高収入男性が浮気するワケ あなたは見て見ぬ振りできますか

リタ・トーコ ライター
更新日:2019-08-18 07:40
投稿日:2019-05-19 06:00
 浮気をする男性の特徴の1つに、「高収入」ということが挙げられますね。でも、なぜ世の中のお金持ちは浮気に走るのでしょうか?そして、そんな高収入男性が求める女性像って、どんなものだと思いますか?

高収入男性が浮気に走るのはなぜ?納得のワケ

そもそも高収入男性は女性にモテる(写真:iStock)
そもそも高収入男性は女性にモテる (写真:iStock)

 高収入で社会的地位もあるのに浮気を絶対にしない、そんな男性見たことありますか?私は、3人ほど思い浮かびますが、とても稀であることには間違いない!

 そもそもなぜ高収入男性が浮気に走りやすいのか、納得のワケを見てみましょう。

女性にモテるから

 結婚相談所では、年収600万以上の男性に人気が偏るそう。このことからも分かるように、女性の大半は男性の「収入」を気にしています。

 そう、高収入男性は望まなくても「お金持ち」を求める多くの女性にモテてしまうんですね。さらに、そういう男性は自分に対して強く自信を持っていて魅力的。不思議と何をしても素敵に見えてしまうので、ますますモテます。

 つまり、女性が群がるからこそ、浮気へと繋がる機会は一般男性と比べてたくさんあるということ。仕方がないとは言いませんが、そう思わざるを得ない。

オス力が高いから

 社会的地位の高い高収入男性は、運だけではなくきちんと努力をして、今の地位を得ています。時には誰かと、そして自分と戦いながら仕事を頑張る男性は、オスである闘争本能が高く、男性ホルモンも活発に分泌されちゃうんだとか。

 弱肉強食、少しでも多くの遺伝子を残したい、まるで野生の動物のようなオス力を持つため、本能で浮気に走ってしまいやすいんです。

 賢さを持つのに、なぜ人間としての理性が働かないのか、そこは永遠の謎ですが。でも、「浮気が仕事への活力になる」と明言する高収入男性は、とにかく何かがみなぎっていて、つい付いて行きたくなってしまうのは否めない……。

高収入男性が求める女性像って?

高収入男性は自立した女性がお好き(写真:iStock)
高収入男性は自立した女性がお好き (写真:iStock)

 高収入男性とお付き合いをしたい!という女性は、星の数ほどいるでしょう。「裕福な暮らしがしたい」「働きたくない」など、理由はさまざま。

 でも、注意が必要なのは、ほとんどの高収入男性は遊んでいるだけあって女性を見る目に長けているということ。あなたは、そんな男性達が求める女性像になれる自信はありますか?

見て見ぬ振りをして自由にさせてくれる

 たとえお付き合いをしても、結婚しても、絶対に縛れないのが高収入男性。なぜなら、長年自分の思うようにがむしゃらに自由に泳いできた結果、今の地位や名誉を得ているのですから。結婚したら浮つき願望をたたむ男性ももちろんいますが、少数であることは間違いないでしょう。

 つまりは、もしもそんな事態が起こった時、見て見ぬ振りをして泳がせてあげる器が自分にあるのか、慌てずに「芸の肥やし」ではないですが、「これもその男性に必要なこと」だと割り切ってどーんと構えていられるか、そこが高収入男性と付き合う時に必要な覚悟でもあると思います。

自立している

 そもそも、高収入男性を好む女性は、「お金持ちであるその人」が好きな場合が多いでしょう。でも、想像してみてください。もしも、その人が高収入でなくなっても、あなたは変わらぬ愛を持てますか?

 あるデータによると、「妻にも働いていてほしい」と思う高収入男性はとても多いそう。賢い高収入男性は、依存する女性を敬遠します。専業主婦になりたいと願う女性は多いですが、イコール、「働かずに男性のお金で生きていきたい」と言っているようなもの。そんな女性、魅力的ですか?いや、全然素敵じゃない。

 逆に、きちんと働いて自立している女性は、「あなたのお金に惹かれているわけではない」と自ら立証しているのです。高収入男性とはいえ、ガラスのハートを持つ一男性。もしも、男性の収入ががくんと減っても、地位がなくなっても「支えてあげる」の一言を言えるパートナーを望むのは、人として当たり前ではないかと思います。

愛もお金も得たいなら覚悟を持つべき

ほどほどの男性との結婚が一番幸せかも(写真:iStock)
ほどほどの男性との結婚が一番幸せかも (写真:iStock)

 浮気されるのは、苦しいものです。自分だけのものになって欲しいと思うのは当たり前。でも、高収入男性の彼女・妻の座を得た女性は、「経済問題」で悩む機会が少ないはず。これは、とても幸せなことであることを忘れてはダメですよ。

 と、こんなことを長々と書いてきたけれど、必ずしも「高収入男性=浮気性」という訳ではありません!!ただ、高収入だろうとなんだろうと、男性と一緒になろうと思う時、お金ではなくその人の内面が好きなのか、きちんと自問するのは大切でしょう?そういった覚悟がある女性は、高収入男性のハートをがっちり掴むことができるかも?そう思うんです。

 愛もお金も得たいなら、覚悟を持って。その自信がないなら、ほどほど男性に狙いを定めて。実はとても簡単なことなんじゃないかと思うのですが、いかがでしょうか。

ラブ 新着一覧


年上を狙うハイエナに注意!アプリで出会った自己中心浮気男
 近ごろ、マッチングアプリで年下男性を希望する女性が急増しています。  若い男性とのスイートな真剣交際を夢見る女性に忍...
内藤みか 2022-07-07 06:00 ラブ
復縁後の彼氏が冷たいって何なん? “地獄の過ち”二度は嫌!
 別れた元彼と復縁をした経験がある人は少なくありません。別れを後悔し、念願叶ってやっと復縁できたとなれば、当然嬉しいです...
恋バナ調査隊 2022-07-07 06:00 ラブ
元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