セクシーか?NGか? 男性の心をつかむ夏のモテファッション

七海 ライター
更新日:2019-08-22 06:00
投稿日:2019-08-22 06:00
 連日30℃を超える夏の暑さは憂うつですが、それでも夏にしかできないことは盛りだくさん。せっかくだから、楽しみたいですよね。
「気になってた先輩からデートに誘われた! 何着て行こう」「可愛いだけじゃなくてセクシーな面もアピールしたい」
 真夏にしかできない色っぽいファッション3選とNGなファッション3選をそれぞれご紹介します。

男心をくすぐる夏のセクシーなファッション3選

マキシ丈ワンピースで上品肌見せ(写真:iStock)
マキシ丈ワンピースで上品肌見せ (写真:iStock)

オフショルダーのトップス

 春先はまだ寒くてできなかった人も、夏はオフショルダーに挑戦してみては?

 露出すると言っても、胸の谷間をがっつり見せるのは、男性からは「目の保養にはなるけど、本命彼女にはしてほしくない」と思われてしまいます。

 しかし、肩であればヘルシーに露出できるし、デコルテも綺麗に見えます。

 もちろん、下着の肩紐が見えていたらセクシーではなくだらしない女に成り下がってしまうので、ヌーブラかオフショル用の肩紐のない下着を着用することを勧めます。

 鎖骨にラメを塗ると陽射しの下でデコルテがキラキラして、肌をきれいに見せてくれるので、さっとひと刷毛塗っておきましょう。

 いつもは布で守られているところが露出してしまうので、背中側の日焼けには注意です。

マキシ丈ワンピース

 夏のセクシーファッションといえば露出! と肩も腕もお腹も脚も出してしまうのは、それはセクシーではなく品がないだけ。

 腕を出すならボトムスは長め、腕を隠すならボトムスはミニ丈でデコルテは出す、などトータルバランスが大切です。

 マキシ丈のワンピースは、特にキャミソールになっているものだと腕やデコルテ周りはしっかりと出ますよね。しかし下半身は足首まですっぽりと丈があるので、露出のやりすぎになりません。

 なおかつ、脚は出ないけれどウエストのくびれや腰回りはぴたっとラインが浮かび出るので、露出はしていないんだけれどどこかエロティックに。

 ミニ丈のスカートよりもタイトなラインのロングスカートの方がよりセクシーになることもあります。また、陽射しの元だとスカートがうっすら透けて脚のラインが浮かび上がるのもさりげないながら扇情的です。

リブニットのノースリーブ

 ノースリーブが男性の大好物であることは皆さんご存知だと思います。当然、脇や二の腕の毛の処理はしっかり対策することはお忘れなく。

 特にリブ素材(縦線が入っているもの)は、胸のラインをきれいに見せてくれたり、ふくらみを強調してくれるのでかなりセクシー。

 夏なので首回りは暑苦しくなるものの、ハイネックになっているものだと大人っぽい印象になります。腕を出して胸のラインをピタッと出しているぶん、デコルテは露出しないほうがセクシーのバランスを取れるのがポイントです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性に「一緒にいたい」と思わせる!手っ取り早くモテる方法
 特定の彼氏ができなかったり、付き合ってもすぐに別れて長続きしないと、目標にしている「結婚」まで辿り着けずにどんどん落ち...
若林杏樹 2021-04-14 06:19 ラブ
男性から届いた“意味深LINE”5選…これってどういう意味!?
 男性から届く意味深LINE……。「これって、いったいどういう意味!?」と、一喜一憂していませんか? そんなLINEメッ...
恋バナ調査隊 2021-04-14 06:15 ラブ
「Clubhouse」で明暗…彼氏ができた人と離婚危機に陥った人
 近ごろはブームもひと段落した感のある、アメリカ発の音声SNS「Clubhouse(クラブハウス)」。iPhone利用者...
田中絵音 2021-04-13 06:07 ラブ
どうしてモテるの?小悪魔女性の特徴&5つのモテテクニック♡
 女性からすると、小悪魔女性は「あざとい」と思われがち。しかし、男性はそんなあざとさを感じていても、心惹かれてしまうこと...
恋バナ調査隊 2021-04-13 06:10 ラブ
良いギャップのある女性になるためには? 小手先テクはNG!
 ギャップのある女性って素敵ですよね。ギャップに惹かれて恋に落ちる……というシチュエーションはもはや定番パターンです。で...
七味さや 2021-04-12 06:00 ラブ
理想は成長し合えるカップル♡ 彼を尊敬できなくなったら?
 大人の男女のお付き合いでは、「成長し合える関係」を理想とする人が増えてきます。実は、お互いに成長し合える関係でいること...
孔井嘉乃 2021-04-12 06:00 ラブ
好きな人に“わざと誤送信”LINE♡したたか女性の究極テク5選
 好きな人に、“わざとLINE”を誤送信したことはありますか? 多くの女性は「きっとバレてる」「逆効果だと思う」と、送信...
恋バナ調査隊 2021-04-11 06:00 ラブ
こうなると手遅れ…夫が離婚を本気で考えた時の3つのサイン
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。離婚を切り出すのは女性からというイメージが強いかもしれませんが、家庭裁判所で...
山崎世美子 2021-04-10 12:39 ラブ
「運命かも…」不倫相手の妊娠で離婚を決めた元夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.35〜女性編〜」では、コロナ禍でも浮気をやめなかった夫と離婚したものの、その浮気や離婚にまつ...
並木まき 2021-04-11 06:00 ラブ
不倫相手は妊娠まで…元夫の浮気の真実を知りたい女性の悲痛
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-04-10 06:16 ラブ
男性より女性が稼ぐ「逆パワーカップル」がうまくいくコツ
 あなたは、自分より稼ぎの少ない男性との同棲を考えられますか? 昔ながらのイメージだと「男性は女性より稼いでいるもの」で...
ミクニシオリ 2021-04-09 06:00 ラブ
彼氏から大切にされる彼女の特徴6つ&男性がそう思う瞬間♡
せっかく大好きな男性とお付き合いできても、大切にされている実感がないと不安な気持ちになってしまいますよね。そこで今回は、...
恋バナ調査隊 2021-04-09 06:00 ラブ
イケメンはなぜイケメンとカップリングするのか考察してみた
 いわゆるBLものでは、イケメン同士が恋愛することが多く、その様子を女性たちはうっとりと見つめている。そして実は、現実世...
内藤みか 2021-04-08 06:00 ラブ
価値観が合うと恋愛がうまくいく理由♡5つのチェックポイント
 彼氏ができれば、当然「関係を長続きさせたい」と思うもの。しかし、交際がスタートしてから、「こんな人だったんだ……」と気...
恋バナ調査隊 2021-04-08 06:00 ラブ
カレを傷つけない!焦らしてモテちゃう“夜の断りテクニック”
 カレのことは好きだけど、今日はなんだか疲れているし、気分じゃない……。でもカレはやる気満々だし、どうしよう〜。そんな時...
若林杏樹 2021-04-07 06:00 ラブ
このまま独身? 女性が結婚に焦る6つの瞬間&上手な対処方法
 結婚に憧れている女性は多いでしょう。しかし、結婚願望があるのに、なかなか叶えられずにいると不安になってしまうもの。でも...
恋バナ調査隊 2021-04-07 06:00 ラブ