お金の支払い方でも…立ち飲み屋でこそわかる“男性の人品”

うかみ綾乃 小説家
更新日:2019-07-26 06:00
投稿日:2019-07-26 06:00
気持ちよく飲むことが最優先(写真:iStock)
気持ちよく飲むことが最優先 (写真:iStock)

 立ち飲み屋の客が大切にしているのは、モテ云々よりも、自分が居心地よく飲めるこの場所。

 世間には訊いてもいないのに「妻とは上手くいっていなくて」「子供が大きくなったら離婚するつもりで」などと喋ってくる男性がおり、中には独身の振りをして不倫をしたがるゴミ男もいますが、人間、自分がひと息吐きたい場所では、自身がやましさを覚える顔は出しません。

 同時に、仕事関係も上下関係もない飲み仲間同士、人生の上澄みくらいは伝え合った上で落ち着きたいので、既婚の有無も職業も訊かれればフツウに話します。

 それこそ他所では重く受け止められそうな家庭内の事情なども、ここでは「お互いいろいろあるよね」でさらりと話せます。

 ちなみに私はふだんのプライベートでは、エロを書いていることを伏せる方向でおりますが、それでもたまに「テレビで観たよ、官能小説ってやっぱ実体験書いてんの」と接近してくる男もいます。

 その点、立ち飲み屋では職業を訊かれても「物書きです。ペンネーム? いえ、仕事とプライベートは分けているので」と言うと、それ以上、突っ込んでくる人はいません。誰もが自分の取りたい距離感で他人と接することのできる場所です。

お金の支払い方で男性の人品が見える

一度あえて奢られてみて(写真:iStock)
一度あえて奢られてみて (写真:iStock)

 また、立ち飲み屋は基本的に、一品ごとに代金を払う即金スタイル。

 頻繁にお金を扱う姿には、その人品が現れます。

 即金だとわかっていながら、忙しい店員さんに要求されてからもたもたと財布を広げる人は、日常生活でももたもたしていそうです。

 お札をカウンターに放り投げるように置く人は、下品すぎますね。

 逆に、あらかじめカウンターにさりげなく、10円玉や100円玉を見えやすい配置で置く人は、優しさと想像力の豊かな、仕事もできる人が多いです。

 女性に奢るか奢らないかも見所です。

 私はイイ格好しぃの男性が好きなので、奢りたがる人には遠慮なく奢ってもらいます。

 ただ、奢りたがりの男性には男というだけで上に立ちたがる傾向があるので、彼氏候補にするのは慎重にすべき。

 こういう男性には、一度はあえて奢られてみて、次に会ったときに、「先日のお礼に、この最初の一杯は私が出します」と財布を出してみます。これを真に受けてこちらに払わせ、「次はお礼に僕が奢るよ」と一緒に飲む機会をつくりたがる人は、イイ格好しぃの矜持もない半端な男なので、奢りたがるままにしておくほうが無難。

 それよりも、たとえ古い価値観であろうが、気持ち良くお金を使う人や、立ち飲み屋の流儀である、個々人のペースでお酒を楽しむ人とは、いつまでも平等に付き合えます。

ヘルプアイテムは小銭入れ

あると便利な小銭入れ(写真:iStock)
あると便利な小銭入れ (写真:iStock)

 即金システムの立ち飲み屋では、小銭入れを用意しておくのがスマート。

 時計や靴にお金をかける人は多く、既存のマニュアルセンスもありますが、個性的な小銭入れを持っている人は、男女ともに自分の価値観をしっかりと持っていそうで存在感を放ちます。

 私の知り合いのモテる女性は、和服の生地で巾着の小銭入れを手作りしており、それはどこに行っても「素敵ですね」と声をかけられています。

 そして、次に会える機会をつくりやすいのも立ち飲み屋。

「ここには何曜日によくいらっしゃるんですか」

「◯◯という立ち飲み屋はご存知ですか」

「良かったらラインを交換しませんか」

 目的はお酒ですから、次に会えそうな日を訊くのも、連絡先の交換も自然な流れ。

 ここから飲み仲間としての逢瀬を重ね、さて、いつ頃からじわじわと男と女の顔を見せ合うのでしょうか。

 美味しく酔っ払ってときめくだけでも一石三鳥。

 それ以上の幸せを皆さんが掴まれることを、心から願っております。

うかみ綾乃
記事一覧
小説家
2011年「窓ごしの欲情」(宝島社文庫)で日本官能文庫大賞新人賞受賞。’12年「蝮の舌」(悦文庫)で第二回団鬼六賞大賞受賞。コラムニスト、映画の原作&脚本家としても活躍中。近著に「蜜味の指」(幻冬舎アウトロー文庫)。2020年から原作映画『モンブランの女』(『モンブランを買う男』AubeBooks)が全国で公開中。
ブログ http://ukamiayano.blog.fc2.com/

