バリキャリ女性の結婚相手に“年下の起業家”をお勧めするワケ

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-08-16 06:00
投稿日:2019-08-16 06:00
いまや当たり前になったバリキャリ女性(写真:iStock)
いまや当たり前になったバリキャリ女性 (写真:iStock)

 仕事が好きでバリバリ働く“バリキャリ女性”が普通になってきた一方、彼女たちはなかなか良い恋人や結婚相手を探すことができない、という恋愛上の課題を感じている方が多いようです。

 男性の中には、「自分より収入の高い女性は嫌だ!」「なんか癒しを感じないんだよね」「俺と仕事のどっちが大事?」など、まぁいずれもショボい理由を挙げては、バリキャリ女性を敬遠する方もいらっしゃるようです。はなはだ情けない限りですね。

 さて、そんなバリキャリ女性の恋愛事情ですが、ここであえて言いましょう。

 バリキャリ女性にとっての最適なパートナーは、若い年下の起業家であるということを。

 今回は、若い起業家とバリキャリ女性との恋愛をおススメする理由について解説させていただきます。

バリキャリ女性と起業家との相性は抜群

苦しい時を支えることで信頼感を得る(写真:iStock)
苦しい時を支えることで信頼感を得る (写真:iStock)

 こう思うに至った経緯としては、知り合いのカップルがまさにこの組み合わせで非常にうまくいってるからです。

 女性は大手IT企業に務める30代。非情に仕事ができるため、社内でも責任あるポジションを任され、安定した高収入があります。男性はメガベンチャーで勤務をしながらも、自分でビジネスをしたいという思いから起業を決意した20代若手。現在は、自身のサービス立ち上げに奔走しています。

 そういうカップルなのですが、例えば収入で比較すると、彼女 >> 彼氏 と圧倒的に女性が高収入。また、年齢も女性が6歳上ですが、2年のお付き合いを経て結婚。先日、幸せそうな新婚旅行の写真をSNSに投稿していました。

 それでは、こうしたカップルの相性がなぜよいのかをご説明いたしましょう。

理由その1. 二人とも仕事が大好き

 起業家とバリキャリ女性、当然のことながら二人とも仕事が大好き! 仕事と私事をあまり区別しないため、ずっと好きなビジネスの話をしていたいもの。会話が尽きることがありません。

 同じ仕事好きのカップルでも、例えば医者同士や一流企業の社員同士の場合、相手への対抗意識からついついマウンティングをとりがちなところ。しかし、起業家とサラリーマンとでは立場が違うため、お互いに尊重した関係を築きやすいのです。

理由その2. 二人の収入のポートフォリオの相性がよい

 また、将来的にみて二人の収入のポートフォリオの相性が良いのも、結婚相手としてWin-Winの関係にあります。

 バリキャリ女性は安定して収入が見込めるため、生活の基盤を維持するために必要なお金を確保することができます。一方、起業家は事業立ち上げ時こそ収入がかなり低くなってしまいますが、いったん軌道に乗り出すと高い収入を見込むことができます。

 さらにM&AやIPOなどを果たすと、サラリーマンの生涯賃金を超える数億円以上のお金が入ってくることに。起業家との結婚は、仮に彼の事業がまだ成功していなくても、宝くじよりも高確率でお金を手に入れることができる手段になります。

理由その3. 苦しい時を共にすることで信頼感アップ

 すでに成功した起業家ではなく、苦労している若い時から支えてあげたこともポイントになります。この苦しい時期を共にしたからこその信頼感が芽生えるのです。

 起業家は基本的にリスクをとれる人を尊重します。すでに成功した自分ではなく、まだ成功していない自分を、リスクをとってまで支えてくれる女性の人間性をとても大事にするでしょう。

理由その4. 起業家は弱みを見せられる相手がほしい

 起業家や経営者は孤独です。とくに事業がうまくいっていない時などは、その苦労を誰にも話すことができずに苦しんでいるものです。

 そんな中、ビジネスのことも理解してくれ、自分の話をしっかり聞いてくれる年上のバリキャリ女性の存在は力強いですよね。事業で悩んでいたら、そっと寄り添って話を聞いてあげましょう。

成功したら若い女性に走ってしまうのでは?

