都会暮らしの普通の女がいい女よりもいい出会いを増やす方法

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2019-06-26 06:00
投稿日:2019-06-26 06:00

都会に住む普通の女がいい出会いを増やすには?

都会の“普通の女”が素敵な出会いをするには(写真:iStock)
都会の“普通の女”が素敵な出会いをするには (写真:iStock)

「都会の女は出会いが多いでしょ」。田舎の友達からそう言われることはあるけれど、「良質な出会いがあるわけじゃない」と、そう返していませんか?

 確かに都会は田舎に比べたら出会いは多い。だからといって、自分と性質の合う人との出会いはそんなにないし、美人も多いから競争率が高い……。いろいろと言い訳はあると思います。が、言い訳をしていても出会いは降ってきません。たとえ都会に住んでいても。

「都会にいるけど、私は普通の女なんです」。そんな女子はどうしたら素敵な人と出会えるのでしょう? 数を打ってみてもダメだったあなたに、そのポイントをお教えします。

いたって普通な私だけど、いい男と出会いたい

正直羨ましい…(写真:iStock)
正直羨ましい… (写真:iStock)

 都会では田舎よりも多様な出会いがあります。素敵な異性との出会いもあれば、素敵な同性との出会いもある。やっぱりいい男は、そういういい女に取られちゃうことも多いですよね。

 そんなカップルを目の当たりにしちゃうと、自分が普通の女でも、いい男と付き合っているいい女が羨ましくなっちゃいますよね。

 ナンパや相席系居酒屋は、数を打っているうちに疲れてしまう。でも、社内や取引先のいい男はもう売り切れている。そういう女子は、どこでいい男に出会えばいいのでしょう。

「仕事」が大義名分! 業界セミナーは出会いの宝庫

オススメは“業界セミナー”(写真:iStock)
オススメは“業界セミナー” (写真:iStock)

 社内は売り切れ、でも酒の場やネットの出会いは疲れた……そんなあなたに今オススメしたいのが「業界セミナー」です。

 業界セミナーなんてどこでやってるの? という方も多いかもしれませんが、Facebookにその答えがあります。メニュータブから「イベント」をクリックすると、飲食系のイベントなどと一緒に、さまざまな業界系のイベントが出てきます。

 Facebookは仕事用に使う人も多いので、友達に一人でもそういう使い方をしている人がいればおすすめ欄にもセミナーイベントがたくさん出てくると思います。

 業界セミナーでは自分と同業か同職種の人とたくさん出会うことができます。異性との出会い目的ではなく、「仕事熱心だから」という大義名分で参加することができるので、ヘタな業種縛りの恋活パーティーより行くのも恥ずかしくないですし、いい出会いがなくても勉強にはなるでしょう。

 メーカー系なら競合他社の企画職の人の登壇イベントを探したり、営業系なら話し方やコミュニケーション方法のセミナーに参加してみたり。意外と都会では多く開催されているので、頻繁に参加できるのは都会の女の特権です。

同業界に知り合いが増えると芋づる式に

 業界セミナーでは名刺交換が頻繁に行われるので、連絡先の交換が簡単です。しかも「仕事」なので恥じらうことなく教え合えるのもメリット。

 業界内の知り合いなら、後日の交流も起こりやすいです。ノリのいい会ならセミナー後に二次会もありますし、仕事関係の相談といえば、後日飲みに行くのもカンタン。

 もしかしたら本当に仕事を一緒にできることもあるかもしれません。そうすれば、出会った男性の会社の知り合いも増えます……と考えると、同業界との出会いって芋づる式なんです。

 競合他社との飲み会で、自分の仕事を見つめ直すこともできるかもしれません。仕事が楽しい人も、そうは思えていない人も、似た業種の知り合いが増えるのは、恋愛を抜きにしてもデメリットはなさそうですよ!

環境の近い人との出会いは恋愛的にもチート

仕事欲も恋愛欲も満たせるのが都会女子の強み(写真:iStock)
仕事欲も恋愛欲も満たせるのが都会女子の強み (写真:iStock)

 仕事内容が似ていることで、知らない人との出会いでもより親密度が上がりやすい。おまけに、自分の周りのいい女に把握されていないところで、素敵な出会いを発見することができちゃうんです。

 共通点の多さは人間関係を構築しやすくします。チートと言ってもいいくらい。セミナーに参加するような仕事意識の高い人は男性の方が多いので、いい男との出会いもきっと紛れているはず。家庭に入りたい女だけでなく、キャリアに真剣な女もモテる時代です。

 せっかく都会にいるのだから、田舎女子とはちょっと違う都会らしい出会いで、仕事欲と恋愛欲を一気に満たしちゃいましょう!

