純潔と恋愛の花「ユリ」でフェロモン漂うイケてる女性に!

斑目茂美 開運花師
更新日:2019-07-30 15:46
投稿日:2019-07-27 06:00
白百合は純潔の象徴(写真:kaneto)
白百合は純潔の象徴 (写真:kaneto)

 突然ですが、ワタクシの家にはたくさんの「天使ちゃん」がおります。

 全開バリバリ仏教徒のワタクシではございますが、かわいらしい天使ちゃんグッズがお玄関に、リビングに、階段の壁に、そしておトイレの中でさえ、ワタクシのあられもない姿を俯瞰しながら、我が家を浮遊しておるのでございます。

 友人が遊びに来たおり、申しておりました。

「あんたの家には天使がいったい何匹いるのよ?」

 何匹とは失敬な!と直ちに一喝してみたものの、言われてみれば「はて?」と自分でも考えちゃったりもして。

 子供のころから「天使」好きのワタクシは、いわゆる絵画にて自分の好みの天使ちゃんを探しに美術館へ参ります。ワタクシのお好みはブグローが描くような肉付きの良い“ぷよぷよ天使ちゃん”。美術館に入ると“ぷよぷよ天使ちゃん”めがけて突進していく挙動不審のワタクシですが、その中でさまざまな時代に描かれた「受胎告知」の絵画と遭遇いたします。

「受胎告知」をご存じない方はGoogle先生にお伺いください、と言いたいところでござんすが、これをご存じなければ今回のお話の前説にならないので、ざっくり説明させていただきますと……。

 処女であるはずのマリアのもとに大天使ガブリエル(天使の中でも偉いヒト)がやってきてメシア(救世主)を身ごもったことを告げにやってくる旧約聖書の中のシーンでございます。

「突然ごめんね~アナタ妊娠してますよ。しかも神の子!ビックリすごいじゃん!」的かどうかはわかりませんが、とにかく、ガブリエルと聖母マリアとの間には「純潔」の象徴「白百合」(マドンナリリー)が描かれております。

 思えばワタクシの「ユリ」への興味は、子供の頃から数多く見ていた「受胎告知」や「マリア」の傍らに描かれる共通項「白百合」から始まったんだわと……思うところでございます。

 ということで、今回は純潔と恋愛の花「ユリ」の解説でございます。

白いユリは「処女性」と「純潔」の象徴

サブ店長もうっとり?(写真:斑目茂美)
サブ店長もうっとり? (写真:斑目茂美)

 ユリは本当に沢山の種類がございます。

 お花屋さんのワタクシでさえ、もはや覚えきれません。そのためお色によっても花言葉はさまざま……。白百合に特化して申し上げれば「純潔」でございますが、古代ギリシャでやローマ人は結婚式の際、主人への忠誠と貞節を誓う白百合の花冠を付けたとのことでございます。

 また白百合はギリシャ神話の登場人物、全知全能の神ゼウスの妻であるヘラの花でもございます。

 ユリの誕生は結婚と母性、貞節を司る女神ヘラの溢れ出たお乳が宇宙では天の川になり、地上ではお乳がしみ込んだ場所から白百合が咲いたというくだりがございます。

 ここからユリはヘラの花、母性のシンボルとなり、受胎告知で描かれるオシベを抜かれた白いユリは「処女性」と「純潔」の象徴そのものとなったとのことでございます。

見た目良し、香り良し、日持ち良し

 夏のこの時期、お花屋さんにとって悩ましい季節になります。

「生花の日持ち問題の件」でございます。

 そんな中でも、ユリは優良選手。

 美しい女性を例える言葉「歩く姿はユリの花」というくらいでございますから、見た目良し、香り良し、加えて日持ち良しのワタクシ達お花屋さんにとっては頼りになるお花でございます。

 最近では「ローズリリー」なるカテゴリーのまるでバラの花びらのような八重のユリや、香水やせっけんの香りのするユリまで出現し、一年の中でも今が一番お安く手に入る時期なのでございます。

未婚女性におすすめのユリの飾り方

ピンク色は女子力アップにもつながる(写真:斑目茂美 )
ピンク色は女子力アップにもつながる (写真:斑目茂美 )

