「サボテン」には感情が? あなたの優しい言葉がトゲを抜く

斑目茂美 開運花師
更新日:2019-08-10 06:00
投稿日:2019-08-10 06:00
サボテンが電磁波を食べる?(写真:斑目茂美)
サボテンが電磁波を食べる? (写真:斑目茂美)

「スマホをやりながら寝るのって絶対に睡眠妨害されてますよ。」

 最近ワタクシの体メンテナンスをしてくださる方から言われることでございます。今ギャフンとなさったあなた、寝ながらスマホでそのまま眠ってしまっていますね? もちろんワタクシもご多分に漏れずでございます。

「携帯電話やタブレットを枕にいつの間にか寝てしまうと、絶対に体が休まりません。アナタ浴びてます。電磁波をたっぷりと。」

 そういえば、携帯電話を直接耳に当てると電磁波をまともに浴びるからアホになる!とか、携帯電話は自分の腰より下に携帯しないとアホになる!とか……本当がどうかは知りませんが、これは「強い電磁波をまともに食らい続けるとアホになる」という、エンジニアをしていた当時、先輩からよく言われたネタでございます。

 アホなワタクシは、「さらに浴びたら一周回って賢くなるのではござらんか」などと先輩にお伺いしましたところ。「アホ過ぎるお前に付ける薬無し」と軽くあしらわれもしましたが、今のご時世、むしろ電磁波のない場所なんてあるんかぃ? とツッコミたくもなります。とにかく目に見えない敵は不気味でございますわよね。

 そういえば「電磁波を食べる植物」っていわれているものがございました。それがなんだか知りたいですよね~。

 ということで今回は熱い夏に大ブーム!「サボテン」の解説でございます。

サボテンちゃん、私をイヤな人から守って

サボテンパワーで仕事の効率もアップ?(写真:斑目茂美)
サボテンパワーで仕事の効率もアップ? (写真:斑目茂美)

 世はまさに多肉植物ブームでございます。同時にサボテンもブーム到来でございます。特別に難しい育て方ではない上に、フォルムが可愛らしいせいかお花屋さん以外でも100円均一や雑貨屋さんなどでも簡単に手に入れる事が出来るようになりました。NASAやニューヨーク証券取引所でも、置くことで電磁波の数値が減少したというサボテンまで出現し、ネット通販でも「電磁波を食べるサボテン」としてブームになり、まさに「多肉&サボテン万歳」になっておるのでございます。

ならば開運的にはどうなんだ?

 

「細く尖ったものは良いも悪いも運気を寄せ付けない」と申しますが、全身をトゲに覆われたサボテンはその筆頭でございます。

 ですがサボテンは電磁波を食べるというより、悪く澱んだ気を喰らい、災いや悪影響のありそうな人や現象から、自らの命をもって貴方を守ってもくれる健気な生き物のようなのでございます。では、あなたを守ってくれるサボテンの最適な置き場所はどこなのか……

 それはズバリ!「鬼門」「窓辺やベランダ」「おトイレ」なのでございます。

 昔から日本では魔除けのために「鬼門」にはトゲのある柊南天やヒイラギを植えたり置いたりしますが、トゲのあるサボテンも同じことでございますよ。

 そういった意味でいえば鬼門にある「玄関」のお外には大きくて元気なサボテンを置くことで、ちょっと苦手な方やご遠慮願いたいご近所が貴方のお家にやってくるのを防いでくれるやもしれませんが、これは鬼門のお玄関に限定でございますので、それ以外のお玄関にはアカンでござんす。

 また働いているあなたにとって、職場は1日の大半を過ごす場所。お仕事だけど楽しく同僚とお仕事を出来ればそれにこしたことはないはず。そんなときは職場のパソコンの横にちょこりんと小さなサボテン置いていただければ、ちょっと人間関係に不安をもっているあなたから苦手な人を遠ざけ、澱んだオフィスの空気を浄化して仕事の効率もアップしてくれる作用も期待ができるようなのでございます。

意外と知られていないサボテンの育て方

幻想的なサボテンの水耕栽培(写真:斑目茂美)
幻想的なサボテンの水耕栽培 (写真:斑目茂美)

 お困り相談の回答でございます。

「私は虫が苦手なのでお部屋の中に土を入れることにとても抵抗があります。土の要らない園芸で簡単なものはありますか?」

 答えは「たくさんございます」。意外と知られていないのが「サボテンや多肉植物の水耕栽培」なのでございます。

 栽培方法は至ってシンプル。土から抜いたサボテンの根を水洗いしたのち、半分位の根は切り落とし、陽の当たらないところでしっかり乾燥させてくださいませ。

 そののち、器の口元にサボテンがズッポリ入らないようなおしゃれな透明ガラスの器に、根が3分の1程度浸るぐらいのお水をセット。あとはサボテンを乗せて終了でございます。

優しい言葉であなた自身も優しく穏やかな心持ちに

 大きさや高さの違うビンをいくつも作ってライトやキャンドルを傍らにおいても素敵。栽培方法を切り替えたことで新たに生えてくる水耕栽培に適した根っこが、なかなか幻想的にみえてくるのでございます。

「サボテンには感情がある」ってホント?