ラブ 新着一覧


人生最悪の運気かも…そんな時に出会う人には注意すべき理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。身も心もボロボロの時に何かのキッカケで知りあった相手。その出会いで一時的に元...
山崎世美子 2021-01-16 06:00 ラブ
彼氏といちゃいちゃする6つの方法!サインを見逃さないで♡
恋人といちゃいちゃする時間は、とても幸せな時間です。どんなに付き合いが長くなっても、日々のいちゃいちゃタイムがあれば、マ...
恋バナ調査隊 2021-01-16 06:00 ラブ
いまだに関白宣言?九州出身男性の特徴&好きな女性のタイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の男性についてご紹介します。九州は、福岡...
彼氏が「キスしたい」と思うのはいつ? 6つの瞬間&サイン
 女性にとって、彼氏からの不意打ちのキスは驚きながらも嬉しいものです。しかし、時には「なぜこのタイミングで?」なんて思う...
恋バナ調査隊 2021-01-15 06:00 ラブ
緊急事態宣言中なのに?マッチングアプリの男性に聞いてみた
 首都圏は再び緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出の自粛が呼びかけられています。そんななかでも、マッチングアプリで知り...
内藤みか 2021-01-14 06:00 ラブ
彼氏の親に結婚の挨拶!女性の印象が決まる9つのポイント♪
 結婚の挨拶は、人生の中でも特に緊張するイベントですよね。どんな服装をしたらいいの? 会話は? 手土産は? と、疑問と不...
恋バナ調査隊 2021-01-14 06:00 ラブ
気を抜いたら…男性がドン引きするデート中の女性の行動とは
 待ちに待ったデート! 当日はお洒落して1%でも可愛い要素をプラスしてカレに会いたいですよね? 私は会う前、ついつい鏡を...
若林杏樹 2021-01-13 06:26 ラブ
恋の始まり!? 女性が思わず“胸キュン”する男性の行動9選
 恋愛対象として意識したことがなかった男性でも、ふとした行動や言葉で、思わず新鮮さを感じて「胸キュン」してしまうことって...
恋バナ調査隊 2021-01-13 06:29 ラブ
出会いはナンパ!他とは比較にならないほどカラダの相性が…
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-12 06:14 ラブ
喧嘩別れするカップルの5つの特徴! 後悔しないためには?
 恋人ができた時、誰も別れることなんて考えないでしょう。しかし、交際を続けていると思いがけないことで喧嘩になり、別れてし...
恋バナ調査隊 2021-01-12 06:00 ラブ
付き合ったらヤバい男性が送るLINEの特徴&見抜く方法
 世の中には、かっこいい顔をしていながらも、浮気男やマザコン、サイコパス男、ストーカーなど、中身がヤバい男性が存在します...
恋バナ調査隊 2021-01-11 06:00 ラブ
友人の“恋愛アドバイス”はどこまで聞く? 困った時の考え方
 アドバイスと言う名のダメ出しを食らったことってありませんか? 正しいことを言われているし、欠点は直すべきなんだろうけど...
七味さや 2021-01-11 06:00 ラブ
尽くされる女性の8つの特徴&彼氏にもっと愛される方法♡
 女性の中には、「男性に尽くす女性」と「男性から尽くされる女性」がいます。尽くし続ける恋愛に疲れてしまう女性もいる一方、...
恋バナ調査隊 2021-01-10 06:00 ラブ
頑張りすぎないで…絶対的に愛される“程よい手抜き”のススメ
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。愛されたい、大事にされたいという思いが強ければ強いほど頑張ってしまうものです...
山崎世美子 2021-01-09 06:00 ラブ
幸せだったのに…わずか結婚1年で妻に出て行かれた夫の困惑
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-01-09 06:00 ラブ
離婚の裏に2つのエピソード…結婚1年で軌道修正した妻の激白
「冷酷と激情のあいだvol.28〜男性編〜」では、わずか結婚1年で、年上妻から離婚された男性・Hさんの困惑をご紹介しまし...
並木まき 2021-01-09 06:06 ラブ