男のプライド問題はメス力的な「プチ天然」を武器にしろ!

神崎メリ 恋愛コラムニスト
更新日:2019-07-21 06:00
投稿日:2019-07-21 06:00
 電子書籍も含めて、発売たちまち6万部突破のベストセラー『魔法の「メス力」』(KADOKAWA)の著者で恋愛コラムニストの神崎メリさんが、毎回、人にはなかなか相談できない恋愛のあれやこれやお悩みに手厚く、そして、ズバッとお答えします。今回は、女性には理解しがたい男性のプライド問題と、イベントごとに無関心な彼氏の気持ちに迫ります。花火大会や旅行などメモリアルな行事が目白押しの夏本番を前に必ず役に立ちますよ!

Q1.男性の間違いはどのように注意すべきですか?

かわいいプライドなら許せるのに(写真:iStock)
かわいいプライドなら許せるのに (写真:iStock)

メリさん、はじめまして。いつもメリさんが分かりやすく解説してくださるメス力を勉強&実践中です!

現在付き合って5カ月目の年下の彼がいます。今回ぜひ質問したいのが、「彼のちょっとしたマナーや知識のなさに気付いたときに注意していいものか?」です。

・あれれ、一般常識が…

一般常識や漢字の読み間違いといった最低限のことは知っておいて欲しいと思うのですが、どのように注意すべきかを考えてしまいます。同じように、人前で彼が言ってしまった間違いについて後から気づいた時など、どのように伝えようかと悩みます。

以前の私だったら気づいた瞬間に注意していたのですが、言い方が下手なようで(割とストレートに「それ違うよ」などと言ってました)、男性のプライドを傷つけてしまうことが多かったです。ですが、彼も先々恥をかくかもしれないし、メリさんに上手に指摘する方法を教えていただきたいです!(37歳未婚♀・ラン)

A1.小馬鹿テンションは絶対禁止!

待つのも手(写真:iStock)
待つのも手 (写真:iStock)

 ランさんはじめまして、神崎メリです。

 これね、すごい分かるのですよ。しっかりして見える男性でもお付き合いしてみると、意外と抜けていることってありませんか?

「いやいや、これくらい社会人として当たり前のことだけど!? 知らずにどうやって生きてきたの!?」ってびっくりすることが、時おりある(笑)。

 たしかにこの手の指摘について、男性のプライドをへし折らずに伝えるのってコツが必要ですよね。今回はメス力的な伝え方をご伝授いたしますよ♡

・「私も最近知ったの!」が相手に聞く耳を持たせる

 たとえば冠婚葬祭のマナー。

 ご祝儀はいくらぐらい包むのが正解なのか(暗黙のルールが存在する地域もあるらしい!)。金銭面などは間違えてしまうと第三者(新郎新婦)に迷惑をかけてしまうこともあるので、教えてあげた方がいいと思います。

 もちろん、「はぁ~ん? 嘘でしょ~? そんなことも知らないのぉ!?」などと小馬鹿にしたテンションは、男心の地雷ちゅどーんとしてしまうので、絶対禁止(笑)。

「ご祝儀いくら包んだ? あ、それね私もよく分からなくてちょうど最近調べたんだけど◯◯円が相場みたいよ~」

 と「私も最近知ったんだけどね感」を出すことで、男性は自分が否定された気持ちになることなく受け入れやすいでしょう。

 賢い女性ほど、ど正論で男心の地雷をガンガン踏んじゃいます。

「私も知らなかった~」的なプチ天然を“武器”として備えてください!

・漢字の読み間違いはスルー

 漢字の読み間違えなど、些細なこと。もちろん相手の状況や機嫌をみて、「あ、それって◯◯じゃない?」とサラッと伝えてもいいのですが、基本的なメス力スタンスは、そんなこといちいち注意する必要はナシ!

