しっかり女性も 気になるカレの前で“可愛く酔える”3つの魔法

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2019-08-08 06:00
投稿日:2019-08-08 06:00
 あなたはお酒を飲んだ時に、可愛らしく「酔っちゃった〜♡」と男性に甘えることができる女性ですか? オトナの女性の中には、そんな風に「可愛らしく酔っ払う」ことが苦手な方も多いと思います。だらしないと思われたくない、キャラじゃないかも……そう思うとなかなか素直に酔っ払うことができませんよね。
 でも、しっかりしていなければいけないオトナの女性だからこそ、お酒を飲んだ時くらい可愛らしく甘えたくないですか?

1. なるべく男性とは「サシ飲み」する

彼との距離をもっと縮めたいのなら(写真:iStock)
彼との距離をもっと縮めたいのなら (写真:iStock)

 体裁やキャラを気にしちゃう女性は、他人の目が多ければ多いほど素直に酔っぱらえませんよね。なので、気になる男性とはなるべく1対1のサシ飲みをしたいところ。「みんなの前での自分」を見せなくてもいい雰囲気を作っていきましょう。

 かわいらしく酔えない人ほど、気になる人との飲みの時には非日常な空間を作っていくのがコツです。お店も普段とは違う少し雰囲気のいいところを選んでみて。

2. せめて服くらい「スキ」のあるものを

ヒールのある靴できっかけ作り♪(写真:iStock)
ヒールのある靴できっかけ作り♪ (写真:iStock)

 どうしてもしっかりして見せてしまう女性なら、せめて見た目からスキを演出して行きましょう。夏なんですから、首の詰まったトップスはやめて、背中や襟元が広めに開いたトップスや、オトナの肩見せを狙ってノースリーブを着るのもいいかも。

 また、軽くヒールのある靴をあえて履くのもいいかもしれませんね。理由がないと男性に頼れないなら、足元のおぼつかない女性を自分から演出していきましょう。

3. ラストオーダーのない公園で終電を逃してみる

シチュエーションが恋の後押し(写真:iStock)
シチュエーションが恋の後押し (写真:iStock)

 パブリックな自分から遠ざけるためにも、気になる人と飲む時はビジネス街っぽくないところにしてみるのもいいかも。できればあまり繁華街らしくない街で、帰りにふらっと寄れる公園があるような駅。

 もう一軒行こうよ、というのにはちょっと勇気がいるけれど、「公園でちょっと缶ビールを引っかけようよ」の方が手軽だし、夏だしという理由もつけられますね。

 公園のベンチは暗いし、相手とも近くに並んで座るようなことになるので、自分の素の部分も見せやすくなるはず。それに、ラストオーダーのない公園なら、間違えて終電を逃しちゃった、なんて流れも作りやすいですよね。

 そうやって自分で自分を先読みして、なるべく自然に「酔っ払っちゃった」雰囲気を作っていくことで、甘えやすい状況がいつの間にか出来上がっていきます。

記憶をなくすのはNGだけど…あなたの可愛さを後押ししてくれる

夏くらい、いつもより可愛く(写真:iStock)
夏くらい、いつもより可愛く (写真:iStock)

 記憶をなくすほど飲むのはNGですが、自分のテンションを上げるために、なるべく時間をかけてみて。いつもしっかりしている人だからこそ、お酒の力を借りるメリットがあるんです。普段とはちょっとギャップのあるスキを演出できたら、カレもあなたの気持ちに気づきやすくなるはずです。

 いつでも酔っぱらえる人がサシ飲みで酔ってもいつものことですが、いつも酔っ払わない人が酔っているのはそれだけでギャップになります。そういう状況を作れれば、スキのある服もいい意味でうまく働いてくれるはずです。

 夏くらい、いつもより可愛く酔ってみませんか? オトナの“ひと夏のアバンチュール”を演出してくれると思いますよ。

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM