モテる女は顔じゃない…美人でなくても彼氏が途切れない秘密

山本早織 結婚につながる恋のコンサル
更新日:2019-07-09 06:00
投稿日:2019-07-09 06:00
 結婚につながる恋コラム第9回は、モテるためのスキルについて。皆さんの周りで常に彼氏がいる女性ってどんな女性ですか? 今回はモテる女性についてお伝えさせていただきます。

好きだと思う男性から愛されるためにも…

女性は1人から愛されればいい生き物だけど…(写真:iStock)
女性は1人から愛されればいい生き物だけど… (写真:iStock)

 どうしたらモテる女性になれるか、というと「モテたいわけじゃない」「1人から愛されればいい」という声が聞こえてきそうです。

 そう。女性はたった1人の男性に最高に愛されたい生き物なのです。

 しかし、モテ要素を持ち合わせていない女性は、自分が好きだと思った男性から選ばれる可能性が低くなります。

 やはり、自分が好きだと思う男性から愛されるためにも、最低限モテるためのスキルは必要です。

嫌いな男性がいない女性はモテるんです

男性が一番求めているのは「母性」(写真:iStock)
男性が一番求めているのは「母性」 (写真:iStock)

 皆さんは合コンや男性との出会いがあった後、その男性について女友達と話をしたりしますか?

 合コン後の女子会では、男性の悪口大会が繰り広げられることがよくありますよね。

 実は、モテる女性は男性を嫌いになることがありません。それは、男性のいいところを見つけましょう、ということではなく、元彼ですら「いい人だった」と笑顔で言える女性のことです。

 よく、女性は彼氏との記憶を上書き保存すると言われます。一方、男性はフォルダ保存をし、今までの女性とのお付き合いを美化していきます。

「元カノはまだ俺のことが好きなはず」と夢を見ていたいのが男性なのです。

 そう思いたい理由は、自分との思い出を綺麗なもので残してほしい、上書きして忘れないでほしい、という思いからなのです。

 そんな男性たちにとって、お付き合い前にどんな男性にも拒否反応を示さない女性を見ると、「この人なら絶対に自分を嫌いになることはないかもしれない」という安心感を得ることができます。

 30歳を超えた男性が実は一番求めているもの……それは寂しさを埋め、自分を嫌いにならず記憶から抹消しないであろう「母性」なのです。

男性を安心させてあげられる女性になろう

男性を安心させてあげるのがモテへの第一歩(写真:iStock)
男性を安心させてあげるのがモテへの第一歩 (写真:iStock)

「え!? なんでこの女性が結婚できて私ができないの?」と思ったことはありませんか?

 でもその女性、美人ではなかったとしても、少しふくよかで優しそうな雰囲気ではないですか?

 常に自分の味方でいてくれて、何があっても裏切らないようにみえる女性こそ、男性が結婚したいと感じる女性なのです。

 もし仕事がなくなったら、もし自分が病気になったら、もし一文無しになったら……。男性だって結婚に対して不安を抱えています。

 それでも、この女性は一緒にいてくれる。そう安心させてあげるアプローチをお付き合いの前から見せていくことが男性から選ばれ、モテる女性になる第一歩です。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 朝夕は冷え込む日が多くなり、いよいよ季節の移ろいを実感する頃となってきました。冬のファッションに衣替えすると同時に、メ...
時短美容協会 2019-11-15 06:00 ラブ
FILM
「今年も彼氏ができないまま年を越してしまう……いやクリスマスまでにまだ間に合うか?」  焦りにかられて予定を埋めるのも...
七海 2019-11-15 06:00 ラブ
FILM
 愛は、お金では買えないものとされています。その証拠にホストクラブでいくらお金を貢いだところで、そのホストの心までは手に...
内藤みか 2019-11-14 06:00 ラブ
FILM
 男と女の関係は、別れ際に人間性があらわれるのも傾向。別離を選んだカップルの双方から話を聞くと、同じ出来事への捉えかたが...
並木まき 2019-11-13 18:13 ラブ
FILM
 男と女の関係では、別れ際に本性が出るとも言われます。別離を選んだカップルの双方から話を聞くと、同じ出来事への捉えかたが...
並木まき 2019-11-14 04:50 ラブ
FILM
「なんとなく一緒にいて楽しいけど、いつ別れようかときどき考えてしまう」  女子が誰かと付き合う時、必ずしも「大好き! ...
七海 2019-11-13 06:00 ラブ
FILM
 大好きな彼の自宅に、“主張する私物”を置くと、他の女性への牽制にもなりますよね。以前のコラム「彼の家で“私の存在”を知...
並木まき 2019-11-12 06:00 ラブ
FILM
 筆者は現在25歳で結婚を二度経験していますが、正直「結婚ってめんどくさい」と思うことはありました。でも、幼い頃から「結...
東城ゆず 2019-11-12 06:00 ラブ
FILM
 男心を掴むには胃袋を掴むのがいい、と言われるこの頃ですが、手料理を食べさせるほど親しいわけじゃない。そんなときは、彼が...
内藤みか 2019-11-11 06:20 ラブ
FILM
 彼氏のことが大好きであればあるほど、彼氏に近寄ってくる女性に嫉妬してしまうことってあると思います。たとえ相手の女性にそ...
東城ゆず 2019-11-11 06:00 ラブ
FILM
 恋愛体質の女性は、いつも彼氏が途切れずにウキウキとしているようで、恋愛難民の方から見ると羨ましい存在かもしれません。で...
リタ・トーコ 2019-11-10 06:00 ラブ
FILM
 相席バーで、ある男性に出会いました。その男性は会社の飲み会の二次会でその店に訪れていたのですが、意気投合し、みんなでL...
神崎メリ 2019-11-10 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子です。AB型は、日本人の約1割という少数派。本日は、そんなAB型男性にスポットを当ててみたい...
山崎世美子 2019-11-14 19:25 ラブ
FILM
 隠れたる男尊女卑思考の持ち主なのか、単なるプライドの問題なのか……。世の“夫”と呼ばれる生き物の中には、妻に対して無意...
並木まき 2019-11-09 06:00 ラブ
FILM
 心理学の一つである恋愛学を学ぶと、恋愛が上手になる……とは限りませんが、「どうしたらいいか分からない」「相手の気持ちが...
ミクニシオリ 2019-11-08 06:00 ラブ
FILM
「別れたけれど、元彼のことがやっぱり好き」――。そんな気持ちを抱えている方は多いかもしれませんね。涙を飲んで別れを受け入...
リタ・トーコ 2019-11-08 06:00 ラブ