インフルエンサー退職願望のアラフォー、“発信=スキル”なる大きな勘違い

内藤みか 作家
更新日:2024-07-11 06:00
投稿日:2024-07-11 06:00
 普通の会社員を続けることに不安を感じる女性が増えています。周囲に自分の才能を活かして稼いでいるがいると、「自分も何か発信したい」と焦ってしまうのです。

 今回は、特別な何かになりたくて失敗したアラフォー女性の話をお届けします。

“インフルエンサー退職”した友達に触発され…

 アラフォーのKさんは、大学卒業後に商社の一般事務として職を得て、そのまま10年以上。職場に大きな不満はないものの、自分は定年を迎えるまでここで働いていいのだろうか、人生に満足できるだろうか、と不安を抱いていました。

 そこに大学時代の友人から会社を退職したという連絡が入ってきました。

 インフルエンサーとして数万のフォロワーを抱え、配信での投げ銭やPR案件などで十分な収入を得られるようになったので、退職して専業でやることにしたというのです。


【読まれています】年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為

「私も才能で稼ぎたい!」と刹那的に退職決意

 これを聞いてKさんは焦りました。同じように定年まで会社員として働くと思っていた友人がいきなりキラキラした世界で生きていくというのです。

 しかも会社時代の収入よりも多い額を稼いでいるのだとか。Kさんは「私もインフルエンサーになって退職する!」と瞬時に決意しました。

 友人はオシャレなカフェの情報を発信し、人気を得ていました。これなら自分にもできると、Kさんはマネしたアカウントを作り、早速投稿を始めたのですが、フォロワーは全然増えません。

 1円も稼げないどころか、何軒ものお店に撮影に行かなくてはならないので外食費がかさむ一方。収支はマイナスになってしまったのです。

自己投資したセミナーで初日につまずく

 焦ったKさんは、インフルエンサーになる方法をレクチャーしてくれるオンラインセミナーに申し込みました。数十万円かかりましたが、これで稼げるようになるのなら安いものだと思ったのです。

 しかしKさんは、セミナー当初からつまずいてしまいます。

 セミナー運営側に初日に「あなたは何について発信したいですか?」と聞かれ、Kさんは答えられませんでした。お金が稼げればなんでもいいと思っていたのです。

 しかし他のセミナー参加者はファッションなり旅行なり、自分なりに大好きで発信したいネタを持っていました。

内藤みか
記事一覧
作家
著書80冊以上。大学時代に作家デビューし、一貫して年下男性との恋愛小説を書き綴る。ケータイ小説でも話題に。近年は電子媒体を中心に活動。著書に「あなたに抱かれたいだけなのに」など。イケメン評論家として、ホストや出張ホストなどにも詳しい。
XInstagram

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


【ファミマ】コンビニ衣類正直レビュー、ショーパンゆる履きはOKだけど
 ファミリーマートとファセッタズム(FACETASM)のデザイナー落合宏理氏が共同開発した衣類「コンビニエンスウェア」。...
【独自】すいかばか初の“夕方専用すいか”、気になる出来栄えは?
 すいか生産量全国47位、ごくごくレアな山梨県ですいか作りに情熱を注ぐ「寿風土(こどぶきふうど)ファーム」代表の小林栄一...
職場やママ友“ケチな人”との付き合い方5選 1円単位で文句ブーブーは勘弁
「この飲み会、私はあまり飲んでないから、あなたたちが多めに払ってくれるよね?」「ここの料理、5,000円もするの? え〜...
背徳感がたまらにゃい♡ ガラステーブルの下から見る涼し気“たまたま”
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
夏場の観葉植物、様子が変!間違った育て方、救済法、最新便利グッズまで
 危険な暑さが続く夏。猫店長「さぶ」率いる我が愛すべきお花屋は古い平屋の建屋のため、エアコンをフル活用しても、毎日が熱中...
きっと、夫も気付いていた…40女が長年の“腐れ縁”にケリをつける日
 実は筆者には、結婚前から長く続いている“腐れ縁”があります。その相手を仮にP氏とします。
くねくねコロンは信頼の証♡ 無防備な“たまたま”をガン見しちゃおう
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
目的地は決めてない 見知らぬ町を深夜にふらつく解放感
 終電が終わって、深夜の踏切はしばしの休憩。また朝から大忙しだからね。  こちらは明日は予定もないから、見知らぬ町...
【難解女ことば】「婆」の部首はさんずいではない。正解は?
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
母と夫がまさか…流行りの性格診断で腰抜かす『16Personalities』が怖い
 SNSのプロフィールに診断結果のアルファベットを入れたり、それぞれの性格をコンテンツにまとめたりと、若者を中心に流行し...
2024-07-06 06:00 ライフスタイル
玄関でモワ~ン、子供の足が臭い! 家庭で簡単にできる3つのニオイ対策
 子供が成長するにつれて気になってくるのが「子供の足の臭い」です。特にスポーツをやっている子供や、汗をかきやすい夏などは...
40女と20代男子、親子並みの年齢差だけど…! ホンネの残念LINE3選
 40女と20代男子とでは、親子並みの年齢差があります。だからこそ、LINEの送り方には注意したほうがよいかもしれません...
えっ、そんな理由で? スナック「出禁客」がやらかすアウトな共通点
 みなさん、行きつけの飲食店で「出禁」の人って実際に見たことありますか?  スナックなんかだと多そうだし、そうい...
神秘的な尊さの“たまたま”…会えなくなるその日まで雄姿を記録しよう
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
ストレス発散で爆買い! それでも後悔しない3大成功例と3大失敗例
 女性のストレス発散方法といえば? そうですね、ショッピングです。気のむくままに爆買いをするとなぜか爽快な気分になります...
2024-07-04 06:00 ライフスタイル
ガーデナーの必見「服部牧場」ルポ ペレニアルガーデンってなんですか?
 神奈川の片田舎が立地の猫店長「さぶ」率いる我がお花屋にも夏がやってきました。店先には鮮やかな夏の花が、屋外にはガーデニ...