新幹線で帰省中、ヤバい親子に遭遇!「お互い様」の解釈について考える

tumugi・ひでまる ツレ婚夫婦ライター
更新日:2023-08-07 12:43
投稿日:2023-08-07 06:00
 ステップファミリー6年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザーを経て「ひでまる」と再婚。今では3人目の子どもが誕生し、5人家族で暮らすアラサーです。
 3人の子どもを抱えながら働くって、思っていたよりも大変! 本連載は子育てをしながらバタバタと過ぎていく毎日の中で、私が感じたことやちょっとした事件(笑)を「働くママのリアル」を通してお伝えします。

親にとって悩ましい夏休みの過ごし方

 みなさん今日もママ業お疲れ様です! 前回は「転勤族でも住みやすい土地にするための3つのコツ」についてお話しました。

 在宅ワークが増える一方、まだまだ転勤族の家庭が多いのは否めません。少しでも住みやすくするには、自分でマインドや行動を変えていきましょう!

 いつものようにドタバタと毎日過ごしていたら、いつの間にか季節は夏に……! 子どもにとってはお待ちかねの夏休みが始まりました。

 しかし、正直なところ母である私には非常に悩ましい期間。末っ子はありがたいことに夏季保育があるのでなんとかなりますが、問題は小学生と中学生です。

 ごはんの準備にはじまり、仕事中に話しかけられるわ、イベントやプールに行きたいだの出費も重なるわ、毎日22時頃にはぐったりしながら洗濯を回す始末。

 鬱々としていると、実家から「子どもたちだけ遊びに来ない?」とのお誘いが♡ そうと決まれば、車を持っていないので交通手段の確保が必須です。

 そこでふと思い出したのが、子連れで利用した新幹線でのある出来事。隣の2列シートに座っていた親子の迷惑な行動の数々に度肝を抜かれました。

 今回はそんな「子育てにおけるお互い様」についてお話します。

帰省のため子連れで新幹線を利用

 あれは夏真っ盛りの8月のある日。大阪から東北の実家へと帰省のため、新幹線を利用することに。まだ1歳半の末っ子を抱え、私と長女・長男の4人で3列シートに座っていました。

 大勢の人が溢れる駅で抱っこ紐には末っ子、両手には上の子たちという満身創痍スタイルで新幹線になんとか乗り込み、ホッと一息ついたのも束の間。席の近くからケラケラと笑い声が聞こえてきます。

 笑い声の主は3歳くらいの男の子。隣の2列シートに男の子と両親が座っていました。楽しそうに話す様子は微笑ましく、「雰囲気の良い家族だなー」という印象です。

 このとき、隣が同じ子育て世代の方で密かに安心したのを覚えています。しかし、40分後にそれは大きな勘違いだと気づくのでした……。

新幹線で走りまわる子ども

 お昼時に乗車したため、乗客は駅弁などを食べながら思い思い時間を過ごしていました。子供たちも自分が選んだ弁当を広げ、楽しそうに食べています。私も久しぶりの駅弁にテンションが上がりまくり!(笑)

 冷めていてもおいしい駅弁は子育てママの救世主ですね。末っ子をあやしながらでも、最後のご飯ひと粒まであますことなく楽しめたのですが……駅弁も食べ終わり、乗車からちょうど40分経ったころ。隣の席の男の子が飽きてきたのか、通路を1人で歩き出しました。

 そのまま色々な座席にちょっかいを出しながら車両の端から端まで何度も往復しています。しかも、新幹線が揺れるたびに転びかけるところを、周りの大人が補助してあげていました。

 そんな衝撃的な光景に目を奪われていると、男の子はついに奇声を発しながら走り出したではありませんか……!

