モテ女性に学ぶ 男性からほぼ100%プロポーズされる最強テク

内藤みか 作家
更新日:2019-12-11 06:00
投稿日:2019-07-11 06:00
 アラフィフのYさんは、デートをした男性から100%プロポーズされてしまうというすごい女性です。結婚し、人妻となった今でもプロポーズされるというから男性からみて相当魅力的な部分があるのでしょう。今回はその彼女からプロポーズされるための秘儀をこっそり教えていただきました。

彼の話をひたすら聞く

男性がプロポーズしたくなる女性ってどんな人?(写真:iStock)
男性がプロポーズしたくなる女性ってどんな人? (写真:iStock)

 Yさんはおしとやかな、和服の似合う日本的美女です。けれど、ただ美人なだけでは、ここまでプロポーズ率は高くはなりません。プロポーズを心待ちにしている女性たちからすれば、それではいったいどのような特別なことをすればいいのか、そのコツを知りたくてしかたがないと思います。

 けれど実は、彼女が心がけているのは、とてもシンプルなこと。けれど、普段はなかなか実行できていないことなのです。

 第1のポイントは「相手の話をよく聞く」ということ。当たり前のようですが、これができていない人が実は多いのです。たとえば自分の話ばかりしてしまったり、相手の話に口を挟んでさえぎってしまったり、ということをYさんは一切せず、かといって愛想笑いをしたり、無理やり彼に話を合わせたりもしません。ただただひたすら延々と聞き続けるのです。そうすれば自分を受け入れてもらえると感じ、男性はぐっとくるのだとか。

デートの相手に感謝する

男性は意外と見ている(写真:iStock)
男性は意外と見ている (写真:iStock)

 Yさんは男性に対して感謝の気持ちを忘れません。「私とデートしてくれてありがとう」という思いが常にあるのです。

 これは特にモテる女性が忘れてしまいがちな感覚です。男性に誘われることが多い女性だと何人かの男性の中からデートする男性を選んでいることもあり、ついついデート相手に対して「会ってあげている」という高飛車な気持ちを抱いてしまいがちです。そうした感情は知らず知らずにうちに相手の男性にも伝わってしまうものかもしれません。

 それと同時に、彼女は、デートの代金も半額は支払うつもりがあるそうですし、実際にお財布を取り出すそうです。相手が支払いが大変そうだったら手伝おうとする気遣いは、想像以上に男性を感激させるもの。「おごってもらって当然」という女性が多いなか、時には少し負担することもあるYさんの優しさに男性はくらっとするのです。

 そういえば千原ジュニアさんが結婚を決めた理由も、タクシー代にと言って渡した1万円のお釣りを次に会った時にきちんと封筒に入れて持ってきたからだそうです。結婚相手として、金銭感覚がしっかりしている女性は好感度が高いのです。

 お金にしっかりしている女性は「この人となら結婚しても大丈夫そう」という安心を男性に抱かせるのでしょう。

相手のいいところを見る

相手の長所をみつけられる女性は素敵(写真:iStock)
相手の長所をみつけられる女性は素敵 (写真:iStock)

 最後のポイントは「相手のいいところを見る」ということ。どんな人にでも長所はありますし、そこをしっかりみつけることが大切なのです。誰でも、自分の長所を気づいてほめてもらえたら、やはりうれしいし、会話も弾むのです。この人は自分をわかってくれている、と感じて心も開くはず。

 そして、大切なのは相手のことを否定しないこと。見つけるのは長所だけであって、マイナス面に目を向けたり、相手をけなしてしまうと、彼のテンションも下がってしまいます。それに、マイナスのほうに目を向けていると、二人の関係も曇ってしまいかねません。

すぐにできることばかりだけど……

まずは何気ないことから(写真:iStock)
まずは何気ないことから (写真:iStock)

 こうして並べてみると、聞き上手になり、相手に感謝し、相手の長所を見つける、と、すぐにでも実行できることばかり。けれどいざ実践しようとしても、ついつい彼に不満をぶつけてしまったりと、なかなか難しいのです。

 だからこそ、この3つを自然とこなせる女性になれば、男性からプロポーズされる確率がグンと上がるのかもしれません。

ラブ 新着一覧


FILM
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をし...
内藤みか 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの...
恋バナ調査隊 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 則夫の内縁の妻の連れ子が不憫で、養護施設に寄付をしたいと加奈子さんが言ったとき、則夫は最初、そのお金は預かれない、そこ...
神田つばき 2020-10-21 06:00 ラブ
FILM
 失恋した時や彼氏がいない時、「そうだ! 何か習い事をして自分磨きをしよう」という思考になることがあります。それはとても...
田中絵音 2020-10-20 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-21 23:04 ラブ
FILM
 世間では草食男子の増殖に比例するように、グイグイ攻めることができる肉食女子も増えておりますね。自分から攻めずとも女性か...
若林杏樹 2020-10-19 06:50 ラブ
FILM
 彼氏がいるのに好きな人ができてしまうと、本当に辛くて悩みますよね……。彼氏のことも好きだけど、新しい人のことも好きにな...
恋バナ調査隊 2020-10-19 06:43 ラブ
FILM
 メリさんこんにちは。今年30歳になる独身の女です。付き合って1年5カ月、1歳年上の彼氏がいるのですが、私は子どもが大好...
神崎メリ 2020-10-18 06:00 ラブ
FILM
 あなたの彼は、いつもあなたを大切にしてくれますか? 「大切にされていない!」と感じた人もいるかもしれませんね。でも実は...
恋バナ調査隊 2020-10-18 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。この人とはもう無理!やっていけない!と離婚が頭をよぎる人って多いはずです。本...
山崎世美子 2020-10-17 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-17 06:16 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-17 06:17 ラブ
FILM
 離婚で陥りがちな最も怖いことってなんだと思いますか? 経済不安? 世間体? 色々あるとは思いますが、何年も苦しむような...
七味さや 2020-10-16 06:00 ラブ
FILM
「最近、彼の様子がおかしい」と感じても、浮気かどうかを判断する明確な定義はないので難しいですよね。実際、男女で浮気のボー...
恋バナ調査隊 2020-10-16 06:00 ラブ
FILM
 依然人気の恋愛リアリティーショー。近頃は、女性が大勢の男性のなかから1人を選ぶという逆バチェラー形式も出ています。こう...
内藤みか 2020-10-15 06:00 ラブ
FILM
 あなたの彼は「寂しがり屋」ですか? 寂しがり屋の男性はマメに連絡をくれ、2人の時間を大切にしてくれます。でもその反面、...
恋バナ調査隊 2020-10-15 06:00 ラブ