望んだ恋愛でもすぐに冷めるなぜ? 自分は冷たいと思う前に

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-08-13 17:32
投稿日:2019-08-11 06:00
「なんか、好きじゃなくなったかも…」(写真:iStock)
「なんか、好きじゃなくなったかも…」 (写真:iStock)

 恋がスタートして、一般的にはラブラブの2人。でも「念願の恋がスタートしたのに、何かがおかしい」と悩む女性は多いようです。彼はイケメンで惜しみない愛情も注いでくれる。素敵なデートプランも言うことなし。なのに、なぜ――?

 実はそれ、自分が恋愛に冷めてしまっているのが原因かもしれません。そんな女性ほど「恋愛する気は満々で、私は恋する乙女よ!」という反論もあったりするもの。今回は恋愛にノリノリにも関わらず、すぐに冷めるのが特徴の女性にフォーカスを当てたいと思います。

恋愛で冷めるのが早い! そんな悩みを持つ女性

幸せなはずなのに…冷める自分がおかしいのかな(写真:iStock)
幸せなはずなのに…冷める自分がおかしいのかな (写真:iStock)

 自分が強く望んだ恋愛、進んで付き合った相手にも関わらず、「冷める」というのは、どういうことなのでしょうか。すぐに冷めてしまうのが悩みという女性たちに、エピソードを聞いてみました。

付き合ったら気が済んじゃう

「それまで半年間、浮気もせずに熱い思いを抱いていた男性と付き合えた喜びは計り知れないものでした。いざ告白すると、“俺も前から好きだった!”とドラマチックなシチュエーション。でも、自分の様子がおかしいと思ったのは、3回目のデートの帰り道。彼とはキスもエッチも一通り体験してみて“もういいかなぁ”と、急に冷めた自分がいたんです。誰が見ても充実した恋愛なのに、“私おかしいの?”と悩んだものです」(Sさん・29歳女性)

嫌なところが目についちゃう

「彼とは飲み会で知り合いました。私の周りには何年も付き合って、そのまま結婚する人もいます。そのくらい、年齢的にもみんな恋愛にちゃんと向き合っています。だけど私はすぐ冷めるのが悩み。恋愛が億劫ではないものの、なぜか嫌なところが見えてしまい、悲観的になってしまうんですよね。“こんな人と結婚してもしょうがない”と思うと、彼への態度も冷たくなってしまうんです」(Uさん・35歳女性)

  ◇  ◇  ◇

 お二人とも「恋愛がうまく進んでいるのに、自分が冷めること」に悩んでいますよね。このような女性は多く、「自分はなんて冷たい人間なんだろう」と自分を責めてしまう女性も多くいます。

「こんなに愛してくれているのだから応えたい」「誰もが夢を見るような恋愛をしたい」と思っているのです。そんな思いとは裏腹に、恋愛に冷めることが多い自分に嫌気が差す人までいます。

恋愛で冷めるのが早いのはなぜ? その理由とは

「恋に恋している」だけなのに気がついていない?(写真:iStock)
「恋に恋している」だけなのに気がついていない? (写真:iStock)

 恋愛への憧れもあるのに、どうして冷めるのか、チェックしてみましょう。

完璧主義で相手にそれを求める

 キャリアウーマンな女性に多いのがこのタイプ。完璧主義だからこそ、相手にも「完璧でいてほしい」と望むのです。彼の欠点を見て「本当はこうしてほしい」と思う。ストレートに要求はしないものの、相手に望むことが多いからこそ、心の中ではガックリしていることも。

 自分のスタイルや性格を確立している女性に多いのがこのタイプ。「できないならいいよ」という男性の競争社会のようなところでキャリアを積んできた女性に多く見られる兆候です。

恋に恋する状態でもある

 少女漫画や他人の恋愛事情を見聞きして、「素敵♡」と夢を見ることは多くの女性にあることでは? そんな恋を夢見て「自分もいざ!」と意気込んでみるものの、幸せであるはずの恋愛がうまくことが運ばない様子がわかると、冷めるのが早いのが特徴です。「私のシナリオには、こんなショックなことはなかった」と思ってしまう。無自覚の範囲で恋に恋しているのです。

片思いの時に高ぶりすぎてしまった

 片思いの時、相手に一途にアプローチをした人ほど、「両思いになるために」という目標を設定するもの。しかし、いざ両思いになった時に次の目標を明確に定めることができません。「恋はしたいものの、結婚はしたくない」と思っている女性にも多いのが、このタイプでしょう。

もともと損得勘定で生きている

「人間関係はギブアンドテイクで成り立つよね」と考えるのが、このタイプの女性です。それはそうなのですが、エスカレートしてしまい、恋愛においても“損得勘定”で考えてしまいます。

「私がこのくらいやっているのに、あなたはこれだけなの?」といった具合です。自分にもっと愛情や関心を向けてほしいため、すごく尽くすのもポイント。だからこそ、男性が応えられなくなった時に「こんなにしているのに」とイライラし始めてしまいます。

 与えたものと与えられるものが釣り合っていない状態が信じ難く、「この男性は人として常識がない」とさえ思うことも。相手に尽くす背景には、自分も人に愛されたい・注目されたいという願望が隠れていることに自覚がないからタチが悪いのです。

 計算尽くしのアプローチの裏に、彼女の願望が隠れていることを知らない男性は「すごく好きにさせられた揚げ句、遊ばれた感じ」で恋愛が終わってしまい、引きずる形で別れることになります。

