旅先でレンタル彼氏を利用する女性…私も試してみました

内藤みか 作家
更新日:2019-07-04 06:00
投稿日:2019-07-04 06:00
 ひとり旅の道中、誰かと話をしたくなる時がありますよね。そんな時にその土地のレンタル彼氏を呼び出すという女性がいます。現地のイケメンにガイドしてもらいながらの旅の夜は、かなり実用的かつエキサイティングなものだというので試してみました。

レンタル彼氏と旅先で美味しいごはん

知らない街で数時間だけ恋人気分♪(写真:iStock)
知らない街で数時間だけ恋人気分♪ (写真:iStock)

 とある女社長は、仕事でひとりで地方に向かう際は、必ず初日にレンタル彼氏を利用するそうです。そしてその地方での美味しい店や流行っているものなどの情報を仕入れ、仕事にも活かすのだとか。とても賢い使い方かもしれません。

 ということで、先日名古屋に行った際に、レンタル彼氏を利用してみました。私は名古屋めしが大好きなので、美味しいお店の情報を知りたいというその一心でしたが。名古屋でホストクラブに寄ることはありましたが、ホストクラブのメニューには名古屋めしはないので、ここはレンタル彼氏の出番かと。

レンタル彼氏は若い頃のキムタク似

 最近は個人でレンタル彼氏的な営業をする人がいるようですが、私は自衛策として個人間マッチングは利用しません。トラブルになった時にどこも間に入ってくれないからです。そんなわけで、今回も、無店舗型風俗特殊営業届出済みの業者にレンタル彼氏をお願いしてみました。

 レンタル彼氏くんは、若い頃のキムタクにちょっと似ている、おしゃれな25歳くらいの甘いマスクのサッカー男子。昼はサラリーマンをしていて、夜だけこのお仕事をしているのだそうです。彼は、近くのひつまぶし屋に私を案内してくれました。

地元在住者のうまいもん情報は貴重

イケメンと食べたひつまぶし(写真:内藤みか)
イケメンと食べたひつまぶし (写真:内藤みか)

 そこは地元の人がデートに使うような、ちょっとだけクラスアップした感じのお店。うなぎの味も上品でとても美味しくて自然と笑顔がこぼれます。そんな私をレンタル彼氏さんは温かく見守ってくれています。

 彼はあの駅は飲み屋が多い、この駅は住宅街、などと近くの街を解説してくれ、それらは知らないことばかり。現地の人の情報は女社長が言っていた通り、かなりディープです。

 彼がいちばん好きな名古屋めしは「どて煮」だそうです。食べたことがないと言う私に「ぜひ味わってから帰ってほしい。ちょっと濃いけど美味しいんですよ」と言ってくれたところで、そろそろさよならの時間となりました。

 支払ったレンタル料は、2時間で5000円。初回半額キャンペーン中だったらしく、随分安くすみました。これに彼の交通費と2人分のひつまぶし代を入れたら1万円とちょっと。とても有意義な時間が過ごせて満足です。ありがとうございました。

レンタル彼氏で旅の味わいが深まる

ひとり旅の心細さも癒される(写真:iStock)
ひとり旅の心細さも癒される (写真:iStock)

 その晩、私はネットで「どて煮」を調べてみました。牛のスジ肉を味噌などの調味料がたっぷり染み込むまでとろとろに煮たもののようで、画像を見ていたら食べてみたくてたまらなくなり、翌日直行。初めてのどて煮はとろっとろで、ごはんがすすんで最高に美味! この味を知ることができたのは、昨日のレンタル彼氏さんのおかげなのです。

 実践してわかったのは、かなり楽しいということ。知らない街で、その街に住む男性とお話をすることで、確かにより深く旅を楽しめました。そしてなにより、ひとり旅の心細さも癒されます。なかには自分が泊まっているホテルに出張ホストを連れ込み、夜を謳歌する人もいるのだとか。

 旅空の下では自由になってしまう女心がそこにあるのかもしれません。今後も旅先でレンタル彼氏してしまう人は増えるかもしれません。ただ、個人的には、知らない街で初めて会った男性と、いきなり密室で2人きりになるのはあまりにもリスキーなので、お勧めできません。街のガイド的に利用するのが一番安全だし便利なのではないでしょうか。

内藤みか
記事一覧
作家
著書80冊以上。大学時代に作家デビューし、一貫して年下男性との恋愛小説を書き綴る。ケータイ小説でも話題に。近年は電子媒体を中心に活動。著書に「あなたに抱かれたいだけなのに」など。イケメン評論家として、ホストや出張ホストなどにも詳しい。
TwitterInstagram

