結婚式をしないカップル急増…若者が“あえて式をしない”理由

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-07-06 06:00
投稿日:2019-07-06 06:00
誰もがウエディングドレスに憧れるわけじゃない(写真:iStock)
誰もがウエディングドレスに憧れるわけじゃない (写真:iStock)

 筆者は二度結婚しています。いずれも結婚式を挙げたことがありません。周囲にも結婚式を挙げないことを選ぶ友人が多くいます。それでも、結婚式をしない理由はあまり浸透していないように思えます。

 少し前までは、結婚式は入籍するカップルの一大イベント。独身の時から結婚式に夢を抱き、熱心に貯蓄していた人も少なくないでしょう。結婚式とは、それほど関心が高いライフイベントでした。なぜ結婚式を挙げないのか、その理由を聞きたくなる人も多いでしょう。

 そこで、彼女たちの結婚式をしない理由について、ご紹介します。

結婚式をしないというカップルたちに聞いた理由

結婚式はお金がかかる(写真:iStock)
結婚式はお金がかかる (写真:iStock)

 女性なら誰しも憧れると思いきや、意外な理由で結婚式をしないカップルも多いもの。そこで、あえて結婚式をすることを選ばなかったカップルの理由を追究してみます。

ドレスを着たいなら写真で十分

「写真だけで十分だと思っています。ウエディングドレスを着ることは、確かに女性の夢です。しかし、結婚式まで開いて多くの人と写真を撮るのは疲れてしまう。一番ドレス姿を見せたいのは、やっぱり母親や父親と夫ですよね。それならフォトウエディングで十分だと思うんですよ。式に向けて休日が潰れる感じも、働いているので嫌なんです。その日にサクッと終わる、フォトウエディングは手軽でいい。新郎側の義両親や親戚をもてなすのも、本音で言うと面倒」

 面倒なことは省きつつ、自分の夢や欲求だけを叶えるということです。無駄を省くために、かかる費用も軽くなります。ウエディングフォトが人気なのは、こういった事情もあるのでしょう。

祝ってくれというムードが嫌

「結婚式は参列するのにもお金がかかりますよね。あと、一番仲良しな友達が出産で来られなかったりする。“ここまで私たちを見届けてくれてありがとう”という意味合いも結婚式にはあるみたい。それは分かるけど、だったら一人ずつちゃんとお礼をしたいです。時間を作って……。友人たちそれぞれの思いも聞きたいし。あの場で両家一緒くたにされて、“祝ってね”というムードが嫌。祝ってくれるからには、こちらも気を抜けない。終始ニコニコしなければならず疲れそう」

 自慢しているようで、結婚式を開くことを恥ずかしくてためらう人もいます。年齢を重ねていると、友人たちの中には「結婚したくてもできない」という人も。「当てつけみたいで嫌だ」と考える人が一定数いるみたいです。

多額のお金が一日で消えるのは…

「独身の時から結婚資金に一人200万円を貯めるのを目標とする人がいますよね。でも200万円を一日で使い果たすのは、今の日本じゃ非現実的。それにその一回が自分の中で満足できるものでもない。300万円あったらキャリアのために資格もいっぱい取れるし、海外旅行だって行ける。そういうところで、人間性を磨きたい。不景気なので、どうしても現実を見てしまいます」

 不況を生き抜いてきた世代だからこそ、結婚式はコストパフォーマンスが悪いという意見も聞かれました。多額のお金を必要とするのが、そもそも嫌なんだそう。対価に見合ってないと考えるようで、結婚式をしないことで得たお金を別のところに生かすことを選ぶそう。

女性が大変なイメージしかない

「結婚式は女性のものですよね。だからこそ、友人の話を聞いていると“新郎の協力のなさ”に嘆いてる女性多いんですよね。新郎がノータッチだからこそ、女性の負担がすごい大きい。今の女性は入籍と同時に仕事を辞める人は少ないじゃないですか。平日は働いて、休みの日は結婚式の準備して、新しい環境に飛び込んで……。女性が大変なイメージ。それなのに、お姫様扱いはたった一日じゃないですか(笑)。結婚式をするなら、新郎が結婚式にノリノリの人がいいです」

 周囲が先に結婚していて、結婚式を挙げるための準備の苦労を分かっている女性の意見です。カップルの結婚式への熱量の違いが、時にすれ違いになることもあるよう。入籍するにあたり、女性は苗字が変わったり、仕事の都合をつけたりと大変ですよね。なるべくトラブルや精神的な負担を減らしたい気持ちは理解できます。

結婚式をしないことで得られるメリット

お金と時間を2人が納得できることに使いたい(写真:iStock)
お金と時間を2人が納得できることに使いたい (写真:iStock)

 結婚式をしないという選択は、まだまだイレギュラーかもしれませんね。そこで、結婚式をしないことで得ることができたメリットについても聞いてみました。

新婚旅行にお金をかけられる

 結婚式をしないことで、そのカップルはお金が浮きます。二人の愛を深めるために新婚旅行に長期で出かけたり、飛行機の座席やホテルの部屋のグレードをアップして二人の世界を楽しむようです。「新婚旅行が楽しいものになれば、それは結婚式の思い出に匹敵する」(Mさん・29歳女性)という意見もあります。

