私が稼ぐしかない!「月経ディスク」で起業、元居酒屋店員の猪突猛進人生

コクハク編集部
更新日:2023-09-17 06:00
投稿日:2023-09-17 06:00

国内製造の「月経ディスク」を企画・販売する会社を起業

 パワフルの塊のようなアラサー女性がいます。「株式会社MONA company」代表取締役の向井桃子さん(35)。生理用品の一種で使い捨て可能な「月経ディスク」を企画・販売する会社を立ち上げた――というと、MBAを取得したゴリゴリのやり手起業家のようなイメージを持たれるかもしれませんが、180度真逆、全然違う。いい意味で期待を裏切られました。

 もともと経営はズブの素人。コロナ禍で収入が激減した時に、たまたま出会った「月経ディスク」に惚れ込み、「これいけるんちゃう?」の直感で突き進んだ猪突猛進型です。それでいて、しなやかな感性も兼ね備えているから“いいな”って目が離せなくなる。

 前編・後編の2回にわたり、向井さんの覚悟と度胸に迫ります。

父の浮気がきっかけで美容師に…

 月経ディスクはフェムテック商材として注目される生理用品のひとつ、とりわけ日本国内ではまだまだ知名度の低い製品です。向井さんはそれを企画し、国内での製造・販売にまでこぎつけました。となれば、技術系分野に明るいリケジョかなと思いきや、美容専門学校卒の元美容師という経歴の持ち主。

 フェムテックの世界に携わるまでに歩んできた人生にも“ドラマ”があり、美容師の道を選んだ理由からして、なかなか込み入っているのです。

「両親は、父の浮気が原因で離婚しました。私が受験を控えた高校3年生の時です。おかげで家庭は大混乱。正直、勉強どころじゃありませんでした。

 専業主婦だった母からは『人生、いつ何が起こるか分からない。手に職をつけなさい』と口を酸っぱくして言われましたが、やりたいことなんてすぐには見つかりません。

 同居していた祖母がたまたま美容師だったので、手に職=美容師という単純な考えで美容専門学校に進んだのです」

 専門学校卒業後は地元・愛知県の美容室に就職。生まれつきの手先の器用さを発揮し、見習い美容師の時代はシャンプーの指名率で同期NO.1になったことも。

 ──あたし、いけるんちゃう?

 持ち前のポジティブマインドと細かい作業を得意とする大きな手を活かし、シャンプーに特化したサロンで勝負したいと考えるようになったといいます。

社長が来て「社員として働かない?」

 そして、転職活動を始める前の景気づけで鉄板料理の居酒屋で飲んでいると、店長から「最近よく来るじゃん? 美容室辞めたの? だったら少しウチでバイトしない?」と声がかかります。

 高校時代は、おにぎり屋でバイトしていた向井さん。そもそも飲食にも興味があり、二つ返事で働き始めました。躊躇はなしです。

「居酒屋でバイトしたら、めっちゃ楽しくて。自分より年下のバイト仲間のコミュ力の高さにも驚いたんです。同じ接客業でも、美容室はひとりのお客様と接する時間が長いぶん、会話の糸口を探しやすい。それに比べて居酒屋はオーダーを取る時ぐらいなので、“一瞬”が勝負なんですよね。

 それでもお客さんの心をぐっとつかみ、“あの子がいるから通っている”という常連さんも珍しくない。このバイトで集客できなかったら、新しい美容室に就職したとしても、うまくいかないだろうなって。

 学べるものは学んでやろう、少し腰を据えてアルバイトリーダーになるぐらいまで働こう。そんな風に思って始めたら、気がついた時には2年も過ぎていました(笑)」

めちゃイケメンの社長の下で働きたい

 そろそろ転職しようと決めて店長に話すと、わざわざ本社から社長がやって来て、向井さんと面談し「社員として働かないか」とスカウトされます。

「めちゃイケメン! この社長の下で働きたい」とそのまま就職。この時、23歳。2、3年働いたとしても、まだ20代です。もし合わなくても美容業界に戻れると踏んでいたといいます。