 女性って彼氏ができると、

「こんなこと言ってあげられるの私だけだし、彼が恥かいちゃったらかわいそうだし、なんなら常識的なことすら知らない男性と付き合っている自分も恥ずかしいし……」

 なんて妙な使命感に燃えて、彼にアレ違うよ! コレ違うよ! と注意してしまいがちです。

 でもそれではまるで、「お外は転んだら痛いから、お部屋で遊びましょうね~」

 と子供から経験と自由を奪ってしまう過保護なママと同じですよ!

・恥をかいてから理解する自由を

 彼には〈自由〉があります。それは〈自分で恥をかいてから理解する自由〉です。

 その自由は、たとえ、アナタが100回口うるさく言っても聞かなかったことでも自分が恥をかくと一発で覚えるぐらいのパワーがあります(笑)。

 それまで見守り続けるのも愛情なんですよね。

 転んでこいや!
 おう!
 失敗して身に染みて工夫を始めたんかい!
 上出来上出来!

 こう心の中で思いながらドンと構えていきましょう。

・円満な関係こそ最優先にする

 大切なのは常識を100%備えている彼を作りあげることではなく、円満な2人の関係です!

 いまの関係が円満なら細かいことを気にしすぎないこと!

 それに口うるさいママになってしまうと、男性はその相手に性的関心が消えてしまうのでくれぐれもご注意を……。

 伝えるときは相手の機嫌がいい時にサラリとプチ天然風に!

 ランさんのような賢い女性は特に徹底し、本当に伝えるべきことかどうかは、その都度見極めてみてくださいね♡

Q2.イベントに彼氏が無関心なんです…

一緒に楽しみたい(写真:iStock)
一緒に楽しみたい (写真:iStock)

付き合って半年の25歳の彼氏がいます。彼はイベントごとにあまり興味がないようで、たとえば、クリスマスの予定は私が立てました。バレンタインチョコもあげましたが、ホワイトデーはスルーされました(笑)。

・イベント時ぐらいは…

普段はお家デートが多いので、せめて、イベントの時ぐらいはいつもとは違う感じで楽しみたいのですが、自分だけが盛り上がってて寂しいです。

無理強いしたくないのですが、少しでも興味持ってもらえる方法はありますか? それとも諦めるべきですか? よろしくお願い致しますm(_ _)m (23歳未婚♀・すず)

A2.手が届きそうで届かない距離感を演出する!

レッツフリーダム!(写真:iStock)
レッツフリーダム! (写真:iStock)

 はじめまして、すずさん! 神崎メリです。

 男性はイベントに女性ほど興味がないとはいえ、付き合って半年でその関係だとショックなのも乙女心よね!?

 ちなみに3月14日当日になってもホワイトデーだと気がついてない男性、大勢います(笑)。

 女性は小学生の頃からバレンタインが一大イベント! だから嫌でも2月14日が近くなるとソワソワしちゃうものだけれど、男性はホワイトデーのことなんて脳みそに1ミリもありません(笑)。

 しかも、もらったチョコがまさか数千円するものだなんて思いもよらないから、「別にお返しいいっしょ」って思うみたいです(笑)。

・バレンタインチョコは“禁止”

 私はブログやSNSや著書などで一貫して「メス力を上げるには、女性はバレンタインにチョコレートをあげなくていい!」と言い続けているのですが、それはなぜかというと……

「はい! バレンタイン♡」とわざわざチョコをプレゼント(しかも愛のお手紙付きで)してしまうと、アナタが彼に惚れてるのがダダ漏れになってしまい、男性が女性を追いかける情熱を冷ましてしまうからなんです。

 手が届きそうで届かないもの、100%征服できないものを男性は追いたくなるのですよ。

 でもこういう基本的な男心を知らずにバレンタインに気合いを入れすぎて、裏目に出てしまってる女性があまりにも多すぎる。

 だから、メス力では「バレンタインは基本禁止」なんです。

・シレッと友人と過ごす

 それにしても、さすがに、付き合いたてでクリスマスをスルーするなんて、ちょっと彼はアグラをかいているかな?

