“癒し”とはなんぞや? 万能植物「ハーブ」が持つすごい効能

斑目茂美 開運花師
更新日:2019-07-22 16:47
投稿日:2019-07-20 06:00
万能植物「ハーブ」(写真:斑目茂美)
万能植物「ハーブ」 (写真:斑目茂美)

 世の中「癒し」が絶賛ブーム中でございます。その癒しグッズの種類もさまざま。「灯り」で癒される方、「音楽」で癒される方、「香り」で癒される方――。

 生きたお花で癒さえれるのはもちろんのこと、動物に癒されるという方もきっと多いのではなかろうか? とワタクシ思うところでございます。

 ワタクシのお花屋さんの店長はご存じ、ブサかわ猫店長「さぶ」でございますが、元野良猫とは思えない彼が全身から醸し出す癒しのデブビーム(体重約9kg)が店内の生花や観葉植物の「癒しの気配」と相まって、おかげさまで癒されっぱなしのワタクシ、毎日が楽しくて仕方がございません。

 そんな「さぶちゃんのデブビーム」が乱反射している店内に毎日癒しを求めてさまざまなお客様がいらっしゃいます。お店の外から「さぶ~♥」と裏返ったお声で何度もデブ店長の名前を呼び続ける方。立てば地面すれすれのマシュマロのようなデブ店長のお腹に、顔を埋めながらの悶絶を求めにやってくる方……。

 とりわけ、ワタクシも思わずグッときてしまうのが、大切なペットを亡くされたばかりの方がお花をお求めにやって来る時なのでございます。

 そういうお客様はご要望だけ仰って、あとはただ黙って泣きながらデブ店長の頭を優しくなでておられる。それを見て、ワタクシも横で共に豪快に泣きながら花束をお作りしてしまうダメな店員なのでございます。

 そんな時、いつも心がけているのは、なんとか飼い主さんから聞き出した亡くなったペットの情報に寄せたイメージのお花を選ぶこと。そして、飼い主さんを癒す「香り」なのでございます。

 生きたお花やハーブの香りは、きっと悲しみの淵にいる飼い主さんを優しく包んでくれるはずと信じて……。

「香り」とはこれいかに。ということで、今回は見て良し! 食べて良し! 香り良し! の万能植物「ハーブ」についての解説でございます。

ハーブをどう活用すればいいか

生命力が旺盛なハーブ(写真:aribaba)
生命力が旺盛なハーブ (写真:aribaba)

 風水的に良い香りとは「運気を上げる」ことでございます。

 特に生花などの植物から放たれる「正気」と「香り」が合体すると、相乗効果でさらに運気が上がると言われておるのでございますが、とりわけハーブは「育てる」ことと「身体に取り入れる」ことのできる素晴らしい植物なのでございます。

 昨今の「癒し」ブームと平行して、いわゆる「雑草」である生命力旺盛なハーブは手軽に、そして身近に日本人のワタクシ達の生活に根付いてまいりました。

 夏になると、お花屋さんの店頭では様々なハーブが並び始めます。

 身体の中に取り入れる=食べる・飲む「キッチンハーブ」、育てて香りを楽しみ効能を重視した「アロマハーブ」、など、挙げればきりがないほどの種類がございます。

 以前、アロマオイルマッサージなるものを施術していただきました折、「斑目さんは極端に女性ホルモンが不足しております」とのことで、女性ホルモンに特化したアロマオイルを調合していただき、マッサージで身体に取り込んでみた経験がございます。

 お陰様で、その晩はあまりにも女性ホルモンがバンバン出たのか、高熱にて頭の中はヨロシクないことの妄想の果てに悶絶、ほぼ死亡。という呪わしい過去がございます。

 まるで詰まった水道管がいきなり開通したような……そんな勢いで流れ始めた女性ホルモンでしたが、改めて「ハーブって凄いのね……」と関心するところのお話でございました。

 では、この「香り」の塊、ハーブをどのように活用すればよろしいか?

