結婚相手に一流を選んだつもりが…「三流の男」だった話3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-09-05 14:47
投稿日:2019-07-19 06:00
 一流の夫を選んだと思ったら、見事に三流の男だった…という苦い結婚生活を送っている女性もいるようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな女性たちのぶっちゃけ話を3選ご紹介します。

1:器の大きな男だと思ったら…

全部人任せにする無責任男だった(写真:iStock)
全部人任せにする無責任男だった (写真:iStock)

「結婚2年目です。交際時には、我が夫は、私の話をなんでも『いいよ』『いいよ』と認めてくれる人だったので、なんて器の大きな男なの! と感激していました。

 しかしいざ結婚してみると、そんな夫の性格は、単なる責任転嫁するための手段だったと判明。

 家庭にまつわるさまざまな決定事項にも、ひとつも自分の意見を言わず、すべて私任せ。挙句には、その結果があまり良くない事態になると、すべて私のせいにして文句を言う始末。

 器が大きいんじゃなくて、決断力がなく、ただ面倒くさがりな男なだけでした…」(35歳女性/コンサルタント)

  ◇  ◇  ◇

 なんでも許してくれる男は、包容力があって器が大きなタイプに見えやすいですよね。

 運命共同体になって初めて、その裏が見えることもあるようです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM