結婚式をしないカップル急増…若者が“あえて式をしない”理由

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-07-06 06:00
投稿日:2019-07-06 06:00
誰もがウエディングドレスに憧れるわけじゃない(写真:iStock)
誰もがウエディングドレスに憧れるわけじゃない (写真:iStock)

 筆者は二度結婚しています。いずれも結婚式を挙げたことがありません。周囲にも結婚式を挙げないことを選ぶ友人が多くいます。それでも、結婚式をしない理由はあまり浸透していないように思えます。

 少し前までは、結婚式は入籍するカップルの一大イベント。独身の時から結婚式に夢を抱き、熱心に貯蓄していた人も少なくないでしょう。結婚式とは、それほど関心が高いライフイベントでした。なぜ結婚式を挙げないのか、その理由を聞きたくなる人も多いでしょう。

 そこで、彼女たちの結婚式をしない理由について、ご紹介します。

結婚式をしないというカップルたちに聞いた理由

結婚式はお金がかかる(写真:iStock)
結婚式はお金がかかる (写真:iStock)

 女性なら誰しも憧れると思いきや、意外な理由で結婚式をしないカップルも多いもの。そこで、あえて結婚式をすることを選ばなかったカップルの理由を追究してみます。

ドレスを着たいなら写真で十分

「写真だけで十分だと思っています。ウエディングドレスを着ることは、確かに女性の夢です。しかし、結婚式まで開いて多くの人と写真を撮るのは疲れてしまう。一番ドレス姿を見せたいのは、やっぱり母親や父親と夫ですよね。それならフォトウエディングで十分だと思うんですよ。式に向けて休日が潰れる感じも、働いているので嫌なんです。その日にサクッと終わる、フォトウエディングは手軽でいい。新郎側の義両親や親戚をもてなすのも、本音で言うと面倒」

 面倒なことは省きつつ、自分の夢や欲求だけを叶えるということです。無駄を省くために、かかる費用も軽くなります。ウエディングフォトが人気なのは、こういった事情もあるのでしょう。

祝ってくれというムードが嫌

「結婚式は参列するのにもお金がかかりますよね。あと、一番仲良しな友達が出産で来られなかったりする。“ここまで私たちを見届けてくれてありがとう”という意味合いも結婚式にはあるみたい。それは分かるけど、だったら一人ずつちゃんとお礼をしたいです。時間を作って……。友人たちそれぞれの思いも聞きたいし。あの場で両家一緒くたにされて、“祝ってね”というムードが嫌。祝ってくれるからには、こちらも気を抜けない。終始ニコニコしなければならず疲れそう」

 自慢しているようで、結婚式を開くことを恥ずかしくてためらう人もいます。年齢を重ねていると、友人たちの中には「結婚したくてもできない」という人も。「当てつけみたいで嫌だ」と考える人が一定数いるみたいです。

多額のお金が一日で消えるのは…

「独身の時から結婚資金に一人200万円を貯めるのを目標とする人がいますよね。でも200万円を一日で使い果たすのは、今の日本じゃ非現実的。それにその一回が自分の中で満足できるものでもない。300万円あったらキャリアのために資格もいっぱい取れるし、海外旅行だって行ける。そういうところで、人間性を磨きたい。不景気なので、どうしても現実を見てしまいます」

 不況を生き抜いてきた世代だからこそ、結婚式はコストパフォーマンスが悪いという意見も聞かれました。多額のお金を必要とするのが、そもそも嫌なんだそう。対価に見合ってないと考えるようで、結婚式をしないことで得たお金を別のところに生かすことを選ぶそう。

女性が大変なイメージしかない

「結婚式は女性のものですよね。だからこそ、友人の話を聞いていると“新郎の協力のなさ”に嘆いてる女性多いんですよね。新郎がノータッチだからこそ、女性の負担がすごい大きい。今の女性は入籍と同時に仕事を辞める人は少ないじゃないですか。平日は働いて、休みの日は結婚式の準備して、新しい環境に飛び込んで……。女性が大変なイメージ。それなのに、お姫様扱いはたった一日じゃないですか(笑)。結婚式をするなら、新郎が結婚式にノリノリの人がいいです」

 周囲が先に結婚していて、結婚式を挙げるための準備の苦労を分かっている女性の意見です。カップルの結婚式への熱量の違いが、時にすれ違いになることもあるよう。入籍するにあたり、女性は苗字が変わったり、仕事の都合をつけたりと大変ですよね。なるべくトラブルや精神的な負担を減らしたい気持ちは理解できます。

結婚式をしないことで得られるメリット

お金と時間を2人が納得できることに使いたい(写真:iStock)
お金と時間を2人が納得できることに使いたい (写真:iStock)

 結婚式をしないという選択は、まだまだイレギュラーかもしれませんね。そこで、結婚式をしないことで得ることができたメリットについても聞いてみました。

新婚旅行にお金をかけられる

 結婚式をしないことで、そのカップルはお金が浮きます。二人の愛を深めるために新婚旅行に長期で出かけたり、飛行機の座席やホテルの部屋のグレードをアップして二人の世界を楽しむようです。「新婚旅行が楽しいものになれば、それは結婚式の思い出に匹敵する」(Mさん・29歳女性)という意見もあります。

家具や家電をグレードアップできる

 結婚するカップルの出費は、結婚式に限りません。新居を借りるのであれば初期費用も発生します。新居を購入するとなれば、さらにまとまったお金が必要です。結婚式をしないことで浮いたお金を頭金にして、持ち家に投資するカップルもいます。

