旅先でレンタル彼氏を利用する女性…私も試してみました

内藤みか 作家
更新日:2019-07-04 06:00
投稿日:2019-07-04 06:00
 ひとり旅の道中、誰かと話をしたくなる時がありますよね。そんな時にその土地のレンタル彼氏を呼び出すという女性がいます。現地のイケメンにガイドしてもらいながらの旅の夜は、かなり実用的かつエキサイティングなものだというので試してみました。

レンタル彼氏と旅先で美味しいごはん

知らない街で数時間だけ恋人気分♪(写真:iStock)
知らない街で数時間だけ恋人気分♪ (写真:iStock)

 とある女社長は、仕事でひとりで地方に向かう際は、必ず初日にレンタル彼氏を利用するそうです。そしてその地方での美味しい店や流行っているものなどの情報を仕入れ、仕事にも活かすのだとか。とても賢い使い方かもしれません。

 ということで、先日名古屋に行った際に、レンタル彼氏を利用してみました。私は名古屋めしが大好きなので、美味しいお店の情報を知りたいというその一心でしたが。名古屋でホストクラブに寄ることはありましたが、ホストクラブのメニューには名古屋めしはないので、ここはレンタル彼氏の出番かと。

レンタル彼氏は若い頃のキムタク似

 最近は個人でレンタル彼氏的な営業をする人がいるようですが、私は自衛策として個人間マッチングは利用しません。トラブルになった時にどこも間に入ってくれないからです。そんなわけで、今回も、無店舗型風俗特殊営業届出済みの業者にレンタル彼氏をお願いしてみました。

 レンタル彼氏くんは、若い頃のキムタクにちょっと似ている、おしゃれな25歳くらいの甘いマスクのサッカー男子。昼はサラリーマンをしていて、夜だけこのお仕事をしているのだそうです。彼は、近くのひつまぶし屋に私を案内してくれました。

地元在住者のうまいもん情報は貴重

イケメンと食べたひつまぶし(写真:内藤みか)
イケメンと食べたひつまぶし (写真:内藤みか)

 そこは地元の人がデートに使うような、ちょっとだけクラスアップした感じのお店。うなぎの味も上品でとても美味しくて自然と笑顔がこぼれます。そんな私をレンタル彼氏さんは温かく見守ってくれています。

 彼はあの駅は飲み屋が多い、この駅は住宅街、などと近くの街を解説してくれ、それらは知らないことばかり。現地の人の情報は女社長が言っていた通り、かなりディープです。

 彼がいちばん好きな名古屋めしは「どて煮」だそうです。食べたことがないと言う私に「ぜひ味わってから帰ってほしい。ちょっと濃いけど美味しいんですよ」と言ってくれたところで、そろそろさよならの時間となりました。

 支払ったレンタル料は、2時間で5000円。初回半額キャンペーン中だったらしく、随分安くすみました。これに彼の交通費と2人分のひつまぶし代を入れたら1万円とちょっと。とても有意義な時間が過ごせて満足です。ありがとうございました。

レンタル彼氏で旅の味わいが深まる

ひとり旅の心細さも癒される(写真:iStock)
ひとり旅の心細さも癒される (写真:iStock)

 その晩、私はネットで「どて煮」を調べてみました。牛のスジ肉を味噌などの調味料がたっぷり染み込むまでとろとろに煮たもののようで、画像を見ていたら食べてみたくてたまらなくなり、翌日直行。初めてのどて煮はとろっとろで、ごはんがすすんで最高に美味! この味を知ることができたのは、昨日のレンタル彼氏さんのおかげなのです。

 実践してわかったのは、かなり楽しいということ。知らない街で、その街に住む男性とお話をすることで、確かにより深く旅を楽しめました。そしてなにより、ひとり旅の心細さも癒されます。なかには自分が泊まっているホテルに出張ホストを連れ込み、夜を謳歌する人もいるのだとか。

 旅空の下では自由になってしまう女心がそこにあるのかもしれません。今後も旅先でレンタル彼氏してしまう人は増えるかもしれません。ただ、個人的には、知らない街で初めて会った男性と、いきなり密室で2人きりになるのはあまりにもリスキーなので、お勧めできません。街のガイド的に利用するのが一番安全だし便利なのではないでしょうか。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
男にモテる「大人女性」を考察 愛されたいなら流行追うな!
 精神的に大人な女性には、男性の心をわしづかみにする魅力がありますよね。でも、ただ年齢を重ねただけでは、「男性に好かれる...
恋バナ調査隊 2022-05-10 06:00 ラブ
シングルマザーへの助成金に根強い偏見…でも優しい人もいる
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...