 あなたも一度はそんなことを耳にしたことがございませんか?

 何かの資料で、サボテンに限らず植物を罵倒し続けたら枯れたり、形が奇形になったりと成長に悪影響したのに対し、毎日褒められ続けたら同じ種類なのにトゲも柔らかくなり、美しい花が咲いた、などと記載されているのを読んだことがございます。

 ことの理由は解りませぬが、どちらにしてもあらゆる生き物は愛おしく優しく育んでいくに越したことはございません。たとえその相手がサボテンだとしても、優しい言葉を口にするという行為そのもので、きっとあなた自身も優しく穏やかな心持ちになれるのではなかろうか、とワタクシ思うところでございます。

 優しい言葉はきっとトゲを抜くのでございます。

 あなたが優しく穏やかな日々を送れますように……遠いお空の向こうからお祈りしておりますよ~。

斑目茂美
記事一覧
開運花師
半導体エンジニアを経て花業界に転身。イベント・ホテルなどの装飾も手がける生花店を営む傍ら、コンテストで優勝・入賞を重ね、雑誌・新聞等に作品を発表する。神奈川各所にて花教室を開催。障害者支援も花で実践。悩ましくも素敵なお客様を「花」で幸せへと導く道先案内人。ブサかわ猫店長「さぶ」ともに奮闘中。Facebookやってます。

ライフスタイル 新着一覧


2月6日~2月12日 あなたの全体運・恋愛運・ラッキーカラー
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”がハート型♡ 尊すぎるにゃんたま様に思わず合掌
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
ママの自分時間は無理やり作る!VTuberの推し活にハマったら
 ステップファミリー6年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
旅立ちはいつも気持ち高ぶる 2023.2.6(月)
 出航時の揺れには慣れていても、旅立ちはいつも気持ち高ぶる。  目的地に着くまでは海の上。この景色もしばらく見納め...
「ポイント稼ぎしてるんだ~」にゾッ!女の妬み怖ぇLINE3選
 あなたがこの世で最も怖いものはなんですか? 中には「女の妬(ねた)みが一番怖ぇ」と思っている人もいるでしょう。 ...
色々高くて、やりくり上手になりたいこの頃 2023.2.5(日)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
【成城石井】薄給40女が歓喜するプチ贅沢4選 2023.2.4(土)
 高品質かつおしゃれな商品がいっぱいの成城石井。小柳ルミ子さんも愛用しているのだとか。女性誌の取材では「成城石井は私のキ...
「今日は朝まで韓流コース」でまさかのBBA認定!? 若作りが痛いLINE3選
 最近では、仕事でLINEを使うことも増えてきましたよね! 自分よりも若い人とLINEを交換していると、ついやってしまう...
人生の満足度が高い人・低い人 差がある原因はどこにある?
 みなさんは、日頃から不平不満が多いタイプでしょうか。私はどちらかというと多いかもしれません。  不満が多くなる原因は...
独女ご自愛バレンタインデー!自分用チョコの楽しみ方を探る 2023.2.3(金)
 今年も“お祭り”を目前に控え、ざわついてきましたね。そう、バレンタインデーです。  本命チョコに限らず、義理チョ...
自慢したい可愛さ♡ 透明バックから“たまたま”がコンニチハ
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
寒いけど乾燥&電気代が…!寝る時の“暖房問題”解決のヒント
 寒い季節になると、寝る時に暖房で部屋を暖めておきたいですよね。でも、暖房の使い方を間違えると乾燥して喉が痛くなって、体...
旅先の古びた店には先客がいたようで 2023.2.2(木)
 旅先の古びた店に入ってみようか考えた時、さっと風が吹き、誰かが先に入っていったような気がした。  怖い話じゃない...
ダメー!!まだイケる!「弱ったシクラメン」復活させたい問題
 新しく年を迎えて早いもので1カ月。全身完全防寒スタイルで毎日寒さと闘っているお花屋さんの「冬仕事」も、全身に毛布をまと...
ポンコツな自分に喝! つらーい「休みボケ」の原因と解消法
 年末年始が繁忙期という職種の方は、そろそろ遅めの冬休みでしょうか。仕事や家事に追われた後のお休みは、嬉しさもひとしお。...
大切な人が今日も無事に帰ってきますように 2023.2.1(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...