 次の誕生日やクリスマスはなにごともなかったかのように、話題にも出さず、シレッとお友達と過ごすといいですよ。

 そしてお休みの日もお家でダラダラデートするのはやめて、彼以外と過ごす予定をドンドン入れてしまいましょ!

 イキイキと別のことをしている様子が一番男性の気持ちを焦らせます。

 すずさんは彼のことが好きすぎて、安心させすぎているとみました。

 それではイベントなんてもともと興味がなくて面倒だと思っている男性はスルーしてしまうのではないでしょうか。

・振り回されずにメス力を磨く

 キチンと向き合って扱ってくれなければ、離れていってしまう女性なんだと行動で示してくださいね♡

 そして、アナタ自身がイベントなんかに張り切ったりして振り回されることのない、メス力の高い女性になってくださいね!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 突然強い孤独感に襲われる……。今後の人生も、ずっとこのまま独りなのではないかーーそんな漠然とした不安感で眠れない夜を過...
七味さや 2020-08-07 06:00 ラブ
FILM
「モテる人」の条件は、時代によっても変化します。コロナ禍の今は、これまで以上に男女間においてのさまざまな場面における「価...
並木まき 2020-08-07 06:00 ラブ
FILM
 シリーズでご紹介している「男女の恋愛観まるっと調査」! 今回は、東京と大阪の中間に位置する、愛知県、岐阜県、三重県、静...
FILM
 自宅にこもってばかりで退屈な日々を送っている女性が大勢います。なかには暇つぶしにとマッチングアプリに登録する人も。けれ...
内藤みか 2020-08-06 06:00 ラブ
FILM
「なんだか最近、モテてる……?」そんな素敵な状況が訪れている人はいませんか? 今まで男性になかなか相手にされなかったの...
恋バナ調査隊 2020-08-06 06:00 ラブ
FILM
 ひと昔前は、「年下の若い女性が好み」という男性が多かったのですが、最近では年上の女性に魅力を感じる年下男性が増加傾向に...
恋バナ調査隊 2020-08-05 06:00 ラブ
FILM
 仕事でもプライベートでも、仲良くなりたい相手との話が合わない時ってありますよね。生まれた年代や趣味が違いすぎて、共通の...
若林杏樹 2020-08-04 06:00 ラブ
FILM
 いつまでも仲良くいたくても、恋人との関係は思いがけない方法に進んでしまうことがあります。一方的に別れを切り出されること...
恋バナ調査隊 2020-08-04 06:00 ラブ
FILM
 男性は「過去に付き合った彼女は、いつまでも自分のことを好き」だと思っていることが多いようです。それでも復縁したくなるほ...
恋バナ調査隊 2020-08-03 06:00 ラブ
FILM
 甘え上手な女性は同性から見ると、少しマイナスなイメージを持たれがち。しかし、それと同時に異性に上手に甘える彼女たちを見...
恋バナ調査隊 2020-08-02 06:00 ラブ
FILM
 令和の時代になっても、昭和かと思うほどに、古典的な嫁イビリをする義母が散見されます。そんな義母との関係によって、想像を...
並木まき 2020-08-02 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。人間の五感(視覚 聴覚 味覚 触覚 嗅覚)を超越した直感を“第六感”と呼びま...
山崎世美子 2020-08-01 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる女性の中には、夫を思い通りにコントロールできないと、不機嫌になるタイプも珍しくありません。さらには自分の...
並木まき 2020-08-01 06:00 ラブ
FILM
 離婚後の大きな不安の一つ、お金の問題。結婚や出産によって女性が仕事を辞めざるを得ないケースも多い中、離婚すれば経済的に...
七味さや 2020-07-31 06:00 ラブ
FILM
 もはや調子に乗っているとしか思えない義母の態度や発言に対し、我慢の限界を迎える女性も。そんな義母に対して、真実や本音を...
並木まき 2020-07-31 06:00 ラブ
FILM
 まだまだ感染症の心配が残り、慎重な行動が求められる今日このごろですが、出会い系にはまだ「今日会える人いませんか?」と呼...
内藤みか 2020-07-30 06:00 ラブ