頭をぽんぽんする5つの男性心理!脈ありor脈なしの見分け方

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2020-02-21 18:37
投稿日:2019-08-30 06:00
 好きな男性から頭をぽんぽんとされると、なぜか嬉しくなってしまう女性は多いでしょう。でも、「もしかしたら、好かれているのかな?」なんて早合点してしまうと、あとで痛い目に遭う可能性も……! いざという時に落ち着いて判断するためにも、男性心理をしっかりと押さえていきましょう。

男性から頭ぽんぽんをされると、女性はなぜ嬉しくなる?

恋人関係の場合には愛情がより高まることも(写真:iStock)
恋人関係の場合には愛情がより高まることも (写真:iStock)

 一昔前に流行った「壁ドン」や「後ろからハグ」など、女性がなぜかキュンとしてしまう男性の行動ってありますよね。「頭ぽんぽん」もその一つ。そもそも、女性はなぜ嬉しくなるのでしょうか?

「頭ぽんぽん」とは

「頭ぽんぽん」とは、男性が女性の頭をぽんぽんと優しく触ることを言います。ドラマや少女漫画のシーンでも、よく見られますよね。でも、ぽんぽんとする心理は男性によってさまざま。気軽なコミュニケーションの一環として行われる場合もありますし、愛情表現である場合もあります。

基本的に好意を持っていると考えてOK

 男性が女性に頭ぽんぽんをする時、基本的には好意があると思って良いでしょう。だって、恋人でもないのに女性に触れることって、なかなか勇気が要りますから。ただし、そこに恋愛感情があるかどうかは別の話。頭ぽんぽんをしたからといって、確実に相手に好かれていると判断するのは早計です。

ドーパミンが発生して愛情が高まる

 優しく頭をぽんぽんをされると男性から大事に扱われているような感じがして、嬉しくなってしまう女性は多いでしょう。この時、女性の脳内では「ドーパミン」という脳内物質が発生して、愛情や幸せを感じるホルモンが分泌されやすくなるそう。このホルモンによって相手に恋愛感情を持ったり、恋人関係の場合には癒しを感じて愛情がより高まることが多いようです。

頭ぽんぽんをする5つの男性心理!どのケースかを見極めよう

無垢な子どものように見えているのかも(写真:iStock)
無垢な子どものように見えているのかも (写真:iStock)

 さて!いよいよ、頭ぽんぽんをする男性心理を確認していきましょう。

1. その場のノリや雰囲気

 飲み会で酔っている時、仕事が成功した時、など、その場のノリや雰囲気が手伝って、つい頭をぽんぽんとする男性は多いよう。

 こういったタイプの男性は、基本的に人好き。好き嫌い関係なく、相手と仲良くなるためのコミュニケーションの一環として行っている場合が多いです。計算でしているわけではないため、そのあどけない「頭ぽんぽん」につい惹かれてしまう女性もいるようですね。

2. 褒めてあげたい、応援のつもりでしている

 年上男性によく見られるのが、頑張った!と褒めてあげたい気持ちや応援する気持ちの表れとしての「頭ぽんぽん」。恋愛感情があるかないかを見極めるのが、難しいケースでもありますね。人は、誰かの頑張っている姿に心を打たれるものです。女性同士であっても、褒めてあげたい時に「頭ぽんぽん」をしてしまうことってありませんか?そんな気持ちを想像してみると良いでしょう。

3. 下心ありきのボディタッチの一環として

 厄介なのが、女性慣れしているチャラい男性からの「頭ぽんぽん」。相手が自分のことを嫌いではないと確信した上で、下心ありきのボディタッチの一環として行うことも。女性を落としたいという気持ちがあるため、頭ぽんぽんで女性の反応を伺っている可能性もあります。その下心に気付けるかどうか、ここが運命の別れ道だったりするのかも。

4. 守ってあげたいと思っている

 女性の頭をぽんぽんとする時、男性は優位な感情を持っている場合が多いです。お付き合いする上で対等でいることは大切ですが、やっぱり男性はリードしたい生き物。「守ってあげたい」「ついてきてほしい」、そんな気持ちの表れが頭ぽんぽんだったりするのです。相手を嫌いではなければ笑顔を見せて嬉しさをきちんと表現すると、距離が一気に縮まるでしょう。

