金運に効く最強の花とは? いつの世もそれがキニナルの巻

斑目茂美 開運花師
更新日:2019-06-29 06:00
投稿日:2019-06-29 06:00

金運に最強「ヒマワリ」を解説します!

(写真:東花園)
(写真:東花園)

 いつの世も…女性は「占い」や「おまじない」、「厄除け」なんてちょっぴり「スピリチュアル」みたいなものに大変なご興味のある方が多いですな。

 例えば、朝お出かけなさる前にテレビの朝番組で確認するあの「星座占い」。ラッキーカラーがなんだ! とかラッキーアイテムがなんだ! とか…

 不思議なのは、今日1番「アンラッキー」な星座には、回避する方法を教えてくれるのに、2番目に「アンラッキー」な星座には回避する方法を教えてくれない。結局のところ、2番目「アンラッキー」が1番「アンラッキー」なのではなかろうか。

 できることなら「アンラッキーTOP3」ぐらいまでは回避する方法を教えていただかないと、「今日のアナタはアンラッキーTOP3!」と認定された方はそれだけで最早アンラッキー……と思っているワタクシです。

 そんなワタクシが、お店にご来店なさるお客様から色々お話をうかがっていると、ちょっぴり気がついたことがございます。

 中年のご婦人の方は、お花を飾られるにもまず「金運」をお気になさる方が非常に多い、ということですな。

「黄色」を「西」に飾ると金運に効く――は、もはや一般常識と言っても過言ではないのでござらんか?

 ご来店するご婦人がこの「黄色」のお花を選択なさった折、「綺麗ね~」の次に発するお言葉「黄色は西におけば金運よね~」の、なんと多いことか!

「う~ん、やっぱりご婦人方は恋愛よりもお金でござんすね!」

 ということで、今回は金運に最強「ヒマワリ」の解説でございます。

金運のテッパン「西」にヒマワリでお金を貯めて!

(写真:東花園)
(写真:東花園)

「お金は西の方角から呼び込み、北の方角で貯め込む」と考えられているようでございます。色には、その種類により様々なパワーを秘められており、中でもこの「黄色」や「金色」というのは金運を招くと考えられているのでございます。

 これからの季節、とりわけ「夏」の黄色の花というのは「ヒマワリ」でござんすね。ヒマワリは「陽」の気をふんだんにまとった金運史上最強の花でございます!(どんな史上じゃ)

 一口にヒマワリと申し上げても、お色はこれまたさまざま……。

 黄色もあれば、白もあり、茶色もあれば黒もある。オレンジだってあるでよ~、なのでございます。ですが、ここはせっかくですから「黄色」にしましょ。黄色いヒマワリをじーっと見つめていると、なんだか大きな五円玉にみえてくるのはワタクシだけではないはず(笑)。
 
 家の中心から見て「西」の方角にこのヒマワリを飾る

「お金をたくさん貯めたいからヒマワリをたくさん飾ります!」

 ……ほどほどの量が良いのです。たくさんあれば良いというわけではございません。

 入ってくるお金も多いかもしれませんが、その分、出費も多くなるかもしれませんので、おやめくださいね。

「ヒマワリたくさんがダメなら、ありったけたくさんの違う黄色の花を飾るわ!」

 ……同じ意味でございます。何事もほどほどに。かえって貧乏になるやもしれません。直ちにおやめください。

「金色が黄色より金運に効きそうだからヒマワリに金のアクリルスプレー吹いちまえ!」

 ……ヒマワリが速攻枯れます。やる前からおやめください(笑)。

ワタクシが考えますヒマワリアレンジがこちら

(写真:斑目茂美)
(写真:斑目茂美)

 ほどほどの量の黄色ヒマワリと散財をリセットする意味も込めた白い花。

 今回はカスミ草ですが、白くて丸いピンポンマムやバラなんていかがでしょうか。そして、ここがお花を飾るうえで開運花師&フラワーアティスト斑目からのワンポイントアドバイス。

