【独自】ホスト嫌いのラッパーが歌舞伎町に喝!「ポンコツどもを俺が鍛える」RYKEY DADDY DIRTYインタ

河合桃子 ライター、ジャーナリスト
更新日:2024-06-15 06:00
投稿日:2024-06-15 06:00

 東京・八王子に生まれ、中学生の頃から暴走族やギャングといったアウトローの世界を生きてきたラッパー、RYKEY DADDY DIRTY(36)さん。

 私生活では2017年と2019年に二度の服役を経験し、有名なお騒がせ女優との交際の噂も話題になりました。ラッパーらしい様々な勲章を持つRYKEYさんが、2024年4月にオープンしたホストクラブ「CLUB DIRTY」をプロデュース。

 従業員の6割が「ホストクラブでありながらホストクラブではない」という当店を立ち上げた真意とは?

前編・店内レポートはこちら】

「CLUB DIRTY」をプロデュースしたRYKEY DADDY DIRTY さんは、2015年のデビュー当時RYKEYとして活動。服役後、2022年に活動再開時には現在の名前に改名しカムバック。

 その歌の魅力は荒々しいダークな内容なだけでなく、家族や子を思う気持ち、苦しみや葛藤する心情が綴られる、心揺さぶる情緒あるサウンドです。

 取材場所はまさに歌舞伎町の「CLUB DIRTY」。その直前までレコーディングをしていたということもあって、全身から湯気立ちブリンブリン状態で現れたRYKEYさんに伺います。

「ホストなんて嫌いだよ」「他の奴らとは次元が違う」

――今日のレコーディングは何時から行っていたのでしょうか。

 朝10時から始めて、たった今終えたところです(時計は23時30分)。ラップしなければ生きていけないんで。歌を聴いていただけるようになったなら、たくさん作るのが俺の仕事だから。

――そんなRYKEYさんがなぜ歌舞伎町でホストクラブの系列店に参入しようと思ったのですか。

 ホストなんて嫌いだよ。俺だって八王子の先輩方にホスト始めましたなんて言えるわけねーじゃん。

 そうじゃなくて、俺の正義は俺の中にある。自分で新しいことをやっていく。自分で新しいことを始めれば新しいことが始まっていく。そうすると発言権がつく。そうだろ? たまたまその場所が歌舞伎町の店だったというだけ。

――もともと、歌舞伎町にはよく飲みに来ていたのでしょうか。

 遊んでますよ。昭和の勝新太郎みたいにあっちこっちの店に顔出して。楽しい街だよね歌舞伎町は。

――楽しい街だからこそ、光と影がありますよね。ホストクラブもまさにそのひとつで。最近は特に影の部分となる問題が目立ちますよね。

 女に立ちんぼさせて無理させて金稼がせて潰して。そんなのめちゃくちゃじゃないですか。俺はお客さんがお金を使うのが楽しい場所を作りたいだけで、相手は男でも女でも良かったんですよ。

 もともと飲み屋をやりたかったからさ、アーティストっぽいこと突然やっちゃう方がウケがいいでしょ? 俺のやることは他の奴らとは次元が違うってこと。

――もともと飲み屋をやりたかったんですね。

 そう。俺、お酒好きだからさ。あと自分で店持って当てたいとか、何かしら目指してるとか、ラッパーで生計立てていきたい夢の途中の奴らのこと、応援したい思いもあった。そういう奴らが集まる場所を作るのも面白いって思ったんです。

「ポンコツどもが集まって俺が鍛える場所」

――そういうこともあって従業員はホストではなくドリーマーと言うんですね。

 面接でいろんな奴と話したけど「大きくなりたい」とか言って、まだ方向性が定ってないような奴もいたよ。でもさ、そういう奴ら同士で接客したり皿洗いしたりしながらお互い意識し合って大きくなるもんでしょ? 

 ここはそんなポンコツどもが集まって俺が鍛える場所でもある。

――RYKEYさんも実際に月に何回かこちらに出勤されるんですか。席についたりして?

