モテたいならコレ! 確実に男性ウケするリップアイテム3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-03-17 06:00
投稿日:2019-03-17 06:00
 なんだかんだ言っても、男性は女性を外見から判断し、惹かれる生き物。
 モテたいならば、外見を磨くのが手っ取り早い方法のひとつでもあります。 特に、唇はセックスアピールや女らしさにも直結するパーツなので、ここに“男ウケ”を意識すると、即座にモテ効果が得やすいのも実情です。
 そこで今日は、どんなにトレンドが移り変わろうとも「モテたいなら、コレを!」なリップアイテムを、時短美容家の筆者が紹介してまいります。
“ピンク”の女性らしさと“レッド”のセクシーさを…(写真:iStock)
“ピンク”の女性らしさと“レッド”のセクシーさを… (写真:iStock)

1:ツヤのあるリップ下地

 どんなにマットな口紅のトレンドがこようとも、男性目線だと女性の唇はカサカサより、ウルウルのほうが魅力的に見えやすいのも現実。

 マットなリップを塗るにしても、ベースとなる唇がガサガサだと、男性目線では単なるお手入れ不足にも見えかねず、その時点で非モテを誘う要因にもなりがちです。

「あいつ、唇がガサガサすぎだろ。キスは絶対にしたくねぇ……」なんて思う男もいるのが実態だけに、トレンドがどうなろうとも、適度なツヤ感はモテには欠かせない永遠の定番になりつつあります。

2:ピンクがかったレッド系口紅

 オレンジ系やブラウン系のリップがどんなに流行ろうとも、男性目線の「お。いいじゃん!」をたやすく得るなら、“ピンクが入っているレッド系口紅”に勝るアイテムはないと言っても過言ではありません。

 “ピンク”のもつ女性らしさと、“レッド”がもつセクシーな雰囲気がいい具合にミックスされているこの色みは、どんなシーンでも男性ウケを狙いやすいのは、時短美容家である筆者の体験でも実証済み。

 奇をてらったリップメイクよりも、定番で見るからに“清楚な女らしさ”がある唇のほうが、男性としても妙な安心感や親近感が湧くのも、好感が得やすい理由かもしれません。

 しかもファッションを選ばない万能カラーでもあるので、デートの日に忍ばせておかない手はありません!

3:ふっくら感を出すグロス

 このところは、メイクトレンド的には“ぷっくりリップ”のブームが去っていますが、男性目線で「そそる」な唇を演出するには、やはり適度なぷっくり感はマストなのも確か。

 ボリュームに欠ける唇は、男性目線だと「貧相」「不健康」「神経質そう」などのネガティブな印象がある半面、適度にふっくらしているリップは「健康そう」「キスがうまそう」「女っぽい」と、明らかに男性からの評価が高い傾向です。

ふっくらリップで好感度アップ(写真:iStock)
ふっくらリップで好感度アップ (写真:iStock)

 男性は、女性に対して“自分にはない女らしさ”を求めがちなだけに、ふっくらリップは男性目線で考えると「俺にはない魅力」ということにもなり、そそられる要素になっているのではないでしょうか。

 流行より女目線より「とにかく男性からモテたい」が最優先の日には、リップメイクも男目線での好感度を狙うのが吉です。

 勝負をかけたい日のメイクの参考になれば幸いです。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


二枚爪コンプレックスに“補強&やすり”投入!2022.12.3(土)
 これから本格的に乾燥が気になる季節がやってきます。冬が誕生日の筆者は手がカサカサになりやすいタイプで、それを見かねた友...
超怖~い「40代の運動不足」老後のために今日からできること
 30代までは元気に過ごしていたけれど、40代になってから運動不足が顕著で、体力が激しく低下したと感じる人は多いですよね...
「NMN」配合化粧品で“若返り肌”も夢じゃない?【医師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
篠原涼子完全プロデュース「ペルルセボン」は匂いがキツっ!
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
ノーパン生活の実態! 解放感と掃除面倒を天秤にかけたら…
 芸能人でも、ノーパン生活を公言している人は多いですよね。気が楽そうな気はしますが、やはり防犯面では心配なことも……。果...
まずは真似っこから! 綺麗な人が実践する8つの“ゼロ円”習慣
 年齢問わず、「綺麗だな」と思う女性に出会うと、「私も、あんなふうになりたいなぁ」と思うもの。けれど、実際に何をすればそ...
白髪が多く老け見え!これ以上増やしたくない【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!アラフォー女性の“残念アイライン”を画像で解説
 毎日のアイライン、どんな感じでメイクしていますか?  年齢を重ねていくと目元にしわが増えたり、たるんできたりもあ...
「食べても太れない」やせ型な人だけが分かる“あるある”7つ
 世の中には、太りやすい体質の人がいる中でいくら食べても太らない「やせ型」の人もいます。でも、さまざまなダイエット方法は...
腹巻きも愛用して♡「40代の温活」取り入れたい食事&グッズ
「冷えは万病のもと」といいますが、実際に体が冷えるといろいろと悪影響が現れます。免疫力も下がるので、風邪をひきやすくなっ...
「よもぎ温座パット」で心も体も温めよ♡ 2022.11.19(土)
 いつの間にやら、11月も半ばを過ぎ秋が深まってきました。冬に近づくにつれ、つらくなってくるのが、手足の冷え。「血、通っ...
古い下着は運気が下がる?「着用期限3年、処分時に感謝」を
 皆さんは、同じ下着を何年くらい使いますか? 半年で替える人もいれば、3年以上使っている人もいますよね。実は、風水では古...
数年後の自分のために…“美容モチベーション”を上げる5カ条
 美容に関して、モチベーションが高い女性は同性から見ても素敵に映りますよね。「私も、あんな女性になりたい」なんて気持ちは...
化粧ノリの悪さは便秘!?お通じ改善に「進化系オートミール」
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!残念なアラフォーリップメイクを画像で解説
 メイクは、リップの色や種類によってかなり顔の印象を変えてしまうもの。マットやティント、ツヤなど多くの種類があり、それぞ...
育児中の体の不調 のどの違和感と帯状疱疹 2022.11.15(火)
 妊娠と出産。そして、その先に待つ子育て――。ひとりの人間を育てるのはとても尊い行為だと思いますが、同時にハードで孤独な...