望んだ恋愛でもすぐに冷めるなぜ? 自分は冷たいと思う前に

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-08-13 17:32
投稿日:2019-08-11 06:00
「なんか、好きじゃなくなったかも…」(写真:iStock)
「なんか、好きじゃなくなったかも…」 (写真:iStock)

 恋がスタートして、一般的にはラブラブの2人。でも「念願の恋がスタートしたのに、何かがおかしい」と悩む女性は多いようです。彼はイケメンで惜しみない愛情も注いでくれる。素敵なデートプランも言うことなし。なのに、なぜ――?

 実はそれ、自分が恋愛に冷めてしまっているのが原因かもしれません。そんな女性ほど「恋愛する気は満々で、私は恋する乙女よ!」という反論もあったりするもの。今回は恋愛にノリノリにも関わらず、すぐに冷めるのが特徴の女性にフォーカスを当てたいと思います。

恋愛で冷めるのが早い! そんな悩みを持つ女性

幸せなはずなのに…冷める自分がおかしいのかな(写真:iStock)
幸せなはずなのに…冷める自分がおかしいのかな (写真:iStock)

 自分が強く望んだ恋愛、進んで付き合った相手にも関わらず、「冷める」というのは、どういうことなのでしょうか。すぐに冷めてしまうのが悩みという女性たちに、エピソードを聞いてみました。

付き合ったら気が済んじゃう

「それまで半年間、浮気もせずに熱い思いを抱いていた男性と付き合えた喜びは計り知れないものでした。いざ告白すると、“俺も前から好きだった!”とドラマチックなシチュエーション。でも、自分の様子がおかしいと思ったのは、3回目のデートの帰り道。彼とはキスもエッチも一通り体験してみて“もういいかなぁ”と、急に冷めた自分がいたんです。誰が見ても充実した恋愛なのに、“私おかしいの?”と悩んだものです」(Sさん・29歳女性)

嫌なところが目についちゃう

「彼とは飲み会で知り合いました。私の周りには何年も付き合って、そのまま結婚する人もいます。そのくらい、年齢的にもみんな恋愛にちゃんと向き合っています。だけど私はすぐ冷めるのが悩み。恋愛が億劫ではないものの、なぜか嫌なところが見えてしまい、悲観的になってしまうんですよね。“こんな人と結婚してもしょうがない”と思うと、彼への態度も冷たくなってしまうんです」(Uさん・35歳女性)

  ◇  ◇  ◇

 お二人とも「恋愛がうまく進んでいるのに、自分が冷めること」に悩んでいますよね。このような女性は多く、「自分はなんて冷たい人間なんだろう」と自分を責めてしまう女性も多くいます。

「こんなに愛してくれているのだから応えたい」「誰もが夢を見るような恋愛をしたい」と思っているのです。そんな思いとは裏腹に、恋愛に冷めることが多い自分に嫌気が差す人までいます。

恋愛で冷めるのが早いのはなぜ? その理由とは

「恋に恋している」だけなのに気がついていない?(写真:iStock)
「恋に恋している」だけなのに気がついていない? (写真:iStock)

 恋愛への憧れもあるのに、どうして冷めるのか、チェックしてみましょう。

完璧主義で相手にそれを求める

 キャリアウーマンな女性に多いのがこのタイプ。完璧主義だからこそ、相手にも「完璧でいてほしい」と望むのです。彼の欠点を見て「本当はこうしてほしい」と思う。ストレートに要求はしないものの、相手に望むことが多いからこそ、心の中ではガックリしていることも。

 自分のスタイルや性格を確立している女性に多いのがこのタイプ。「できないならいいよ」という男性の競争社会のようなところでキャリアを積んできた女性に多く見られる兆候です。

恋に恋する状態でもある

 少女漫画や他人の恋愛事情を見聞きして、「素敵♡」と夢を見ることは多くの女性にあることでは? そんな恋を夢見て「自分もいざ!」と意気込んでみるものの、幸せであるはずの恋愛がうまくことが運ばない様子がわかると、冷めるのが早いのが特徴です。「私のシナリオには、こんなショックなことはなかった」と思ってしまう。無自覚の範囲で恋に恋しているのです。

片思いの時に高ぶりすぎてしまった

 片思いの時、相手に一途にアプローチをした人ほど、「両思いになるために」という目標を設定するもの。しかし、いざ両思いになった時に次の目標を明確に定めることができません。「恋はしたいものの、結婚はしたくない」と思っている女性にも多いのが、このタイプでしょう。

もともと損得勘定で生きている

「人間関係はギブアンドテイクで成り立つよね」と考えるのが、このタイプの女性です。それはそうなのですが、エスカレートしてしまい、恋愛においても“損得勘定”で考えてしまいます。

