夏のディズニーランドデートは彼の“真の姿”を見極める好機

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2019-08-18 11:33
投稿日:2019-08-17 06:00
記念日デートでディズニーランドに行ったら…(C)コクハク
記念日デートでディズニーランドに行ったら… (C)コクハク

 夏休みにデートでディズニーランドに出かける人はいませんか。看護師のA子さん(31)も、そんな一人で、2年前の8月、介護系の仕事に就く同い年の彼と出会って意気投合。交際するようになり、昨年の8月の記念日に暑い中、出かけたそうです。

 パーク内は、学生や家族連れ、カップルなどでごった返す中、ジャングルクルーズの列に並んでいると、小さな子供が泣き出したといいます。その時、「うるさいなぁ」となんだか不機嫌になった彼に違和感を覚えたとか。

 それでもせっかくの記念日です。「昨日の夜も仕事で遅かったし、きっと疲れているのね」と解釈。クルーズはあきらめて、パレードには少し早いけど、場所取りしながら、日陰で休めばいいかな。そう思って「早めにパレードの場所取りをしに行かない?」と提案したところ、彼は「俺、人混み嫌い」と連れない言葉を返したそうです。

 その後、会話も弾まなくなって、気まずい雰囲気に耐えきれなくなり、A子さんは記念日デートを早めに切り上げ、帰宅してしまったのです。

夏の暑さが男性の本性をあぶり出す

テーマパークデートで男性の本質を見極めよう(写真:iStock)
テーマパークデートで男性の本質を見極めよう (写真:iStock)

 A子さんが私に相談に来られたのは、ディズニーランドデートの後でした。「いつもは優しくて温厚なんですが、結婚していいでしょうか」というのが相談内容。彼女の結果はともかく、男性の本質を見極めるには、テーマパークでのデートは最適でしょう。

 女性にとってテーマパークデートは、季節を問わず楽しいものですが、男性の本質チェックという意味では真夏がいい。暑さは人をイラッとさせます。そのイラ立ちが、男性の本性をあぶり出すのです。

 そこで注意深く見てほしいのが、男性の計画性、金銭感覚、忍耐力の3項目。実生活に必要な要素を計り知ることができます。夏のテーマパークは、“未来の夫の査定場”といっても過言ではありません。合格男の行動パターンを紹介します。

これが合格男の特徴と行動パターン

折り畳み傘が出てきたら完璧(写真:iStock)
折り畳み傘が出てきたら完璧 (写真:iStock)

 合格男は、アトラクションの位置関係や列に並ぶ時間を短縮できるファストパスなどを調べていてて、効率よく遊べるコースをイメージしています。

 この時季、どんなに晴天でもゲリラ豪雨の恐れがありますね。そこで天気予報を事前に把握し、万が一の時に折り畳み傘が出てきたら、完璧な段取り男。計画性がありますから、会社での出世もみこめるはずです。

 会社の福利厚生で割引チケットを入手したり、お得情報を下調べしたり。パーク内の飲食店事情を調べつつ、費用の目安をイメージできているのは、金銭感覚がある証拠です。そういう男性は大きな時間枠で予算を調整します。たとえば記念日デートの前後にいつもより自分の食費をケチったりするのは、彼女とのデートのための節約と理解できるでしょう。

 暑いときに彼女の荷物を持ってあげたり、待ち時間にパンフなどで彼女に風を送ったり。猛暑のパークデートで、そんな気配りができるのは、忍耐力があればこそでしょう。何より、そこに女性を楽しませたいという誠意が感じられます。そういう男性と一緒に暮らしたら、困難に直面したとき、夫は妻や子供を守る存在になるでしょう。合格です。

 その点でいうと、A子さんの彼は、計画性も忍耐力もありません。飲食店事情については、多少チェックしていたようですが、自分勝手な行動が目立つあまり、食事でリラックスするムードに持ち込めていません。事前情報を生かし切れないのは、将来を見据えた男性としてはマイナスでしょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM