男性が彼女のことを可愛い!と思う“5つの瞬間”が意外な結果

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-07-22 06:00
投稿日:2019-07-22 06:00
小さなプレゼントも喜んでくれる(写真:iStock)
小さなプレゼントも喜んでくれる (写真:iStock)

 付き合ってる彼氏を「誰よりも好き」とゾッコンな女性も多いはず。ならば、考えることは一つしかありませんよね。「彼氏にも私のことをもっと好きになってほしい」という思い。たどり着くのは「彼氏に“可愛い”と思ってほしい」という目標で、その具体的な行動として“女を磨く”に至るのです。

 さぞかし彼氏も、そんな彼女とラブラブかと思いきや、実は彼氏に好かれようと思っていない女性の方が彼氏をゾッコンにさせていたりします。彼氏が思う「可愛い」と彼女が企む「可愛い」の違い。今回は、男性が思わず心をつかまれてしまう“彼女が可愛い瞬間”をご紹介します。

彼氏が彼女のことを可愛いと思う瞬間5つが超意外!

美味しそうに食べるカノジョは可愛い!(写真:iStock)
美味しそうに食べるカノジョは可愛い! (写真:iStock)

 彼氏が「彼女って、めちゃくちゃ可愛い」と思う瞬間は、些細なことだと知っていましたか?

美味しそうに食べてくれる子

「今時の女の子で少食アピールは、非モテがやること。一緒にいて、先に“ごちそうさま”されちゃうと寂しく感じませんか? 僕の彼女は、よく食べます。すごい食べっぷりと、その幸せそうな表情に、つい色々なレストランを紹介してあげたくなっちゃう。彼女は単純に食べるのが好きなんだと思いますけど、僕のやったことで彼女が幸せになっている姿ですごく満たされます(笑)」(Mさん・21歳男性/大学生)

 デートでも必ずと言っていいほど、食事はつきもの。どうせなら、彼氏に負けないくらい“食べるの好きアピール”をしてみてくださいね。ダイエットや美容の話は、大多数の男性が「食事中に萎えるからヤメて」と思っています。

おしゃれな会話よりゲスい会話

「今まで付き合ってきた彼女は、ワインの話や休日にインスタ映えスポットにいったエピソードと、何かと話を合わせるのが大変でした。男はいつまでも子供なので、バカ話が好きです。僕の彼女は、とにかく“くだらない話”が好き。下ネタも気軽に話す子で楽しそうに笑う。“それ違うでしょ”って切り返すと、“もしかして俺たちって仲良しカップル?”みたいなベストパートナーに思えてくるから不思議」(Hさん・32歳男性/消防士)

 “女性とは、〇〇であるべき”という概念から抜け出して、自分らしさを貫く姿勢に心を打たれるようです。おしゃれな会話より、男性は気軽に話せる女性を求めているようですよ。

いい意味で期待を裏切ってくる時

「僕の彼女は、すごい期待を裏切ってくるんです。最初に付き合った時は、“こんな子だったっけ?”と驚きましたよ。いつもワンピースを着て、高いヒールをデートで履いてる。好きな色はパステルカラーでネイルは毎週チェンジという、“いかにも女の子”が、休日になるとハードな登山をしていると誰が気づきますか(笑)。彼女のワンピースから覗く、スレンダーな脚は登山で鍛えられていたという事実。なんかレアな情報を知ったみたいで、“ハチャメチャで可愛いな”って父性を刺激されます(笑)」(Uさん・29歳男性/大手メーカー勤務)

 “ギャップ萌え”という言葉があります。ギャップをみた瞬間に、いい意味で期待を裏切られてハッとするからでしょう。「付き合った当初は、いい子だったのに……」と思わせるようでは、まだまだ。デートのたび彼氏に飽きさせない一面を見せられる子は、手放したくない女性の特徴の一つでしょう。

