「バリキャリが好き」の甘い言葉に気をつけろ! 3つの注意点

伊藤早紀 恋愛メディア編集長
更新日:2019-08-26 06:00
投稿日:2019-08-26 06:00
「俺、バリバリ働いている子が好きなんだよね」――。バリキャリ女子にとっては日ごろの苦労が報われる、男性からのありがたいお言葉! しかし、この「バリキャリ女子好き宣言」って実は危険な一面も。
 今回は「バリキャリ好き」の理由を解明し、注意すべきポイントをまとめました。

バリキャリと付き合って成長したい男はそれまでの男

「バリキャリ女性」が好きな男性の心理とは(写真:iStock)
「バリキャリ女性」が好きな男性の心理とは (写真:iStock)

 バリキャリ女子と付き合えば「お互いに高め合えそう」と理想を語る男性、さまざまなアンケートを見ても分かる通り多いです。

 一見、「お互いを尊敬しあって、いつまでも魅力的でいようと思える相手がいい」というとても素敵な意見ですよね。

 しかし、女性とのお付き合いを「切磋琢磨する」ような男性って結局まだまだ「成長途中」の男性です。

 もちろん、いい心構えであることは間違いありませんが、本当に仕事ができてハイスペックな男性は、女性に「自分の成長」なんて求めていません。

 私の周りのとある男性は、大手企業を辞め、起業し経営者になりました。

 もともと大手企業時代は生粋のバリキャリ好きでしたが、起業してしばらく経って「もうバリキャリはいい」と言うのです。

 理由を聞いてみると「起業したらそのへんのバリキャリ女子といても成長できないし、仕事で高め合うのは経営者仲間で十分」と言っていました。

 つまり、自分の成長を相手に求めるのはそこまでのレベルであり、さらに上のレベルになると「成長」とか「高め合いたい」欲はなくなるのですね。

 確かに、ITベンチャーの社長が「自分が成長できるから」で相手を選んでいるのは想像しづらいです。

 もちろん「ライバルのような立ち位置でお互いに高め合えるパートナーが欲しい」バリキャリ女子にとってはおすすめの男性であることに違いはありません。

「バリキャリは話が合う」と言う男性は意識高い系男子

頑張れなくなった途端冷たくなる傾向が(写真:iStock)
頑張れなくなった途端冷たくなる傾向が (写真:iStock)

「バリキャリ女子って、やっぱり話が合うんだよね」と言う男性。自分自身、徹夜も厭わずバリバリ働いていることが多いです。

 もちろん仕事の話や視座の高さ、価値観など仕事をしているからこそわかりあえる部分も多いですよね。

 でも、「仕事をしている女子とは話が合う」男性って、仕事に関して偏った価値観を持っていることもあります。

 自分のように名だたる企業でバリバリ仕事をしていることこそが全てで、同じフィールドにいる人は尊敬できるけど、それ以外の、例えば趣味に全力投球している人のことは理解できなかったりします。

 こういう男性は仕事が最優先で、仕事を頑張る女性が好きだけど、頑張れなくなった途端に冷たくなる傾向にあります。「仕事をしている」ことこそが尊いこと、なので。

「バリキャリ女子は話が合う」と言ってる男性には要注意です。

バリキャリ好き=手間をかけたくない

「仕事と私、どっちが大事なの?」と言う女子は嫌だ、だからバリキャリがいい、という男性も多いです。恋愛に自分のリソースをあまりかけたくない男性は一定数います。

 彼らの妄想上、バリキャリ好き女子って「自立していて、お金もあって、話もわかってくれる楽な存在」なんですよね。

 もちろんそういう女性を求めることは悪くはありません。

 でも、バリキャリ女子のみなさん、あなたはそんなに「手のかからない子」でしょうか?

 仕事がしんどいときは甘えたいし、稼いでいてもご馳走されたら嬉しいし、たまには仕事を抜け出してデートを優先したいときもあると思います。

 でも、相手の要望に応えてサービスをしてしまうのが良くも悪くもバリキャリ女子。

「バリキャリ好き」の甘い言葉だけではなく、なんでバリキャリが好きなのか? その男性が求めていることと自分の価値観は合っているのか? しっかり見極めて相手を選びましょう。

 みなさんの恋愛、応援しています!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の元に来られる相談者さんの7割近く占めるのが、「浮気問題」です。出会った男...
山崎世美子 2020-07-11 06:54 ラブ
FILM
 義母の性格に「難」があると、息子の妻は頭を抱えがちに…。嫁姑の人間関係は自分では選べないために、結婚後に想定外の悩みの...
並木まき 2020-07-11 06:47 ラブ
FILM
 用事を頼んだときに「子どものおつかい」しかできない夫と結婚してしまった妻は、日常生活でも苦労が絶えないようです。何もし...
並木まき 2020-07-11 06:43 ラブ
FILM
 離婚は当事者の人生史上、なかなかにシビアな局面です。かくいう筆者も人生の大ピンチに直面し「あ、これ一人じゃ戦えない……...
七味さや 2020-07-10 06:00 ラブ
FILM
 強気な態度やアプローチに惹かれてお付き合いを始めた男性が、実は「俺様系」だったなんてことはありませんか? あまりの俺様...
リタ・トーコ 2020-07-09 06:00 ラブ
FILM
 女性の中には、告白経験がない人もいます。「ひたすら、男性からの告白を待つ」という人もいるでしょう。しかし、せっかく好き...
恋バナ調査隊 2020-07-08 06:00 ラブ
FILM
「今の恋人はすべてが完璧!」そんな風に思える方は、ほんの一握り。きっと多くは、「かまってくれないけど、仕事面では尊敬して...
孔井嘉乃 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍の中で迎えた今年の夏は、いわば前代未聞の夏です。恋愛だっていつも通りというわけにはいきません。昨年と同じことを...
ミクニシオリ 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 20代の頃は多少ワガママを言っても許されたのに、30歳を超えてから急に風当たりが強くなりますよね。それでも私たちは妥協...
若林杏樹 2020-07-06 06:00 ラブ
FILM
 片思い中の女性は、「できることなら彼から告白されたい」と思っているでしょう。「彼も私に気がある」と、察しているのであれ...
恋バナ調査隊 2020-07-05 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-07-06 00:47 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-07-06 00:47 ラブ
FILM
 仕事などでしばらく会えていなかった彼に、久しぶりに会えるデートの日♡ それなのに、生理が来てしまった……なんて時もあり...
ミクニシオリ 2020-07-04 06:00 ラブ
FILM
 友人や近しい人の離婚。自分が離婚を経験していないと、何て言葉をかければいいかわからないですよね。何を言っても傷つけてし...
七味さや 2020-07-03 06:00 ラブ
FILM
「異性と遊ぶ」というと、男性をイメージする方が多いと思いますが、男遊びをする女性はたくさん存在します。今回は、そんな女性...
リタ・トーコ 2020-07-03 06:00 ラブ
FILM
 前回に続き、浮気男に対処する妻(彼女)たちのエピソードです。  昔から「男の胃袋をつかめ」という言葉がありますが、多...
うかみ綾乃 2020-07-02 06:00 ラブ