本命彼氏がいないなら…“ボーイフレンドを3人作る”作戦も?

内藤みか 作家
更新日:2019-07-22 06:00
投稿日:2019-07-22 06:00
 恋愛から遠ざかる若者が増えていると報道されています。その原因のひとつとして高望みしすぎること、選びすぎることがあるようです。
 でも「高収入・高学歴・高身長」の3つ揃った男性の存在はそもそもかなり希少。そんな人が奇跡的に自分を愛してくれる日を期待し続けるよりは、3人のボーイフレンドを作りながら楽しく待ったほうが女子度は上がるのかも!?

いつまでも恋から遠ざかってていいの?

「3高」の本命彼氏がいないなら…(写真:iStock)
「3高」の本命彼氏がいないなら… (写真:iStock)

 確かにいつまでも本命だけを待って、恋から遠ざかってしまっていては、どんどん恋を忘れてしまいそう。それよりは何人かのボーイフレンドと友達以上恋人未満のような淡い関係を楽しみのもアリなのかもしれません。

 良さそうなのが、3人のボーイフレンドを作るというもの。1人だと重くなりがちだし、2人だと二股のようでちょっと罪悪感が芽生えるけれど、3人だとそれぞれの重みが減って、ライトな感覚で付き合えるのだとか。

 3人ボーイフレンドを実践している女性たちの考え方はとても面白いです。自分が求める男性のポイントが3つあり、3つすべてのポイントを持っている男性がいない場合、1つのポイントを持っている男性3人と交際するというのです。

 3人集まって理想の男性が完成するというのだから、興味深いですね。この方法だとそれぞれにそれぞれの良さがあるので、いい感じで続けることができるのだとか。

一人目・高収入男性

会社を経営する彼とは時々しか会えなくて…(写真:iStock)
会社を経営する彼とは時々しか会えなくて… (写真:iStock)

 例えばイケメンで高学歴で高収入という超ハイスペックな男性は、なかなかいません。いたとしてもそういう人と結婚できるのは女優さんやお嬢様などの超ハイスペックな女性である可能性は高いもの。けれど3つのうちの1つだけハイスペックの男性であったら、一般女性であっても出会いやすく、そして交際もしやすいようです。

 例としてフラワーコーディネーターKさん(33歳)の3人ボーイフレンド状態を見てみましょう。まずは、高収入男性。

 異業種交流会に参加して名刺交換するうちに年上の不動産会社の社長と知り合った彼女。彼は優しくて物腰ていねい。高級レストランに連れて行ってくれたり、気軽にプレゼントも買ってくれます。ただし彼の欠点は忙しくて月に1度ほどしか会えないことなのだとか。

二人目・高学歴男性

博識な彼とギャラリー巡り(写真:iStock)
博識な彼とギャラリー巡り (写真:iStock)

 時間を持て余したKさんが参加した別のパーティーで知り合ったのは、有名私立大学卒の同い年の高学歴男性。彼とは同年代なので、話も弾みます。

 彼は知識豊富で、バイリンガル。さすが頭がいいなと感じることばかりで一緒にいると勉強になるのですが、なにしろ真面目で女性経験も少ないため、面白みに欠けてしまうのです。

 彼は集団生活が苦手だということで、小さな塾を経営して、そこには地元の高校生や中学生が通っています。彼の指導のおかげで志望校に合格したという子も多く、近所では慕われている先生なのですが、生徒の月謝と生徒数から推測すると、学歴の割には収入はそれほどでもなさそう。でも一緒に美術展や映画を観に行くといろいろ教えてもらえるので、知的な活動をしたい時には、彼と出かけています。

三人目・高身長男性

女友達にも自慢したくなる年下イケメン♪(写真:iStock)
女友達にも自慢したくなる年下イケメン♪ (写真:iStock)

 最後は年下で身長が180センチある高身長フリーター男子。

 読者モデル経験もあるということで、すらりとした長身と涼しげな目元は明らかなイケメンです。飲み屋で女子会をしていたら、彼とその友人らが声をかけてきた、つまりナンパされて知り合ったのですが、ルックスが好みだったので、その後、2人で会うようになったのだとか。

 年下ということもあり、高収入男性とは逆で、彼に会うとKさんがご馳走したり、多く払っているそうです。彼には遠距離交際の彼女がいるようなのですが、一緒に歩いていると他の女性が羨ましそうに見たりと得意になれるし、明るくてカラオケも上手で楽しいので、ついつい呼び出してしまうのだとか。

