結婚したら退職する? 自分が幸せになるための人生の歩み方

若林杏樹 漫画家
更新日:2019-11-13 17:46
投稿日:2019-08-05 06:00
 少し前のOLだったら「寿退職」なんて当たり前だったのでしょうが、今はそうはいかないですよね。共働きが普通だし、お金の心配もあるし……。いざ結婚となっても、悩みのタネは尽きません。では、もし「結婚したら仕事をやめてもいいよ」と言われたら、あなたはどうしますか?

(漫画:若林杏樹)
(漫画:若林杏樹)

結婚しても辞めなくていい仕事環境を作る

 人間はラクをしたい生き物。「仕事を辞めてもいいですよ」と言われたら、瞬時に「はい、辞めます」と言ってしまいそうですが、お待ちください。

 仕事を辞めて、パートナーから金銭的なサポートを全面的に受けることができるのは、結婚後せいぜい3〜5年以内です。子どもが生まれると状況は変わるのですが、遊びほうけていられるのは夫が我慢できる期間に限られます。

 その我慢タイムを延ばすために、機嫌をとったり媚びたりするのはストレスですよね。

 自分のヒマな時間が増えれば、夫の帰宅時間や浮気の心配など、考えることも同時に増えてしまいます。これは想定外でイヤなことですよね。でも、これは自分ではなくパートナーのレールの上に載った人生。文句も言いにくくなります。

 重要なのは、寿退社に憧れず自分のライフスタイルに合わせ、仕事を辞めなくていい環境を作ること。

 自分がどのくらいお金が欲しくて、自分のできることは何なのか。自問自答して、楽しいと感じる道を歩んでいる人の方が、魅力的な男性が寄ってくるものですよ。

登場人物紹介

だら先輩とギャルちゃん(漫画:若林杏樹)
だら先輩とギャルちゃん (漫画:若林杏樹)

だら先輩
社会人3年目。一時期は20代のうちに結婚しようと焦っていたがすぐに諦めた。うすピンク色のハンドマッサージャーを最近購入し、結構気に入っている。

ギャルちゃん
社会人2年目。彼氏のいない夏がひさしぶりで焦っている。その代わり、デスクの中に大好きな男性アイドルグループのグッズを持ち込んで気分をアゲている。

ライフスタイル 新着一覧


ルノルマン占い〜8月の恋愛運〜 不倫にケリをつけるべき人は
 ルノルマンカード占いをご存知ですか? 18世紀に活躍していた占い師マダム・ルノルマンの占いから生まれたカードで、トラン...
「3COINS」で毎日をワンランクアップ♡ おすすめアイテム3選
「3COINS」のアクセサリー、キッチン、美容など、ライフスタイルを彩るアイテムがコスパ最高でとってもかわいい♪ 気軽に...
自分の匂いで上書きニャ! 縄張りを巡回する“にゃんたま君”
 朝、パトロール中のにゃんたま君に出逢いました。  縄張りに他の猫の匂いを見つけたら、自分の匂いで上書き! そうし...
冷え性と酷暑の足元問題! 2021.7.28(水)
 始まりましたね、東京五輪。日本選手の活躍をライブで見たいとリモコンを片手にザッピングに忙しい方も少なくないのではないで...
祝福に花束を「復興の御礼とおもてなし」のビクトリーブーケ
 一年延期のオリンピック東京大会がいよいよ開催されました。初めて尽くしの今大会においては色々なお考えの方もいらっしゃるで...
やる気が出ない…家事が嫌いになる4つの原因&克服する方法
 家事をやらなくてはいけないのはわかっているのに「やる気が出ない……」と、つい後回しにしている人も多いはず。そこで今回は...
日常生活、無理…! しんどいことがあったときの持ち直し方
 失恋、離婚、対人関係、仕事の失敗……悲しいかな、大人になっても打ちのめされてしまうようなショックな出来事は時折やってき...
7月26日~8月1日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
中に入れるかにゃ?カメラバッグをチェックする“にゃんたま”
 きょうは、猫に大人気のカメラバッグに忍び寄るにゃんたまω君。  カメラバッグの蓋を開けたら、猫が入って眠っている...
熟年夫婦のLINEが面白すぎる♡ 誰もが憧れるやりとり5選
 世の中には数多くの夫婦がいますが、ラブラブ夫婦が長い年月を一緒に過ごして熟年夫婦になると、2人だけにしかわからない世界...
町田薬師池公園で大賀ハスのロマンに酔う 2021.7.24(土)
 東京・町田市の薬師池公園の大賀ハスが見ごろということで、早起きして行ってきました! 「大賀ハス」は植物学者・大賀...
これもダメ?年下に“おばさんLINE”と思われる特徴5つ
 普段、何気なく送っているLINE、もしかしたら年下の友人や彼氏に「おばさんLINE」だと思われているかもしれません。流...
初恋の気持ちを思い出す…ミステリアスな“にゃんたま”青年
 いつかどこかで出逢ったにゃんたまω青年は、美しい佇まいにセンチメンタルな眼差しでした。ちょっとミステリアスな雰囲気で、...
コロナ禍で転業を考え始めたイケメンカフェ店員の胸の内
 緊急事態宣言が発令され、街の人出が減るなか、密やかに営業を続けて穴場となっているスポットはいくつもあります。実は、イケ...
大きな葉っぱが幸運を招き入れる「モンステラ」のスゴイ威力
「あんたが寝てる部屋の下には、水脈が走っている」  実年齢の割に元気に働くことが自慢だったワタクシでございますが、...
真似できる気がしない…お手入れ中の猫ヨガな“にゃんたま”
 きょうは、お腹いっぱいごはん後の、お手入れにゃんたまωにロックオン。  これぞ、“本家”猫ヨガ?……真似できる気...