恋愛で冷めることが多いなら自分の性格が原因かも

恋愛はたくさんのことを学べる場(写真:iStock)
恋愛はたくさんのことを学べる場 (写真:iStock)

 恋愛で冷めることが多く、「もしかして私って冷たい?」「恋愛に向いてない?」と考えてしまいがち。ならば、この機に自分の性格を見直してみましょう。

 恋愛は、さまざまな感情や思いやりを学ぶことができる場でもあります。「恋愛に向いてない」と終わらせるのではなく、自分がよりイイ女になるために、性格を振り返ってみるといいと思いますよ。

東城ゆず
記事一覧
ライター・エディター
1994年生まれ。11歳の頃からブログを運営。ライターやエディターとして、女性誌メディアや地元新聞のコラム枠まで幅広く活躍中。恋愛やママ友問題、介護士であった経験からリアルな介護問題まで幅広い知見がある。年子兄弟を連れ離婚の経験があり、現在は再婚に至る。

ラブ 新着一覧


不倫2回、なにかあるとお母さん…夫に優しくできない納得すぎる理由5選
 人前で夫を批判したり、夫と頻繁に喧嘩したり。そんな女性を見て、外野は「もっと旦那さんに優しくしたら?」なんて言いたくな...
恋バナ調査隊 2024-04-15 06:00 ラブ
「マチアプで知り合った女と人生歩めます?」肉体関係を拒む50男の疑念
「冷酷と激情のあいだvol.190〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合った50歳の恋人と、1年にもわたって肉体関係...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
淡泊すぎて蛇の生殺し…マチアプ交際1年、肉体関係ゼロな彼に悩む46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
イワクラ×オズワルド伊藤も破局復縁おかわり 時間を無駄にする男女なぜ
 お笑いコンビ「蛙亭」のイワクラ(34)が、9日放送の冠バラエティー「イワクラと吉住の番組」(テレビ朝日系)で、恋人であ...
「推し活の私が韓国男子と交際?」アラフォー女性が告白 #1
 2024年1月からオンエアされ話題となったドラマ「Eye Love You」にハマった女性も多いだろう。  心の...
蒼井凜花 2024-04-12 10:18 ラブ
お育ちのいい男を見極めるポイント6つ 好物件は絶対に逃がしちゃダメ!
 今回は育ちのいい男を見極める基準を解説します。育ちのいい男は自分のことも周りの人のことも大切にするので、結婚するといい...
恋バナ調査隊 2024-04-12 06:00 ラブ
ママ活で小遣い稼ぎする男性が増殖中!彼氏が沼って稼いだらどうする?
「彼氏がママ活のやり取りをしてるかも!?」と悩む人が増えています。熟女と会う日程を決めようとしているメッセージを見つけて...
内藤みか 2024-04-11 06:00 ラブ
職場のバツイチ男性を好きになっちゃった! 社内恋愛成就の最大のコツ
 社内で好きになった男性が、実はバツイチだった…。社会人をしていれば、こんなこともあるでしょう。  今回はバツイチ男性...
恋バナ調査隊 2024-04-11 06:00 ラブ
40代女性実家暮らし「やばい」認定は当然? 恋愛・結婚“対象外”のワケ
 40代女性で、実家暮らしをしている人はたくさんいますよね。でも実は恋愛面においては、「40代女性の実家暮らしはやばい」...
恋バナ調査隊 2024-04-10 06:00 ラブ
離婚後にイチから恋愛できるモチベ残ってる? 年々臆病になる自分に喝を
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  夫との長年の...
まめ 2024-04-09 06:00 ラブ
正論で返してくる彼氏への対抗策 愚痴や不満をこぼすのも許されない…
 彼氏は心を許している身近で特別な存在。そんな彼に、日々の愚痴や不満をこぼすときもあるでしょう。でも、彼氏が正論しか言わ...
恋バナ調査隊 2024-04-09 06:00 ラブ
妻が怒り狂う夫の呆れた浪費先4選 家計は家族みんなのものでしょ!
 今回は「夫の無駄遣い」をテーマに、女性たちの怒りや不満を集めてみました。  使う金額こと以上にその使い道に納得がいっ...
恋バナ調査隊 2024-04-08 06:00 ラブ
2年前の48歳まで処女として過ごした“こじらせ恋愛観”の根源
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかったよもやま話を綴っていま...
mirae.(みれ) 2024-04-08 06:00 ラブ
課長「なにが楽しみで会社に?」の業務LINEで崩壊!不倫きっかけは些細
 不倫カップルがいつどうやって一線を越えたのか気になりませんか? 「ダメだ」と分かっている中、なにがきっかけで盛り上がっ...
恋バナ調査隊 2024-04-07 06:00 ラブ
処女バレは絶対回避!必死過ぎる見栄を張ったあの頃の私たち
 女性なら共感すること間違いなし! 今回は、女性が処女バレしないように見栄を張るときの、あるあるエピソードを紹介します。...
恋バナ調査隊 2024-04-06 06:00 ラブ
モラハラ夫って本気ですか? 再婚妻の態度に我こそ被害者だと主張する男
「冷酷と激情のあいだvol.189〜女性編〜」では、新婚1年にして、すでに夫との離婚を真剣に考えている42歳の美香さん(...
並木まき 2024-04-06 06:00 ラブ