 月に4回くらい。お客さんにはいらっしゃいませしか言わないよ。改まってヘコヘコして席になんてつかないよ、誰だと思ってんの。

――失礼しました! でも男性のファンとかRYKEYさんに会いにいらっしゃる方は多いでしょうね。

 男性の社長とか起業家とか来ましたね。面白そうだから行ってみよう、で、来てみたら本当に楽しんでもらえた。それでまた来てもらう、が前提だから。

河合桃子
記事一覧
ライター、ジャーナリスト
1977年生まれ、週刊誌を中心に執筆。大分県の椎茸農家から都内のハプニングバー摘発事件まで幅広く取材。ライフワークはママ友の家庭のいざこざや性愛事情を聞くこと。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


「明日は何時?」親の老いをLINEでも実感…切ないけれど受け入れる!
 人間誰しもいつかは老いがやってくるものです。ただ、これまでたくさんの愛情と安心を与えてくれた絶対的な存在の「親の老い」...
アラフォーが若者とのカラオケで失敗しない方法3つ 10年前の選曲はあり?
 職場での飲み会後、二次会としてよくあるのがカラオケ。アラフォーともなると、若〜い後輩を引き連れてカラオケに行くこともあ...
「スナック常連客に嫌われるNG行為」初めての店ではマジ注意して!
 いわゆる夜のお店というのは、「大人の社交場」と言われることがあります。昔からなんとなく納得してはいたんですけど、最近や...
キィー!羨ましい! 実はめらめらとママ友に嫉妬している6つの瞬間
 子どもがいると切っても切れない仲になるのが、ママ友。母として生きている女同士、話が盛り上がりますよね。その一方で、近い...
美しすぎる方向転換…国宝級“たまたま”にどこまでもついて行きます
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
夏に日持ちする切り花オススメ7選、家庭で簡単にできる“延命対策”7カ条
 神奈川の片田舎にある猫店長「さぶ」率いる我がお花屋。夏の暑い昼間の来客はめっきり減りますが、夕方の若干涼しい時間帯にな...
人間の決断回数は1日35,000回! 悩ましい「決断疲れ」の最終兵器は猫?
「今日のランチはどこに行こうかな?」「仕事も疲れてきたし、カフェにコーヒーでも買いに行こうかな? それとももう一踏ん張り...
【調香師直伝】汗かいても“爽やかフェロモン女子”!夏の疲れを癒す簡単手作りデオドラントスプレーも紹介
 汗をかく行為はフェロモン放出にとって重要ですが、汗自体のにおいがよくないとフェロモンを上手に活かせません。  本...
育休明けのモヤモヤがしんどい。先輩ママの体験談から紐解く3つの解決法
 育休明けのママたちは、職場復帰するにあたって多くのモヤモヤを感じているようです。子供と仕事と生活の間で、ベストな答えを...
透明ボードの下から失礼しますよ♡ 不思議&かわいい空飛ぶ“たまたま”
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
未来のような街の先に…
 未来のような街は、まるで先の見えないトンネルのよう。  その先にあるものは明るいものであってほしい。
ほっこり癒し漫画/第77回「もふもふサマー」
【連載第77回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
【難解女ことば】蒲魚、何て読む? 予測変換出てこない…
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
8年前に“ゆるFIRE”した男 新NISAより確実なリターンは自分への投資
 コミックや書籍など数々の表紙デザインを手がけてきた元・装丁デザイナーの山口明さん(64)。多忙な現役時代を経て、56歳...
母親は夢を諦めなきゃダメですか?夫を「支えてあげて」の言葉が悔しい
 かつて漫画家を目指していた夫婦の絵里奈と拓郎。双子の子供ができたことを機に、夢を諦め堅気の生活をしている。  夜...
浮気より酷い夫の裏切り SNSには私の知らない「もう1人の彼」がいた
 かつて漫画家を目指していた夫婦の絵里奈と拓郎。双子の子供ができたことを機に、夢を諦め堅気の生活を暮らしている。 ...