都会にいて幸せになれるの? 「田舎の女」が幸せな理由4選

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2019-06-21 06:00
投稿日:2019-06-21 06:00
 格差社会といわれる日本ですが、年収や学歴のみならず、都会と田舎の格差も広がっています。都会を生きる女と田舎を生きる女は、同じ年代でも生活環境が全く違うのです。
 都会にいる女はきらびやかで自由。でも、閉鎖的な地方の女の幸せ度が都会の女に勝つことがあるとしたら……そこにはどんな理由があるのでしょうか?

1. 早婚願望は田舎でこそ叶いやすい

早く結婚したいという気持ちが強いなら(写真:iStock)
早く結婚したいという気持ちが強いなら (写真:iStock)

 田舎の女は早婚です。というより、都会は女を晩婚にさせるのです。

 都会で一人で生きていくには、働かねばいけない。キャリアも積まなければならない。出会いも多く、次から次へと異性に出会うため決心もつきづらいです。しかも、これは男性も同じく思うことなので、都会という環境はやはりどうしても晩婚へ導きます。

 閉鎖的な田舎は出会いは少ないですが、その分、一人と愛情を育みやすいでしょう。明確な目標はないけれど早婚したいという人は、やはり都会にいるよりも田舎の方が結婚スピードは早いでしょう。

2. 五輪後どうなる土地代…田舎ならそんな心配もない

東京の土地の価格は高騰する一方(写真:iStock)
東京の土地の価格は高騰する一方 (写真:iStock)

 現在、東京は場所にはよるものの、東京五輪に向けて土地代が上がっている街が多いのが現状です。都内ではマンションでも35年ローンで買う人がほとんどですが、ほぼ定年、またはそれ以降までローンを払い続ける可能性すらあるということです。

 しかも、五輪後は土地代の大変動も予測されています。今から東京で住宅を買うなら、「何が起きても大丈夫」な経済力がある程度は必須になってきます。

 それに比べると、田舎は土地代の変動などもなく、東京と比べれば素晴らしいコスパで家が建ちます。今や東京で暮らすなら、マイホームは夢のまた夢。しかし田舎では、近所づきあいで安く土地を譲り受けられたりも。

 私の地元の地方公務員の友人たちは、夢と贅を尽くしたオーダーホームなんかも20代で平気で建てていきます。

 お金や住居で苦労しない、そんな心の余裕が田舎の女にはあるのです。

3. 主婦インスタグラマーは田舎の人が多い?

都会だとインスタ写真も被りがち?(写真:iStock)
都会だとインスタ写真も被りがち? (写真:iStock)

 幸せマウンティングといえばインスタですが、インスタグラマーって意外と地方住みの人が多いのをご存知ですか? とくに主婦グラマーや生活系のアカウントは地方出身の人が多いんです。

 Instagramの案件はリモートワークでできるものなので、地方での自宅撮影でも十分仕事になります。家も広い地方の人の方が、部屋や服の撮影にも適しています。

 早婚した若くてかわいいママが、子どもとのペアルック撮影をしたり、毎日のていねいな食卓を撮影したりしていることは多いですよね。

 生活や時間に余裕のある田舎暮らしの方が、都会で人気のあるカフェに何時間も並んで撮った写真よりも、自分らしい、人と被らないInstagramギャラリーになるのでしょう。

4. 努力する田舎の女は都会の女より美しい

自然に囲まれて健康的な美しさを(写真:iStock)
自然に囲まれて健康的な美しさを (写真:iStock)

 都会の女はカジュアルに整形を取り入れたりして、美人な人が多いような気がします。ラグジュアリーできらびやかな印象がありますが、実際の都会は時間に追われ、睡眠時間だって削られる毎日です。

 田舎の女は所帯じみていく……なんてイメージもありますが、今はZOZOTOWNなどネット通販で服を買うことも当たり前になっており、昔よりもずっとおしゃれです。

 だから、田舎の女はダサくてブス、なんていうのはもう幻想。田舎に住んでいても、体型維持の努力をしている女は美しいもの。背景が六本木の夜景ではないだけです。

 しっかり自炊して食べたご飯でぐっすり寝ること、それすら難しい都会に比べたら、田舎暮らしの方が健康的に美しくなっていけるような気もしますね。

あなたには都会に住む目標がありますか?