「私がこのくらいやっているのに、あなたはこれだけなの?」といった具合です。自分にもっと愛情や関心を向けてほしいため、すごく尽くすのもポイント。だからこそ、男性が応えられなくなった時に「こんなにしているのに」とイライラし始めてしまいます。

 与えたものと与えられるものが釣り合っていない状態が信じ難く、「この男性は人として常識がない」とさえ思うことも。相手に尽くす背景には、自分も人に愛されたい・注目されたいという願望が隠れていることに自覚がないからタチが悪いのです。

 計算尽くしのアプローチの裏に、彼女の願望が隠れていることを知らない男性は「すごく好きにさせられた揚げ句、遊ばれた感じ」で恋愛が終わってしまい、引きずる形で別れることになります。

恋愛で冷めることが多いなら自分の性格が原因かも

恋愛はたくさんのことを学べる場(写真:iStock)
恋愛はたくさんのことを学べる場 (写真:iStock)

 恋愛で冷めることが多く、「もしかして私って冷たい?」「恋愛に向いてない?」と考えてしまいがち。ならば、この機に自分の性格を見直してみましょう。

 恋愛は、さまざまな感情や思いやりを学ぶことができる場でもあります。「恋愛に向いてない」と終わらせるのではなく、自分がよりイイ女になるために、性格を振り返ってみるといいと思いますよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。浮気調査専門の探偵社代表の筆者にとって、今回のテーマはごく当たり前のことなの...
山崎世美子 2020-02-29 06:00 ラブ
FILM
「別れても元彼のことで頭がいっぱい......」「忘れられない……」など、辛い未練に苦しんだ経験がある女性も多いのではな...
恋バナ調査隊 2020-02-29 06:00 ラブ
FILM
 女性なら誰もが「素敵な恋愛をしたい」と、願っているでしょう。しかし、実際には仕事やプライベートが忙しく、恋愛に消極的に...
恋バナ調査隊 2020-02-28 06:00 ラブ
FILM
 先月、「東大女子」を議題にある話題が世間を騒がせました。東京大学のサークルの中で、東大女子はサークル入部ができない「#...
ミクニシオリ 2020-02-28 06:00 ラブ
FILM
 マッチアップ編集長伊藤です!  女性からの恋愛相談や恋バナでよく話題に上がるのが「付き合う前に彼に体を求められた...
伊藤早紀 2020-02-27 06:00 ラブ
FILM
 公園や街中で、パパとママが子どもを連れている光景は、微笑ましいですよね。そのファミリーが放つ幸せオーラに、ついつい目尻...
田中絵音 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 彼氏とのデートは、本来楽しいもの。しかし、何らかの原因で気まずい空気になってしまうこともあります。そんな時、どう対応し...
恋バナ調査隊 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 妻の鬼嫁っぷりに頭を抱える夫の中には「なんとかして、鬼になるのを、やめてもらえないだろうか……」と試行錯誤する人もいる...
並木まき 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 お付き合いをする上で「癒し」ってとても大切なものでしょう。でも、あなたがもしも彼氏に「癒しを与えてあげられるかな?」と...
孔井嘉乃 2020-02-25 06:00 ラブ
FILM
「モラハラ」は精神的な暴力とも言われ、長い間モラハラを受け続けると心に深い傷ができてしまいます。一人で我慢しすぎると「強...
恋バナ調査隊 2020-02-25 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性との仲を深めたいなら、手っ取り早く2人きりでデートするのが◎。とはいえ、女性から男性をデートに誘うって、な...
リタ・トーコ 2020-02-24 15:01 ラブ
FILM
 私は3年半、彼女がいる方と付き合っていました。  同じ職場の人で、彼女も同じ会社でした。3年半のうち約1年は一緒...
神崎メリ 2020-02-23 11:30 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる女性でも、ふとした瞬間に「かわいげ」が、垣間見えることもあるみたいです。  魑魅魍魎(ちみもうりょう)...
並木まき 2020-02-23 06:00 ラブ
FILM
 どんなに理想的な相手と出会い、交際できたとしても、別れるという結果を迎えてしまうことがあります。付き合ってみなければ分...
恋バナ調査隊 2020-02-23 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。昨年11月に離婚が報じられたタレントのSHELLYさん(35)が、バラエティ...
山崎世美子 2020-02-22 06:00 ラブ
FILM
「ハックシュン! ズビズビ、ぶしゅ!」  2月の頭ごろから眠気や日差しとともにやってくる悩みのタネ……それは「花粉症」...
七海 2020-02-21 06:00 ラブ