友達とも変わらない仲を維持できる

 結婚式を行うと、予算の関係や本人の都合により出席できない友人が出ます。このことが、のちの友人関係の亀裂につながることも。その点、結婚式をしないことで余計な争いを避けることができるようです。友人たちからのご祝儀などの額面で、現実を見ることも少なそうですね。

夫婦仲良くゆったりとした新婚生活になる

 結婚式の一日だけ見れば、華やかで素敵な日になります。この日だけを見れば、女性は憧れて当然とも言えそう。しかし、結婚式当日を迎えるまでにさまざまな準備や時間調整があるのです。この事情に気づく現代女性は「私は仕事もしているし、休日はデートもしたい。結婚式いらない」という考えになるのだとか。

 さらには「結婚式で揉めて破談になったカップルをみた。新婚から争う理由は極力減らしたい」との声も。深い事情はなく、“時間がないから結婚式をしないだけ”ということも。

結婚式をしないという選択肢もあり!

 結婚式をすることが、慣例になっている日本。しかし、あえて結婚式をしないという選択肢を貫くことで、意外にもメリットがあることが分かりました。家族や結婚相手の思いを十分に考慮した上で、本人同士が納得して「結婚式をしない」という選択をする。これはこれでいいのかもしれませんね。

東城ゆず
記事一覧
ライター・エディター
1994年生まれ。11歳の頃からブログを運営。ライターやエディターとして、女性誌メディアや地元新聞のコラム枠まで幅広く活躍中。恋愛やママ友問題、介護士であった経験からリアルな介護問題まで幅広い知見がある。年子兄弟を連れ離婚の経験があり、現在は再婚に至る。

ラブ 新着一覧


ゾッコンした女は恋愛上級系?それなら…交際戸惑う48歳バツ1男の胸の内
「冷酷と激情のあいだvol.200〜女性編〜」では、たまたま入ったバーで出会った男性と友達以上恋人未満の関係が続き、40...
並木まき 2024-06-22 06:00 ラブ
40代、昔なら“無い男”と告白前旅行はアリ?恋の始め方を見失う45歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-22 06:00 ラブ
人気の電話占い師は20年前からお見通し 新しい彼氏が最速でできる方法
 恋をすると占い師に頼る女性がかなり多いのではないかと思います。特に梅雨時は、気持ちもじめっとしてしまうのか、思い悩んで...
内藤みか 2024-06-20 06:00 ラブ
略奪婚その後の幸せは確約されていない? 4人の女が直面したリアルな現実
 不倫の末に掴む幸せは、果たして長く続くのでしょうか?  今回は“略奪婚のその後”に迫ります。現在不倫中で、相手と...
恋バナ調査隊 2024-06-19 06:00 ラブ
【調香師監修】4タイプ別 熱い夏に負けないスパイシーな香り&オイル解説
 夏になるとスパイスの効いた料理が食べたくなりませんか? スパイスには体の代謝を高めて血行をよくする働きがあり、中東など...
太田奈月 2024-06-18 06:00 ラブ
「なぜ不倫したかって? お宅の夫に騙されたからよ」不倫女の言い分7選
 婚期を逃したり、相手の奥さんにバレて慰謝料を請求されたりと、不倫はハイリスクですよね。なのになぜ、不倫する女性が後を絶...
恋バナ調査隊 2024-06-17 06:00 ラブ
50歳独女の初体験未遂は突然始まった。オタのオフ会で男を物色したら…
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。あなたは大好きな人に「うちに泊まっていく?」って誘われた...
mirae.(みれ) 2024-06-17 06:00 ラブ
「俺って特別な存在?」まで聞いといて言わんのかーい! 告らせたい男と女の攻防戦はLINEでも
 好きな男性には、自分から告白するより告白されたいですよね。いい雰囲気になってきたら「今言って!」と、告白を引き出したく...
恋バナ調査隊 2024-06-16 06:00 ラブ
成長させてあげる…? 男への違和感はスルー厳禁!勘が命中したLINE
「女の直感は当たる」といわれている通り、女性の「ん…?」という違和感は意外と当たるもの。信頼している彼氏やちょっといいな...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
「倦怠期は不可避だ」運命の女と交際2年半、絶望に占領されるハイスぺ男
「冷酷と激情のあいだvol.199〜女性編〜」では、あえて結婚も同棲もしないスタイルで生涯を添い遂げると決めた恋人・カズ...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
年収計2000万のパワーカップルに暗雲?レス問題回避に失敗した46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
無意識な結婚ハラスメントにご用心!恋バナの延長線じゃすまないNG3つ
 結婚ハラスメント、いわゆる「マリハラ」をご存知でしょうか? 最近は何かとハラスメントに厳しいご時世、結婚についての話題...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
熊谷真実、磯野貴理子は何が…2度3度結婚する中高年女性に特殊技能?
 女優の熊谷真実(64)が今月4日、自身のインスタグラムを更新し、ウエディングドレスの写真とともに結婚パーティーをしたこ...
そこ見る!? ヒモ男とヒモを飼いたい女性のリアリティーショーがすごい
 近頃、恋愛リアリティーショーも細分化されてきています。  バツイチだけの恋愛リアリティーや男性同士の恋愛リアリティー...
内藤みか 2024-06-13 06:00 ラブ
韓国人彼氏はプリンにも嫉妬なんてかわゆ♡ 日韓カップルのLINEを覗き見
 韓流ドラマなどを見ていると、主人公によくいる紳士的で優しい韓国人彼氏に憧れますよね!  実際に、韓国人彼氏がいる...
恋バナ調査隊 2024-06-12 06:00 ラブ
「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