晩婚派?早婚派? 若い2人が結婚すると起きる幸せなこと5つ

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2020-02-21 18:38
投稿日:2019-08-18 06:00
 現代の日本は晩婚化が進んでいるようです。ところが類は友を呼ぶのか、18歳で最初の結婚をした筆者の周りは、同じように10代で結婚したり、遅くとも25歳までにはほとんどが結婚をしています。なので、個人的には「本当に晩婚化が進んでいるの?」と思うところでもあります。
 今回は「早婚」と言われる年齢で結婚した自身のエピソードを元に、そのメリットについて語りたいと思います。

早婚?晩婚? 婚期はどっちがいい?

周りはいろいろ言うけれど…(写真:iStock)
周りはいろいろ言うけれど… (写真:iStock)

 晩婚化が進む背景に、四年制大学を卒業した後、キャリアを築くのに時間を要し経済的な余裕が出るのが遅れることが上げられます。さらに、今どきは楽しいこともたくさんありますから、「無理に早く結婚しなくてもいいじゃないか」という意見もあるようですね。

 実際に「多くの体験をしたい」とか「仕事に打ち込みたい」という晩婚派の意見も否定しません。それも素敵な生き方だな、と思っています。近頃の若者は性に無関心で、「デート代がもったいない」とか「エッチに関心がない」という理由で恋人がいない人も多くいます。同じ20代半ばとして、これに対しては「ちょっと、理解できない」とは思っていますが……(笑)。

 年齢が上がったとき、結婚していないと「早くお嫁に行きなさい」などと言われることもありますが、一方で若くして結婚した人には「若さがもったいない」とか「もっとやることあるでしょ」と非難の声が上がることも。

「一体、いつが適正なのよ?」と怒りたくなるものですが、つまるところ結婚は自分のタイミングなのでしょう。早婚の人は、「そんなに早く結婚しちゃって……」と、周りからなんとも言えない目を向けられることもあるのですが、本人たちは思いのほか楽しんでいるんですよ。これは、強がりではないんです。

若い2人が結婚すると得られるメリット5つ

住宅ローンの総支払い額に大きな違いが(写真:iStock)
住宅ローンの総支払い額に大きな違いが (写真:iStock)

 若い2人が結婚すると、得られるメリットを5つ紹介します。

世間知らずがメリットに

 “世間知らず”というと聞こえが悪いですが、若い2人が結婚すると、お互いの過去の恋人が少ないのです。おそらく35歳くらいで結婚する人は「18歳から1人の男性を愛している」という人は少ないと思うんです。月日の流れや環境の変化がありますし、これは当然です。

 ただ、22歳くらいまでに結婚する人は「高校の同級生が結婚相手」とか「初エッチの相手が結婚相手」といったことが、とても多いのです。経験人数が少ないので「男の人とはこういうものだ」とか「女性はこういうもの」というのが目の前のパートナーでしか測れないことも。

 相手の色に染まりやすいので、「元カレとのエッチが良かった」とか「元カレの方が譲歩してくれた」という不満が出づらい。だからこそ、相手にも合わせやすいのです。

住宅ローンの早期完済や保険料が安い

 空前の低金利な今の日本ですが、この時期を逃すと住宅ローンの総支払い額に大きな違いが出ます。とはいっても、独身の時から「マイホームを買う」ということは、多くの人の中で“ない選択”だと思うのです。

 筆者は夫と23歳の時にマイホームを購入しました。この予定で行くと、35年の最長でローンを組んでも58歳という若さで完済することになります。“若い”ということで、住宅ローンを組む時に「団体信用生命保険」に加入することが求められるのですが、健康状態になにも問題がなく、これもスムーズにパス。

 不動産の営業さんの話によると「結婚している、家族を持っている人のがローン審査に通りやすい」とのことでした。また、「若くして結婚しても共働きだと良い。不景気でも二馬力なら、マイホームに住めてローンが組めちゃうもんね」とも。

 さらに我が子の学資保険や自分たちの生命保険も、保険料が安いです。これも保険の担当者さんに「若いってメリットですね」と言われました。加入する年齢が後ろ倒しになるほど、健康面のリスクは大きく保険料は上がりますものね。早めに身を固めてしまえば、必要な保障も分かりやすく、保険料を安く済ませることができますよ。

子供にギャップを感じない

 子供と自分の年齢が近いことも、若い年齢で結婚するメリットになります。テレビ番組も、自分の子供時代とまだそんなに変化がないので、一緒に楽しむことができます。子供の話すことも「なるほど、そういう時ってあるよね〜!」と自分の子供時代に回帰することも可能です。

 青春時代を子育てに追われた筆者は、つい最近になって家族で旅行に行ったり遠方に出かけることが増えました。子供と一緒に「初めて」を経験できるのが、何よりのメリットです。

結婚しながらキャリアを積める

 結婚を見据えてキャリアを形成したとしても、あらゆる誤算が生じると思います。若いうちからキャリアプランを練ることは、特に女性には大事なことでしょう。結婚や出産というイベントごとに、キャリアを大きく変更できるのも若い夫婦ならではです。場合によっては転職がしやすかったり、全く違う職種に転じたりと身動きが取りやすいのです。

 筆者は仕事がしたくて、あえて年子を選択して出産しました。ノリが若いということで、“なんとかなるでしょ”精神は否定できないのですが、これが夫婦でいざこざが起きないメリットとも取れます。

「常識的に考えて……」と語れるような背景が、若い2人にはないので、夫婦で相談しながら人生を生きてくこともできます。

結婚することで節約になる

 通常であれば夫婦は一つ屋根の下で生活をします。それぞれが一人暮らしをするより、よほど節約になりますよね。独身の時は「貯金がなかなかできない」と言われがちですが、結婚することでより自分の人生に責任を感じます。2人の収入から2人の生活を考えるスタンスであれば、大幅な節約ができるでしょう。

若い結婚もいいけど婚期は自分で納得できる時期に

タイミングは人それぞれ(写真:iStock)
タイミングは人それぞれ (写真:iStock)

 これまで若い2人が結婚した時のメリットを述べてきました。しかし、「肝心の相手がいないよ!」とか「やっぱりそれでも仕事がしたい」と思う人もいると思います。

 筆者は、“自分が結婚したいとおもった時期が婚期の適齢”だと感じています。晩婚化が進む中で、世間では「もっと早く結婚すべき」「イマドキの若者は変だ」といった意見があがります。だからこそ若い結婚のリアルをお伝えしましたが、「結婚は自分がしたい時にする」というのが、何よりも大事な決め手だと思っています。

 筆者は「そんなに若いのに結婚するの?」と言われることもありましたが、自分が決めた結婚に不満はありません。晩婚も早婚も、それぞれメリットがあるのです。だからこそ、自分が「結婚したい」と思った、そのタイミングを大事にするべきでしょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


年上を狙うハイエナに注意!アプリで出会った自己中心浮気男
 近ごろ、マッチングアプリで年下男性を希望する女性が急増しています。  若い男性とのスイートな真剣交際を夢見る女性に忍...
内藤みか 2022-07-07 06:00 ラブ
復縁後の彼氏が冷たいって何なん? “地獄の過ち”二度は嫌!
 別れた元彼と復縁をした経験がある人は少なくありません。別れを後悔し、念願叶ってやっと復縁できたとなれば、当然嬉しいです...
恋バナ調査隊 2022-07-07 06:00 ラブ
元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