 生命力が旺盛なハーブは、お庭は勿論、ベランダや窓辺、それこそキッチンやおトイレの窓辺でも十分に育てる事ができるのでございます。

 例えば、お庭に植えれば、実り&チャンスの運気がやって来ると申しますし、ヨーロッパの窓辺の花「ゼラニウム」はお花も美しいだけではなく蚊などの害虫避けになり、加えて良い気も窓辺から取り込むことができたりもしちゃう。

 ミントやセージなど食べるハーブやお花の咲くローズマリーなどを「水」と「火」という相反する要素が同じ空間にあるキッチンに置くだけで、「水」と相性の良い「木」の要素を持ったハーブでバランスを取ることもできるというのでございます。

トイレタンクの水受け部分にバサッと

流すたびにハーブが香る(写真:斑目茂美)
流すたびにハーブが香る (写真:斑目茂美)

 とりわけおトイレは悪臭や汚れがあるだけで、著しく健康運に左右するようでございます。毎日のお掃除はもちろんでございますが、香りが非常に重要。ここに合成の臭いの強い芳香剤でごまかしてしまうと、さらに逆効果であるというのですから、あな恐ろしや……。

 ワタクシが急なお客様がいらした時に用いる方法で、コンテナにて育てていたハーブをワシヅカミに刈り取って、おトイレタンクの水が流れる受け口部分にバサッと仕込む事がございます。

 おトイレを流すたびに蛇口から流れる水がハーブを濡らし、なんとも言えない天然ハーブの香りでおトイレ中がとても爽やかに瑞々しく変身するのでございます。

 用をたす背中から香るハーブの香り……下半身はあまりにも開放的なあられもない姿であるせいか癒され方が倍増……。

「やっぱり神だな、ハーブって……」などと思うところでございます。

 前述でご紹介しましたペットを亡くし悲しみに暮れた飼い主の方々は、ワタクシの作った花束を受け取ると、ほぼ全ての方が泣きながら笑います。

「まるであの子みたいなお花だわ」

 生花の優しい色とハーブの香りが貴方の心と身体を癒してくれることを……。

 遠いお空の向こうからお祈りしてますよ~

ライフスタイル 新着一覧


値上げの冬に負けない!一人暮らしの「防寒術」侮るべからず
 冬の一人暮らしって、家族と過ごすよりも寒く感じますよね……。とはいえ、値上がりする電気代に困っている人も多いはず。今回...
あなたは受け恋?追い恋?11月28日~12月4日エレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”のごはん場へGO!みんなで仲良くたくさん食べてね
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
観葉植物がすぐ枯れる!購入前に知りたい5つの原因と選び方
 部屋の中に観葉植物があると、それだけで素敵な雰囲気に変わりますよね。しかし、観葉植物を枯らしてしまった経験があると、欲...
最期のLINEは「大好きだよ」忘れられない女友達の感動の言葉
 あなたにとって女友達とはどのような存在でしょうか? もしかしたらその友達は、あなたを救う女神様かもしれません。  今...
この季節特有? 浮足立つ気持ちは何だろう 2022.11.27(日)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
誰かに紹介する?したくない?付き合う人の選び方は単純明快
 親や先輩から「付き合う人は選んだほうがいいよ」と言われた経験はありませんか?  お恥ずかしいのですが、私は30歳に...
「授乳するの気持ち悪い」と落ち込んだ日 2022.11.25(金)
 皆さん、授乳にどんなイメージを持っていますか。母と子が触れ合う大切な時間? 母親が自らの栄養を子に分け与える神聖な行為...
汚部屋ではないけれど…「片づけられない女」を卒業したい!
 自分の部屋を見回したとき「ぐちゃぐちゃしてる」「誰にも見られたくない」と感じる人は、もしかすると「片付けられない女」か...
日向ぼっこで免疫力アップ! 自慢の“たまたま”もフワフワに
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
花屋解説!コロナ禍の「喪中ハガキ・メール」お悔やみマナー
 今年もあと1カ月程度。猫店長「さぶ」率いる我がお花屋さんも、年末の準備をしなければいけない時期になっておりました。 ...
【アラフォー子羊の悩み】夫と10年レス、女として終わり?
 「予言より当たる!」と話題沸騰! 毎月お届けしているルノルマンカード(※)の「星座別パワーワード占い」が人気を集めてい...
「勤労感謝の日」働く自分やあの人に感謝!2022.11.23(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
SNS疲れしたあなたへ 30代は“中途半端な人間関係”の清算を
 いまや年齢に関係なく、多くの人が「使いこなして当たり前」のSNS。でも、表情も声色(こわいろ)も分からないSNS投稿で...
女から嫉妬されやすい女性の特徴 無意識ほど怖いものはない
 女性の中には、「なぜか同性から嫌われる」という人がいます。相手に何かしたわけでもないのに、初対面から嫌な態度を取られた...
「アヒル隊長 大冒険セット」再販に歓喜! 2022.11.22(火)
 昨年11月、数量限定発売されたバスクリン「きき湯とアヒル隊長 大冒険セット」。現在、再販しているのを知っていますか? ...