バリキャリ女性の結婚相手に“年下の起業家”をお勧めするワケ

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-08-16 06:00
投稿日:2019-08-16 06:00
いまや当たり前になったバリキャリ女性(写真:iStock)
いまや当たり前になったバリキャリ女性 (写真:iStock)

 仕事が好きでバリバリ働く“バリキャリ女性”が普通になってきた一方、彼女たちはなかなか良い恋人や結婚相手を探すことができない、という恋愛上の課題を感じている方が多いようです。

 男性の中には、「自分より収入の高い女性は嫌だ!」「なんか癒しを感じないんだよね」「俺と仕事のどっちが大事?」など、まぁいずれもショボい理由を挙げては、バリキャリ女性を敬遠する方もいらっしゃるようです。はなはだ情けない限りですね。

 さて、そんなバリキャリ女性の恋愛事情ですが、ここであえて言いましょう。

 バリキャリ女性にとっての最適なパートナーは、若い年下の起業家であるということを。

 今回は、若い起業家とバリキャリ女性との恋愛をおススメする理由について解説させていただきます。

バリキャリ女性と起業家との相性は抜群

苦しい時を支えることで信頼感を得る(写真:iStock)
苦しい時を支えることで信頼感を得る (写真:iStock)

 こう思うに至った経緯としては、知り合いのカップルがまさにこの組み合わせで非常にうまくいってるからです。

 女性は大手IT企業に務める30代。非情に仕事ができるため、社内でも責任あるポジションを任され、安定した高収入があります。男性はメガベンチャーで勤務をしながらも、自分でビジネスをしたいという思いから起業を決意した20代若手。現在は、自身のサービス立ち上げに奔走しています。

 そういうカップルなのですが、例えば収入で比較すると、彼女 >> 彼氏 と圧倒的に女性が高収入。また、年齢も女性が6歳上ですが、2年のお付き合いを経て結婚。先日、幸せそうな新婚旅行の写真をSNSに投稿していました。

 それでは、こうしたカップルの相性がなぜよいのかをご説明いたしましょう。

理由その1. 二人とも仕事が大好き

 起業家とバリキャリ女性、当然のことながら二人とも仕事が大好き! 仕事と私事をあまり区別しないため、ずっと好きなビジネスの話をしていたいもの。会話が尽きることがありません。

 同じ仕事好きのカップルでも、例えば医者同士や一流企業の社員同士の場合、相手への対抗意識からついついマウンティングをとりがちなところ。しかし、起業家とサラリーマンとでは立場が違うため、お互いに尊重した関係を築きやすいのです。

理由その2. 二人の収入のポートフォリオの相性がよい

 また、将来的にみて二人の収入のポートフォリオの相性が良いのも、結婚相手としてWin-Winの関係にあります。

 バリキャリ女性は安定して収入が見込めるため、生活の基盤を維持するために必要なお金を確保することができます。一方、起業家は事業立ち上げ時こそ収入がかなり低くなってしまいますが、いったん軌道に乗り出すと高い収入を見込むことができます。

 さらにM&AやIPOなどを果たすと、サラリーマンの生涯賃金を超える数億円以上のお金が入ってくることに。起業家との結婚は、仮に彼の事業がまだ成功していなくても、宝くじよりも高確率でお金を手に入れることができる手段になります。

理由その3. 苦しい時を共にすることで信頼感アップ

 すでに成功した起業家ではなく、苦労している若い時から支えてあげたこともポイントになります。この苦しい時期を共にしたからこその信頼感が芽生えるのです。

 起業家は基本的にリスクをとれる人を尊重します。すでに成功した自分ではなく、まだ成功していない自分を、リスクをとってまで支えてくれる女性の人間性をとても大事にするでしょう。

理由その4. 起業家は弱みを見せられる相手がほしい

 起業家や経営者は孤独です。とくに事業がうまくいっていない時などは、その苦労を誰にも話すことができずに苦しんでいるものです。

 そんな中、ビジネスのことも理解してくれ、自分の話をしっかり聞いてくれる年上のバリキャリ女性の存在は力強いですよね。事業で悩んでいたら、そっと寄り添って話を聞いてあげましょう。

成功したら若い女性に走ってしまうのでは?

仕事という価値観を共有できることが大事(写真:iStock)
仕事という価値観を共有できることが大事 (写真:iStock)

 でも、よくありますよね? 成功するまで献身的に支えたのに、成功した途端、若い女性や芸能人と“ゲス不倫”してしまうパターン!

 しかし、起業家にとっては「仕事」という価値観を共有できるパートナーこそ最も大事なもの。バリキャリ女性の「能力」にも尊敬の気持ちを持っています。したがって、仕事を一生懸命やり続け、充実した時間を過ごしていれば、バリキャリ女性への気持ちは成功後も続いていくでしょう。

 マーク・ザッカバーグやビル・ゲイツの奥さんは全然美人じゃないですよ!

まとめ

 バリキャリ女性と若い起業家の出会いの場は、実はいろいろなところにあります。例えば、スタートアップ主催のMeetUPやセミナーなどは狙いの場。そういった場で、ぜひ有望な若い起業家を探してみましょう。

ラブ 新着一覧


婚活アプリとお見合いパーティーを並行して痛感したこと
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2021-01-26 06:00 ラブ
大好きだったのに…彼氏に幻滅する6つの瞬間&対処方法
理想の相手と交際できたからといって、すべてが思い通りにいくとは限りません。時には、思いもよらない一面を見て幻滅してしまい...
恋バナ調査隊 2021-01-26 06:00 ラブ
ケンカの絶えない夫婦になる恐れも…「距離感」の相性とは
 人間関係を築く上でとても重要になってくる「距離感」。ここの価値観が合わないと、なかなか苦労することになります。距離感の...
七味さや 2021-01-25 06:00 ラブ
恋愛関係なのに即レスしないのはなぜ?男女の違いを徹底検証
 大好きな彼とやっと両思いになれた時、つい嬉しくて「いつも彼とつながっていたい」と、LINEをたくさん送ってしまうのが女...
恋バナ調査隊 2021-01-25 06:00 ラブ
彼は寂しくないの? 会えない時の不安を解消する5つの方法
「会えない時間が愛を育てる」なんて、恋愛の常套句がありますね。そうはわかっていても、実際彼に会えない時、不安な気持ちに苛...
孔井嘉乃 2021-01-24 06:00 ラブ
“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ
不倫がバレて“二度としない男”と“また繰り返す男”の違いとは
 近ごろ、芸能ニュースで「4年ぶり2度目の不倫」などとスクープされているのは記憶に新しいかと思いますが、これは芸能人に限...
田中絵音 2021-01-19 06:00 ラブ
もっと私に興味を持って!パートナーへの関心がなくなるナゼ
 私のパートナー、自分に関心を持ってくれていないかも……そう感じた経験はありますか? 離婚の原因は元パートナーの無関心が...
七味さや 2021-01-18 06:00 ラブ