 慌てて隣の両親を見ると、父親はビールを煽り爆睡中。母親は寝てはいないものの、笑顔で「もー、走っちゃダメでしょー危ないよー」と、男の子に声をかけるだけで動こうとしません。

 明らかに周りの人たちは迷惑そうにしていますが、そんな様子は気にならないようです。

 トイレに行くために通路を歩いていた男性と男の子がぶつかっても「すみませーん」の一言のみ。

tumugi・ひでまる
記事一覧
ツレ婚夫婦ライター
10代で結婚、20代で離婚した3人の子を持つ占い師ライターtumugiと、元妻に2回も不倫サレてバツイチとなった会社員のひでまるが出会い、ステップファミリー(子連れ再婚)に。夫婦ともにFPの資格を所持し、保険会社勤務の経歴を持つ。自らの体験から『ステップファミリーの本音』をテーマに情報発信をしている。ステップファミリーを目指す方の背中を押すべく占い×実体験のアドバイスを用いて活動中!
ブログYouTubeXInstagram公式LINE
◆相談はこちら

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


モテモテ“たまたま”に熱愛発覚! ロマンチックな鼻チューにドキッ♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
シゴデキだけどなかなか厄介!? 高学歴部下を持つメリットとデメリット
 自分の部下を好きに選べるなら、どんな人がいいですか? 「ポンコツはイヤ! 高学歴で聡明な、シゴデキの部下が欲しい!」と...
酷暑で園芸瀕死でも夏のお助け花「ペンタス」、どんだけ咲いてくれるのw
 暑いです。ただでさえ更年期のお年頃のワタクシ、この厳しい暑さは格別でございます。  猫店長「さぶ」率いる...
あの上司が“うさぎスタンプ”で甘えてるっ!職場への誤爆&赤面LINE10選
 職場のグループLINEは、仕事を円滑に進めるために、今や欠かせないものでしょう。でも、あろうことかそんな職場LINEに...
予約必須店で失態!食い意地が勝り、朝10時からフルコースの“敗者復活”
 汗ばむ気温のとある週末、筆者は湖畔の景色を見ながら、優雅にフルコースをいただいておりました。時計の針はまだ午前10時を...
“面倒くさい”ママ友って本当に必要?メリットとデメリットを検証してみた
 あなたにとって、ママ友は必要ですか? それとも不要ですか?「仲良しのママ友を作って、一緒に子育てを楽しみたい」と思う人...
暑い日こそIN・鍋!のんびり“たまたま”君の大あくびをパチリ
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
心をすり減らす“毒友”と縁を切る3つの方法 その違和感に目を背けないで
 自分にとって毒になる友人、毒友。一緒にいて違和感を抱くあの人も、あなたにとって毒友なのかもしれません。今回は、毒友の特...
3歳娘にアタマジラミ!? 我が家を救ったアナログな退治法と意外な美容家電
 2人の保育園児を育てる我が家では先日、ちょっとした“事件”がありました。下の子どもの頭にアタマジラミが住み着いてしまっ...
女友達へのディスり誤爆!《純粋アピールのフルコンボだったじゃんね笑》深夜LINEの後悔が止まらない…
 深夜に誰かへLINEを送るときはくれぐれもご注意を。“深夜テンション”でネガティブになりすぎたり、ヤケクソになっていた...
「女人禁制」の読みは「にょにんきんせい」とは限らない?
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
「明日は何時?」親の老いをLINEでも実感…切ないけれど受け入れる!
 人間誰しもいつかは老いがやってくるものです。ただ、これまでたくさんの愛情と安心を与えてくれた絶対的な存在の「親の老い」...
アラフォーが若者とのカラオケで失敗しない方法3つ 10年前の選曲はあり?
 職場での飲み会後、二次会としてよくあるのがカラオケ。アラフォーともなると、若〜い後輩を引き連れてカラオケに行くこともあ...
「スナック常連客に嫌われるNG行為」初めての店ではマジ注意して!
 いわゆる夜のお店というのは、「大人の社交場」と言われることがあります。昔からなんとなく納得してはいたんですけど、最近や...
キィー!羨ましい! 実はめらめらとママ友に嫉妬している6つの瞬間
 子どもがいると切っても切れない仲になるのが、ママ友。母として生きている女同士、話が盛り上がりますよね。その一方で、近い...
美しすぎる方向転換…国宝級“たまたま”にどこまでもついて行きます
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...