セクシーか?NGか? 男性の心をつかむ夏のモテファッション

七海 ライター
更新日:2019-08-22 06:00
投稿日:2019-08-22 06:00
 連日30℃を超える夏の暑さは憂うつですが、それでも夏にしかできないことは盛りだくさん。せっかくだから、楽しみたいですよね。
「気になってた先輩からデートに誘われた! 何着て行こう」「可愛いだけじゃなくてセクシーな面もアピールしたい」
 真夏にしかできない色っぽいファッション3選とNGなファッション3選をそれぞれご紹介します。

男心をくすぐる夏のセクシーなファッション3選

マキシ丈ワンピースで上品肌見せ(写真:iStock)
マキシ丈ワンピースで上品肌見せ (写真:iStock)

オフショルダーのトップス

 春先はまだ寒くてできなかった人も、夏はオフショルダーに挑戦してみては?

 露出すると言っても、胸の谷間をがっつり見せるのは、男性からは「目の保養にはなるけど、本命彼女にはしてほしくない」と思われてしまいます。

 しかし、肩であればヘルシーに露出できるし、デコルテも綺麗に見えます。

 もちろん、下着の肩紐が見えていたらセクシーではなくだらしない女に成り下がってしまうので、ヌーブラかオフショル用の肩紐のない下着を着用することを勧めます。

 鎖骨にラメを塗ると陽射しの下でデコルテがキラキラして、肌をきれいに見せてくれるので、さっとひと刷毛塗っておきましょう。

 いつもは布で守られているところが露出してしまうので、背中側の日焼けには注意です。

マキシ丈ワンピース

 夏のセクシーファッションといえば露出! と肩も腕もお腹も脚も出してしまうのは、それはセクシーではなく品がないだけ。

 腕を出すならボトムスは長め、腕を隠すならボトムスはミニ丈でデコルテは出す、などトータルバランスが大切です。

 マキシ丈のワンピースは、特にキャミソールになっているものだと腕やデコルテ周りはしっかりと出ますよね。しかし下半身は足首まですっぽりと丈があるので、露出のやりすぎになりません。

 なおかつ、脚は出ないけれどウエストのくびれや腰回りはぴたっとラインが浮かび出るので、露出はしていないんだけれどどこかエロティックに。

 ミニ丈のスカートよりもタイトなラインのロングスカートの方がよりセクシーになることもあります。また、陽射しの元だとスカートがうっすら透けて脚のラインが浮かび上がるのもさりげないながら扇情的です。

リブニットのノースリーブ

 ノースリーブが男性の大好物であることは皆さんご存知だと思います。当然、脇や二の腕の毛の処理はしっかり対策することはお忘れなく。

 特にリブ素材(縦線が入っているもの)は、胸のラインをきれいに見せてくれたり、ふくらみを強調してくれるのでかなりセクシー。

 夏なので首回りは暑苦しくなるものの、ハイネックになっているものだと大人っぽい印象になります。腕を出して胸のラインをピタッと出しているぶん、デコルテは露出しないほうがセクシーのバランスを取れるのがポイントです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 将来的に結婚を考えている男性は、少し余裕のある女性を好む傾向があります。それまでの恋愛は同年代のワガママに付き合ってい...
若林杏樹 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 身長の低い女性は、基本的にはモテると言われます。小さくて可愛らしい動きにキュンキュンする男性も多く、実際にそれを自覚し...
恋バナ調査隊 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 恋愛中、片思いの彼に振り向いて欲しいからとLINEで駆け引きをする人って多いですよね。あえて未読スルーで焦らせてみたり...
恋バナ調査隊 2020-10-25 06:02 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。現在のシングルマザーの平均年齢は33歳、再婚率は26%と言われています。離婚...
山崎世美子 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-24 07:48 ラブ
FILM
「冷酷と激情のあいだvol.18〜女性編〜」では、ダブル不倫の相手と再婚をしたくて夫に離婚を切り出した女性・Wさんの心情...
並木まき 2020-10-24 07:49 ラブ
FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 あなたは恋人と別れ話をする時に、LINEや電話で話す派ですか? それとも会って話す派ですか?「重要な話ほど、きちんと話...
ミクニシオリ 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をし...
内藤みか 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの...
恋バナ調査隊 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 則夫の内縁の妻の連れ子が不憫で、養護施設に寄付をしたいと加奈子さんが言ったとき、則夫は最初、そのお金は預かれない、そこ...
神田つばき 2020-10-21 06:00 ラブ
FILM
 失恋した時や彼氏がいない時、「そうだ! 何か習い事をして自分磨きをしよう」という思考になることがあります。それはとても...
田中絵音 2020-10-20 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-21 23:04 ラブ
FILM
 世間では草食男子の増殖に比例するように、グイグイ攻めることができる肉食女子も増えておりますね。自分から攻めずとも女性か...
若林杏樹 2020-10-19 06:50 ラブ
FILM
 彼氏がいるのに好きな人ができてしまうと、本当に辛くて悩みますよね……。彼氏のことも好きだけど、新しい人のことも好きにな...
恋バナ調査隊 2020-10-19 06:43 ラブ
FILM
 メリさんこんにちは。今年30歳になる独身の女です。付き合って1年5カ月、1歳年上の彼氏がいるのですが、私は子どもが大好...
神崎メリ 2020-10-18 06:00 ラブ