関連キーワード

ラブ 新着一覧


モテるのに彼氏ができない 本命になれない30代女のガチ原因
「いいところまで行くのに彼氏ができない」 「もう数年間も、ちゃんとした恋人ができてない」  20代の時は彼氏彼女の関...
若林杏樹 2023-02-01 06:00 ラブ
モテるアラフィフ独身男は要注意? “難あり物件”に見られる5つの特徴
 昔に比べて、今はアラフィフでも若々しく魅力的な男性ってとても多いですよね。結婚相手を探している女性の中には、色気があり...
恋バナ調査隊 2023-02-01 06:00 ラブ
違和感は放置しない! 金銭感覚が合わない彼との付き合い方
 彼の金遣いの荒さにびっくりしたり、逆に財布のヒモの固さに引いたことはありませんか? 金銭感覚のズレを放置すると、後々苦...
恋バナ調査隊 2023-01-31 06:00 ラブ
既婚者マッチングアプリって?実際に使ってみた感想と注意点
 巷でひっそりと流行している「既婚者マッチングアプリ」をご存じですか?  その名の通り、既婚者専用のマッチングアプリで...
まめ 2023-01-31 06:00 ラブ
非・顔面国宝でなぜモテる?「雰囲気イケメン」特徴5つと落とすポイント
 男性の中には“顔面国宝”ってわけでもないのに、素敵なムードを醸し出していてなぜかモテる人がいます。それが雰囲気イケメン...
恋バナ調査隊 2023-01-30 06:00 ラブ
浮気も姑問題も解決!妻が夫に仕掛けた“わざと誤爆LINE”作戦
 いつの時代も、夫を上手に手のひらで転がしている賢い妻はいますよね。特に現代では、LINEを巧みに使って夫にわざと誤爆L...
恋バナ調査隊 2023-01-29 06:00 ラブ
実家が太い男“ほぼ100パー”特徴と見極め方 玉の輿乗れますか
 結婚相手を選ぶ時、「お金じゃない」なんて言いながらもリッチな男性につい惹かれてしまう女性は多いのではないでしょうか。不...
恋バナ調査隊 2023-01-29 06:00 ラブ
理系男子に告ぐ! イチイチめんどくさい恋愛エピ&対処法
 知的でクールな印象の理系男子って魅力的ですよね。でも、理系男子に惹かれてお付き合いをはじめた女性の中には、理系ならでは...
恋バナ調査隊 2023-01-28 06:00 ラブ
デート代、端数も計算してたんかい!ケチな男の仰天LINE3選
「好きなら男に経済力なんかなくてもいい!」と思っているそこのあなた。リアルに“ケチ”な姿を見ても、同じセリフを言えますか...
恋バナ調査隊 2023-01-28 06:00 ラブ
「アプリで見つけた彼女候補」と主張 一線越える気がない男
「冷酷と激情のあいだvol.127〜女性編〜」では、アプリで出会った恋人であるナオキさん(仮名)と半年間にわたって一度も...
並木まき 2023-01-28 06:00 ラブ
お金狙い?結婚前提なのにレスな彼にしびれを切らす45歳独女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-01-28 06:00 ラブ
めんどくさいと諦め寸前エピ…繊細彼氏→最高彼氏にバケる!?
 細かいところに気がついてくれる彼氏って素敵ですよね。「よく気が利く」「気持ちを察してくれる」と、はじめは魅力を感じるで...
恋バナ調査隊 2023-01-27 06:00 ラブ
私たちが事実婚を選んだ3つの理由 デメリットも忘れないで
 婚姻届を提出せずに、夫婦と同じような関係で生活を送る「事実婚」。内縁関係とも言われますね。女性なら、結婚して籍を入れる...
恋バナ調査隊 2023-01-27 06:00 ラブ
連チャン最優先!? ギャンブル好き彼氏の激ヤバエピ&上手に付き合う法
 どんなにイケメンで魅力的な彼氏でも、ギャンブル好きだとわかった時点でドン引きしてしまう女性も多いでしょう。今回は、ギャ...
恋バナ調査隊 2023-01-26 06:00 ラブ
ATMにされてない? ママ活男子のおねだりに必殺返しワザ3選
 パパ活の逆ヴァージョンであるママ活という言葉が生まれて数年が経ちました。  それ以降、マッチングアプリではお金目当て...
内藤みか 2023-01-26 06:00 ラブ
友達を好きになったら…告白で関係を壊したくない人の注意点
 今まで恋愛感情がなかった異性の友人に対して、ひょんなことで「自分はあいつが好きなんだ」と気づいてしまった……なんてこと...
若林杏樹 2023-01-25 06:00 ラブ