ラブ 新着一覧


縁結び神社は効かないの? 運命の出会いを呼び寄せる方法
 素敵なパートナーとの出会いを求める人に人気なのが「縁結び」ですよね。でも、中には願いを叶えた人が多いという有名な縁結び...
恋バナ調査隊 2023-02-06 06:00 ラブ
結婚を親に反対されてしんどい…認めてもらう5つの方法とNGな行動
 両親に結婚を認めてもらうための通過点である「結婚挨拶」。でも、もしも結婚を親に反対されてしまったらとてもショックですよ...
恋バナ調査隊 2023-02-05 06:00 ラブ
「頭の回転が速くても結婚に向かない女性」恋人の求婚にノーする男の本音
「冷酷と激情のあいだvol.128〜女性編〜」では、交際5カ月を迎えた恋人にプロポーズをするも、YESの返事をもらえずに...
並木まき 2023-02-04 06:00 ラブ
「私が男なら私と結婚したい」プロポーズ連敗中の40代女の嘆き
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-02-04 06:00 ラブ
【最終手段】男性“コロ落ち”!嘘泣きのやり方&バレないコツ
「涙は女の武器」という言葉がありますが、世の中にはこの言葉通り、いざという時に男性の前で嘘泣きを使いこなす小悪魔女性が存...
恋バナ調査隊 2023-02-04 06:00 ラブ
雰囲気悪いのは浮気のせいちゃうんかー!不倫男が主張する身勝手な理由
 世の中には、隠れて不倫している男性がごまんと存在します。大人の女性なら「男ってそんなもんだろうな」と、薄々気づいている...
恋バナ調査隊 2023-02-04 06:00 ラブ
美人ヨガ講師がレズビアン専用マッチングアプリの沼に… #1
 今や出会いの主軸となったマッチングアプリ。コロナ禍もあって、他人との交流や出会いのひとつとして利用している人は男女問わ...
蒼井凜花 2023-02-03 06:00 ラブ
やめられない浮気は「性格の一部」説!常習犯男性の共通点
 浮気をしない男性も存在しますが、何度も繰り返す男がいるのもまた事実。「男は浮気する生き物」なんて言葉もありますよね。そ...
恋バナ調査隊 2023-02-03 06:00 ラブ
シンママを求める男の事情 前澤友作氏監修アプリは即配信中止に
 先日、実業家・前澤友作氏が監修したシングルマザー限定のマッチングアプリ「coary(コアリー)」がリリースされましたが...
内藤みか 2023-02-02 06:00 ラブ
自分目線はNG!友達から恋愛相談された時のギスギスしない回答法
 女友達から恋愛相談された時、どう答えていいか迷ってしまった経験がある人は多いでしょう。特に40代の大人にもなると、若い...
恋バナ調査隊 2023-02-02 06:00 ラブ
モテるのに彼氏ができない 本命になれない30代女のガチ原因
「いいところまで行くのに彼氏ができない」 「もう数年間も、ちゃんとした恋人ができてない」  20代の時は彼氏彼女の関...
若林杏樹 2023-02-01 06:00 ラブ
モテるアラフィフ独身男は要注意? “難あり物件”に見られる5つの特徴
 昔に比べて、今はアラフィフでも若々しく魅力的な男性ってとても多いですよね。結婚相手を探している女性の中には、色気があり...
恋バナ調査隊 2023-02-01 06:00 ラブ
違和感は放置しない! 金銭感覚が合わない彼との付き合い方
 彼の金遣いの荒さにびっくりしたり、逆に財布のヒモの固さに引いたことはありませんか? 金銭感覚のズレを放置すると、後々苦...
恋バナ調査隊 2023-01-31 06:00 ラブ
既婚者マッチングアプリって?実際に使ってみた感想と注意点
 巷でひっそりと流行している「既婚者マッチングアプリ」をご存じですか?  その名の通り、既婚者専用のマッチングアプリで...
まめ 2023-01-31 06:00 ラブ
非・顔面国宝でなぜモテる?「雰囲気イケメン」特徴5つと落とすポイント
 男性の中には“顔面国宝”ってわけでもないのに、素敵なムードを醸し出していてなぜかモテる人がいます。それが雰囲気イケメン...
恋バナ調査隊 2023-01-30 06:00 ラブ
浮気も姑問題も解決!妻が夫に仕掛けた“わざと誤爆LINE”作戦
 いつの時代も、夫を上手に手のひらで転がしている賢い妻はいますよね。特に現代では、LINEを巧みに使って夫にわざと誤爆L...
恋バナ調査隊 2023-01-29 06:00 ラブ