「高嶺の花」だと思われる…ハイスペ女子が恋愛を楽しむ方法

七海 ライター
更新日:2019-08-28 06:00
投稿日:2019-08-28 06:00
 あなたの周りにもいませんか? 学歴が高くて、英語もペラペラで、仕事も男性顔負けで活躍していて、もちろんルックスはモデル並み……という非の打ちどころがない「高嶺の花」なハイスペックな女性。
 しかし、20代半ばでさっさと結婚していくのは、そういうタイプよりもちょっと隙のある普通の女子。周りからちやほやされているのに、いざ恋愛面ではあまり男性からモテているわけじゃない……。
 自分のスペックが高すぎて恋愛でつまずいてしまうハイスペック女子が恋愛を楽しむ方法を考えてみました。

ハイスペック女子が感じている「恋愛の壁」の正体とは?

ハイスぺ女子ならではの悩みとは(写真:iStock)
ハイスぺ女子ならではの悩みとは (写真:iStock)

「まさに高嶺の花って存在!」「社内のマドンナだよね」――。そんな風に言われているにもかかわらず、好意を寄せられたり交際を申し込まれること自体はあまり発生せず、なぜか恋愛でうまくいかない……ハイスペック女子が感じている恋愛のしにくさの特徴を挙げていきます。

ハイスペすぎて男性が引いてしまう

 女性の場合でも、もし意中の相手がものすごくハイスペックな男性だったら、引いてしまいますよね。

「大企業の御曹司」「東大首席卒業」「年収3000万」「マンションを買っている」……素敵な情報が飛び出せば飛び出すほど、「私とは釣り合わないな〜」「こういう人には私は好きになってもらえないだろうから、いいや」と心がクローズドになってしまう。そんな経験はありませんか?

 ましてや男性は女性に「勝ちたい」生きもの。学歴、容姿、年収、家柄、その全てが自分をはるかに凌いでいたら、「俺とじゃ相手にならないよね、ははは」とプライドをへし折られて恋愛相手とはみなしてもらえなくなってしまうんです。

恋人がいる前提で話が進む

「どんな人と付き合ってるの?」

「彼もさぞかしすっごくハイスペックな人なんだろうな〜」

 なぜか自分には「恋人がいる」という前提で話が進んで、「いや実は何年もフリー……」ということを明かせなかったり、「いないよ」と言っても「ウソでしょ」「隠してるだけ」と信じてもらえなかったり。

 まさかこんな素敵な女性に彼がいないなんて、誰も思っていない。それゆえ男性もはなから射的範囲にあなたを見据えない、というわけです。

婚活していると「サクラ?」と疑われる

 悲しいかな、あまりにも綺麗すぎて「うさん臭い」「本当に彼を探してるの?」「遊びじゃない?」と疑われてしまう。

 もし、合コンに大企業勤務のイケメンがいたら、内心「遊びだろうから、本気にならないようにしなくては」とフィルターをかけて見てしまいますよね……。

 誰だって遊びの相手には選ばれたくない。だから女性はフツメンとの恋を望みがち。

 ハイスペックな美女もまた、「サクラだろ」「本当は恋人いるでしょ」「婚活する必要なんてなくない?」と思われて、普通スペック女子にばかり票が集まってしまう。真剣に相手を探している慎重な男性ほど敬遠してしまうものなので、これはかなり損ですね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 なぜ男性は、彼女と毎日LINEするのを嫌がるのでしょう。LINEの頻度の認識の違いで、大きなケンカになってしまうカップ...
ミクニシオリ 2020-01-23 16:31 ラブ
FILM
「恋愛と仕事の両立ができない……」、そんな悩みを抱えていませんか?中には、「仕事ができなくなるから恋愛しない!」というキ...
孔井嘉乃 2020-01-23 06:00 ラブ
FILM
 ドM男性なんて本当にいるの?と思われがちですが、実はたくさんいます!でも、相手がSかMかなんて、一目見ただけで見抜くこ...
リタ・トーコ 2020-01-22 06:00 ラブ
FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ
FILM
 彼氏が風邪を引いてしまったら、心配になってしまいますよね。特に一人暮らしの彼氏の場合、病状はどうなのか、お見舞いに行く...
孔井嘉乃 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼氏がいます。出会いはマッチングアプリで、初対面から好印象。デート中に次のデートが決まるなどトントン...
神崎メリ 2020-01-12 06:00 ラブ