金運に効く最強の花とは? いつの世もそれがキニナルの巻

斑目茂美 開運花師
更新日:2019-06-29 06:00
投稿日:2019-06-29 06:00

金運に最強「ヒマワリ」を解説します!

(写真:東花園)
(写真:東花園)

 いつの世も…女性は「占い」や「おまじない」、「厄除け」なんてちょっぴり「スピリチュアル」みたいなものに大変なご興味のある方が多いですな。

 例えば、朝お出かけなさる前にテレビの朝番組で確認するあの「星座占い」。ラッキーカラーがなんだ! とかラッキーアイテムがなんだ! とか…

 不思議なのは、今日1番「アンラッキー」な星座には、回避する方法を教えてくれるのに、2番目に「アンラッキー」な星座には回避する方法を教えてくれない。結局のところ、2番目「アンラッキー」が1番「アンラッキー」なのではなかろうか。

 できることなら「アンラッキーTOP3」ぐらいまでは回避する方法を教えていただかないと、「今日のアナタはアンラッキーTOP3!」と認定された方はそれだけで最早アンラッキー……と思っているワタクシです。

 そんなワタクシが、お店にご来店なさるお客様から色々お話をうかがっていると、ちょっぴり気がついたことがございます。

 中年のご婦人の方は、お花を飾られるにもまず「金運」をお気になさる方が非常に多い、ということですな。

「黄色」を「西」に飾ると金運に効く――は、もはや一般常識と言っても過言ではないのでござらんか?

 ご来店するご婦人がこの「黄色」のお花を選択なさった折、「綺麗ね~」の次に発するお言葉「黄色は西におけば金運よね~」の、なんと多いことか!

「う~ん、やっぱりご婦人方は恋愛よりもお金でござんすね!」

 ということで、今回は金運に最強「ヒマワリ」の解説でございます。

金運のテッパン「西」にヒマワリでお金を貯めて!

(写真:東花園)
(写真:東花園)

「お金は西の方角から呼び込み、北の方角で貯め込む」と考えられているようでございます。色には、その種類により様々なパワーを秘められており、中でもこの「黄色」や「金色」というのは金運を招くと考えられているのでございます。

 これからの季節、とりわけ「夏」の黄色の花というのは「ヒマワリ」でござんすね。ヒマワリは「陽」の気をふんだんにまとった金運史上最強の花でございます!(どんな史上じゃ)

 一口にヒマワリと申し上げても、お色はこれまたさまざま……。

 黄色もあれば、白もあり、茶色もあれば黒もある。オレンジだってあるでよ~、なのでございます。ですが、ここはせっかくですから「黄色」にしましょ。黄色いヒマワリをじーっと見つめていると、なんだか大きな五円玉にみえてくるのはワタクシだけではないはず(笑)。
 
 家の中心から見て「西」の方角にこのヒマワリを飾る

「お金をたくさん貯めたいからヒマワリをたくさん飾ります!」

 ……ほどほどの量が良いのです。たくさんあれば良いというわけではございません。

 入ってくるお金も多いかもしれませんが、その分、出費も多くなるかもしれませんので、おやめくださいね。

「ヒマワリたくさんがダメなら、ありったけたくさんの違う黄色の花を飾るわ!」

 ……同じ意味でございます。何事もほどほどに。かえって貧乏になるやもしれません。直ちにおやめください。

「金色が黄色より金運に効きそうだからヒマワリに金のアクリルスプレー吹いちまえ!」

 ……ヒマワリが速攻枯れます。やる前からおやめください(笑)。

ワタクシが考えますヒマワリアレンジがこちら

(写真:斑目茂美)
(写真:斑目茂美)

 ほどほどの量の黄色ヒマワリと散財をリセットする意味も込めた白い花。

 今回はカスミ草ですが、白くて丸いピンポンマムやバラなんていかがでしょうか。そして、ここがお花を飾るうえで開運花師&フラワーアティスト斑目からのワンポイントアドバイス。

 面のある気持ち大きな葉物を背当てに入れること。

 これでございます。

 お花の色や形がグッと鮮やかに引き出せる、いい仕事を葉物はしてくれるのでございます。今回は丸いガラスの器の口元が大きいので、アジサイを入れればヒマワリや葉物がグラグラするのを防ぐ役割になってくれます。

 また西は八卦で表すと「沢」になりたっぷりの水の流れをよくするとなんだか更に効果があるのでございます。

 陶器のマグカップでも小鉢でも大丈夫。ただし、プラスチックはちょっとね……。ペットボトルなんてまるでアカンです。

まとめ

 いつもキレイなお掃除とお水換え、そして無理なく買える、ほどほどの量のお花を切らすことなく毎日生きた「正気」をお部屋に放つこと。これがお花で開運の基本といえるのでございます。

 生きたヒマワリを飾る金運アレンジ。お金に困らない豊かな生活がやってきますように。遠いお空の向こうからお祈りいたしておりますよ~。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 あなたは自分の美意識や女子力に自信がありますか? 実は、最近「女性として終わっている……」と周りから思われてしまう、“...
FILM
 義母とお嫁さんの関係になると、いつの時代も、トラブルはつきものなのかもしれません。しかし問題が起き、完全に義母側に非が...
FILM
 きょうは、瀬戸のにゃんたま三兄弟ωωω。  小さな猫の島で、こんなにも華やかで雅な光景が見れるとは!  長...
FILM
 みなさん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。婚活や恋愛のコンサルをしている私自身が、結婚後に女...
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。日常的に知らず知らずにやってしまう人間観察。そんな中で育ちがよさそう!と思わ...
FILM
 毎日溜まっていく汚れたお皿や洋服、ほこり……。特に、フルタイムで働いている女性にとって家事をする時間はできるだけ短縮し...
FILM
 緊急事態宣言が解除されて早くも1カ月。まだまだ街に賑わいが戻ったとは言いがたく、慎重な生活が求められている今日この頃で...
FILM
 にゃんたまωにひたすらロックオン!  きょうも出逢ったイケてる猫に声をかけて、にゃんたまストリートスナップ撮影。...
FILM
 遥か昔、ワタクシが幼少の頃。学校の帰り道にあった大きな造園会社の塀に絡まって咲いていた、何とも摩訶不思議なお花がござい...
FILM
 バセドウ病によって甲状腺の全摘手術に至ってから、まもなく1年になろうとしています。  術後の経過は順調で、今は体力や...
FILM
 ニャンタマニアのみなさま、お待たせしました。  きょうは久しぶりに、「接写したくなるにゃんたまω」です。 ...
FILM
 ご飯作りは、毎日の生活の中で切り離せない大事な家事のひとつ。しかし、仕事で疲れていたり、献立を考えるのが面倒だったり、...
FILM
 コロナ期、私たちはSNSを利用して、リアルで減ってしまったコミュニケーションを埋めました。人と会えない期間によって、よ...
FILM
 土鍋を置いておくと、猫がまあるくなって中に入る「ネコ鍋」現象がありますが、透明ボウルを置いてみたら、やはり!入りました...
FILM
 ある日の昼下がり。  猫店長「さぶ」率いる我がお花屋さんに、この日も悩める子羊がお花を買いにやってまいりました。...
FILM
 寛解に向かっていたバセドウ病が再燃してからは、ひとことで言うと「地獄」。何をしても良くならない症状が、日を追うごとにひ...