望んだ恋愛でもすぐに冷めるなぜ? 自分は冷たいと思う前に

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-08-13 17:32
投稿日:2019-08-11 06:00
「なんか、好きじゃなくなったかも…」(写真:iStock)
「なんか、好きじゃなくなったかも…」 (写真:iStock)

 恋がスタートして、一般的にはラブラブの2人。でも「念願の恋がスタートしたのに、何かがおかしい」と悩む女性は多いようです。彼はイケメンで惜しみない愛情も注いでくれる。素敵なデートプランも言うことなし。なのに、なぜ――?

 実はそれ、自分が恋愛に冷めてしまっているのが原因かもしれません。そんな女性ほど「恋愛する気は満々で、私は恋する乙女よ!」という反論もあったりするもの。今回は恋愛にノリノリにも関わらず、すぐに冷めるのが特徴の女性にフォーカスを当てたいと思います。

恋愛で冷めるのが早い! そんな悩みを持つ女性

幸せなはずなのに…冷める自分がおかしいのかな(写真:iStock)
幸せなはずなのに…冷める自分がおかしいのかな (写真:iStock)

 自分が強く望んだ恋愛、進んで付き合った相手にも関わらず、「冷める」というのは、どういうことなのでしょうか。すぐに冷めてしまうのが悩みという女性たちに、エピソードを聞いてみました。

付き合ったら気が済んじゃう

「それまで半年間、浮気もせずに熱い思いを抱いていた男性と付き合えた喜びは計り知れないものでした。いざ告白すると、“俺も前から好きだった!”とドラマチックなシチュエーション。でも、自分の様子がおかしいと思ったのは、3回目のデートの帰り道。彼とはキスもエッチも一通り体験してみて“もういいかなぁ”と、急に冷めた自分がいたんです。誰が見ても充実した恋愛なのに、“私おかしいの?”と悩んだものです」(Sさん・29歳女性)

嫌なところが目についちゃう

「彼とは飲み会で知り合いました。私の周りには何年も付き合って、そのまま結婚する人もいます。そのくらい、年齢的にもみんな恋愛にちゃんと向き合っています。だけど私はすぐ冷めるのが悩み。恋愛が億劫ではないものの、なぜか嫌なところが見えてしまい、悲観的になってしまうんですよね。“こんな人と結婚してもしょうがない”と思うと、彼への態度も冷たくなってしまうんです」(Uさん・35歳女性)

  ◇  ◇  ◇

 お二人とも「恋愛がうまく進んでいるのに、自分が冷めること」に悩んでいますよね。このような女性は多く、「自分はなんて冷たい人間なんだろう」と自分を責めてしまう女性も多くいます。

「こんなに愛してくれているのだから応えたい」「誰もが夢を見るような恋愛をしたい」と思っているのです。そんな思いとは裏腹に、恋愛に冷めることが多い自分に嫌気が差す人までいます。

恋愛で冷めるのが早いのはなぜ? その理由とは

「恋に恋している」だけなのに気がついていない?(写真:iStock)
「恋に恋している」だけなのに気がついていない? (写真:iStock)

 恋愛への憧れもあるのに、どうして冷めるのか、チェックしてみましょう。

完璧主義で相手にそれを求める

 キャリアウーマンな女性に多いのがこのタイプ。完璧主義だからこそ、相手にも「完璧でいてほしい」と望むのです。彼の欠点を見て「本当はこうしてほしい」と思う。ストレートに要求はしないものの、相手に望むことが多いからこそ、心の中ではガックリしていることも。

 自分のスタイルや性格を確立している女性に多いのがこのタイプ。「できないならいいよ」という男性の競争社会のようなところでキャリアを積んできた女性に多く見られる兆候です。

恋に恋する状態でもある

 少女漫画や他人の恋愛事情を見聞きして、「素敵♡」と夢を見ることは多くの女性にあることでは? そんな恋を夢見て「自分もいざ!」と意気込んでみるものの、幸せであるはずの恋愛がうまくことが運ばない様子がわかると、冷めるのが早いのが特徴です。「私のシナリオには、こんなショックなことはなかった」と思ってしまう。無自覚の範囲で恋に恋しているのです。

片思いの時に高ぶりすぎてしまった

 片思いの時、相手に一途にアプローチをした人ほど、「両思いになるために」という目標を設定するもの。しかし、いざ両思いになった時に次の目標を明確に定めることができません。「恋はしたいものの、結婚はしたくない」と思っている女性にも多いのが、このタイプでしょう。

もともと損得勘定で生きている

「人間関係はギブアンドテイクで成り立つよね」と考えるのが、このタイプの女性です。それはそうなのですが、エスカレートしてしまい、恋愛においても“損得勘定”で考えてしまいます。

「私がこのくらいやっているのに、あなたはこれだけなの?」といった具合です。自分にもっと愛情や関心を向けてほしいため、すごく尽くすのもポイント。だからこそ、男性が応えられなくなった時に「こんなにしているのに」とイライラし始めてしまいます。

 与えたものと与えられるものが釣り合っていない状態が信じ難く、「この男性は人として常識がない」とさえ思うことも。相手に尽くす背景には、自分も人に愛されたい・注目されたいという願望が隠れていることに自覚がないからタチが悪いのです。

 計算尽くしのアプローチの裏に、彼女の願望が隠れていることを知らない男性は「すごく好きにさせられた揚げ句、遊ばれた感じ」で恋愛が終わってしまい、引きずる形で別れることになります。