些細なことでいつまでもお礼を言ってくる

「例えば車道側を歩いてあげたときに“いつも、ありがとう”って気づく。僕が良かれと思ってした些細な行動をちゃんと感じて、お礼を言ってくれる女性。自分が普段から誰かに気を使っていないと、こうやってお礼を言えないと思うんですよね。会社の同僚女性とランチした時、普通の女性って案外、“ありがとう”と言わないんだなってビックリしました。彼女がすごく純粋な女性に見えて“素直にお礼を言えるって可愛いな”って思いました」(Sさん・36歳男性/エンジニア)

 些細なことでお礼を言える女性っていいですよね。意識して、デートの最中に何回お礼を言えたか数えてみてください。そんなに多くないことに気づくはず。何かを手渡されたときや、譲ってくれたときに「ありがとう」と言える女性は、それだけで彼氏との会話が弾みますよ。

彼女のドジを発見したとき

「普通の女の子って、天然ぶる子が多いんですよ。僕の彼女は髪の毛のスタイリングにムースを使ったんでしょうね……。待ち合わせ場所に現れた彼女の頭にムースの泡がちょこんと乗っていて。教えてあげたときに恥ずかしそうにしちゃって。狙ったドジじゃない感じがいいよね。恥ずかしそうに、必死に怒ってる姿が好き(笑)」

 多くの女性は「男性には天然ボケが効く」と思っているでしょう。男性は、教えたがりな性格な人も多いです。しかし、あまりにも度がすぎたドジは「狙ってやってる」ということを気づかれてしまいます。モテ的にみれば、それは意味がないのです。

 会話の中にも、彼氏の返事ができるところを残す。ツッコミどころをいかに用意できるか。それもあざとくなく、普通の流れで。このような“ちょっとの抜け目”が、男性には好まれます。

「可愛い」と思われたい女性は多い

男性は女性の飾らない姿が好き♪(写真:iStock)
男性は女性の飾らない姿が好き♪ (写真:iStock)

 付き合ってる彼氏には、どうせなら「可愛い」と思われたいですよね。そのために女性は、一生懸命ボディメンテナンスをしたり、趣味を磨いてる人も多いはず。そんな女性からすると「そんなことで?」と思ってしまう瞬間に、男性は案外、惚れ直しているのかもしれませんよ。

ラブ 新着一覧


恋愛モチベが上がらない…オトナ女子の恋ゴコロの高め方とは
 恋愛や結婚をしたくないわけじゃないんだけど、そこに至るまでが面倒くさい。恋活サービスもやり取りするのが億劫。気軽に遊ん...
若林杏樹 2021-01-27 06:00 ラブ
チャラい男と付き合うとどうなる? 特徴やあるあるを紹介!
 あなたの周りに、チャラい男はいますか? 一般的に「チャラい男」とは、女慣れしていて遊んでいそうな人のことを言います。も...
恋バナ調査隊 2021-01-27 06:00 ラブ
婚活アプリとお見合いパーティーを並行して痛感したこと
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2021-01-26 06:00 ラブ
大好きだったのに…彼氏に幻滅する6つの瞬間&対処方法
理想の相手と交際できたからといって、すべてが思い通りにいくとは限りません。時には、思いもよらない一面を見て幻滅してしまい...
恋バナ調査隊 2021-01-26 06:00 ラブ
ケンカの絶えない夫婦になる恐れも…「距離感」の相性とは
 人間関係を築く上でとても重要になってくる「距離感」。ここの価値観が合わないと、なかなか苦労することになります。距離感の...
七味さや 2021-01-25 06:00 ラブ
恋愛関係なのに即レスしないのはなぜ?男女の違いを徹底検証
 大好きな彼とやっと両思いになれた時、つい嬉しくて「いつも彼とつながっていたい」と、LINEをたくさん送ってしまうのが女...
恋バナ調査隊 2021-01-25 06:00 ラブ
彼は寂しくないの? 会えない時の不安を解消する5つの方法
「会えない時間が愛を育てる」なんて、恋愛の常套句がありますね。そうはわかっていても、実際彼に会えない時、不安な気持ちに苛...
孔井嘉乃 2021-01-24 06:00 ラブ
“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