【45歳からの歯科矯正】ワイヤー装着し14カ月、別のワイヤー着けた!?

コクハク編集部
更新日:2024-06-15 10:30
投稿日:2024-06-15 06:00

ワイヤー矯正を始めて14カ月が経ちました

 昨年4月に歯科矯正(表側のワイヤー矯正)を始め、14カ月が経ちました。「やり始めてしまえば、あっという間ですよ」(主治医)の言葉どおり、「しんどい、止めたい!」と心折れることはありませんでした。

(14カ月前の話はこちら→)「45歳で歯科矯正を始めようと思ったワケ」

 まあ、2週間に一度の定期検診に欠かさず通い、食べ物が矯正器具の間に挟まり、毎食ごとの歯磨きがおっくうで、磨き残しにイライラしたりはしますが、我慢できないほどではない(どちらかというとM気質)。

 そしていよいよ器具装着期間の目安といわれた「1年半(18カ月)」が近づき、矯正器具を外す準備に突入です。

歯の状態は“ぐらんぐらん”

 歯が移動しやすく、順調に進んできた矯正。通常なら今年9月に器具を外すスケジュールですが、1カ月前倒しの8月上旬を目標に進めていくことに。

 現状、歯は“ぐらんぐらん”です。指で前後左右にビビりながら動かすと、ほんのわずかではあるものの、移動するのが分かる感じ。歯茎に埋まっている骨が緩んでいる模様…。

 1年以上かけて少しずつ負荷をかけ、軌道修正しながらも動かしてきたので「ぐらんぐらんなのは当たり前」と主治医。食材の硬さに関わらず、あらゆるものが噛みにくいので、気が付くと、ヨーグルトやお豆腐といった柔らかいものや、素麺やうどんといったのど越しのいい麺類を食べています。

 不可抗力とはいえ、甘やかした口腔周りの筋力は弱り、ただでさえアラフィフのお疲れ顔なのに、輪をかけて老化が進行している気がします(苦笑)。

 矯正終了後、普通に噛めるようになると元通りになるといいますが、どうなることやら…。

リテーナーをきちんと装着しないと“すべてがおじゃん”

 矯正器具を取った直後の歯は引き続き“もろい”状態。矯正前と同じように口やあごを動かしていると、歯はあっという間に後戻りしてしまうとか。それを防ぐためにも「リテーナー」と呼ばれる装置をつけるのが重要となります。

「リテーナーの装着を疎かにすると1年半の苦労がすべておじゃんになるからね」

 そう冗談めかしながら話す主治医。目が笑ってないので、ガチなのだと理解します。

 これまでの動的治療から「保定治療」に移行するわけですが、私の場合は歯並びと骨格の傾向からきちんとメンテナンスをしないと「矯正前の歯並びに戻りやすい」との診断が出ています。

 んなの、冗談じゃない! 極力防ぐためにも、上下の前歯4本裏に「ボンデッドワイヤー」を装着する決断をしました。

これからの人生、ずっとワイヤー装着生活

 専用の接着剤等で歯に直接細いワイヤーをつけるのですが、このワイヤー、自分では取り外しできません。定期的にメンテ通院しながら、これからの人生、ずっとつけたまま…。

 すこぶる面倒であり、また気が遠くなる話ですが、それ以上に決して安くはない治療費用と時間をかけて整えた歯並びが“元通り”になるのは避けたい! この思いが何よりも強く、迷いはありませんでした。

 私が通うクリニックの場合、ワイヤー装着の費用は治療前に説明を受けた歯科矯正費用に含まれるため、プラスαでかかることはありません。

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


「明日は何時?」親の老いをLINEでも実感…切ないけれど受け入れる!
 人間誰しもいつかは老いがやってくるものです。ただ、これまでたくさんの愛情と安心を与えてくれた絶対的な存在の「親の老い」...
アラフォーが若者とのカラオケで失敗しない方法3つ 10年前の選曲はあり?
 職場での飲み会後、二次会としてよくあるのがカラオケ。アラフォーともなると、若〜い後輩を引き連れてカラオケに行くこともあ...
「スナック常連客に嫌われるNG行為」初めての店ではマジ注意して!
 いわゆる夜のお店というのは、「大人の社交場」と言われることがあります。昔からなんとなく納得してはいたんですけど、最近や...
キィー!羨ましい! 実はめらめらとママ友に嫉妬している6つの瞬間
 子どもがいると切っても切れない仲になるのが、ママ友。母として生きている女同士、話が盛り上がりますよね。その一方で、近い...
美しすぎる方向転換…国宝級“たまたま”にどこまでもついて行きます
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
夏に日持ちする切り花オススメ7選、家庭で簡単にできる“延命対策”7カ条
 神奈川の片田舎にある猫店長「さぶ」率いる我がお花屋。夏の暑い昼間の来客はめっきり減りますが、夕方の若干涼しい時間帯にな...
人間の決断回数は1日35,000回! 悩ましい「決断疲れ」の最終兵器は猫?
「今日のランチはどこに行こうかな?」「仕事も疲れてきたし、カフェにコーヒーでも買いに行こうかな? それとももう一踏ん張り...
【調香師直伝】汗かいても“爽やかフェロモン女子”!夏の疲れを癒す簡単手作りデオドラントスプレーも紹介
 汗をかく行為はフェロモン放出にとって重要ですが、汗自体のにおいがよくないとフェロモンを上手に活かせません。  本...
育休明けのモヤモヤがしんどい。先輩ママの体験談から紐解く3つの解決法
 育休明けのママたちは、職場復帰するにあたって多くのモヤモヤを感じているようです。子供と仕事と生活の間で、ベストな答えを...
透明ボードの下から失礼しますよ♡ 不思議&かわいい空飛ぶ“たまたま”
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
未来のような街の先に…
 未来のような街は、まるで先の見えないトンネルのよう。  その先にあるものは明るいものであってほしい。
ほっこり癒し漫画/第77回「もふもふサマー」
【連載第77回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
【難解女ことば】蒲魚、何て読む? 予測変換出てこない…
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
8年前に“ゆるFIRE”した男 新NISAより確実なリターンは自分への投資
 コミックや書籍など数々の表紙デザインを手がけてきた元・装丁デザイナーの山口明さん(64)。多忙な現役時代を経て、56歳...
母親は夢を諦めなきゃダメですか?夫を「支えてあげて」の言葉が悔しい
 かつて漫画家を目指していた夫婦の絵里奈と拓郎。双子の子供ができたことを機に、夢を諦め堅気の生活をしている。  夜...
浮気より酷い夫の裏切り SNSには私の知らない「もう1人の彼」がいた
 かつて漫画家を目指していた夫婦の絵里奈と拓郎。双子の子供ができたことを機に、夢を諦め堅気の生活を暮らしている。 ...