モテ女性に学ぶ 男性からほぼ100%プロポーズされる最強テク

内藤みか 作家
更新日:2019-12-11 06:00
投稿日:2019-07-11 06:00
 アラフィフのYさんは、デートをした男性から100%プロポーズされてしまうというすごい女性です。結婚し、人妻となった今でもプロポーズされるというから男性からみて相当魅力的な部分があるのでしょう。今回はその彼女からプロポーズされるための秘儀をこっそり教えていただきました。

彼の話をひたすら聞く

男性がプロポーズしたくなる女性ってどんな人?(写真:iStock)
男性がプロポーズしたくなる女性ってどんな人? (写真:iStock)

 Yさんはおしとやかな、和服の似合う日本的美女です。けれど、ただ美人なだけでは、ここまでプロポーズ率は高くはなりません。プロポーズを心待ちにしている女性たちからすれば、それではいったいどのような特別なことをすればいいのか、そのコツを知りたくてしかたがないと思います。

 けれど実は、彼女が心がけているのは、とてもシンプルなこと。けれど、普段はなかなか実行できていないことなのです。

 第1のポイントは「相手の話をよく聞く」ということ。当たり前のようですが、これができていない人が実は多いのです。たとえば自分の話ばかりしてしまったり、相手の話に口を挟んでさえぎってしまったり、ということをYさんは一切せず、かといって愛想笑いをしたり、無理やり彼に話を合わせたりもしません。ただただひたすら延々と聞き続けるのです。そうすれば自分を受け入れてもらえると感じ、男性はぐっとくるのだとか。

デートの相手に感謝する

男性は意外と見ている(写真:iStock)
男性は意外と見ている (写真:iStock)

 Yさんは男性に対して感謝の気持ちを忘れません。「私とデートしてくれてありがとう」という思いが常にあるのです。

 これは特にモテる女性が忘れてしまいがちな感覚です。男性に誘われることが多い女性だと何人かの男性の中からデートする男性を選んでいることもあり、ついついデート相手に対して「会ってあげている」という高飛車な気持ちを抱いてしまいがちです。そうした感情は知らず知らずにうちに相手の男性にも伝わってしまうものかもしれません。

 それと同時に、彼女は、デートの代金も半額は支払うつもりがあるそうですし、実際にお財布を取り出すそうです。相手が支払いが大変そうだったら手伝おうとする気遣いは、想像以上に男性を感激させるもの。「おごってもらって当然」という女性が多いなか、時には少し負担することもあるYさんの優しさに男性はくらっとするのです。

 そういえば千原ジュニアさんが結婚を決めた理由も、タクシー代にと言って渡した1万円のお釣りを次に会った時にきちんと封筒に入れて持ってきたからだそうです。結婚相手として、金銭感覚がしっかりしている女性は好感度が高いのです。

 お金にしっかりしている女性は「この人となら結婚しても大丈夫そう」という安心を男性に抱かせるのでしょう。

相手のいいところを見る

相手の長所をみつけられる女性は素敵(写真:iStock)
相手の長所をみつけられる女性は素敵 (写真:iStock)

 最後のポイントは「相手のいいところを見る」ということ。どんな人にでも長所はありますし、そこをしっかりみつけることが大切なのです。誰でも、自分の長所を気づいてほめてもらえたら、やはりうれしいし、会話も弾むのです。この人は自分をわかってくれている、と感じて心も開くはず。

 そして、大切なのは相手のことを否定しないこと。見つけるのは長所だけであって、マイナス面に目を向けたり、相手をけなしてしまうと、彼のテンションも下がってしまいます。それに、マイナスのほうに目を向けていると、二人の関係も曇ってしまいかねません。

すぐにできることばかりだけど……

まずは何気ないことから(写真:iStock)
まずは何気ないことから (写真:iStock)

 こうして並べてみると、聞き上手になり、相手に感謝し、相手の長所を見つける、と、すぐにでも実行できることばかり。けれどいざ実践しようとしても、ついつい彼に不満をぶつけてしまったりと、なかなか難しいのです。

 だからこそ、この3つを自然とこなせる女性になれば、男性からプロポーズされる確率がグンと上がるのかもしれません。

ラブ 新着一覧


彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...