男性が彼女のことを可愛い!と思う“5つの瞬間”が意外な結果

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-07-22 06:00
投稿日:2019-07-22 06:00
小さなプレゼントも喜んでくれる(写真:iStock)
小さなプレゼントも喜んでくれる (写真:iStock)

 付き合ってる彼氏を「誰よりも好き」とゾッコンな女性も多いはず。ならば、考えることは一つしかありませんよね。「彼氏にも私のことをもっと好きになってほしい」という思い。たどり着くのは「彼氏に“可愛い”と思ってほしい」という目標で、その具体的な行動として“女を磨く”に至るのです。

 さぞかし彼氏も、そんな彼女とラブラブかと思いきや、実は彼氏に好かれようと思っていない女性の方が彼氏をゾッコンにさせていたりします。彼氏が思う「可愛い」と彼女が企む「可愛い」の違い。今回は、男性が思わず心をつかまれてしまう“彼女が可愛い瞬間”をご紹介します。

彼氏が彼女のことを可愛いと思う瞬間5つが超意外!

美味しそうに食べるカノジョは可愛い!(写真:iStock)
美味しそうに食べるカノジョは可愛い! (写真:iStock)

 彼氏が「彼女って、めちゃくちゃ可愛い」と思う瞬間は、些細なことだと知っていましたか?

美味しそうに食べてくれる子

「今時の女の子で少食アピールは、非モテがやること。一緒にいて、先に“ごちそうさま”されちゃうと寂しく感じませんか? 僕の彼女は、よく食べます。すごい食べっぷりと、その幸せそうな表情に、つい色々なレストランを紹介してあげたくなっちゃう。彼女は単純に食べるのが好きなんだと思いますけど、僕のやったことで彼女が幸せになっている姿ですごく満たされます(笑)」(Mさん・21歳男性/大学生)

 デートでも必ずと言っていいほど、食事はつきもの。どうせなら、彼氏に負けないくらい“食べるの好きアピール”をしてみてくださいね。ダイエットや美容の話は、大多数の男性が「食事中に萎えるからヤメて」と思っています。

おしゃれな会話よりゲスい会話

「今まで付き合ってきた彼女は、ワインの話や休日にインスタ映えスポットにいったエピソードと、何かと話を合わせるのが大変でした。男はいつまでも子供なので、バカ話が好きです。僕の彼女は、とにかく“くだらない話”が好き。下ネタも気軽に話す子で楽しそうに笑う。“それ違うでしょ”って切り返すと、“もしかして俺たちって仲良しカップル?”みたいなベストパートナーに思えてくるから不思議」(Hさん・32歳男性/消防士)

 “女性とは、〇〇であるべき”という概念から抜け出して、自分らしさを貫く姿勢に心を打たれるようです。おしゃれな会話より、男性は気軽に話せる女性を求めているようですよ。

いい意味で期待を裏切ってくる時

「僕の彼女は、すごい期待を裏切ってくるんです。最初に付き合った時は、“こんな子だったっけ?”と驚きましたよ。いつもワンピースを着て、高いヒールをデートで履いてる。好きな色はパステルカラーでネイルは毎週チェンジという、“いかにも女の子”が、休日になるとハードな登山をしていると誰が気づきますか(笑)。彼女のワンピースから覗く、スレンダーな脚は登山で鍛えられていたという事実。なんかレアな情報を知ったみたいで、“ハチャメチャで可愛いな”って父性を刺激されます(笑)」(Uさん・29歳男性/大手メーカー勤務)

 “ギャップ萌え”という言葉があります。ギャップをみた瞬間に、いい意味で期待を裏切られてハッとするからでしょう。「付き合った当初は、いい子だったのに……」と思わせるようでは、まだまだ。デートのたび彼氏に飽きさせない一面を見せられる子は、手放したくない女性の特徴の一つでしょう。

些細なことでいつまでもお礼を言ってくる

「例えば車道側を歩いてあげたときに“いつも、ありがとう”って気づく。僕が良かれと思ってした些細な行動をちゃんと感じて、お礼を言ってくれる女性。自分が普段から誰かに気を使っていないと、こうやってお礼を言えないと思うんですよね。会社の同僚女性とランチした時、普通の女性って案外、“ありがとう”と言わないんだなってビックリしました。彼女がすごく純粋な女性に見えて“素直にお礼を言えるって可愛いな”って思いました」(Sさん・36歳男性/エンジニア)