深い関係にはあえてならず女子力キープ

1人の男性にこだわる必要なし!(写真:iStock)
1人の男性にこだわる必要なし! (写真:iStock)

 こうしてKさんは、それぞれのジャンルで高ポイントを獲得しているボーイフレンドたちと上手に週替わりで会っているそうです。

 深い関係になろうと思えばなれるのかもしれないけれど、そこはあえてならず、デートするだけの仲のままなのだとか。本当の恋愛相手ができるまでの、女子力をキープするためのボーイフレンドだからなのです。毎週男性に会っているので、色っぽくなったねと言われることも増えたのだとか。

 確かに3人いたら目まぐるしくて1人だけに情がうつることもなさそうだし、いい作戦なのかもしれません。

ラブ 新着一覧


子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
浮気男がかます「言い訳あるある」大全 彼の口癖と比べてみて
 浮気している男性は、必死に隠そうとします。ただ「マニュアル本でもあるのか?」とつっこみたくなるくらい、ほとんどの男性が...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
「処女妻」初夜の儀式 夫公認でセレブ義父母の性奴隷に… #1
 セレブ家庭に嫁いで間もないR子さん(25歳主婦/子供なし)。サラサラのセミロングヘアにひな人形のように愛らしい顔立ちは...
蒼井凜花 2022-11-25 06:00 ラブ
新海誠作品「言の葉の庭」は“年下男子に好かれるツボ”だらけ
 年上女性と年下男性を描いた映画はたくさんありますが、そのなかでも男性の人気が高いのは『言の葉の庭』。 『すずめの戸締...
内藤みか 2022-11-24 06:00 ラブ
何かの罠?元彼の結婚式に呼ばれた!出席の判断基準&注意点
 結婚式は、新郎新婦にとって純粋な愛を誓う神聖な儀式です。でも、世の中には稀に「元彼から結婚式の招待状が届いた」という人...
恋バナ調査隊 2022-11-24 06:00 ラブ
初対面で“恋愛対象落選”は嫌!男がチェックしている女の言動
「人は第一印象が9割」とよくいいますよね。  男性は初対面で恋愛的にアリかナシか判断する場合が多く、第一印象が良くない...
若林杏樹 2022-11-23 06:00 ラブ
40代婚活もタイパ重視!「出会いがない職業」の男性を狙う
 婚活中の女性にとって、まだ相手のいない男性を見つけるのは至難の業ですよね。でも実は「男性の職業」に注目すると、女性との...
恋バナ調査隊 2022-11-23 06:00 ラブ
「動物好きと動物嫌い」結婚か別れか、問題と解決策を総点検
 好きで結婚したい相手がいるけれど、「譲れない部分の価値観が違っている」と悩む人は多いですよね。中でも、自分が動物好き(...
恋バナ調査隊 2022-11-21 06:00 ラブ
夫から離婚したいと言われたら…絶対に避けるべき3つのこと
 突然夫から「離婚したい」と言われたら、誰だって驚きますよね。夫婦関係がうまくいっていない自覚があるのであればまだしも、...
恋バナ調査隊 2022-11-20 06:00 ラブ
同棲だからこそベッタリしたい!性生活を拒む彼女に不満な男
「冷酷と激情のあいだvol.117〜女性編〜」では、同棲開始と同時に夜の生活に積極的になった恋人・ソウイチさん(仮名・3...
2022-11-19 06:00 ラブ
私のキャリアより性欲優先? 同棲に疲弊した33歳女性の憂鬱
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-19 06:00 ラブ
最低最悪彼氏実録エピ~人の財布からお金を抜いてパチンコ!?
 恋愛は、人の数ほどストーリーがあります。胸が熱くなるような純愛エピソードもあれば、時には信じられないくらいの最低最悪彼...
恋バナ調査隊 2022-11-19 06:00 ラブ
贅沢な悩み?「人が良すぎる彼氏」とのお付き合いってどうよ
 人が良すぎる彼氏。一見メリットだらけに感じる男性ですが、意外とそうとは限らないようです。  今回は、人が良すぎる...
恋バナ調査隊 2022-11-18 06:00 ラブ
高学歴男性と結婚するには?東大卒と結婚して感じたメリット
 高学歴の男性と結婚したいと考える女性は少なくありません。  必ずしも学歴が高いイコール高収入というわけではないのです...
内藤みか 2022-11-17 06:00 ラブ