金運に効く最強の花とは? いつの世もそれがキニナルの巻

斑目茂美 開運花師
更新日:2019-06-29 06:00
投稿日:2019-06-29 06:00

金運に最強「ヒマワリ」を解説します!

(写真:東花園)
(写真:東花園)

 いつの世も…女性は「占い」や「おまじない」、「厄除け」なんてちょっぴり「スピリチュアル」みたいなものに大変なご興味のある方が多いですな。

 例えば、朝お出かけなさる前にテレビの朝番組で確認するあの「星座占い」。ラッキーカラーがなんだ! とかラッキーアイテムがなんだ! とか…

 不思議なのは、今日1番「アンラッキー」な星座には、回避する方法を教えてくれるのに、2番目に「アンラッキー」な星座には回避する方法を教えてくれない。結局のところ、2番目「アンラッキー」が1番「アンラッキー」なのではなかろうか。

 できることなら「アンラッキーTOP3」ぐらいまでは回避する方法を教えていただかないと、「今日のアナタはアンラッキーTOP3!」と認定された方はそれだけで最早アンラッキー……と思っているワタクシです。

 そんなワタクシが、お店にご来店なさるお客様から色々お話をうかがっていると、ちょっぴり気がついたことがございます。

 中年のご婦人の方は、お花を飾られるにもまず「金運」をお気になさる方が非常に多い、ということですな。

「黄色」を「西」に飾ると金運に効く――は、もはや一般常識と言っても過言ではないのでござらんか?

 ご来店するご婦人がこの「黄色」のお花を選択なさった折、「綺麗ね~」の次に発するお言葉「黄色は西におけば金運よね~」の、なんと多いことか!

「う~ん、やっぱりご婦人方は恋愛よりもお金でござんすね!」

 ということで、今回は金運に最強「ヒマワリ」の解説でございます。

金運のテッパン「西」にヒマワリでお金を貯めて!

(写真:東花園)
(写真:東花園)

「お金は西の方角から呼び込み、北の方角で貯め込む」と考えられているようでございます。色には、その種類により様々なパワーを秘められており、中でもこの「黄色」や「金色」というのは金運を招くと考えられているのでございます。

 これからの季節、とりわけ「夏」の黄色の花というのは「ヒマワリ」でござんすね。ヒマワリは「陽」の気をふんだんにまとった金運史上最強の花でございます!(どんな史上じゃ)

 一口にヒマワリと申し上げても、お色はこれまたさまざま……。

 黄色もあれば、白もあり、茶色もあれば黒もある。オレンジだってあるでよ~、なのでございます。ですが、ここはせっかくですから「黄色」にしましょ。黄色いヒマワリをじーっと見つめていると、なんだか大きな五円玉にみえてくるのはワタクシだけではないはず(笑)。
 
 家の中心から見て「西」の方角にこのヒマワリを飾る

「お金をたくさん貯めたいからヒマワリをたくさん飾ります!」

 ……ほどほどの量が良いのです。たくさんあれば良いというわけではございません。

 入ってくるお金も多いかもしれませんが、その分、出費も多くなるかもしれませんので、おやめくださいね。

「ヒマワリたくさんがダメなら、ありったけたくさんの違う黄色の花を飾るわ!」

 ……同じ意味でございます。何事もほどほどに。かえって貧乏になるやもしれません。直ちにおやめください。

「金色が黄色より金運に効きそうだからヒマワリに金のアクリルスプレー吹いちまえ!」

 ……ヒマワリが速攻枯れます。やる前からおやめください(笑)。

ワタクシが考えますヒマワリアレンジがこちら

(写真:斑目茂美)
(写真:斑目茂美)

 ほどほどの量の黄色ヒマワリと散財をリセットする意味も込めた白い花。

 今回はカスミ草ですが、白くて丸いピンポンマムやバラなんていかがでしょうか。そして、ここがお花を飾るうえで開運花師&フラワーアティスト斑目からのワンポイントアドバイス。

 面のある気持ち大きな葉物を背当てに入れること。

 これでございます。

 お花の色や形がグッと鮮やかに引き出せる、いい仕事を葉物はしてくれるのでございます。今回は丸いガラスの器の口元が大きいので、アジサイを入れればヒマワリや葉物がグラグラするのを防ぐ役割になってくれます。

 また西は八卦で表すと「沢」になりたっぷりの水の流れをよくするとなんだか更に効果があるのでございます。

 陶器のマグカップでも小鉢でも大丈夫。ただし、プラスチックはちょっとね……。ペットボトルなんてまるでアカンです。

まとめ

 いつもキレイなお掃除とお水換え、そして無理なく買える、ほどほどの量のお花を切らすことなく毎日生きた「正気」をお部屋に放つこと。これがお花で開運の基本といえるのでございます。

 生きたヒマワリを飾る金運アレンジ。お金に困らない豊かな生活がやってきますように。遠いお空の向こうからお祈りいたしておりますよ~。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 突然ですがみなさん、「フェムテック-Femtech-」って聞いたことがありますか? フェムテックとは、女性の悩みをテク...
FILM
 みなさんは、マッチングサイトの「ハッピーメール」をご存知ですか? きっと、「見たり聞いたりしたことはある」「ネットで出...
FILM
 潜在的な患者も含めるとおよそ30〜60人にひとりの女性がかかると言われている甲状腺疾患。バセドウ病は、甲状腺機能が亢進...
FILM
 女性ウケと男性ウケが違うのはわかるんですが、男性からモテたいと思ったとき、避けては通れない要素、それは「色気」。はぁ…...
FILM
 新学期、転校生と校門で目が合って、声を掛けようとしたらサッと行ってしまった…….  きょうは、そんなことを思い出...
FILM
 A氏からのメールには、写真の仕上がりを見せたいから事務所に来てほしい、と書いてありました。「新しい優紀が誕生したよ。俺...
FILM
 あなたは、“媚び”を上手に使っていますか?「媚びを売る」というと、異性の前でぶりっこをしたり、色目を使ったりと何かとマ...
FILM
 およそ1ヶ月の「自粛」があったからこそ今の感染者数で収まっているのか、あるいは、実は殆ど意味なんて無かったのか……。個...
FILM
 一昔前までは、女性は結婚したら家庭を守るのが当たり前でしたが、今では結婚後も仕事を続ける女性がほとんど。兼業主婦として...
FILM
 米アカデミー賞4冠に輝いた韓国映画「パラサイト 半地下の家族」は、半地下に住む家族が金持ちに“パラサイト”していくスト...
FILM
 きょうは、仲良しωωにゃんたま兄弟です。  真っ黒なあんこ玉君と、白黒のタオ君、  ふたりはずっとくっつき...
FILM
 Gをセクハラパワハラで訴えるか否か。現在、弁護士たちと協議を重ねているところです。つくづく、訴訟を起こすには多大な時間...
FILM
 日々の生活の中で、気づけばイライラしてしまっている人も多いのではないでしょうか。できることなら、小さなことで心を乱され...
FILM
 潜在的な患者も含めるとおよそ30〜60人にひとりの女性がかかると言われている甲状腺疾患。バセドウ病は、甲状腺機能が亢進...
FILM
 周りが新しいことにチャレンジし始めたり、環境が変わって進んでいると「本当に自分がこのままでいいのか」と、モヤモヤするこ...
FILM
 富士山の麓、朝霧高原を闊歩する「ふじお」。一見、強面のルックスですが、裏腹に女性にはめっぽう弱いのです。  富士...