モテ女性に学ぶ 男性からほぼ100%プロポーズされる最強テク

内藤みか 作家
更新日:2019-12-11 06:00
投稿日:2019-07-11 06:00
 アラフィフのYさんは、デートをした男性から100%プロポーズされてしまうというすごい女性です。結婚し、人妻となった今でもプロポーズされるというから男性からみて相当魅力的な部分があるのでしょう。今回はその彼女からプロポーズされるための秘儀をこっそり教えていただきました。

彼の話をひたすら聞く

男性がプロポーズしたくなる女性ってどんな人?(写真:iStock)
男性がプロポーズしたくなる女性ってどんな人? (写真:iStock)

 Yさんはおしとやかな、和服の似合う日本的美女です。けれど、ただ美人なだけでは、ここまでプロポーズ率は高くはなりません。プロポーズを心待ちにしている女性たちからすれば、それではいったいどのような特別なことをすればいいのか、そのコツを知りたくてしかたがないと思います。

 けれど実は、彼女が心がけているのは、とてもシンプルなこと。けれど、普段はなかなか実行できていないことなのです。

 第1のポイントは「相手の話をよく聞く」ということ。当たり前のようですが、これができていない人が実は多いのです。たとえば自分の話ばかりしてしまったり、相手の話に口を挟んでさえぎってしまったり、ということをYさんは一切せず、かといって愛想笑いをしたり、無理やり彼に話を合わせたりもしません。ただただひたすら延々と聞き続けるのです。そうすれば自分を受け入れてもらえると感じ、男性はぐっとくるのだとか。

デートの相手に感謝する

男性は意外と見ている(写真:iStock)
男性は意外と見ている (写真:iStock)

 Yさんは男性に対して感謝の気持ちを忘れません。「私とデートしてくれてありがとう」という思いが常にあるのです。

 これは特にモテる女性が忘れてしまいがちな感覚です。男性に誘われることが多い女性だと何人かの男性の中からデートする男性を選んでいることもあり、ついついデート相手に対して「会ってあげている」という高飛車な気持ちを抱いてしまいがちです。そうした感情は知らず知らずにうちに相手の男性にも伝わってしまうものかもしれません。

 それと同時に、彼女は、デートの代金も半額は支払うつもりがあるそうですし、実際にお財布を取り出すそうです。相手が支払いが大変そうだったら手伝おうとする気遣いは、想像以上に男性を感激させるもの。「おごってもらって当然」という女性が多いなか、時には少し負担することもあるYさんの優しさに男性はくらっとするのです。

 そういえば千原ジュニアさんが結婚を決めた理由も、タクシー代にと言って渡した1万円のお釣りを次に会った時にきちんと封筒に入れて持ってきたからだそうです。結婚相手として、金銭感覚がしっかりしている女性は好感度が高いのです。

 お金にしっかりしている女性は「この人となら結婚しても大丈夫そう」という安心を男性に抱かせるのでしょう。

相手のいいところを見る

相手の長所をみつけられる女性は素敵(写真:iStock)
相手の長所をみつけられる女性は素敵 (写真:iStock)

 最後のポイントは「相手のいいところを見る」ということ。どんな人にでも長所はありますし、そこをしっかりみつけることが大切なのです。誰でも、自分の長所を気づいてほめてもらえたら、やはりうれしいし、会話も弾むのです。この人は自分をわかってくれている、と感じて心も開くはず。

 そして、大切なのは相手のことを否定しないこと。見つけるのは長所だけであって、マイナス面に目を向けたり、相手をけなしてしまうと、彼のテンションも下がってしまいます。それに、マイナスのほうに目を向けていると、二人の関係も曇ってしまいかねません。

すぐにできることばかりだけど……

まずは何気ないことから(写真:iStock)
まずは何気ないことから (写真:iStock)

 こうして並べてみると、聞き上手になり、相手に感謝し、相手の長所を見つける、と、すぐにでも実行できることばかり。けれどいざ実践しようとしても、ついつい彼に不満をぶつけてしまったりと、なかなか難しいのです。

 だからこそ、この3つを自然とこなせる女性になれば、男性からプロポーズされる確率がグンと上がるのかもしれません。

ラブ 新着一覧


FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ
FILM
 彼氏が風邪を引いてしまったら、心配になってしまいますよね。特に一人暮らしの彼氏の場合、病状はどうなのか、お見舞いに行く...
孔井嘉乃 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼氏がいます。出会いはマッチングアプリで、初対面から好印象。デート中に次のデートが決まるなどトントン...
神崎メリ 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 お正月休みには家族の絆を深める人も多いなか、鬼嫁のせいで、面白くもおかしくもない年末年始休暇を過ごした夫もいるようです...
並木まき 2020-01-11 08:18 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。大人になると、相手に嫌なことがあっても波風立てずにフェードアウトして2人の関...
山崎世美子 2020-01-11 06:00 ラブ
FILM
 なぜ「他人のもの」はかくも魅力的に見えるものなのでしょう。友人の旦那様、職場の既婚男性……。他人のものだとわかった途端...
ミクニシオリ 2020-01-10 06:00 ラブ