「なんとなく」いる都会で過ごすことが本当に幸せなのだろうか(写真:iStock)
「なんとなく」いる都会で過ごすことが本当に幸せなのだろうか (写真:iStock)

 学生時代に都会に出て、なんとなく田舎に帰ることなく、都会で過ごしている人も多くいると思います。都会には出会いが多く、仕事も多いです。しかし、だからこそ消耗することもあるでしょう。

 都会は、なんとなく生きるには忙しすぎます。どんどん人が出ていく田舎は味気なくも見えますが、都会を知る女だからこそ、田舎の楽しみ方が分かるということもあると思います。

 あなたには、都会に住むにあたり目標はありますか? 都会にいるこの「なんとなく」が、あなたを幸せから遠ざけているのかもしれませんよ。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 5月16日~5月22日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
妻たちよ、結婚後のめんどくさい親戚付き合いは諦めも肝心!
 大好きな人と結婚できたら「それだけで幸せ!」と、思っていた人も多いでしょう。しかし、結婚後は思いもよらないことが起こり...
イタリアンの有名シェフが“国民的調味料”と恋に落ちた!? 2022.5.14(土)
 黄色いキャップのキミは物心ついたときから、我が家の食卓にあったよねぇ~と親しみが湧く人は多いのではないでしょうか。 ...
「卓越下着術で見惚れました」職場仲間におもしろ誤変換LINE
 仕事でのやりとりにも使われるLINEですが、気軽に送れるぶん、さまざまなおもしろ誤変換が生まれているようです。特に、職...
愛され女に共通の秘訣!「返報性の原理」を巧みに使っている
 みなさんの周りに「あの人愛されてるな~」って感じる人はいませんか? 私はそんな人が羨ましくてたまらないのですが、周りか...
自分大好き「性悪女」の生態 こんなトラブルメーカーに注意
 人付き合いに悩んでいる人の中には、“性悪女”の存在に苦しんでいるケースもあるでしょう。職場にひとりでも性悪女がいると、...
親の負担軽減「おむつサブスク」が神だった 2022.5.12(木)
 この4月から、下の子(1歳5カ月)を保育園に入れて職場復帰をすることになったのですが、上の子の時にはなかった「おむつの...
極レア三毛“たまたま”パワーにあやかろう!穏やかなお顔も◎
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「東京って物価高い」メンタルを削るデパ地下通いの義母LINE
 義母って不思議な存在ですよね。家族とはいえ、ぶっちゃけ「赤の他人」じゃないですか。お互い笑顔で過ごしていても、イマイチ...
水族館の新アイドル「フウセンウオ」に遭遇 2022.5.10(火)
 みなさんは「フウセンウオ」を見たことがありますか? 小さくて丸いカラダのお魚なのですが、最近では水族館の密かなアイドル...
浪費癖をやめたい…脱出法5つ、クレカの持ち方にヒントあり
 金銭感覚は人によってそれぞれで、お金の使い方は大きく違います。計画的に貯蓄を増やしている人がいる反面、節約ができずにな...
あなたは受け恋?追い恋? 5月9日~5月15日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”同士がイチャイチャ♡にゃんたま島でBL現場を激写
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「茹でた孫食べた」平和だー!天然ママとの“爆笑”誤変換LINE
 家族同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。実は、毎日何気なく送り合っているLINEの中には、見過ごせない爆笑誤変換...
LINEで嫁姑バトル勃発!「といいますと?」連発攻撃の行方は
 近年、お姑さんと同居する二世帯住宅が増えています。経済的、子育て的にもメリットがあるのは事実ですが、やはり嫁姑バトルが...