バリキャリ女性の結婚相手に“年下の起業家”をお勧めするワケ

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-08-16 06:00
投稿日:2019-08-16 06:00
いまや当たり前になったバリキャリ女性(写真:iStock)
いまや当たり前になったバリキャリ女性 (写真:iStock)

 仕事が好きでバリバリ働く“バリキャリ女性”が普通になってきた一方、彼女たちはなかなか良い恋人や結婚相手を探すことができない、という恋愛上の課題を感じている方が多いようです。

 男性の中には、「自分より収入の高い女性は嫌だ!」「なんか癒しを感じないんだよね」「俺と仕事のどっちが大事?」など、まぁいずれもショボい理由を挙げては、バリキャリ女性を敬遠する方もいらっしゃるようです。はなはだ情けない限りですね。

 さて、そんなバリキャリ女性の恋愛事情ですが、ここであえて言いましょう。

 バリキャリ女性にとっての最適なパートナーは、若い年下の起業家であるということを。

 今回は、若い起業家とバリキャリ女性との恋愛をおススメする理由について解説させていただきます。

バリキャリ女性と起業家との相性は抜群

苦しい時を支えることで信頼感を得る(写真:iStock)
苦しい時を支えることで信頼感を得る (写真:iStock)

 こう思うに至った経緯としては、知り合いのカップルがまさにこの組み合わせで非常にうまくいってるからです。

 女性は大手IT企業に務める30代。非情に仕事ができるため、社内でも責任あるポジションを任され、安定した高収入があります。男性はメガベンチャーで勤務をしながらも、自分でビジネスをしたいという思いから起業を決意した20代若手。現在は、自身のサービス立ち上げに奔走しています。

 そういうカップルなのですが、例えば収入で比較すると、彼女 >> 彼氏 と圧倒的に女性が高収入。また、年齢も女性が6歳上ですが、2年のお付き合いを経て結婚。先日、幸せそうな新婚旅行の写真をSNSに投稿していました。

 それでは、こうしたカップルの相性がなぜよいのかをご説明いたしましょう。

理由その1. 二人とも仕事が大好き

 起業家とバリキャリ女性、当然のことながら二人とも仕事が大好き! 仕事と私事をあまり区別しないため、ずっと好きなビジネスの話をしていたいもの。会話が尽きることがありません。

 同じ仕事好きのカップルでも、例えば医者同士や一流企業の社員同士の場合、相手への対抗意識からついついマウンティングをとりがちなところ。しかし、起業家とサラリーマンとでは立場が違うため、お互いに尊重した関係を築きやすいのです。

理由その2. 二人の収入のポートフォリオの相性がよい

 また、将来的にみて二人の収入のポートフォリオの相性が良いのも、結婚相手としてWin-Winの関係にあります。

 バリキャリ女性は安定して収入が見込めるため、生活の基盤を維持するために必要なお金を確保することができます。一方、起業家は事業立ち上げ時こそ収入がかなり低くなってしまいますが、いったん軌道に乗り出すと高い収入を見込むことができます。

 さらにM&AやIPOなどを果たすと、サラリーマンの生涯賃金を超える数億円以上のお金が入ってくることに。起業家との結婚は、仮に彼の事業がまだ成功していなくても、宝くじよりも高確率でお金を手に入れることができる手段になります。

理由その3. 苦しい時を共にすることで信頼感アップ

 すでに成功した起業家ではなく、苦労している若い時から支えてあげたこともポイントになります。この苦しい時期を共にしたからこその信頼感が芽生えるのです。

 起業家は基本的にリスクをとれる人を尊重します。すでに成功した自分ではなく、まだ成功していない自分を、リスクをとってまで支えてくれる女性の人間性をとても大事にするでしょう。

理由その4. 起業家は弱みを見せられる相手がほしい

 起業家や経営者は孤独です。とくに事業がうまくいっていない時などは、その苦労を誰にも話すことができずに苦しんでいるものです。

 そんな中、ビジネスのことも理解してくれ、自分の話をしっかり聞いてくれる年上のバリキャリ女性の存在は力強いですよね。事業で悩んでいたら、そっと寄り添って話を聞いてあげましょう。

成功したら若い女性に走ってしまうのでは?

仕事という価値観を共有できることが大事(写真:iStock)
仕事という価値観を共有できることが大事 (写真:iStock)

 でも、よくありますよね? 成功するまで献身的に支えたのに、成功した途端、若い女性や芸能人と“ゲス不倫”してしまうパターン!

