恋愛序盤の花火デートはキケン! 準備ゼロでは行かないが吉

若林杏樹 漫画家
更新日:2019-11-13 17:46
投稿日:2019-07-29 06:00
「花火デートってドキドキする」――。この季節、誰もが期待し盛り上がる「花火大会」ですが、調べもせず安易にデートとして行くのはキケン! むしろ私は大反対です。行くな、行くんじゃない。花火をみてロマンチックな雰囲気にはそうそうならない……。少女漫画やドラマが作り出した幻想です。
 しかし、「花火大会」を口実に意中の彼と会えるのはいいのかもしれません。異様な混雑の中、2人の愛を深めるのは……アレしかありませんよね?

(漫画:若林杏樹)
(漫画:若林杏樹)

花火デートには有料席や穴場スポットの確認を

 私はどうも「花火デート」というものがニガテです。こう言うと、男性はガッカリ、友人女子からは共感を得られないのですが、とにかく歩き続け、アップした髪が混雑と湿気でふにゃふにゃになり、がんばって取った席にビニールシートを敷いて座れば、浴衣がシワになる……。

 しかも男性からは「浴衣を着て欲しい」などと期待されて、youtubeを見ながら一生懸命着るのですが、もう大人になってくると人のためではなく、自分のために着たくなるものです。

「花火デート」には、ぜひとも有料席を用意して欲しいもの。もしくは、花火が見えるレストランなどの場所の確保。最低でも穴場スポットのチェック。開始時間と場所取りの位置確認。

 これらの条件を満たして、やっとロマンチックな花火デートになるんです!

 とまぁ、ここまでワガママを言っているのは、あまり誘って欲しくないからかもしれません……。有名な花火大会だと1席1万円を超える会場もあります。高いですね……。

 個人的には普通のお祭りや盆踊りのデートをおすすめします。コスパもよく、安全に楽しい時間が過ごせますよ。

登場人物紹介

だら先輩とギャルちゃん(漫画:若林杏樹)
だら先輩とギャルちゃん (漫画:若林杏樹)

だら先輩
大学時代、東京の花火大会に一度行って以降はお誘いを断っている。屋台は好きだが、たこ焼きに30分間並ぶ恐ろしさを知る。じゃがバターは大きいジャガイモのものでないと許せない。

ギャルちゃん
毎年花火大会に行っているのに“今年は誰とも行ってない、ヤバーイ!”と思っている。気になっているメンズは美容師でイケメンらしい。好きな屋台は牛串。

ライフスタイル 新着一覧


「稼ぐ派vs節約派」の主張 どっちの方がお金が貯めやすい?
 あともう少し、自由に使えるお金がほしいと思った時、あなたは「稼ぐ派」ですか?「節約派」ですか? 今回はそれぞれの意見を...
12月5日~12月11日 あなたの全体運・恋愛運・ラッキーカラー
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
青空猫集会に突撃!サービス満点“たまたま”の完璧ポージング
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
40代、人生変えたい!10年後が想像できた気になってませんか
 若い頃は、何をするにも希望や夢を抱いていたものです。が、年齢を重ねるごとに現実を知り 、人生に諦めを感じはじめていつの...
渦中のロイホ「パンケーキ」を“公式推奨”で食べてきた結果は
 ファミリーレストランチェーン「ロイヤルホスト」のパンケーキがにわかに注目を集めています。きっかけは人気バラエティー「ジ...
鼻チューまで! 甘えん坊“たまたま”のストレートな愛情表現
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「ナンキンハゼ」知ってる? 白い実×♡の葉で“ずるかわいい”
 本格的な寒さを迎え、楽しいイベントが目白押しで心が躍る気分でございます。加えて、通勤途中、車窓から眺める公園や道路脇に...
予言より的中!七色翡翠の12星座別パワーワード占い【12月】
 日本ではタロットカードやオラクルカードに比べると、知名度が低いルノルマンカード(※)ですが、「ルノルマンのほうが当たる...
おばあちゃんになっても恋したい? 2022.11.30(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
値上げの冬に負けない!一人暮らしの「防寒術」侮るべからず
 冬の一人暮らしって、家族と過ごすよりも寒く感じますよね……。とはいえ、値上がりする電気代に困っている人も多いはず。今回...
あなたは受け恋?追い恋?11月28日~12月4日エレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”のごはん場へGO!みんなで仲良くたくさん食べてね
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
観葉植物がすぐ枯れる!購入前に知りたい5つの原因と選び方
 部屋の中に観葉植物があると、それだけで素敵な雰囲気に変わりますよね。しかし、観葉植物を枯らしてしまった経験があると、欲...
最期のLINEは「大好きだよ」忘れられない女友達の感動の言葉
 あなたにとって女友達とはどのような存在でしょうか? もしかしたらその友達は、あなたを救う女神様かもしれません。  今...
この季節特有? 浮足立つ気持ちは何だろう 2022.11.27(日)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...