「高嶺の花」だと思われる…ハイスペ女子が恋愛を楽しむ方法

七海 ライター
更新日:2019-08-28 06:00
投稿日:2019-08-28 06:00
 あなたの周りにもいませんか? 学歴が高くて、英語もペラペラで、仕事も男性顔負けで活躍していて、もちろんルックスはモデル並み……という非の打ちどころがない「高嶺の花」なハイスペックな女性。
 しかし、20代半ばでさっさと結婚していくのは、そういうタイプよりもちょっと隙のある普通の女子。周りからちやほやされているのに、いざ恋愛面ではあまり男性からモテているわけじゃない……。
 自分のスペックが高すぎて恋愛でつまずいてしまうハイスペック女子が恋愛を楽しむ方法を考えてみました。

ハイスペック女子が感じている「恋愛の壁」の正体とは?

ハイスぺ女子ならではの悩みとは(写真:iStock)
ハイスぺ女子ならではの悩みとは (写真:iStock)

「まさに高嶺の花って存在!」「社内のマドンナだよね」――。そんな風に言われているにもかかわらず、好意を寄せられたり交際を申し込まれること自体はあまり発生せず、なぜか恋愛でうまくいかない……ハイスペック女子が感じている恋愛のしにくさの特徴を挙げていきます。

ハイスペすぎて男性が引いてしまう

 女性の場合でも、もし意中の相手がものすごくハイスペックな男性だったら、引いてしまいますよね。

「大企業の御曹司」「東大首席卒業」「年収3000万」「マンションを買っている」……素敵な情報が飛び出せば飛び出すほど、「私とは釣り合わないな〜」「こういう人には私は好きになってもらえないだろうから、いいや」と心がクローズドになってしまう。そんな経験はありませんか?

 ましてや男性は女性に「勝ちたい」生きもの。学歴、容姿、年収、家柄、その全てが自分をはるかに凌いでいたら、「俺とじゃ相手にならないよね、ははは」とプライドをへし折られて恋愛相手とはみなしてもらえなくなってしまうんです。

恋人がいる前提で話が進む

「どんな人と付き合ってるの?」

「彼もさぞかしすっごくハイスペックな人なんだろうな〜」

 なぜか自分には「恋人がいる」という前提で話が進んで、「いや実は何年もフリー……」ということを明かせなかったり、「いないよ」と言っても「ウソでしょ」「隠してるだけ」と信じてもらえなかったり。

 まさかこんな素敵な女性に彼がいないなんて、誰も思っていない。それゆえ男性もはなから射的範囲にあなたを見据えない、というわけです。

婚活していると「サクラ?」と疑われる

 悲しいかな、あまりにも綺麗すぎて「うさん臭い」「本当に彼を探してるの?」「遊びじゃない?」と疑われてしまう。

 もし、合コンに大企業勤務のイケメンがいたら、内心「遊びだろうから、本気にならないようにしなくては」とフィルターをかけて見てしまいますよね……。

 誰だって遊びの相手には選ばれたくない。だから女性はフツメンとの恋を望みがち。

 ハイスペックな美女もまた、「サクラだろ」「本当は恋人いるでしょ」「婚活する必要なんてなくない?」と思われて、普通スペック女子にばかり票が集まってしまう。真剣に相手を探している慎重な男性ほど敬遠してしまうものなので、これはかなり損ですね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 恋愛中、片思いの彼に振り向いて欲しいからとLINEで駆け引きをする人って多いですよね。あえて未読スルーで焦らせてみたり...
恋バナ調査隊 2020-10-25 06:02 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。現在のシングルマザーの平均年齢は33歳、再婚率は26%と言われています。離婚...
山崎世美子 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-24 07:48 ラブ
FILM
「冷酷と激情のあいだvol.18〜女性編〜」では、ダブル不倫の相手と再婚をしたくて夫に離婚を切り出した女性・Wさんの心情...
並木まき 2020-10-24 07:49 ラブ
FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 あなたは恋人と別れ話をする時に、LINEや電話で話す派ですか? それとも会って話す派ですか?「重要な話ほど、きちんと話...
ミクニシオリ 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をし...
内藤みか 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの...
恋バナ調査隊 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 則夫の内縁の妻の連れ子が不憫で、養護施設に寄付をしたいと加奈子さんが言ったとき、則夫は最初、そのお金は預かれない、そこ...
神田つばき 2020-10-21 06:00 ラブ
FILM
 失恋した時や彼氏がいない時、「そうだ! 何か習い事をして自分磨きをしよう」という思考になることがあります。それはとても...
田中絵音 2020-10-20 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-21 23:04 ラブ
FILM
 世間では草食男子の増殖に比例するように、グイグイ攻めることができる肉食女子も増えておりますね。自分から攻めずとも女性か...
若林杏樹 2020-10-19 06:50 ラブ
FILM
 彼氏がいるのに好きな人ができてしまうと、本当に辛くて悩みますよね……。彼氏のことも好きだけど、新しい人のことも好きにな...
恋バナ調査隊 2020-10-19 06:43 ラブ
FILM
 メリさんこんにちは。今年30歳になる独身の女です。付き合って1年5カ月、1歳年上の彼氏がいるのですが、私は子どもが大好...
神崎メリ 2020-10-18 06:00 ラブ
FILM
 あなたの彼は、いつもあなたを大切にしてくれますか? 「大切にされていない!」と感じた人もいるかもしれませんね。でも実は...
恋バナ調査隊 2020-10-18 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。この人とはもう無理!やっていけない!と離婚が頭をよぎる人って多いはずです。本...
山崎世美子 2020-10-17 06:00 ラブ