お金の支払い方でも…立ち飲み屋でこそわかる“男性の人品”

うかみ綾乃 小説家
更新日:2019-07-26 06:00
投稿日:2019-07-26 06:00
気持ちよく飲むことが最優先(写真:iStock)
気持ちよく飲むことが最優先 (写真:iStock)

 立ち飲み屋の客が大切にしているのは、モテ云々よりも、自分が居心地よく飲めるこの場所。

 世間には訊いてもいないのに「妻とは上手くいっていなくて」「子供が大きくなったら離婚するつもりで」などと喋ってくる男性がおり、中には独身の振りをして不倫をしたがるゴミ男もいますが、人間、自分がひと息吐きたい場所では、自身がやましさを覚える顔は出しません。

 同時に、仕事関係も上下関係もない飲み仲間同士、人生の上澄みくらいは伝え合った上で落ち着きたいので、既婚の有無も職業も訊かれればフツウに話します。

 それこそ他所では重く受け止められそうな家庭内の事情なども、ここでは「お互いいろいろあるよね」でさらりと話せます。

 ちなみに私はふだんのプライベートでは、エロを書いていることを伏せる方向でおりますが、それでもたまに「テレビで観たよ、官能小説ってやっぱ実体験書いてんの」と接近してくる男もいます。

 その点、立ち飲み屋では職業を訊かれても「物書きです。ペンネーム? いえ、仕事とプライベートは分けているので」と言うと、それ以上、突っ込んでくる人はいません。誰もが自分の取りたい距離感で他人と接することのできる場所です。

お金の支払い方で男性の人品が見える

一度あえて奢られてみて(写真:iStock)
一度あえて奢られてみて (写真:iStock)

 また、立ち飲み屋は基本的に、一品ごとに代金を払う即金スタイル。

 頻繁にお金を扱う姿には、その人品が現れます。

 即金だとわかっていながら、忙しい店員さんに要求されてからもたもたと財布を広げる人は、日常生活でももたもたしていそうです。

 お札をカウンターに放り投げるように置く人は、下品すぎますね。

 逆に、あらかじめカウンターにさりげなく、10円玉や100円玉を見えやすい配置で置く人は、優しさと想像力の豊かな、仕事もできる人が多いです。

 女性に奢るか奢らないかも見所です。

 私はイイ格好しぃの男性が好きなので、奢りたがる人には遠慮なく奢ってもらいます。

 ただ、奢りたがりの男性には男というだけで上に立ちたがる傾向があるので、彼氏候補にするのは慎重にすべき。

 こういう男性には、一度はあえて奢られてみて、次に会ったときに、「先日のお礼に、この最初の一杯は私が出します」と財布を出してみます。これを真に受けてこちらに払わせ、「次はお礼に僕が奢るよ」と一緒に飲む機会をつくりたがる人は、イイ格好しぃの矜持もない半端な男なので、奢りたがるままにしておくほうが無難。

 それよりも、たとえ古い価値観であろうが、気持ち良くお金を使う人や、立ち飲み屋の流儀である、個々人のペースでお酒を楽しむ人とは、いつまでも平等に付き合えます。

ヘルプアイテムは小銭入れ

あると便利な小銭入れ(写真:iStock)
あると便利な小銭入れ (写真:iStock)

 即金システムの立ち飲み屋では、小銭入れを用意しておくのがスマート。

 時計や靴にお金をかける人は多く、既存のマニュアルセンスもありますが、個性的な小銭入れを持っている人は、男女ともに自分の価値観をしっかりと持っていそうで存在感を放ちます。

 私の知り合いのモテる女性は、和服の生地で巾着の小銭入れを手作りしており、それはどこに行っても「素敵ですね」と声をかけられています。

 そして、次に会える機会をつくりやすいのも立ち飲み屋。

「ここには何曜日によくいらっしゃるんですか」

「◯◯という立ち飲み屋はご存知ですか」

「良かったらラインを交換しませんか」

 目的はお酒ですから、次に会えそうな日を訊くのも、連絡先の交換も自然な流れ。

 ここから飲み仲間としての逢瀬を重ね、さて、いつ頃からじわじわと男と女の顔を見せ合うのでしょうか。

 美味しく酔っ払ってときめくだけでも一石三鳥。

 それ以上の幸せを皆さんが掴まれることを、心から願っております。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM