「高嶺の花」だと思われる…ハイスペ女子が恋愛を楽しむ方法

七海 ライター
更新日:2019-08-28 06:00
投稿日:2019-08-28 06:00
 あなたの周りにもいませんか? 学歴が高くて、英語もペラペラで、仕事も男性顔負けで活躍していて、もちろんルックスはモデル並み……という非の打ちどころがない「高嶺の花」なハイスペックな女性。
 しかし、20代半ばでさっさと結婚していくのは、そういうタイプよりもちょっと隙のある普通の女子。周りからちやほやされているのに、いざ恋愛面ではあまり男性からモテているわけじゃない……。
 自分のスペックが高すぎて恋愛でつまずいてしまうハイスペック女子が恋愛を楽しむ方法を考えてみました。

ハイスペック女子が感じている「恋愛の壁」の正体とは?

ハイスぺ女子ならではの悩みとは(写真:iStock)
ハイスぺ女子ならではの悩みとは (写真:iStock)

「まさに高嶺の花って存在!」「社内のマドンナだよね」――。そんな風に言われているにもかかわらず、好意を寄せられたり交際を申し込まれること自体はあまり発生せず、なぜか恋愛でうまくいかない……ハイスペック女子が感じている恋愛のしにくさの特徴を挙げていきます。

ハイスペすぎて男性が引いてしまう

 女性の場合でも、もし意中の相手がものすごくハイスペックな男性だったら、引いてしまいますよね。

「大企業の御曹司」「東大首席卒業」「年収3000万」「マンションを買っている」……素敵な情報が飛び出せば飛び出すほど、「私とは釣り合わないな〜」「こういう人には私は好きになってもらえないだろうから、いいや」と心がクローズドになってしまう。そんな経験はありませんか?

 ましてや男性は女性に「勝ちたい」生きもの。学歴、容姿、年収、家柄、その全てが自分をはるかに凌いでいたら、「俺とじゃ相手にならないよね、ははは」とプライドをへし折られて恋愛相手とはみなしてもらえなくなってしまうんです。

恋人がいる前提で話が進む

「どんな人と付き合ってるの?」

「彼もさぞかしすっごくハイスペックな人なんだろうな〜」

 なぜか自分には「恋人がいる」という前提で話が進んで、「いや実は何年もフリー……」ということを明かせなかったり、「いないよ」と言っても「ウソでしょ」「隠してるだけ」と信じてもらえなかったり。

 まさかこんな素敵な女性に彼がいないなんて、誰も思っていない。それゆえ男性もはなから射的範囲にあなたを見据えない、というわけです。

婚活していると「サクラ?」と疑われる

 悲しいかな、あまりにも綺麗すぎて「うさん臭い」「本当に彼を探してるの?」「遊びじゃない?」と疑われてしまう。

 もし、合コンに大企業勤務のイケメンがいたら、内心「遊びだろうから、本気にならないようにしなくては」とフィルターをかけて見てしまいますよね……。

 誰だって遊びの相手には選ばれたくない。だから女性はフツメンとの恋を望みがち。

 ハイスペックな美女もまた、「サクラだろ」「本当は恋人いるでしょ」「婚活する必要なんてなくない?」と思われて、普通スペック女子にばかり票が集まってしまう。真剣に相手を探している慎重な男性ほど敬遠してしまうものなので、これはかなり損ですね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


人生最悪の運気かも…そんな時に出会う人には注意すべき理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。身も心もボロボロの時に何かのキッカケで知りあった相手。その出会いで一時的に元...
山崎世美子 2021-01-16 06:00 ラブ
彼氏といちゃいちゃする6つの方法!サインを見逃さないで♡
恋人といちゃいちゃする時間は、とても幸せな時間です。どんなに付き合いが長くなっても、日々のいちゃいちゃタイムがあれば、マ...
恋バナ調査隊 2021-01-16 06:00 ラブ
いまだに関白宣言?九州出身男性の特徴&好きな女性のタイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の男性についてご紹介します。九州は、福岡...
彼氏が「キスしたい」と思うのはいつ? 6つの瞬間&サイン
 女性にとって、彼氏からの不意打ちのキスは驚きながらも嬉しいものです。しかし、時には「なぜこのタイミングで?」なんて思う...
恋バナ調査隊 2021-01-15 06:00 ラブ
緊急事態宣言中なのに?マッチングアプリの男性に聞いてみた
 首都圏は再び緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出の自粛が呼びかけられています。そんななかでも、マッチングアプリで知り...
内藤みか 2021-01-14 06:00 ラブ
彼氏の親に結婚の挨拶!女性の印象が決まる9つのポイント♪
 結婚の挨拶は、人生の中でも特に緊張するイベントですよね。どんな服装をしたらいいの? 会話は? 手土産は? と、疑問と不...
恋バナ調査隊 2021-01-14 06:00 ラブ
気を抜いたら…男性がドン引きするデート中の女性の行動とは
 待ちに待ったデート! 当日はお洒落して1%でも可愛い要素をプラスしてカレに会いたいですよね? 私は会う前、ついつい鏡を...
若林杏樹 2021-01-13 06:26 ラブ
恋の始まり!? 女性が思わず“胸キュン”する男性の行動9選
 恋愛対象として意識したことがなかった男性でも、ふとした行動や言葉で、思わず新鮮さを感じて「胸キュン」してしまうことって...
恋バナ調査隊 2021-01-13 06:29 ラブ
出会いはナンパ!他とは比較にならないほどカラダの相性が…
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-12 06:14 ラブ
喧嘩別れするカップルの5つの特徴! 後悔しないためには?
 恋人ができた時、誰も別れることなんて考えないでしょう。しかし、交際を続けていると思いがけないことで喧嘩になり、別れてし...
恋バナ調査隊 2021-01-12 06:00 ラブ
付き合ったらヤバい男性が送るLINEの特徴&見抜く方法
 世の中には、かっこいい顔をしていながらも、浮気男やマザコン、サイコパス男、ストーカーなど、中身がヤバい男性が存在します...
恋バナ調査隊 2021-01-11 06:00 ラブ
友人の“恋愛アドバイス”はどこまで聞く? 困った時の考え方
 アドバイスと言う名のダメ出しを食らったことってありませんか? 正しいことを言われているし、欠点は直すべきなんだろうけど...
七味さや 2021-01-11 06:00 ラブ
尽くされる女性の8つの特徴&彼氏にもっと愛される方法♡
 女性の中には、「男性に尽くす女性」と「男性から尽くされる女性」がいます。尽くし続ける恋愛に疲れてしまう女性もいる一方、...
恋バナ調査隊 2021-01-10 06:00 ラブ
頑張りすぎないで…絶対的に愛される“程よい手抜き”のススメ
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。愛されたい、大事にされたいという思いが強ければ強いほど頑張ってしまうものです...
山崎世美子 2021-01-09 06:00 ラブ
幸せだったのに…わずか結婚1年で妻に出て行かれた夫の困惑
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-01-09 06:00 ラブ
離婚の裏に2つのエピソード…結婚1年で軌道修正した妻の激白
「冷酷と激情のあいだvol.28〜男性編〜」では、わずか結婚1年で、年上妻から離婚された男性・Hさんの困惑をご紹介しまし...
並木まき 2021-01-09 06:06 ラブ