キャンメイクのアイライナーに盲点…苦手な40女が目元に引くとこうなる

コクハク覆面調査班 「コクハク」中の人
更新日:2024-06-21 06:00
投稿日:2024-06-21 06:00
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口コミがいまいち信じられなくて迷う」「芸能人プロデュースだけど、本当にいい商品なの?」etc……こんな声にお応えするべく、コクハク編集部では覆面調査班を設置! 忖度なしでレビューします。

【メンバー】

☆美容業界歴15年以上の美容マニア・華子(30代後半)

☆美容に多少の関心はあるが流行り物重視のオバライター・キナコ(40代後半)

☆モテを追求し続けるライフスタイルオタク・ズッキュン丸美(40代前半)

☆駆け出し美容ライター・チビ子(20代後半)

アイメイク=アイシャドウ一択だったけど

 50歳を目前に控えているオバライター(自虐)のキナコです。これまでアイラインなんて、誰かの結婚式くらいでしか描いたことがなく、普段のメイクはアイシャドウ一択の潔さ。

 そんな筆者が先日『なんとなく顔が老けてきて、ぼやける』と美容マニアな友人に相談したところ、問答無用でアイラインを勧められました。

 なるほどなるほど。まあ、とりあえず日々のメイクにアイラインを足そうかね…と重い腰をあげたのですが、何を買ったらいいのかさっぱりわからない(涙)。

 再び友人に泣きついたところ、ロングセラーでバズリ女王の『キャンメイク クリーミータッチライナー』と即答するじゃありませんか。

 即答するほどいいの!? と興味が湧いたので、さっそくポチりましたよ!

“老眼カウントダウン”でも安心♡ 不器用でもなめらかに描ける!

 手始めに買うなら、やっぱり定番の色だよね? と、<[01]ディープブラック>をチョイス。

 商品説明には「目元をくっきり強調させる漆黒」とあるので、まさに目元がぼやけるオーバー40世代にピッタリじゃありませんか…!

 この商品は、1.5mmの超極細で、ジェルタイプのアイライナー。不器用な筆者でも、超極細なら失敗なくラインが描けそうで期待値が上がります。

 50歳に近づいてくると、老眼も進行するから細かな作業が苦手になってくるんですよ…。

 その点、ジェルタイプならクッキリとしたラインが描けそう! ここも好印象ポイントですね。

 おっと、危ない!

 一度繰り出した芯は戻らない仕様だそう。

 危ない、危ない。「どんなもんかな?」と芯を繰り出して入念に確認しちゃうところでした。トシを取ると妙なところで慎重になるのよね。

 使う分だけ出さないと、ダメなやつでした! 皆さんも気を付けて~。

美しい線が爆誕!!!

 で、描いてみたんですよ。

 最初は、おそるおそる。すると、ものすごくキレイ〜〜な線が描けました!!!

 不器用を自覚していますが、まるでアーティスト級にキレイな線が描けちゃったんです!!!

 しかもですね、こんなふうに筆圧の強弱で、細い線から太い線まで簡単に調節できるんですよ。すごいですね。

 メイクに慣れていなくても、こんなふうにアイラインを楽しんで描けるとは!

 さすが美容マニアがガチ推しするだけのことはある…と感心しました。いや〜、715円っていうお値段も素晴らしいですね! 賞賛!!!

コクハク覆面調査班
記事一覧
「コクハク」中の人
美容業界歴15年以上の美容マニア&化粧品検定1級ホルダー、経験豊富な編集者、モテ追求オタク、駆け出しライターらによる30代・40代の辛口先鋭集団。男の趣味は違えど、三度の飯より買い物が好き。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


遠心顔さんも大人っぽく…!コンプレックスを解消する4つのメイクテク
 第一印象の決め手となる顔は、パーツの特徴や位置で大きく雰囲気が変わりますよね。でも、大人っぽく見える「求心顔」や幼く見...
生理が来ない47歳女、婦人科で「閉経診断」。更年期の揺らぎって何?
 今年に入って生理が来ない月が増え(どちらかといえば順調に来ているほうでした)、婦人科クリニックで血液検査を行ったところ...
夏こそボディクリームを塗るべき理由 暑くてパス→肌の砂漠化待ったなし
 夏、部屋のクーラーはもちろんつけているのにお風呂上がりに吹き出す汗…。そんな状態でボディクリームを塗るのには、なんとな...
【薬剤師監修】Q.性交中の出血が不安です。原因とセルフチェック法は?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
40代、体のライン崩壊! 自然にごまかせる水着のデザイン&選び方3カ条
 40代になると代謝が下がりがちになり、体型に自信がなくなる人が増えますよね。でも、子育て世代の40代は、プールや海水浴...
ぐっしょり…夏の大敵「汗染み対策」脇汗滝汗でも目立たない色や素材は?
 最近暑さが増してきて、もう夏は目の前。夏のお悩みといえば、洋服の汗染みですよね。外をちょっと歩いただけで、脇や背中がぐ...
1本660円~でぷっくり唇!40代美容家も“質感”納得、プチプラリップ3選
 口紅は毎日使うものだからこそ、自分に似合う色を選びたいだけでなく、トレンドを意識したテクスチャーにも注目したいところ。...
【まつ育ルポ】まつ毛にも老化の波…40代お疲れ目元をどうにかしたい!
 まつ毛のカールに欠かせないビューラー。くいくいっと動かした後、ビューラーのゴム部分を見ると大事なまつ毛1本、2本と付着...
【直撃】「死んだ方がマシ」がん患者の拒否で悲痛の決意! 東大医師が女性器形成に力を注ぐワケ
 名器整形など、下半身に特化した医院「ヴェアリークリニック」。前編では実際に受けた有名人のお話しや、手術の種類などについ...
【直撃】三上悠亜や有名女優を名器に!密かなブーム「下半身整形」気になるあれこれを人気医師に聞いた
 有名人のお顔や体の整形公表は今や珍しくはありませんが、いまだ公表を憚られるパーツ、それがデリケートゾーンではないでしょ...
「地味な顔だから似合う服」足して引いてパッと華やぐコーディネート術
 地味な顔立ちの人は自信を持てなかったり、自分の良さを上手に表現し切れなかったりすることがあります。でも実は、地味な顔に...
40代女性は口ヒゲ注意!? 案外見られている口周りのムダ毛処理法&注意点
 40代女性は仕事や家事、育児などに忙しい年代です。とはいえ、自分に使う時間が少なくても「最低限、ムダ毛処理くらいはちゃ...
化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...
小ジワもたるみも無問題!美容家ベタ惚れ“高発色”プチプラアイカラー3選
 40代、50代…と年齢を重ねるにつれ「アイシャドウの色がのらない…」と感じてはいませんか?  悲しいけれど大人世...
40代痩せたいなら背中を鍛える!見落としがちな「美スタイル」習慣3つ
 ダイエットをする際、お腹や足への成果を求めがちですが、ちょっと待って。40代で痩せたいと思うなら、見落としがちな「背中...
VIO脱毛のきっかけとメリット もじゃもじゃの自己処理から卒業したい!
 VIO脱毛は、ほかの部位と比べてハードルが高いと感じますよね。実際にVIOの脱毛をしてみたいけれど、なかなか勇気が出な...