仕事という価値観を共有できることが大事(写真:iStock)
仕事という価値観を共有できることが大事 (写真:iStock)

 でも、よくありますよね? 成功するまで献身的に支えたのに、成功した途端、若い女性や芸能人と“ゲス不倫”してしまうパターン!

 しかし、起業家にとっては「仕事」という価値観を共有できるパートナーこそ最も大事なもの。バリキャリ女性の「能力」にも尊敬の気持ちを持っています。したがって、仕事を一生懸命やり続け、充実した時間を過ごしていれば、バリキャリ女性への気持ちは成功後も続いていくでしょう。

 マーク・ザッカバーグやビル・ゲイツの奥さんは全然美人じゃないですよ!

まとめ

 バリキャリ女性と若い起業家の出会いの場は、実はいろいろなところにあります。例えば、スタートアップ主催のMeetUPやセミナーなどは狙いの場。そういった場で、ぜひ有望な若い起業家を探してみましょう。

ラブ 新着一覧


付き合って後悔する男性の5つの特徴&後悔した時の対処方法
 ずっと思い続けていた男性と付き合えることになれば、誰だって嬉しいものです。しかし、中には彼のことをよく知らないまま好き...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
彼氏がほしくなる5つの時期♡ ほしくなったらすべきこと
 彼氏がほしいと思っている人の中には、「今まで、そんなことまったく思わなかったのに……」という人もいるでしょう。実は、彼...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
自分で引き寄せて♡ モテ期を呼びこむスピリチュアル行動4選
 人生に何度か訪れる「モテ期」を経験したことがある人も多いでしょう。中には「私のモテ期は終わった」なんて、思っている人も...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
見た目重視な「面食い男性」に隠れた心理&落とすテクニック
 女性と同じく、男性にもそれぞれ好みやタイプがあります。「人は見た目じゃない」とも言いながらも、中には明らかに女性を見た...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ
自分のお金は自分だけのもの! 鬼嫁たちの呆れた金銭感覚
 鬼嫁は常に自分のことしか考えず、夫は「自分のために存在している人」でしかない様子。金銭的な面についても、“結婚”という...
並木まき 2021-11-30 06:00 ラブ
思わず胸キュン♡ 彼氏が彼女を「可愛い」と思う瞬間5選!
 世の中の男性たちは、彼女のことを「可愛い」と思う瞬間、愛情がさらに深まっていくそう。そこで今回は、彼氏が彼女を「可愛い...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
彼女持ちの男性の4つの脈ありサイン&上手なアプローチ方法
 人を好きになる気持ちは、自分でコントロールできるものではありません。たまたま好きな人が彼女持ちだった……なんてこともあ...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
片思いが辛い…距離を置くべきタイミング&意外なメリット♡
 片思いがなかなか進展しないと「辛い」と感じてしまう人もいるでしょう。また、相手の男性との距離感がわからず、悩んでいる人...
恋バナ調査隊 2021-11-28 06:00 ラブ
女性から誘うのはアリ?男性が喜ぶ夜の誘い方&NG行動♡
 女性から男性に夜のお誘いをするのは、なかなか勇気がいるもの。「断られたらどうしよう」「ドン引きさせるのでは?」と不安に...
恋バナ調査隊 2021-11-28 06:05 ラブ
もし離婚したらこのまま…再婚を迫る浮気相手に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.66〜女性編〜」では、夫の浮気が発覚し、別居までは進んだものの、離婚には応じてもらえず苦悩を...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
夫は浮気相手と同棲中も…離婚話が進まず苦悩を抱える女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
男性は女性の涙に弱いとは限らない? 状況で変わる男性心理
 昔から、男性は「女性の涙に弱い」と言われてきました。でも実は、“女性の涙”といっても、状況によって男性が感じる感情は大...
恋バナ調査隊 2021-11-27 06:00 ラブ
“縁がある人”って? 5つの特徴&出会いのタイミング♡
 あなたは今まで、「この人とは、なんだか不思議と縁を感じる……」と思った経験はありますか? そんなふうに“縁”を感じられ...
恋バナ調査隊 2021-11-26 06:00 ラブ