旅先でレンタル彼氏を利用する女性…私も試してみました

内藤みか 作家
更新日:2019-07-04 06:00
投稿日:2019-07-04 06:00
 ひとり旅の道中、誰かと話をしたくなる時がありますよね。そんな時にその土地のレンタル彼氏を呼び出すという女性がいます。現地のイケメンにガイドしてもらいながらの旅の夜は、かなり実用的かつエキサイティングなものだというので試してみました。

レンタル彼氏と旅先で美味しいごはん

知らない街で数時間だけ恋人気分♪(写真:iStock)
知らない街で数時間だけ恋人気分♪ (写真:iStock)

 とある女社長は、仕事でひとりで地方に向かう際は、必ず初日にレンタル彼氏を利用するそうです。そしてその地方での美味しい店や流行っているものなどの情報を仕入れ、仕事にも活かすのだとか。とても賢い使い方かもしれません。

 ということで、先日名古屋に行った際に、レンタル彼氏を利用してみました。私は名古屋めしが大好きなので、美味しいお店の情報を知りたいというその一心でしたが。名古屋でホストクラブに寄ることはありましたが、ホストクラブのメニューには名古屋めしはないので、ここはレンタル彼氏の出番かと。

レンタル彼氏は若い頃のキムタク似

 最近は個人でレンタル彼氏的な営業をする人がいるようですが、私は自衛策として個人間マッチングは利用しません。トラブルになった時にどこも間に入ってくれないからです。そんなわけで、今回も、無店舗型風俗特殊営業届出済みの業者にレンタル彼氏をお願いしてみました。

 レンタル彼氏くんは、若い頃のキムタクにちょっと似ている、おしゃれな25歳くらいの甘いマスクのサッカー男子。昼はサラリーマンをしていて、夜だけこのお仕事をしているのだそうです。彼は、近くのひつまぶし屋に私を案内してくれました。

地元在住者のうまいもん情報は貴重

イケメンと食べたひつまぶし(写真:内藤みか)
イケメンと食べたひつまぶし (写真:内藤みか)

 そこは地元の人がデートに使うような、ちょっとだけクラスアップした感じのお店。うなぎの味も上品でとても美味しくて自然と笑顔がこぼれます。そんな私をレンタル彼氏さんは温かく見守ってくれています。

 彼はあの駅は飲み屋が多い、この駅は住宅街、などと近くの街を解説してくれ、それらは知らないことばかり。現地の人の情報は女社長が言っていた通り、かなりディープです。

 彼がいちばん好きな名古屋めしは「どて煮」だそうです。食べたことがないと言う私に「ぜひ味わってから帰ってほしい。ちょっと濃いけど美味しいんですよ」と言ってくれたところで、そろそろさよならの時間となりました。

 支払ったレンタル料は、2時間で5000円。初回半額キャンペーン中だったらしく、随分安くすみました。これに彼の交通費と2人分のひつまぶし代を入れたら1万円とちょっと。とても有意義な時間が過ごせて満足です。ありがとうございました。

レンタル彼氏で旅の味わいが深まる

ひとり旅の心細さも癒される(写真:iStock)
ひとり旅の心細さも癒される (写真:iStock)

 その晩、私はネットで「どて煮」を調べてみました。牛のスジ肉を味噌などの調味料がたっぷり染み込むまでとろとろに煮たもののようで、画像を見ていたら食べてみたくてたまらなくなり、翌日直行。初めてのどて煮はとろっとろで、ごはんがすすんで最高に美味! この味を知ることができたのは、昨日のレンタル彼氏さんのおかげなのです。

 実践してわかったのは、かなり楽しいということ。知らない街で、その街に住む男性とお話をすることで、確かにより深く旅を楽しめました。そしてなにより、ひとり旅の心細さも癒されます。なかには自分が泊まっているホテルに出張ホストを連れ込み、夜を謳歌する人もいるのだとか。

 旅空の下では自由になってしまう女心がそこにあるのかもしれません。今後も旅先でレンタル彼氏してしまう人は増えるかもしれません。ただ、個人的には、知らない街で初めて会った男性と、いきなり密室で2人きりになるのはあまりにもリスキーなので、お勧めできません。街のガイド的に利用するのが一番安全だし便利なのではないでしょうか。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 コロナによる経済不安や自粛による寂しさから、恋愛や結婚に関心の高まっている人も増えているのではないでしょうか。しかし、...
ミクニシオリ 2020-07-15 06:00 ラブ
FILM
 せっかく告白をするなら、誰だって「OK」をもらいたいものでしょう。告白に成功するためには、どんな伝え方をするかも重要。...
恋バナ調査隊 2020-07-15 06:00 ラブ
FILM
「彼氏を大事にしているはずなのに、なぜか浮気されやすい……」そんなお悩みはありませんか? 今回は、そんな女性に共通する特...
リタ・トーコ 2020-07-14 06:00 ラブ
FILM
 日本の生涯未婚率が上昇傾向にある一方で、「3組に1組が離婚している」と言われる昨今。新型コロナウィルスによる自粛期間に...
田中絵音 2020-07-14 06:00 ラブ
FILM
 職場でもパーティーでも気になるカレに対しても、男性から魅力的に見られたいですよね。「この人、なんか素敵かも」と思わせる...
若林杏樹 2020-07-13 06:00 ラブ
FILM
「尽くす女性」は、一昔前までは「いい女」の象徴のような言葉だったと思います。しかし、現在では「重そう」「恋愛が下手そう」...
孔井嘉乃 2020-07-13 22:49 ラブ
FILM
 ど本命の彼とのお付き合いを3年間続けています。ですが、つい先日、不安からくるど本命クラッシャー(※)をしてしまいました...
神崎メリ 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 長く付き合っていると、遅かれ早かれ二人の関係はマンネリをする傾向にあります。しかし、時に男性は女性に惚れ直す瞬間がある...
恋バナ調査隊 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の元に来られる相談者さんの7割近く占めるのが、「浮気問題」です。出会った男...
山崎世美子 2020-07-11 06:54 ラブ
FILM
 義母の性格に「難」があると、息子の妻は頭を抱えがちに…。嫁姑の人間関係は自分では選べないために、結婚後に想定外の悩みの...
並木まき 2020-07-11 06:47 ラブ
FILM
 用事を頼んだときに「子どものおつかい」しかできない夫と結婚してしまった妻は、日常生活でも苦労が絶えないようです。何もし...
並木まき 2020-07-11 06:43 ラブ
FILM
 離婚は当事者の人生史上、なかなかにシビアな局面です。かくいう筆者も人生の大ピンチに直面し「あ、これ一人じゃ戦えない……...
七味さや 2020-07-10 06:00 ラブ
FILM
 強気な態度やアプローチに惹かれてお付き合いを始めた男性が、実は「俺様系」だったなんてことはありませんか? あまりの俺様...
リタ・トーコ 2020-07-09 06:00 ラブ
FILM
 女性の中には、告白経験がない人もいます。「ひたすら、男性からの告白を待つ」という人もいるでしょう。しかし、せっかく好き...
恋バナ調査隊 2020-07-08 06:00 ラブ
FILM
「今の恋人はすべてが完璧!」そんな風に思える方は、ほんの一握り。きっと多くは、「かまってくれないけど、仕事面では尊敬して...
孔井嘉乃 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍の中で迎えた今年の夏は、いわば前代未聞の夏です。恋愛だっていつも通りというわけにはいきません。昨年と同じことを...
ミクニシオリ 2020-07-07 06:00 ラブ