騙されないで! プライド高き男性の見栄っぱりを見抜くテク

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2020-01-27 17:00
投稿日:2019-08-13 06:00
 付き合った後に「私への対応が以前と違う……」と男性に感じる女性は多いのではないでしょうか。釣った魚に餌をやらないタイプの男性はたくさんいます。ショックかもしれませんが「付き合ってから出たのが本性」であり、付き合う前の優しさやイケメンぶりは男性の“見栄”です。
 そんな男性が、付き合う前にやりがちな見栄っぱりな行動と、男性の本質を見抜くテクニックをご紹介しましょう。

男性が付き合う前に見栄を張るポイント

 好意を持っている女性にやってしまいがちな見栄を、男性に教えてもらいました。付き合ってから、女性に「あれ?」と思われてしまう方が「カッコ悪い」ことに気づいてないのが男女の違いといったところでしょうか。

ちょっと無理してご馳走しちゃう

「付き合う前はとにかく“俺すごいでしょ?”というアプローチがしたくて、給料日前で厳しいのに、フレンチコースをご馳走したりしてしまいます。夜景が綺麗なレストランを、あえて選んだりとかね。付き合った女性には、牛丼屋とかファミレスとかを提案しますよ。僕のことを好きなのだから別れないだろうなって」(Sさん・32歳男性/自営業)

 自分の稼ぎの良さや包容力の高さを、おごることで見せつけようとする男性もいます。やたら尽くしてくるような男性は裏があると思って良さそう。

自分の評価を上げたくて大げさに話しちゃう

「僕は芸能人がよく通っている学校が母校です。芸能人が多い学科を卒業しているわけではないですけどね。合コンでは“芸能人の〇〇によく会うんだよ”とか“飲み会によくいるんだよね。あの芸能人、僕の後輩なんだよ”って見栄を出しちゃう。だって学校に通っていたことは嘘じゃないでしょ?」(Mさん・21歳男性/大学生)

 女性の勘は鋭いですから「その話、本当?」と思うようなことは、大抵は男性の見栄でしょう。日ごろの彼の様子を見て、少しでも「調子いいな」と思うところがあれば、早めにその男性とは距離を置くことをオススメします。

前の彼女と別れた理由を美談に

「前の彼女と別れた理由を聞かれたら、“彼女の幸せを願って身を引いた”というピュアボーイを偽ります。“僕の浮気で別れた”と本当のことは言えないので(笑い)。元カノに浮気がバレて、ひどい修羅場になった時に言われた、“私よりその女がいいなら身を引くわ”っていう最後の言葉。モテるセリフに使えるなって。合コンで“本当に好きな女だったからこそ、彼女のことを応援してあげたかった。だから別れたんだ”っていうと、大抵の女子は落ちてくれるんです」(Uさん・29歳男性/SE)

 元カノをダシに使うあたりが、ずる賢い男性ですよね。前の彼女とあまりに綺麗すぎる別れ方をしている場合は、そもそも創作話であることも多いので注意しましょう。

 男性の話に違和感を持ったら、「どんなところでそんなドラマチックな別れ方をしたの?」と質問を投げかけてみると、きっとその男性は動揺すると思いますよ。見栄を張っている男性にとって、それがバレるのは想定外ですから。

男の見栄を見抜くことで本質を理解できる

 男性のくだらない見栄が理解できたところで、その見栄から見抜くことができる本質を探ってみましょう。

おごりたがる男性は「お金持ちに見られたい」

 おごりたがる男性は、とにかく女性から「お金持ちに見られたい」と思う傾向があります。損得勘定で生きているところがあるので、感情論になった時に折り合いが悪くなることも。やたらとご馳走してくる男性がいたら、何事も「お金で解決できる」と思っている男性であることが多いです。

 筆者は、食事に行ってご馳走してもらった男性に「この後ホテル行くでしょ?」と誘われたことがあります。食事の支払いを済ませるのは、支払い以上の見返りを求めていることもありますので注意が必要です。

大げさに話す系男子は「社会的ステータスを上げたい」

 大げさに話を盛る男性もいます。そのような男性は「社会的なステータスを上げたい」と思っていることが、ほとんどです。

 自分の価値は社会が決めると思っているので、女性にも周囲が認めるような美貌やスキルを求めるところがあります。その男性の本当の愛情が自分に向けられているかどうかを確認したいものです。利用されるだけされて、捨てられてしまうこともある、厄介なタイプの男性でしょう。

元カノを非難する男性は「女性を下に見ている」

 元カノと言えども、かつて交際していた仲です。初対面の女性や、合コンで複数人が聞いているような場所で「元カノ」を非難する必要もありません。女性の中にはその元カノに同意を示す人もいるかもしれないのですから、配慮に欠ける男性ですよね。

 女性を下に見ているからこそ、元カノのことを悪く言えるのです。自分の非を認めずに全面的に元カノを悪くいう男性は、モラハラ気質でもありますので注意が必要でしょう。

男性の見栄っ張りに付き合う? それとも……

 男性の見栄っ張りをわかっていて、あえてそれを楽しむ女性もいるそうです。「そんなに私のことが好きで、そこまで見栄を張っちゃうほど……」と、うっとりしてしまう女性は、見栄っ張り男との相性がいいかもしれません。

 あの手この手で気を引こうとする男性を「見抜いているけどね」と、あえて泳がせておくのも楽しいでしょう。しかし、なんとなく自分が不快になるような見栄を張るようなら、そんな男性とは早めに決別するのが得策だと思いますよ。

東城ゆず
記事一覧
ライター・エディター
1994年生まれ。11歳の頃からブログを運営。ライターやエディターとして、女性誌メディアや地元新聞のコラム枠まで幅広く活躍中。恋愛やママ友問題、介護士であった経験からリアルな介護問題まで幅広い知見がある。年子兄弟を連れ離婚の経験があり、現在は再婚に至る。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


マチアプに“借金男子”が増殖中!生活苦を訴え、カネを無心。助けを求められたら即すべきことは…
 マッチングアプリで近ごろ見かけるのが「借金男子」です。支払いが大変なので、支援してくれる女性いませんか、と呼びかけてい...
内藤みか 2024-07-25 06:00 ラブ
夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