5. 可愛い、愛おしいという愛情表現

 純粋に女性のことを「可愛い」「愛おしい」と思う時に、愛情表現として頭ぽんぽんをすることもあります。また、この場合、自分よりも体が小さい女性に対して行う行動であることが多いでしょう。ただし、この場合の頭ぽんぽんは、必ずしも恋愛感情で行っているわけではないということも覚えておきましょう。妹のような存在であったり、無垢な子どものように見えた時にも、男性は可愛がりたがるものなのです。

その「頭ぽんぽん」は、脈ありor脈なし?見分けるポイント

誰にでもやっている男に要注意!(写真:iStock)
誰にでもやっている男に要注意! (写真:iStock)

「頭ぽんぽん」って、行為は同じでも、心理には天と地ほどの差がありますね。浮かれてしまう前に、脈ありか脈なしをしっかり見極める必要があります。その見分けるポイントとは?

出会ってすぐかどうか

「頭ぽんぽん」は、ある意味勇気がいる行為でもあるため、初対面で軽々しくできないと思う男性は多いです。女性側からしても、親しくない男性から頭を触られたら嫌な気持ちになることもあるでしょう。

 そのため、出会ってすぐに頭ぽんぽんをしてくる男性には注意が必要。下心を持って、手っ取り早く近づく手段として行っている場合もあるからです。逆に、一緒に過ごした時間が長く、仲良くなってから「頭ぽんぽん」をされたのであれば、脈ありに期待できると思います。

人前でするかしないか

 他の人がいる前で、男性が女性に頭ぽんぽんをする時、それは「自分はモテ男」だとアピールしたい願望がある場合が多いでしょう。男性は常に見栄を張っていたいのです。「自分のもの」だと言わんばかりに、カッコつけてすることも。ただし、気に入っていることには間違いないので、脈ありかなしかと聞かれれば「グレー」と言わざるを得ません。

 ただし、2人きりになった時にのみ、頭ぽんぽんのようなボディタッチが増える男性の場合には、脈ありであることが多いです。

自分だけにしているかどうか

 普段はクールで浮いた噂もない男性が頭ぽんぽんをする時、それは脈ありである可能性が高いです。特別な存在であるということの表れかもしれないため、期待を持って良いでしょう。

 対して、女性に軽くボディタッチをできる男性もいます。そんな男性は、なぜか女性の心を読むのが上手。嫌がられないと確信するからこそ、頭ぽんぽんをするのです。勘違いしないためにも、他の女性に気軽に触れる男性かどうかを観察しておきましょう。

頭ぽんぽんからの恋愛がこれから始まるかも♪

2人の距離がもっと近づく♪(写真:iStock)
2人の距離がもっと近づく♪ (写真:iStock)

「頭ぽんぽん」って、どんな男性からされても嬉しいというものではありません。人には好みがありますから、やはり「相手による」というところが大きいですよね。

 ただ、一つ知っておきたいのが女性である自分の心理状態です。人には他人が近づくと不快に感じる「パーソナルスペース」があります。恋人や家族にしか許されないと言われる0cm〜45cmの密接距離で行われる頭ぽんぽんをする男性は、深層心理では「親しい人」と認識している可能性があるのです。

 つまり、相手がそのスペースに入ってきても、不快ではないと判断して許している存在だということ! 頭ぽんぽんからの恋愛、これから始まるかもしれませんよ♪ぜひ、上手に男性心理を見極めてくださいね。

ラブ 新着一覧


悲しみから立ち直るために…自分を責めることをやめてみよう
 喪失のどん底にいるときって、ついつい自分を責めてしまいますよね。自分に自信がなくなって、耐えられない後悔に胸がちぎれそ...
七味さや 2021-08-02 06:00 ラブ
長続きの秘訣かも♡ 彼と“ちょうどいい関係”の作り方4つ
 恋愛での男女の距離感って、とても難しいですよね。好きだからこそもっと近くにいたいのに、求めれば求めるほど不安になったり...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:01 ラブ
本当にモテるのは性格美人な女性♡ 特徴&心がけるべきこと
 モテるために、外見を磨こうとする女性は多いですよね。でも、外見と内面を天秤にかけたら、最終的には内面が美しい女性が選ば...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:00 ラブ
告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ
10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