「それなのに気が付いたら、楽しすぎてその外食チェーンに10年勤めてしまって(笑)。辞めたのは、昨年の2月です。仕事にやりがいも感じていたので、このままずっと飲食で働くのもありだなぁと思っていました。

 そんな時にイケメン社長から『金持ち父さん 貧乏父さん』の本を教えてもらい、漠然とですが、起業については興味を持ち始めたんです」

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

ライフスタイル 新着一覧


「明日は何時?」親の老いをLINEでも実感…切ないけれど受け入れる!
 人間誰しもいつかは老いがやってくるものです。ただ、これまでたくさんの愛情と安心を与えてくれた絶対的な存在の「親の老い」...
アラフォーが若者とのカラオケで失敗しない方法3つ 10年前の選曲はあり?
 職場での飲み会後、二次会としてよくあるのがカラオケ。アラフォーともなると、若〜い後輩を引き連れてカラオケに行くこともあ...
「スナック常連客に嫌われるNG行為」初めての店ではマジ注意して!
 いわゆる夜のお店というのは、「大人の社交場」と言われることがあります。昔からなんとなく納得してはいたんですけど、最近や...
キィー!羨ましい! 実はめらめらとママ友に嫉妬している6つの瞬間
 子どもがいると切っても切れない仲になるのが、ママ友。母として生きている女同士、話が盛り上がりますよね。その一方で、近い...
美しすぎる方向転換…国宝級“たまたま”にどこまでもついて行きます
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
夏に日持ちする切り花オススメ7選、家庭で簡単にできる“延命対策”7カ条
 神奈川の片田舎にある猫店長「さぶ」率いる我がお花屋。夏の暑い昼間の来客はめっきり減りますが、夕方の若干涼しい時間帯にな...
人間の決断回数は1日35,000回! 悩ましい「決断疲れ」の最終兵器は猫?
「今日のランチはどこに行こうかな?」「仕事も疲れてきたし、カフェにコーヒーでも買いに行こうかな? それとももう一踏ん張り...
【調香師直伝】汗かいても“爽やかフェロモン女子”!夏の疲れを癒す簡単手作りデオドラントスプレーも紹介
 汗をかく行為はフェロモン放出にとって重要ですが、汗自体のにおいがよくないとフェロモンを上手に活かせません。  本...
育休明けのモヤモヤがしんどい。先輩ママの体験談から紐解く3つの解決法
 育休明けのママたちは、職場復帰するにあたって多くのモヤモヤを感じているようです。子供と仕事と生活の間で、ベストな答えを...
透明ボードの下から失礼しますよ♡ 不思議&かわいい空飛ぶ“たまたま”
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
未来のような街の先に…
 未来のような街は、まるで先の見えないトンネルのよう。  その先にあるものは明るいものであってほしい。
ほっこり癒し漫画/第77回「もふもふサマー」
【連載第77回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
【難解女ことば】蒲魚、何て読む? 予測変換出てこない…
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
8年前に“ゆるFIRE”した男 新NISAより確実なリターンは自分への投資
 コミックや書籍など数々の表紙デザインを手がけてきた元・装丁デザイナーの山口明さん(64)。多忙な現役時代を経て、56歳...
母親は夢を諦めなきゃダメですか?夫を「支えてあげて」の言葉が悔しい
 かつて漫画家を目指していた夫婦の絵里奈と拓郎。双子の子供ができたことを機に、夢を諦め堅気の生活をしている。  夜...
浮気より酷い夫の裏切り SNSには私の知らない「もう1人の彼」がいた
 かつて漫画家を目指していた夫婦の絵里奈と拓郎。双子の子供ができたことを機に、夢を諦め堅気の生活を暮らしている。 ...