨拶!女性の印象が決まる9つのポイント♪
 結婚の挨拶は、人生の中でも特に緊張するイベントですよね。どんな服装をしたらいいの? 会話は? 手土産は? と、疑問と不...
恋バナ調査隊 2021-01-14 06:00 ラブ
気を抜いたら…男性がドン引きするデート中の女性の行動とは
 待ちに待ったデート! 当日はお洒落して1%でも可愛い要素をプラスしてカレに会いたいですよね? 私は会う前、ついつい鏡を...
若林杏樹 2021-01-13 06:26 ラブ
恋の始まり!? 女性が思わず“胸キュン”する男性の行動9選
 恋愛対象として意識したことがなかった男性でも、ふとした行動や言葉で、思わず新鮮さを感じて「胸キュン」してしまうことって...
恋バナ調査隊 2021-01-13 06:29 ラブ
出会いはナンパ!他とは比較にならないほどカラダの相性が…
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-12 06:14 ラブ
喧嘩別れするカップルの5つの特徴! 後悔しないためには?
 恋人ができた時、誰も別れることなんて考えないでしょう。しかし、交際を続けていると思いがけないことで喧嘩になり、別れてし...
恋バナ調査隊 2021-01-12 06:00 ラブ
付き合ったらヤバい男性が送るLINEの特徴&見抜く方法
 世の中には、かっこいい顔をしていながらも、浮気男やマザコン、サイコパス男、ストーカーなど、中身がヤバい男性が存在します...
恋バナ調査隊 2021-01-11 06:00 ラブ
友人の“恋愛アドバイス”はどこまで聞く? 困った時の考え方
 アドバイスと言う名のダメ出しを食らったことってありませんか? 正しいことを言われているし、欠点は直すべきなんだろうけど...
七味さや 2021-01-11 06:00 ラブ
尽くされる女性の8つの特徴&彼氏にもっと愛される方法♡
 女性の中には、「男性に尽くす女性」と「男性から尽くされる女性」がいます。尽くし続ける恋愛に疲れてしまう女性もいる一方、...
恋バナ調査隊 2021-01-10 06:00 ラブ
頑張りすぎないで…絶対的に愛される“程よい手抜き”のススメ
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。愛されたい、大事にされたいという思いが強ければ強いほど頑張ってしまうものです...
山崎世美子 2021-01-09 06:00 ラブ
幸せだったのに…わずか結婚1年で妻に出て行かれた夫の困惑
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-01-09 06:00 ラブ
離婚の裏に2つのエピソード…結婚1年で軌道修正した妻の激白
「冷酷と激情のあいだvol.28〜男性編〜」では、わずか結婚1年で、年上妻から離婚された男性・Hさんの困惑をご紹介しまし...
並木まき 2021-01-09 06:06 ラブ