 しかし、起業家にとっては「仕事」という価値観を共有できるパートナーこそ最も大事なもの。バリキャリ女性の「能力」にも尊敬の気持ちを持っています。したがって、仕事を一生懸命やり続け、充実した時間を過ごしていれば、バリキャリ女性への気持ちは成功後も続いていくでしょう。

 マーク・ザッカバーグやビル・ゲイツの奥さんは全然美人じゃないですよ!

まとめ

 バリキャリ女性と若い起業家の出会いの場は、実はいろいろなところにあります。例えば、スタートアップ主催のMeetUPやセミナーなどは狙いの場。そういった場で、ぜひ有望な若い起業家を探してみましょう。

ラブ 新着一覧


その手があった!物欲のない彼が喜ぶプレゼントを考えてみる
 付き合いが長くなってくると、彼への誕生日プレゼントをあげ尽くしてしまい、どうしたらいいのかわからないと悩む人も多いです...
恋バナ調査隊 2022-08-12 06:00 ラブ
マッチングアプリで選ぶべき男性は? ポイント3つを押さえる
 感染症が拡大すると増えるのが、マッチングアプリをする女性たち。婚活イベントが中止になったり、規模が縮小され、出会いの機...
内藤みか 2022-08-11 06:00 ラブ
【苦痛】夫婦喧嘩、マジ疲れた…意外な原因を知っていますか
 大好きな人との結婚生活とはいえ、時には喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。しかし、夫婦喧嘩が増えていくにつれて関係が悪...
恋バナ調査隊 2022-08-11 06:00 ラブ
私のことまだ好き? 彼氏との温度差を感じちゃった時の対処法
「尽くしていても、相手からは気持ちが感じられない……」  交際中、自分とパートナーとの間に気持ちの温度差を感じると不安...
若林杏樹 2022-08-10 06:00 ラブ
「この人はATM」夫が大嫌いでも絶対に離婚しない妻の本音
 まったく家事をする気がない、何歳になってもマザコン……。結婚生活を経て「年々夫を嫌いになっていく」なんて人もいるでしょ...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
彼氏の体臭がきつい(涙)傷つかない3つの対処法を考えた
 40代の同世代カップルに多い悩みが「彼氏の体臭がきつい」というもの。理由は、40代を過ぎた男性は、特に加齢臭も強くなり...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
ハロワで不採用続出!子育て真っ最中・転勤族妻の働き方事情
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
少女漫画さながら“胸キュン”シチュエーションで心に栄養を!
 恋愛では「シチュエーション」って大切ですよね。告白シーンなんかも、どんなシチュエーションかによって成功率が変わってくる...
恋バナ調査隊 2022-08-09 06:00 ラブ
おもちゃを使いたくて…彼氏へのプレゼントで失敗しちまった
 誕生日や記念日には、プレゼントで彼氏を喜ばせようと考える人が多いですよね。しかし彼の気持ちを汲み取ることができないと、...
恋バナ調査隊 2022-08-08 18:22 ラブ
男性が思わず周囲に紹介したくなる女性の特徴~行動&外見編
 長くお付き合いをしているのに、彼がなかなか友達や家族に紹介してくれなかったら、なんだか不安になってしまいますよね。男性...
恋バナ調査隊 2022-08-08 06:00 ラブ
“在宅ワーク+歯医者”の謎解き 不倫発覚妻のボロ出たLINE3選
 不倫をしている女性って「絶対にバレない」という謎の自信がある人が多いようです。でも、そう思っていたのに、些細なLINE...
恋バナ調査隊 2022-08-07 06:00 ラブ
愛情表現or独占欲? “やたらとキス魔な男性”特徴5つと対処法
 大好きな男性からキスをされると嬉しいもの。でも、場所や状況を考えずに何度もキスをされると、さすがに嫌気がさしてしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-08-07 06:00 ラブ
浮気を見破るプロが分析!“絶対に浮気しない”男たちの共通点
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。男女の問題はさまざまですが、一番胸を痛めてしまうのは「浮気」かもしれません。...
山崎世美子 2022-08-06 06:00 ラブ
「喧嘩より100倍マシ」恋人に何でも確認するバツ1男性の理屈
「冷酷と激情のあいだvol.102〜女性編〜」では、恋人のコウジさん(仮名・39歳)がなんでも自分に質問をしてからでなけ...
並木まき 2022-08-06 06:00 ラブ
「今日はする?」夜の生活も指示待ちする恋人に面食らう女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-06 06:00 ラブ
男を見る目ない自分にイラッ! 無神経な彼氏に冷めたエピ3選
 今回は、女性の「無神経な彼氏に冷めたエピソード」をご紹介します。あなたも、付き合ったあとに「そんな人だったの……?」と...
恋バナ調査隊 2022-08-06 06:00 ラブ