 今がチャンスのこの時期に未婚女性の貴方に是非お試ししていただきたい、即効性のあるユリの飾り方がございます。

 それは……白、ピンク、黄色の3色のユリを寝室の枕元にて飾られよ! でございます。

 特に寝室は恋愛を操る場所のようでござんすが、良い運気は寝ている間にため込むものでございます。

 バラの花も恋愛運が上がるという部分では最強。ユリもまた恋愛運を引き寄せ、恋愛体質の貴方を作るという願ってもないお花なのでございます。

 花が開いたときに出現する、大きな花弁から放たれる「正気」を取り込むことで貴方の女性フェロモンを高め、愛されキャラに変貌させるという、なんだか嬉しいお話でございます。

 バラもユリもいずれにしても恋愛引き寄せポイントは「香り」でございます。

 ユリが満開の時に放たれる香りが寝ている貴方の身体に絡みついて……夢の中でやっぱり悶絶してください。(笑)

 ピンク色は女子力アップにもつながるお色ですので、ベッドシーツやマクラカバーなどをピンク色にすることと、こまめなお掃除もお忘れなく。

 実践したあなたがフェロモン漂う素敵な女性になれますように……。

 遠いお空の向こうからお祈りしておりますよ~。

斑目茂美
記事一覧
開運花師
半導体エンジニアを経て花業界に転身。イベント・ホテルなどの装飾も手がける生花店を営む傍ら、コンテストで優勝・入賞を重ね、雑誌・新聞等に作品を発表する。神奈川各所にて花教室を開催。障害者支援も花で実践。悩ましくも素敵なお客様を「花」で幸せへと導く道先案内人。ブサかわ猫店長「さぶ」ともに奮闘中。Facebookやってます。

ライフスタイル 新着一覧


2月6日~2月12日 あなたの全体運・恋愛運・ラッキーカラー
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”がハート型♡ 尊すぎるにゃんたま様に思わず合掌
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
ママの自分時間は無理やり作る!VTuberの推し活にハマったら
 ステップファミリー6年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
旅立ちはいつも気持ち高ぶる 2023.2.6(月)
 出航時の揺れには慣れていても、旅立ちはいつも気持ち高ぶる。  目的地に着くまでは海の上。この景色もしばらく見納め...
「ポイント稼ぎしてるんだ~」にゾッ!女の妬み怖ぇLINE3選
 あなたがこの世で最も怖いものはなんですか? 中には「女の妬(ねた)みが一番怖ぇ」と思っている人もいるでしょう。 ...
色々高くて、やりくり上手になりたいこの頃 2023.2.5(日)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
【成城石井】薄給40女が歓喜するプチ贅沢4選 2023.2.4(土)
 高品質かつおしゃれな商品がいっぱいの成城石井。小柳ルミ子さんも愛用しているのだとか。女性誌の取材では「成城石井は私のキ...
「今日は朝まで韓流コース」でまさかのBBA認定!? 若作りが痛いLINE3選
 最近では、仕事でLINEを使うことも増えてきましたよね! 自分よりも若い人とLINEを交換していると、ついやってしまう...
人生の満足度が高い人・低い人 差がある原因はどこにある?
 みなさんは、日頃から不平不満が多いタイプでしょうか。私はどちらかというと多いかもしれません。  不満が多くなる原因は...
独女ご自愛バレンタインデー!自分用チョコの楽しみ方を探る 2023.2.3(金)
 今年も“お祭り”を目前に控え、ざわついてきましたね。そう、バレンタインデーです。  本命チョコに限らず、義理チョ...
自慢したい可愛さ♡ 透明バックから“たまたま”がコンニチハ
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
寒いけど乾燥&電気代が…!寝る時の“暖房問題”解決のヒント
 寒い季節になると、寝る時に暖房で部屋を暖めておきたいですよね。でも、暖房の使い方を間違えると乾燥して喉が痛くなって、体...
旅先の古びた店には先客がいたようで 2023.2.2(木)
 旅先の古びた店に入ってみようか考えた時、さっと風が吹き、誰かが先に入っていったような気がした。  怖い話じゃない...
ダメー!!まだイケる!「弱ったシクラメン」復活させたい問題
 新しく年を迎えて早いもので1カ月。全身完全防寒スタイルで毎日寒さと闘っているお花屋さんの「冬仕事」も、全身に毛布をまと...
ポンコツな自分に喝! つらーい「休みボケ」の原因と解消法
 年末年始が繁忙期という職種の方は、そろそろ遅めの冬休みでしょうか。仕事や家事に追われた後のお休みは、嬉しさもひとしお。...
大切な人が今日も無事に帰ってきますように 2023.2.1(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...