 些細なことでお礼を言える女性っていいですよね。意識して、デートの最中に何回お礼を言えたか数えてみてください。そんなに多くないことに気づくはず。何かを手渡されたときや、譲ってくれたときに「ありがとう」と言える女性は、それだけで彼氏との会話が弾みますよ。

彼女のドジを発見したとき

「普通の女の子って、天然ぶる子が多いんですよ。僕の彼女は髪の毛のスタイリングにムースを使ったんでしょうね……。待ち合わせ場所に現れた彼女の頭にムースの泡がちょこんと乗っていて。教えてあげたときに恥ずかしそうにしちゃって。狙ったドジじゃない感じがいいよね。恥ずかしそうに、必死に怒ってる姿が好き(笑)」

 多くの女性は「男性には天然ボケが効く」と思っているでしょう。男性は、教えたがりな性格な人も多いです。しかし、あまりにも度がすぎたドジは「狙ってやってる」ということを気づかれてしまいます。モテ的にみれば、それは意味がないのです。

 会話の中にも、彼氏の返事ができるところを残す。ツッコミどころをいかに用意できるか。それもあざとくなく、普通の流れで。このような“ちょっとの抜け目”が、男性には好まれます。

「可愛い」と思われたい女性は多い

男性は女性の飾らない姿が好き♪(写真:iStock)
男性は女性の飾らない姿が好き♪ (写真:iStock)

 付き合ってる彼氏には、どうせなら「可愛い」と思われたいですよね。そのために女性は、一生懸命ボディメンテナンスをしたり、趣味を磨いてる人も多いはず。そんな女性からすると「そんなことで?」と思ってしまう瞬間に、男性は案外、惚れ直しているのかもしれませんよ。

東城ゆず
記事一覧
ライター・エディター
1994年生まれ。11歳の頃からブログを運営。ライターやエディターとして、女性誌メディアや地元新聞のコラム枠まで幅広く活躍中。恋愛やママ友問題、介護士であった経験からリアルな介護問題まで幅広い知見がある。年子兄弟を連れ離婚の経験があり、現在は再婚に至る。

ラブ 新着一覧


押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-17 06:00 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ
「将来見据えて倹約したいのに…」妻のお出かけ願望が理解できない30代男
「冷酷と激情のあいだvol.194〜女性編〜」では、結婚早々に節約生活を強いられている生活に嫌気が差している新妻・果穂さ...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
非正規雇用のアラフォーが結婚した男は、“夜のベッド”が生き甲斐のケチ夫
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
「子供欲しい」が夫に言えない…タイムリミットに焦る妻の複雑事情
 夫婦であれば、夫に「子供欲しい」と言うのはそう難しくないはず。でも、言えずにモヤモヤしている女性もいるようです。今回は...
恋バナ調査隊 2024-05-10 06:00 ラブ
結婚に優柔不断な彼はいつ見限るべき?「時間を返して」と嘆く女性たち
 定期的に会い続けている仲の男性がいるけれど、今後のことについて話をしようとすると避けられてしまう。そんな悩みを抱えてい...
内藤みか 2024-05-09 06:00 ラブ
①ナル②浮気③競う④群れ サッカー部だった男の嫌いな特徴5、ラス1は
 モテる男の部活といえば、何を思い浮かべますか? そうですね、サッカー部です。学生時代、サッカー部のイケイケ男子に憧れて...
恋バナ調査隊 2024-05-08 06:00 ラブ
幸せになれるのは超わずか…セフレの終わりは突然やって来る
 付き合ってはいないものの体の関係を持つセフレ。「割り切った関係」「楽な関係」であるため、恋愛が億劫になっている人は憧れ...
恋バナ調査隊 2024-05-07 06:00 ラブ
父が浮気している…? 大人になった今だからできる4つの家庭崩壊回避術
 あなたは自分の父が浮気していると知ってしまった時、どうしますか? もし知ったのが未成年の頃であれば、誰に相談していいか...
恋バナ調査隊 2024-05-06 06:00 ラブ
え、彼氏いたの?処女のままの私と、処女を喪失していたオタ友への嫉妬。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかった私ですが、これまで処女...
mirae.(みれ) 2024-05-06 06:00 ラブ