好きな男性が既婚者だった…引き際がジブンの価値を高める

若林杏樹 漫画家
更新日:2019-11-13 17:45
投稿日:2019-07-15 06:00
 片思いが始まると、ついつい相手を追いかけてしまいがち。“ああ、まだLINEが返ってこない”“仕事中だから既読が付かないのかな?”“もしかしたら他に女の子がいるかもしれない”……。
 モヤモヤしてSNSを覗いてみると、好きな人にはパートナーがいて、しかも結婚していた。そんな場合は、どうすれば良いのでしょうか?

(漫画:若林杏樹)
(漫画:若林杏樹)

好きな人が結婚していた場合はきっちり引く

 結婚というものは、普通のカップルとは全く違います。きちんと「契約」を交わした仲になるので、その間に入ろうと考えること自体、ムボウというやつです。落ち着いて考えてみてください。

<まだあわてるような時間じゃない>

 これはバスケ漫画『スラムダンク』の仙道さんというキャラクターの名言なのですが、試合終了の10分前の発言です。こんな時こそクールになり、一本ずつ決めていこうという話です。

 つい、困難が多い恋愛は盛り上がってしまうものです。落ち着いて、ここはいったん引きます。

 次の相手を落ち着いて探しつつ、市場価値が上がりまくりの良いオトコも30代になると離婚を決意する人も本当に多い。

<まだあわてるような時間じゃない>

 厳しい時こそ、この言葉を思い出し、「この場は引き、別の機会を伺う」という選択をしてみては。

 引くと、男性側から追いかけたくなる状況になる場合もあり得ますよね。

登場人物紹介

(漫画:若林杏樹)
(漫画:若林杏樹)

だら先輩
恋愛経験は意外と豊富。落としたオトコは数知れず…と言われている。コンビニでは、プロテイン飲料と高カカオチョコレートを買う。

ギャルちゃん
5年ほど付き合っていたカレシと別れて、現在彼氏ボシュー中。優しい人がタイプと言いつつ、イケメンじゃないと恋愛対象にならない。コンビニでは、ミルクティーとガルボを買う。

ガリアゴ課長
職場結婚の奥さんがいる。現在奥さんは専業主婦。コンビニでは、ピーナッツブロックチョコと肉まんを買う。

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 にゃんたまωにひたすらロックオン!  きょうも出逢ったイケてる猫に声をかけて、にゃんたまストリートスナップ撮影。...
FILM
 遥か昔、ワタクシが幼少の頃。学校の帰り道にあった大きな造園会社の塀に絡まって咲いていた、何とも摩訶不思議なお花がござい...
FILM
 バセドウ病によって甲状腺の全摘手術に至ってから、まもなく1年になろうとしています。  術後の経過は順調で、今は体力や...
FILM
 ニャンタマニアのみなさま、お待たせしました。  きょうは久しぶりに、「接写したくなるにゃんたまω」です。 ...
FILM
 ご飯作りは、毎日の生活の中で切り離せない大事な家事のひとつ。しかし、仕事で疲れていたり、献立を考えるのが面倒だったり、...
FILM
 コロナ期、私たちはSNSを利用して、リアルで減ってしまったコミュニケーションを埋めました。人と会えない期間によって、よ...
FILM
 土鍋を置いておくと、猫がまあるくなって中に入る「ネコ鍋」現象がありますが、透明ボウルを置いてみたら、やはり!入りました...
FILM
 ある日の昼下がり。  猫店長「さぶ」率いる我がお花屋さんに、この日も悩める子羊がお花を買いにやってまいりました。...
FILM
 寛解に向かっていたバセドウ病が再燃してからは、ひとことで言うと「地獄」。何をしても良くならない症状が、日を追うごとにひ...
FILM
 世界で一番多くのにゃんたまωを撮影する、猫フェチカメラマン・芳澤です。  「いいえ、我こそがにゃんたま撮影数世界...
FILM
 みなさんこんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。婚活や恋愛のコンサルをしている私自身が結婚後に女性が...
FILM
 きょうは、小さな港地区のにゃんたま兄貴。  強くて賢くてカッコイイからみんなに一目置かれていて、次期のボス猫候補...
FILM
「アナタ、なんで全身真っ黒なのよ! 喪服なのか! すぐやめなさい!」  先日とある著名な祈祷師の方に会うなり、いき...
FILM
 この連載もいよいよ終盤です。私は発覚から術後まで、およそ2年間にわたりバセドウ病と闘いました。甲状腺を全摘する手術を終...
FILM
 ニャンタマニアのみなさんこんにちは。  きょうは、三角おにぎりみたいな形の島を背景に、にゃんたまω記念撮影にトラ...
FILM
 指輪を購入する時、「なんとなくこの指にはめたいから」「この指にしか入らないから」など、気軽な気持ちで選んでいる方も多い...