家具や家電をグレードアップできる

 結婚するカップルの出費は、結婚式に限りません。新居を借りるのであれば初期費用も発生します。新居を購入するとなれば、さらにまとまったお金が必要です。結婚式をしないことで浮いたお金を頭金にして、持ち家に投資するカップルもいます。

友達とも変わらない仲を維持できる

 結婚式を行うと、予算の関係や本人の都合により出席できない友人が出ます。このことが、のちの友人関係の亀裂につながることも。その点、結婚式をしないことで余計な争いを避けることができるようです。友人たちからのご祝儀などの額面で、現実を見ることも少なそうですね。

夫婦仲良くゆったりとした新婚生活になる

 結婚式の一日だけ見れば、華やかで素敵な日になります。この日だけを見れば、女性は憧れて当然とも言えそう。しかし、結婚式当日を迎えるまでにさまざまな準備や時間調整があるのです。この事情に気づく現代女性は「私は仕事もしているし、休日はデートもしたい。結婚式いらない」という考えになるのだとか。

 さらには「結婚式で揉めて破談になったカップルをみた。新婚から争う理由は極力減らしたい」との声も。深い事情はなく、“時間がないから結婚式をしないだけ”ということも。

結婚式をしないという選択肢もあり!

 結婚式をすることが、慣例になっている日本。しかし、あえて結婚式をしないという選択肢を貫くことで、意外にもメリットがあることが分かりました。家族や結婚相手の思いを十分に考慮した上で、本人同士が納得して「結婚式をしない」という選択をする。これはこれでいいのかもしれませんね。

ラブ 新着一覧


これって束縛?彼氏が「女友達」と飲みに行くのは許せない!
 彼氏に対して束縛したくないし、めんどくさい女とも思われたくない……。  し、しかしですよ。 「女友達と飲みに行く」...
若林杏樹 2022-11-30 06:00 ラブ
“はずれ夫”を引いちまった!結婚を後悔させる男の賢い対処法
 結婚が決まったら、誰もが幸せな生活を想像するでしょう。しかし、実際の結婚生活は思った以上に難しいもの。一緒に生活したら...
恋バナ調査隊 2022-11-30 06:00 ラブ
クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
浮気男がかます「言い訳あるある」大全 彼の口癖と比べてみて
 浮気している男性は、必死に隠そうとします。ただ「マニュアル本でもあるのか?」とつっこみたくなるくらい、ほとんどの男性が...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
「処女妻」初夜の儀式 夫公認でセレブ義父母の性奴隷に… #1
 セレブ家庭に嫁いで間もないR子さん(25歳主婦/子供なし)。サラサラのセミロングヘアにひな人形のように愛らしい顔立ちは...
蒼井凜花 2022-11-25 06:00 ラブ
新海誠作品「言の葉の庭」は“年下男子に好かれるツボ”だらけ
 年上女性と年下男性を描いた映画はたくさんありますが、そのなかでも男性の人気が高いのは『言の葉の庭』。 『すずめの戸締...
内藤みか 2022-11-24 06:00 ラブ
何かの罠?元彼の結婚式に呼ばれた!出席の判断基準&注意点
 結婚式は、新郎新婦にとって純粋な愛を誓う神聖な儀式です。でも、世の中には稀に「元彼から結婚式の招待状が届いた」という人...
恋バナ調査隊 2022-11-24 06:00 ラブ
初対面で“恋愛対象落選”は嫌!男がチェックしている女の言動
「人は第一印象が9割」とよくいいますよね。  男性は初対面で恋愛的にアリかナシか判断する場合が多く、第一印象が良くない...
若林杏樹 2022-11-23 06:00 ラブ
40代婚活もタイパ重視!「出会いがない職業」の男性を狙う
 婚活中の女性にとって、まだ相手のいない男性を見つけるのは至難の業ですよね。でも実は「男性の職業」に注目すると、女性との...
恋バナ調査隊 2022-11-23 06:00 ラブ
「動物好きと動物嫌い」結婚か別れか、問題と解決策を総点検
 好きで結婚したい相手がいるけれど、「譲れない部分の価値観が違っている」と悩む人は多いですよね。中でも、自分が動物好き(...
恋バナ調査隊 2022-11-21 06:00 ラブ
夫から離婚したいと言われたら…絶対に避けるべき3つのこと
 突然夫から「離婚したい」と言われたら、誰だって驚きますよね。夫婦関係がうまくいっていない自覚があるのであればまだしも、...
恋バナ調査隊 2022-11-20 06:00 ラブ
同棲だからこそベッタリしたい!性生活を拒む彼女に不満な男
「冷酷と激情のあいだvol.117〜女性編〜」では、同棲開始と同時に夜の生活に積極的になった恋人・ソウイチさん(仮名・3...
2022-11-19 06:00 ラブ