 面のある気持ち大きな葉物を背当てに入れること。

 これでございます。

 お花の色や形がグッと鮮やかに引き出せる、いい仕事を葉物はしてくれるのでございます。今回は丸いガラスの器の口元が大きいので、アジサイを入れればヒマワリや葉物がグラグラするのを防ぐ役割になってくれます。

 また西は八卦で表すと「沢」になりたっぷりの水の流れをよくするとなんだか更に効果があるのでございます。

 陶器のマグカップでも小鉢でも大丈夫。ただし、プラスチックはちょっとね……。ペットボトルなんてまるでアカンです。

まとめ

 いつもキレイなお掃除とお水換え、そして無理なく買える、ほどほどの量のお花を切らすことなく毎日生きた「正気」をお部屋に放つこと。これがお花で開運の基本といえるのでございます。

 生きたヒマワリを飾る金運アレンジ。お金に困らない豊かな生活がやってきますように。遠いお空の向こうからお祈りいたしておりますよ~。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


シンママになって“甘え”を覚えた私…認めてもらえる幸せ
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
12月6日~12月12日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
道のりは遠かったけど…"にゃんたま”君の熱烈歓迎に感激♡
 きょうは、初上陸の猫の島!  ……道のりは遠かった。  熊本空港からリムジンバスで熊本駅へ。「超快速あまく...
自己嫌悪をやめたい…陥りやすい人の4つの共通点&克服方法
 誰だって、自分に嫌なところがあるのは当然のこと。しかし、自分の悪いところを責めすぎてしまうと、自己嫌悪に陥ってしまうこ...
憧れの人と同じなのに…自信のない人が陥りやすい考え方とは
 自分が憧れている人が身につけているものを買ってみた経験はありませんか? 推しのアイドルなどが着ている服、持っているバッ...
ひとりぼっちで孤独な"にゃんたま”に一目で恋に落ちました
 きょうは、一目見て恋に落ちました。  逢った瞬間、口元の「ふぐふぐ」がにゃんたまに見えちゃうくらい、ビビっと電気...
晩秋の「寺家ふるさと村」を歩く 2021.12.2(木)
 最近やけに寒いなあと思ったら、もう12月なんですね。約4カ月ぶりに「寺家ふるさと村」に行ってみました。
ルノルマン占い~12月の恋愛運~理想の関係に近づける人は
 ルノルマンとは18世紀に活躍していた歴史上有名な占い師であるマダム・ルノルマンの占いから生まれたカードで、トランプが起...
幸運の花はいつも太陽を見つめてる!何事にも強靭“スナップ”
 ワタクシがお花屋さんになって間もないの頃のお話でございます。  当時、結婚式装飾花スタッフとして働いていたワタク...
離婚→再婚はセット? 再婚願望のないシングルマザーが考える
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
11月29日~12月5日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
無防備さがたまらない♡ほよよ顔と“にゃんたま”の豪華セット
 きょうは、猫ヨガポーズで入念に毛繕いしているところ、「にゃんたまω見せてください!」と、お願いしました。  この...
「おこもりキャンプ」レポ 2021.11.28(日)
 昨今のキャンプブームと“三密回避”の需要が相まって、人気沸騰中の「おこもりキャンプ」。今回は、埼玉県越生町にあるビオリ...
お金が貯まらない…貯金できない人の特徴&貯蓄する方法6つ
 社会人になれば自分で稼いだお金で好きな物を買い、生活することになります。収入は人によって異なりますが、中には、「なかな...
お母さんのおもしろ誤字LINE5選!なんでそうなっちゃった?
 現代の家族間での連絡手段といえば、やはり主流は「LINE」でしょう。そんな家族LINEには、面白い内容がたくさん! 特...
デキる大人は見逃さない!メンタルが弱っているサイン6選
 あなたは自分のことをどのくらいよく分かっているでしょうか。私はそろそろ大人歴(20歳が大人のスタート)が10年になろう...