実はおいしい!イケメン新人役者と交流できる小劇場鑑賞

内藤みか 作家
更新日:2019-07-29 06:02
投稿日:2019-07-29 06:00
 イケメンと仲良くなりたい!でもどこに行けばイケメンと仲良くなれるの?そんな悩みを抱えている人におすすめしたいのが、小劇場での舞台鑑賞。舞台だけでなく、終演後は役者さんとチェキを撮ったりお話できたりプレゼントを渡せたりと、おいしいことがいろいろあるのです。

近くのイケメン争奪より舞台の新人さん

演技している姿も素敵(写真:iStock)
演技している姿も素敵 (写真:iStock)

 イケメンと仲良くなりたいという人の多くは「イケメンと恋愛したい」というよりは「時にはかっこいい男の人とお話ししてときめきたい」というほのかな願いを抱いているもの。実際に恋愛するとなると彼に群がってくる女性も多く、嫉妬や心配で疲れてしまいそうですもんね。たまにやりとりして女子度をちょっと上げたいだけなの、という人には、新人舞台俳優さんのイベントがおすすめです。

 住んでいる町にもイケメンさんは何人かいるかもしれません。でもそれは大抵スポーツクラブのトレーナーだったり、おしゃれショップの店員さんだったり美容師さんだったりで、周囲の奥さんたちなどのライバルが多数。抜け駆けしてひとりだけ仲良くなることは、なかなか難しいのです。でも舞台俳優さんなら、握手会やチェキ会で、お話もできちゃうかも。

こんなに色々!舞台俳優さんとの交流

夢はヒーロ(写真:iStock)
夢はヒーロ (写真:iStock)

 夢は仮面ライダーだったりテニスの王子様だったりするイケメンさんも、新人のうちは、客席が100に満たないような小劇場からスタートすることが多いもの。実績が少ない時期は、ファンになってくれる人が現れるかどうか、彼らもドキドキしています。そんな初々しい頃は、ファンになるというだけでとても喜んでもらえるので、こちらも幸せな気分に。

 舞台では終演後に握手会やチェキ会を用意している日もあるので、そういう時を狙っていくと、俳優さんとお話しできます。チェキを何枚も買うと、彼を独占できる時間も長くなるので、複数買いする人もいます。チェキや生写真にサインを入れてもらったり、自分の名前を覚えてもらったり、あだ名をつけてもらったりと、終演後は楽しい時間が目白押し。こんな差し入れしておいたから、食べた感想を聞かせてね、などと伝えたり、思いの丈を書き込んだお手紙を渡すこともできるかも。

喜ばれる差し入れはズバリこれ!

舞台俳優さんに美容パックは必需品(写真:iStock)
舞台俳優さんに美容パックは必需品 (写真:iStock)

 さて舞台俳優さんに何か差し入れをしたいけれど何がいいのだろうと迷う人に、まずはこれから、という入門の品をご紹介します。それは、美容パック! 顔が命のお仕事ですから、パックは必需品なので喜ばれます。さらにちょっと変わったパックの場合、そのパックをしている時の顔をSNSにアップしてくれるかもしれません。単価が安い割に、ときめく確率が高いナイスな贈り物だと言えるでしょう。

 その次はTシャツです。稽古の時にも必要なので、Tシャツは何枚あってもありがたいもの。そして着た画像がSNSに登場しやすいのです。その人のキャラにもよりますが、可愛い柄のものやブランド品などは着てもらえる可能性が高そうです。自分がプレゼントしたものを使ってもらっているのは、たまらない喜びですよね。ちなみに一人暮らしをして頑張っている上京組は食費が大変なので、缶詰やカップ麺などの食品の差し入れもありがたがると思います。ただし手作りの品や生菓子は禁止のところもあるので、公演の注意書きをしっかりチェックして。

マナーを守って応援したい

応援はマナーを守って(写真:iStock)
応援はマナーを守って (写真:iStock)

 新人俳優さんを応援すると、その彼が実力をつけてもっと大きな舞台に立ったり、主演になるなど、飛躍した時には胸が熱くなるほど感動できます。新人のうちから目をつけていた自分の眼力をひそやかに誇りに思うこともあるでしょう。ステージの上の人なので、踏み込んだ関係にはならないのもいいところ。なので、出待ち行為やストーカー行為など、禁止行為をせず、ルールをしっかり守って、綺麗に応援していきましょう。

 ちなみに、9月7日から9日まで、私が原作&脚本の朗読劇『男おいらん』が上演されます。こちらもトークショーやチェキ会などがございます!イケメンが揃っていますので、ぜひお出かけになってみてはいかがでしょうか。詳細はツイッター(アカウント @otoko_oiran)をチェックしてみてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM