悔やまれる添い乳よ…子育てが落ち着いた40代ママが語る育児後悔エピ

コクハク編集部
更新日:2024-02-07 06:00
投稿日:2024-02-07 06:00
 子育て期間中は、何が正解なのかわからないまま日々育児と向き合わなくてはなりません。しかも、子供によって成長の速さも性格も違うため、試行錯誤しながらも自己嫌悪に陥るママは多いでしょう。

 今回は、40代になって少し育児がひと段落した先輩ママたちが語る「〇〇しておけばよかった」と感じた後悔エピソードをご紹介します。

40代で育児がひと段落した人が語る…4つの後悔エピソード

あの時、ああしていれば(写真:iStock)
あの時、ああしていれば (写真:iStock)

 さっそく、40代の先輩ママたちが語る「育児にまつわる後悔エピソード」を見ていきましょう。

1.「あとで」や「待って」を言いすぎた

ママに見て欲しかったのに(写真:iStock)
ママに見て欲しかったのに (写真:iStock)

「まだ息子が小さい頃、共働きで家事も全部引き受けていた私は、常に時間に追われていました。

 息子が抱っこをせがんできても『後でね』、作ったものを見てと言われても『待って、今忙しいから』と、家事を優先させていた気がします。

 今では小学校高学年になり、ほとんど甘えてこない息子を見ると、あの時しかない可愛い時期に子供を優先すればよかったと後悔しています」(44歳・メーカー)

 子育て中で仕事も家事もしている女性はいつも時間に追われていますよね。心に余裕がなくなるのも無理はもありません。

 でも、小さくて可愛くて甘えてくれるのはほんの一時期だけ。家事を少しサボっても、子供との時間を作るのは素敵なことですね。

2. 長女を叱りすぎた

厳しくしすぎてしまった(写真:iStock)
厳しくしすぎてしまった (写真:iStock)

「長女が生まれた時、はじめての子育てを完璧にしないと!と気合いが入りすぎて、かなり厳しく叱りながら育てました。

 ところが、子育てに慣れてから次女が生まれると、心に余裕があり結構甘やかしてしまって…。私がひとりっこだったので長女には『お姉ちゃんなんだからしっかりしなさい』と叱っていました。

 今、甘え下手になった長女に対して、もっと甘えさせてあげたかったと思います」(36歳・塾講師)
 
 厳しく育てようとしつけを頑張るのも、親の愛情表現の一つですもんね。子供がどう捉えるかはわからないけれど、きっと愛情は伝わっているはず。今からでもたくさん褒めてあげられたらいいですね!

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


卒入学、彼岸、送別会【花屋が教える】予算内で理想の花束を贈る7カ条
「斑目さん、今年こそは頑張って期限内にお願いしますよ!」  お正月がなんとなく終わったばかり、なんて思っていたら、我が...
「とにかく盛り上がるやつ頼むよ」ってさぁ 先輩の無茶ぶりLINEがすぎる
 お笑い芸人の松本人志とその後輩芸人たちによるアテンド飲み会が話題になっていますね。  ニュースの真偽はともかく、...
2024-02-21 06:00 ライフスタイル
仕事のサボりがバレた瞬間4選 リモートワークは意外と見られている!
 近年では、リモートワークやフレックスタイムなどの制度が導入されて、数年前よりも働きやすくなりました。  一方で、自由...
真似から始まったファッションも、いつか体に馴染むもの
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
年の差婚の弊害?夫の“昭和の価値観”を持つ息子の将来が不安すぎる件
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  私の夫は10...
仕事のモチベが上がらない!30女40女のやる気スイッチをONにするテク
 どんなに好きな仕事でもモチベーションが上がらない時だってありますよね。気持ちが乗っていない時は、ミスしたり、時間が永遠...
2月19日~2月25日あなたの全体運・恋愛運・ラッキーカラー
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
この子を育てるのは無理かも…発達障害児がストレスで鏡に刻みかけた言葉
 ステップファミリー6年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
菜の花の小道で一触即発! 道を譲るのはどっちの“たまたま”
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
今夜は誰と出合おうか…人で溢れる街の隅っこに転がる心
 先に仮想世界(?)でお互いを見つけて、そこから顔を合わせるって最初は気まずくないのかな? と昭和の世代は思っちゃうけど...
水商売の水は流水説 夜の街で働くホステスやホストだけが当てはまるの?
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
2月相次ぐ地震で“南海トラフ”がトレンド入り 専門家の警戒する地震は?
 2月15日午前10時8分、京都府南部で震度3(マグニチュード=M3.7)の地震が発生。14日にも同じ場所で震度4(M4...
贈り物に「無理して喜ぶ」はNG行動 本当にイイ女は“感動コスパ”の猛者
 誰かに喜んでもらえるのって嬉しいですよね。そして小さな労力でたくさん喜んでもらえたら、もっと嬉しいですよね。それが“感...
シャトレーゼ専用のポイ活は知らなきゃ損! 激アツ宿泊特典&賢い裏ワザ
 シャトレーゼのお菓子はよく食べているのに、シャトレーゼのポイント「カシポ」を知らないなんてもったいない! 「カシ...
イラッ!遅刻を許せない私は心が狭い? 穏やかな心を保つ3つの考え方
 会社や約束の時間に、平気で遅刻を繰り返す人を見ると「許せない!」と感じる人は多いはず。とはいえ、自分がイライラすれば周...
朝日に向かって飛び立つハクチョウにも悩みがあるとしたら…
 朝日を浴びて飛び立つハクチョウたち。並んで飛んでいるけど、それぞれどんな立場で、どんな関係なんだろう。  きっと...