恋愛で冷めることが多いなら自分の性格が原因かも

恋愛はたくさんのことを学べる場(写真:iStock)
恋愛はたくさんのことを学べる場 (写真:iStock)

 恋愛で冷めることが多く、「もしかして私って冷たい?」「恋愛に向いてない?」と考えてしまいがち。ならば、この機に自分の性格を見直してみましょう。

 恋愛は、さまざまな感情や思いやりを学ぶことができる場でもあります。「恋愛に向いてない」と終わらせるのではなく、自分がよりイイ女になるために、性格を振り返ってみるといいと思いますよ。

東城ゆず
記事一覧
ライター・エディター
1994年生まれ。11歳の頃からブログを運営。ライターやエディターとして、女性誌メディアや地元新聞のコラム枠まで幅広く活躍中。恋愛やママ友問題、介護士であった経験からリアルな介護問題まで幅広い知見がある。年子兄弟を連れ離婚の経験があり、現在は再婚に至る。

ラブ 新着一覧


モテるのに彼氏ができない 本命になれない30代女のガチ原因
「いいところまで行くのに彼氏ができない」 「もう数年間も、ちゃんとした恋人ができてない」  20代の時は彼氏彼女の関...
若林杏樹 2023-02-01 06:00 ラブ
モテるアラフィフ独身男は要注意? “難あり物件”に見られる5つの特徴
 昔に比べて、今はアラフィフでも若々しく魅力的な男性ってとても多いですよね。結婚相手を探している女性の中には、色気があり...
恋バナ調査隊 2023-02-01 06:00 ラブ
違和感は放置しない! 金銭感覚が合わない彼との付き合い方
 彼の金遣いの荒さにびっくりしたり、逆に財布のヒモの固さに引いたことはありませんか? 金銭感覚のズレを放置すると、後々苦...
恋バナ調査隊 2023-01-31 06:00 ラブ
既婚者マッチングアプリって?実際に使ってみた感想と注意点
 巷でひっそりと流行している「既婚者マッチングアプリ」をご存じですか?  その名の通り、既婚者専用のマッチングアプリで...
まめ 2023-01-31 06:00 ラブ
非・顔面国宝でなぜモテる?「雰囲気イケメン」特徴5つと落とすポイント
 男性の中には“顔面国宝”ってわけでもないのに、素敵なムードを醸し出していてなぜかモテる人がいます。それが雰囲気イケメン...
恋バナ調査隊 2023-01-30 06:00 ラブ
浮気も姑問題も解決!妻が夫に仕掛けた“わざと誤爆LINE”作戦
 いつの時代も、夫を上手に手のひらで転がしている賢い妻はいますよね。特に現代では、LINEを巧みに使って夫にわざと誤爆L...
恋バナ調査隊 2023-01-29 06:00 ラブ
実家が太い男“ほぼ100パー”特徴と見極め方 玉の輿乗れますか
 結婚相手を選ぶ時、「お金じゃない」なんて言いながらもリッチな男性につい惹かれてしまう女性は多いのではないでしょうか。不...
恋バナ調査隊 2023-01-29 06:00 ラブ
理系男子に告ぐ! イチイチめんどくさい恋愛エピ&対処法
 知的でクールな印象の理系男子って魅力的ですよね。でも、理系男子に惹かれてお付き合いをはじめた女性の中には、理系ならでは...
恋バナ調査隊 2023-01-28 06:00 ラブ
デート代、端数も計算してたんかい!ケチな男の仰天LINE3選
「好きなら男に経済力なんかなくてもいい!」と思っているそこのあなた。リアルに“ケチ”な姿を見ても、同じセリフを言えますか...
恋バナ調査隊 2023-01-28 06:00 ラブ
「アプリで見つけた彼女候補」と主張 一線越える気がない男
「冷酷と激情のあいだvol.127〜女性編〜」では、アプリで出会った恋人であるナオキさん(仮名)と半年間にわたって一度も...
並木まき 2023-01-28 06:00 ラブ
お金狙い?結婚前提なのにレスな彼にしびれを切らす45歳独女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-01-28 06:00 ラブ
めんどくさいと諦め寸前エピ…繊細彼氏→最高彼氏にバケる!?
 細かいところに気がついてくれる彼氏って素敵ですよね。「よく気が利く」「気持ちを察してくれる」と、はじめは魅力を感じるで...
恋バナ調査隊 2023-01-27 06:00 ラブ
私たちが事実婚を選んだ3つの理由 デメリットも忘れないで
 婚姻届を提出せずに、夫婦と同じような関係で生活を送る「事実婚」。内縁関係とも言われますね。女性なら、結婚して籍を入れる...
恋バナ調査隊 2023-01-27 06:00 ラブ
連チャン最優先!? ギャンブル好き彼氏の激ヤバエピ&上手に付き合う法
 どんなにイケメンで魅力的な彼氏でも、ギャンブル好きだとわかった時点でドン引きしてしまう女性も多いでしょう。今回は、ギャ...
恋バナ調査隊 2023-01-26 06:00 ラブ
ATMにされてない? ママ活男子のおねだりに必殺返しワザ3選
 パパ活の逆ヴァージョンであるママ活という言葉が生まれて数年が経ちました。  それ以降、マッチングアプリではお金目当て...
内藤みか 2023-01-26 06:00 ラブ
友達を好きになったら…告白で関係を壊したくない人の注意点
 今まで恋愛感情がなかった異性の友人に対して、ひょんなことで「自分はあいつが好きなんだ」と気づいてしまった……なんてこと...
若林杏樹 2023-01-25 06:00 ラブ